サンデー サラブレッド。 【人気の理由】【レネットグルーヴの19】④サンデーサラブレッドクラブ2020募集

サンデー、社台 2020年出資候補馬

サンデー サラブレッド

(1)社台・サンデーのリストでダイナカールのクロスを発見 社台・サンデーサラブレッドクラブ2020年募集馬リストがクラブホームページにアップされてからすでに1週間以上経過した。 自粛で外に出られないので、ネットで募集予定馬の血統研究に余念がない、なんて方も少なくなかったに違いない。 だから、これから話すことはもうすでに多くの会員諸氏の間では周知となっていることと思います。 そんな方々には、繰り返しになってすいません。 本格的な研究はカタログが届いてから、あるいはこれから社台・サンデーサラブレッドクラブの入会を検討している方に、面白い情報をお知らせします。 今年の募集馬のなかに、なんとダイナカールのクロスの馬がいるのです! (2)アイムユアーズの2019の血統が凄い まずは下の5代血統表をご覧いただこう。 アイムユアーズの2019の父ドゥラメンテの祖母はエアグルーヴ。 エアグルーヴの母がオークス馬のダイナカールだ。 母娘と2代続けてのオークス制覇。 ドゥラメンテはこの偉大な母系の血を引いている。 そしてアイムユアーズの2019の母(アイムユアーズ)はオークストライアルのG2フィリーズレビューとG3ファンタジーステークス、G3クイーンステークスの3重賞を勝った馬。 桜花賞3着(優勝馬はジェンティルドンナ)、オークス4着(優勝馬はジェンティルドンナ)で、こちらも牝馬クラシックの活躍馬。 この戦績だけでも凄いのに、アイムユアーズの祖母のセシルカットの母はダイナカール。 ダイナカールといえば、現在の社台グループの繁栄の基礎を築いた繁殖牝馬だ。 この血を父系、そして母系からも引いている。 (3)兄は約2億円で落札 社台・サンデーの会員からすれば、垂涎(すいぜん)の血統で、しかも父が新種牡馬で、人気沸騰のドゥラメンテとくれば、どこまで人気票数が伸びるかわからない超絶血統にして、うなぎのぼりに鯉のぼりをつけても追いつかず、空高く上昇する人気が予想される。 1歳上の全兄スワーヴエルメ(2018年生まれ、父ドゥラメンテ)は2018年 セレクトセールで1億8,000万円の競り値をつけた馬。 アイムユアーズの2019は牝馬ということもあり、そこまで高くはないだろうが、果たしてクラブは1口いくらの募集価格をつけてくるか興味の持たれるところだ。 4年実績が相当ないと、第一希望で応募してもはねられるのは必定だ。 値段しだいだが、それでも抽選を期待していくのもアリかな、と思う。

次の

社台・サンデー・G1サラブレッドクラブの2020年度募集馬リスト(価格なし)が発表される

サンデー サラブレッド

(1)はじめに 「話題の馬は走るのか」のシリーズでは人気馬や会員の多くが気にかけている馬のレヴューを行っている。 今回検討するレネットグルーヴの19(牡馬、父ハービンジャー)の募集価格は1口75万円(総額3000万円)。 この価格は、下に掲げた兄たちと比べてもそれほど格安という印象はない。 だから、というわけではないが、後で述べるように本馬(レネットグルーヴの19)は、募集馬のなかでそこそこの人気を集めることが予想される。 ドゥラメンテやモーリス産駒の話題性に比べると、一見地味なハービンジャー産駒の本馬がなぜ人気を集めるのか、その理由と活躍の可能性をさぐってみたい。 (2)レネットグルーヴの19の血統評価 本馬(レネットグルーヴの19)の母レネットグルーヴは、2010年生まれ。 父キングカメハメハで競走成績は23戦3勝 [3-3-1-16]。 1000万下の条件馬ということになる。 この馬は、2011年にサンデーサラブレッドクラブから1口60万円で募集された。 募集時馬名「イントゥザグルーヴの10」は94票を集めてサンデーサラブレッドクラブで7番人気(全体で10番人気)であった。 イントゥザグルーヴの10(レネットグルーヴ)は母エアグルーヴの直仔で、クラブで募集にかかれば人気になる。 兄のイントゥザグルーヴの09(グルトップ [父キングカメハメハ])は最終で154票を集めて2番人気となった。 母系がエアグルーヴの血統はひ孫の代になっても人気が衰えない。 「馬は母系で走る」という格言を身をもって実践する会員がいかに多いかを物語っている。 先ほど紹介した本馬(レネットグルーヴの19)の兄のうち、1つ上のゾディアックサインは母の2番仔にあたり、2歳新馬でこれからデビューを迎える。 2つ上の全兄スピッツェンバーグは母の初仔で、競走成績は4戦0勝 [0-0-0-4]。 4戦ともオール7着で、いまのところ結果を出せていない。 その理由は次章で考える。 (3)レネットグルーヴの19人気の理由 レネットグルーヴの19が人気を集めるであろう根拠は、第一に前章で書いた、エアグルーヴから始まる母系の血統的背景である。 第二に、この馬の母レネットグルーヴが種付けをした2018年という年にある。 その前年にハービンジャー産駒のブレイクがあった。 産駒3頭があいついで芝のG1レースに優勝したのだ。 ・ペルシアンナイト(3歳、牡馬、2017年マイルチャンピオンS) ・ディアドラ(3歳牝馬、2017年秋華賞) ・モズカッチャン(3歳牝馬、2017年エリザベス女王杯) この2014年生まれ(上記の3頭が該当)というのは、ハービンジャー産駒の当たり年と言ってよい。 この快進撃を受けて生産界の変化が翌年(2018年)に見られる。 種付け料も前年(2017年)の250万円から350万円と一気に100万円UP(上昇率140%)。 このような種牡馬ハービンジャーに対するブリーダーの評価は種付けの質量の変化となった現れた。 サンデーサラブレッドクラブの会員はこのような変化を見逃さない。 2018年に種付けたハービンジャーの子ども達が生まれた2019年の産駒を今年募集する。 2014年生まれを「ハービンジャー産駒第一の波」とするなら、2019年生まれはハービンジャー産駒が再びブレイクする「ハービンジャー産駒第二の波」と考えるわけだ。 ただ、これは私の考えではない。 2019年産のハービンジャー産駒が質量ともに良化しているというなら、レネットグルーヴの19の場合は兄のスピッツェンバーグもハービンジャー産駒であり、「生産界の変化」と関係するとは一概に言えないという理由だ。 2019年産のハービンジャー産駒を狙うとしたら、それまでディープインパクトやキングカメハメハなどリーディング上位の種牡馬につけていた一戦級の繁殖牝馬を突如、ハービンジャーに振り替えてきて生まれた産駒が狙い目だと思うが、いかに? ともあれ、今年クラブで募集されるハービンジャー産駒のうちレネットグルーヴの19はかなりの人気を集めるであろうから、このままこの馬の解説を進める。 (4)兄のスピッツェンバーグが不振の理由 上の写真が全兄のスピッツェンバーグ(募集時馬名レネットグルーヴの17)の1歳募集時写真だ。 このレネットグルーヴの17のついては、当ブログで(2018年6月18日)の記事で取り上げているので、引用してみる。 このなか(母父キングカメハメハのリスト)から大当たりが出るかもしれない。 掲示板で話題となっているハワイアンウインド(の2017)や私が第二希望で出したエレイン(の2017)などが名前を連ねているのが面白い。 母父キングカメハメハはハービンジャーと相性がいいので、ゴールデンロッド(の2017)やレネットグルーヴ(の2017)などに触手が動く。 とくに馬体の良さからレネットグルーヴ(の2017)のほうに軍配が上がる。 この馬は隠れ人気となるので、候補に挙げられた方は、希望順位を1つ上に上げられるほうが安全かと。 2018-06-11 23:15 この記事のなかで2018年のサンデーサラブレッドクラブ募集馬でハービンジャー産駒の母父キンカメ2頭の名前をあげている。 追記.この記事を書いた(5月16日<土>)直後、新潟5レースで10番人気のゴールデンスターズが勝ったマイネルコロンブス(13番人気)の2着に突っ込んできて、3連単130万馬券(1,311,990円)を演出した。 ハービンジャー産駒というより、現3歳の社台・サンデーの所属馬は総じて不振という言い方のほうが正確だろう。 ともあれ、いま冷静にスピッツェンバーグ(レネットグルーヴの17)の1歳募集時写真を眺めると、全体的に未熟さを残しており、トモの発達もいまひとつといった印象だ。 この馬を好意的に評価するのは、綺麗な栗毛に惑わされているようだ。 スピッツェンバーグの育成過程をサンデーサラブレッドクラブの公式ホームページで追ってみる。 ・「気持ちがカリカリとして、力んでしまう」(2019年1月4日) ・「チャカチャカする時がある」(2019年2月1日) ・「気持ちもオン、オフの切り替えがあまり上手ではない」(2019年4月5日) どうも気性に課題があるようだ。 その不安は現実のものとなる。 5月に入厩してゲート試験合格後にNF天栄に放牧して調整中、「先週末に転んで尻もちをついてしまい、右トモを打撲」(2019年6月28日)というアクシデントに見舞われ、デビューが大幅に遅れた。 結局、約4か月後の10月15日 火 東京5R・芝2000m戦に55kg岩田康誠騎手で出走・デビューし、勝ち馬から1秒4差の7着ということで、良好なパフォーマンスにつながっていかない結果となった。 本馬(レネットグルーヴの19)はスピッツェンバーグの全弟ということで、こうした気性を共有していないかチェックする必要がある。 如何せん今年のツアーは中止ということになり、その機会が失われて何ともどかしい。 (5)まとめと評価 最後に本馬(レネットグルーヴの19)の解説のまとめとして、兄スピッツェンバーグの測尺を紹介して締めくくることにしたい。 1歳募集時におけるスピッツェンバーグの測尺は3項目中2項目に合致しており、馬体のポテンシャルは高い。 ただ、先述したように、気性に課題があることが、スピッツェンバーグの勝ち上がりを遅らせている。 サラブレッドの気性の問題は本当に厄介だ。 気性難の馬がある程度いることは避けられない。 ドゥラメンテも気性が激しいことで知られている。 けれどクラシック2冠の偉業を達成した。 これはひとえに堀宣行調教師の手腕に負うところが大きい。 社台・サンデーのベテラン会員ほど厩舎で選ぶ。 気性は調教師の工夫でなんとかコントロールできる場合がある。 レネットグルーヴの19の預託される調教師が気になるところだが、誰が管理することになるのか。 焦点があきらかになってきたところで、本稿の解説は終了としたい。 👇ランキングをクリックしていただければ幸いです。

次の

【サンデーサラブレッドクラブ2020】1歳募集馬評価・おすすめ・価格、厩舎無リスト発表

サンデー サラブレッド

2020年度 一口馬主クラブ募集馬情報と値段の公開【サンデーサラブレッドクラブ・社台サラブレッドクラブ】 皆さん、こんにちはー!takaです! 今日はサンデーサラブレッドクラブ・社台サラブレッドクラブの2020年度クラブ募集馬が発表されたので確認していきたいと思います! 2020年度 サンデーサラブレッドクラブ募集馬のおすすめ サンデーサラブレッドクラブの募集馬はからご確認ください。 2019年度の募集馬が豪華すぎた部分もありますが、2020年度のラインナップを見ると流石サンデーサラブレッドクラブというべきでしょうか。 そこそこの良血馬がそろっていると思います。 ここで自分の気になった募集馬を挙げていきたいと思います。 コンドコマンドの19 ディープインパクト :牡馬 まずはコンドコマンドの19ですかね。 募集価格は一口350万円と良いお値段がしますが、これくらいの良血馬であれば仕方ないことなのでしょう。 全兄に アルジャンナがいます。 来年度募集のディープインパクト産駒がラストクロップとはなりますが、この血統と兄の活躍具合からは明らかに多くの申し込みが発生すると思います。 こちらは全兄に レクセランスがいます。 今年デビューの エクスインパクトが8,000万円でしたから、兄の活躍で1億円といったところですかね。 それでも兄の活躍を考えると仕方ないお値段なのかなと思います。 これも人気になるでしょうねー。 牝馬という点からこの価格ですが、牡馬だったら8,000万円くらいになったのではないかなと考えています。 メジャーエンブレムの19 ロードカナロア :牝馬 一口辺り150万円のメジャーエンブレムの19です。 母のメジャーエンブレムは皆さんご存じの通り阪神JFを勝って2歳最優秀牝馬となり、その後NHKマイルカップも勝利しています。 NHKマイルカップを勝った後に引退をしてしまいましたが、その後繁殖入りしてこの子が2番目の子になります。 1番目の子はルーラーシップをつけており、ロードカナロアは初めての種付けとなります。 父がロードカナロア、母父がダイワメジャーという実績をみるとマイルの鬼になりそうな組み合わせですね。 この仔も必ず人気になると思います。 ブエナビスタの19 ロードカナロア :牝馬 一口辺り150万円のブエナビスタの19の牝馬です。 ブエナビスタは競馬をやっている人からすれば誰でも知っているような名牝です。 まだ、産駒で目立った活躍馬はいないですが、ロードカナロアになってどうなるか楽しみですね。 母が有名馬なのでこの仔も人気になる1頭だと思います。 アイムユアーズの19 ドゥラメンテ :牝馬 一口辺り100万円のアイムユアーズの19ですが、血統がえげつないですね。 父がドゥラメンテでその祖父はエアグルーヴその母は名牝ダイナカールです。 さらにアイムユアーズ自身も母はセシルカットですが、その祖母はダイナカールです。 この仔の全兄も相当注目を浴びていますが、この仔自身も相当な注目を浴びることは間違いないでしょう。 ラヴズオンリーミーの19 一口375万円のラヴズオンリーミーの19です。 募集馬の中で最も高額な募集金額になっています。 いうまでもなく良血馬ですね。 兄弟・姉妹の実績から仕方のない金額だとは思いますが、なかなか勇気のいる金額ですよね。 申し込むかどうかはじっくりと考えた方が良いとは思います。 マネーキャントバイミーラヴの19 ロードカナロア :牡馬 一口200万円の牡馬で半兄に ミッキーロケットがいます。 ミッキーロケットは父がキングカメハメハでしたが、ロードカナロアに変わってどうなるか楽しみですねー。 マイル寄りになるのか非常に気になるところです。 マンデラの19 ロードカナロア :牝馬 一口125万円で半兄に ワールドエース、ワールドプレミア、ヴェルトライゼンデがいる血統になります。 牝馬で活躍した馬がいないという点がどうなるかですが、この3頭はしっかりと活躍しているので募集されると人気になる1頭だとは思います。 ジェンティルドンナの19 ロードカナロア :牝馬 名牝ジェンティルドンナの仔です。 まだ、デビューしているのが2頭しかいませんし、今年デビュー予定のモーリス産駒は非常に評判が良さそうなので、この仔への期待も大きいと思います。 一口175万円ですが、間違いなく人気になる1頭だと思われます。 ドバイマジェスティの19 ロードカナロア :牡馬 一口250万円のドバイマジェスティの19です。 今年デビューの半兄もディープインパクトで一口300万円でしたから、まぁ、250万円は妥当な額かもしれません。 アルアインの父はディープインパクトでしたがディープインパクト産駒の中でも瞬発力ではなく、持続型に特化したような特徴でしたので、父がハーツクライに変わったことでどう変わってくるか楽しみな1頭だと思います。 ライラックスアンドレースの19 オルフェーヴル :牝馬 一口125万円のライラックスアンドレースの19です。 全姉は ラッキーライラックです。 2020年度 社台サラブレッドクラブ募集馬のおすすめ 続いて社台サラブレッドクラブに募集馬になります。 募集馬一覧はからご確認ください。 2020年度産駒の募集馬をみるとサンデーサラブレッドクラブに比べて全体的に値段が安い傾向にありますね。 ダイワスカーレットの19 ロードカナロア :牝馬 もっともびっくりしたのはダイワスカーレットの19ではないでしょうか。 ついに産駒がクラブに回ってきたか!と思いましたねー。 産駒に目立った活躍馬はおらず、募集価格も一口100万円ですが、上位人気になることはまず間違いないでしょう。 非常に楽しみですねー。 アクアリングの19 ハーツクライ :牡馬 アクアリングの19になります。 募集価格は一口125万円です。 ハーツクライは初めての種付けとなったのでこの仔がどのような走りをするか興味深いです。 ソラリアの19 ハーツクライ :牝馬 募集価格は一口75万円になるソラリアの19です。 半姉は重賞勝ちはないもののオークス・秋華賞・ジャパンカップすべてで2着の カレンブーケドールになります。 カレンブーケドールは父がディープインパクトですが、ハーツクライに変わったことで成長曲線が変わってくるかと思いますので気になる1頭です。 あとはハーツクライになった事で値段も比較的安いと思います。 そういった面でも人気になるではないでしょうか。 マルセリーナの19 キングカメハメハ :牡馬 マルセリーナの19は一口150万円での募集になります。 マルセリーナ自身が桜花賞を勝ち、半兄である ラストドラフトは重賞を勝っています。 全兄の方は同じキングカメハメハを付けて先日、未勝利戦を勝ったレベルなので、この仔がどのレベルまで活躍できるかは不明ですが、優秀な血統には間違いないので人気になる1頭だとは思います。 コンテスティッドの19 ディープインパクト :牡馬 一口辺り200万円と社台サラブレッドクラブの中では最も高額な募集馬になります。 それでも全兄に ギベオン、サトノフウジンなどがいます。 ギベオンに比べて募集価格が安いので何かあるのかちょっと気にはなりますが、この馬も人気の1頭だと思います。 ジュエラーの19 キタサンブラック :牡馬 一口辺り125万円となります。 ジュエラー自身が桜花賞勝ち馬ですし、父が新種牡馬のキタサンブラックになります。 いやー、楽しみですねー。 というよりももう来年にはキタサンブラックの子供が走るんですか…。 時の流れは早いものです…。 新種牡馬なので未知数ではありますが、キタサンブラック産駒の募集自体もそこまで多くないので人気になる可能性はあります。 まとめ サンデーサラブレッドクラブ・社台サラブレッドクラブの2020年度新規募集馬で気になる馬をピックアップしてみました。 お金を気にせず、すべてに出資出来る実績があれば出資したいですが、そうはいかないと思います。 現段階で自分が気になっている募集馬はやはり アイムユアーズの19ですね。 ただ、これから出てくる 馬体・写真・厩舎などが発表された際の情報を元に募集価格と照らし合わせてどの馬に出資するべきか検討をおすすめします。 その他の各クラブにおける2020年度募集馬の一覧は以下の記事でまとめています。

次の