嵐 会見。 嵐の記者会見をフル動画で見る方法は?生放送の内容全部も!!

嵐活動休止の会見で記者の無責任質問は誰?櫻井君は神対応のコメント|ポイントやマイルをコツコツ貯めてお得な生活情報ブログ

嵐 会見

人気アイドルグループの嵐が、自身のファンクラブサイトで2020年いっぱいで活動を休止することを発表し、メンバー5人が、27日夜に記者会見を行った。 大野智: 本日はお忙しい中、急なご案内にも関わらずお集まりいただきありがとうございます。 さきほどファンの皆様に向けてコメントを発信しました。 あらためて嵐は2020年12月31日をもってグループとしての活動を休止させて頂くことになりました。 大変勝手ではありますが、僕たちの口からお伝えさせていただきたくこの場を設けさせていただきました。 本日はよろしくお願いします。 ーーあらためて、この結論に至った経緯は? 大野智: 2017年6月に僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の思い、気持ちを話させてもらいました。 自分の嵐としての活動をいったん終えたいと。 自分の想いとしては、自由に生活を一回したいと4人に伝えて、その後何度も話し合いをかさねて期限を2020年をもって、嵐を休止するという形になりました。 ーー話し合いはどういう形で?どこで納得した? 大野智: 2017年6月に初めて4人に集まってもらい自分の気持ちを伝えた後はメンバー一人一人と個々に会って聞いて、そのあと5人で集まって、それを結構な回数ですが、何度も何度も話し合って、最終的に事務所の方を交えて話し合いをして、2018年2月に事務所の方に報告して、それからまた話し合いを重ねて2018年6月に結論いたしました。 ーーファンに出されたメッセージで「自由な生活したい」というのは? 大野智: 具体的に何がしたいか、僕の中では決まっていることではないが、ちょっとなんていうか自由な生活というのは、もちろん、この世界を一度離れてみて、今まで見たことない景色を見たいというか、普通の生活を今まで経験してない、そういうことに興味というか、そういうことであるが、何がやりたいというのはないですけど。 ーージャニーズ事務所のタレントであり、嵐の一員であると? 大野智: 最初は活動を終えたいと報告したときに終えたいという思いになったときに、事務所を辞めなくてはけじめがつかないと思っていたが、話していく中でお休みということでよいのではないかという形になったので、所属は所属だが、自分のやりたいことは見つかってないが、ゆっくり休んで考えたいなと思っております。 ーー大野さんの想いについてきっかけは? 大野智: きっかけというのはないというか、いつ思ったのかというか、だいたい3年くらい前からそういう気持ち、思いが芽生えて強くなっていったというのが現状というか。 ーーハワイの公演が終わった後? 大野智: そのあたりからちょっと自分の気持ちに変化が表れてきてしまって。 ーーハワイの景色は特別でしたよね? 大野智: そうですね。 日本に戻ってきて、そこから15周年終わってから、自分の中で仕事して、個人仕事もやらせてもらう中、徐々にそういう気持ちが芽生えていきましたね。 ーー達成感? 大野智: 達成感は10周年の時だったり、15周年ときもありましたけど、やり切ったという感覚はなかったが、その時はハワイの時もそういう気持ちはなかったが、本当に徐々になんですね。 ーー大野さんは2021年、芸能活動はお休み? 大野智: そういうことです。 一回自分を見つめなおす期間というか、立ち止まってみようかなと。 ーー何年くらい? 大野智: そこまで具体的なことは考えてないが、2020年いっぱいまで嵐として走りぬいてから、その時の自分の気持ちや休んでいる中で自分の思うことが出てくると思うので、今はわからないです。 ーーだいたいでもどれくらい? 大野智: 本当に、決まってない。 すみません。 ーー疲れてお休み? 大野智: 疲れたとかではない。 一回立ち止まって自分を見つめなおしたいというのがでかい。 疲れているとかではない。 ーー解散ではない? 大野智: 解散ではありません。 【嵐記者会見】その他も見る! 〇 〇 〇.

次の

嵐・大野智、「2年くらいなんてことない」発言が波紋! 活休発表後の会話内容とは(2019/11/08 09:00)|サイゾーウーマン

嵐 会見

人気アイドルグループ「嵐」の大野智(38)、櫻井翔(37)、相葉雅紀(36)、二宮和也(36)、松本潤(36)がCDデビュー20周年の記念日となる3日、都内で「今後の活動」に関する会見を行い、Youtubeで生配信を行った。 櫻井は「大きな夢の一旦をまずはお伝えしたい」とあいさつ。 「僕らの活動をリアルタイムで届けていきたい。 20周年を迎えて、今まで以上にファンの方と近くでいたい」(松本)という思いから、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、TikTok、ウェイボー公式アカウントを開設することを発表した。 松本は「SNSのスピード感を出していきたい。 SNSならではの企画も考えていきたい」と期待をあおった。 さらに、音楽配信も解禁するとし、デビュー曲、最新シングル「BRAVE」全64曲のシングルに加え、初となる新曲デジタルシングル「Turning Up」を含めた計65曲の配信を本日3日午後7時より開始する。 「Turning Up」については、ミュージックビデオも午後9時より解禁。 公式Youtubeチャンネルでも同時刻にプレミア公開を行い、メンバーも参加するチャットで盛り上がるという。 配信解禁について、松本は「ファンの皆様にいつでも僕らの音楽を楽しんでいただきたい。 そうすることで、活動休止している間も寂しい思いをせずに楽しんでいただきたい」とファンへの思いからであることを強調。 「全世界で楽しんでもらえる環境になるということは先日亡くなったジャニーさんの夢でもあります。 自分たちのエンタテイメントを世界中に届けることができる。 ジャニーズには素晴らしい先輩、後輩がいます。 僕らは期限が決まっています。 だからこそ、できることもあると思っています。 僕らがやってみて得ることをジャニーズに還元すること。 それが僕らができる恩返しです」と力を込めた。 嵐は10月9日にYoutube公式チャンネルを開設。 ジャニーズ事務所に所属するグループのデビュー組では初の試みで、9日の配信後わずか3時間でチャンネル登録者数は20万人、そして10日午後8時すぎに100万人を突破。 驚異的なスピードで登録者数を増やした。 3日朝の現在で、すでに、190万人を超えている。 これまで「A・RA・SHI」「Happiness」「Love so sweet」「truth」「Monster」の5曲のミュージックビデオのほか、同局のライブ映像も公開してきた。 1日には、公式チャンネルで50秒ほどの告知動画をアップ。 これまでのCDジャケットが映る中、5人が順番に登場し、「YouTube Live」「Sunday November 3」「11:30」と生配信を告知され、ファンを歓喜させていた。

次の

【嵐記者会見】「解散ではありません」「一回自分を見つめなおす期間というか、立ち止まってみようかなと…」

嵐 会見

「盛り立てようという雰囲気をひしひしと」 まず、今回の会見での5人の役割分担について聞いてみると、大野さんと二宮和也さん(35)について、以下のように分析してくれた。 「今回の会見ですが、5人の仲の良さが目立った会見だったと思います。 リーダーである大野さんを、残りの4人が盛り立てようという雰囲気をひしひしと感じました。 実際、記者からの質問には、まず概要を大野さんが話し、足りない箇所をほかのメンバーが補うという場面が多かったです。 活動休止を思い立ったのが大野さんですから、大野さんの発言の機会が多くなるのは当然ですが、普段の会見ではもう少し二宮さんにイニシアチブがあることが多いので、そこは驚きました」 相葉雅紀さん(36)、松本潤さん(35)、櫻井翔さん(37)からの合いの手も絶妙だったという。 「一方で、相葉さんは『初めてリーダーから(活動休止の提案を)聞いたときは、ひっくり返りましたね』という大げさな表現をしていましたが、コミカルな要素は相葉さんが担当することが多いので、これはいつも通りという感じでした。 また、松本さんは、活動休止期間は未定とする大野さんに、『決まってないでしょ? 決まってるなら教えて!』とツッコむなど要所要所で発言。 また、櫻井さんは『無責任かというご指摘に関しましては、我々からの誠意は2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定しました。 これは我々の誠意です』と、4人の発言をまとめる役割を果たしていたのもいつも通りでした。 5人がそれぞれの役割を100%果たしていた会見だったと思います」 活動休止は「永久」になってしまうのか また、活動休止の意思決定の際には、会見での言葉の通り争いはなかったとの見方を示した。 「活動休止を提案した大野さんについて二宮さんが、『もしリーダーが悪者に見えるのであれば、それは我々の力不足です』と話していましたが、嵐は意思決定の際に多数決になって3対2や4対1の状況になったとしても、少数派が納得した上で議論を終わらせると言われています。 そして、どうしても少数派が納得しない場合は、意思決定そのものを中止するとのこと。 まさに、平和な合議制で決定したと見て良いでしょう」 最後に、嵐の活動休止は「永久」なのかどうかについても聞いてみた。 「結成30周年記念など、メモリアルイヤーとでもいうべき年だけ活動するということはあるかもしれません。 また、カウントダウンコンサートの時に『嵐』として出てくる可能性は消滅していないでしょう。 なので、嵐が活動を休止することで後進に道を譲る意味もあるでしょう。 併せて、滝沢秀明さんの子会社社長への就任と重なったことは、ジャニーズ事務所の若返りを象徴しているのではないでしょうか」 ジャニーズ事務所が新たな時代を迎えようとしているその瞬間を、我々は目の当たりにしているのではないだろうか。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の