ポケモン パッチ ラゴン。 【ポケモン剣盾】ドンパッチ ~ドラパルト+バンドリ+パッチラゴン構築~【ダブルバトル】

ガラル地方の化石ポケモン

ポケモン パッチ ラゴン

はじめに 初投稿です。 よろしくお願いします。 この育成論ではHABCDSなどの略称を使用します。 ダメージ計算などは全て理想個体前提で話させていただきます。 パッチラゴンについて パッチラゴンは剣盾で登場した化石ポケモンでガラル地方ではドラゴン電気の固有タイプです。 ぱっと見はあまり特徴の無い種族値をしていますが、専用技であるでんきくちばしやダイマックスと相性の良いはりきりの特性によってぶっ飛んだ火力を見せてくれる優れたポケモンです。 性格 少しでも火力を上げる いじっぱりを採用しています。 しいて言うなら準速スカーフ を抜けますがメタでスカーフ持たせるなら最速なのかなという判断でどうせ抜けないのでいじっぱり推奨です。 特性 ダイマ前提の育成論でもあるので はりきりで確定です。 努力値振り H:余り A:252 S:252 火力にぶっぱ、でんげきくちばしの効果をなるべく発揮させたいのでSにもぶっぱです。 ダイマックスすればある程度の耐久は補えます。 後は他のポケモンで全力でこいつをサポートしてやってください。 持ち物 いのちのたま推奨です。 玉はが持ってんだよ!っていう方はこだわり鉢巻などの火力アップアイテムなども無しではないですが、基本的には通常時、ダイマ時でも相性の良いいのちのたまが良いかと思います。 技構成 でんげきくちばし ダイジェット用。 素で撃つことはほぼ無いが、必中なので何かしら殴れば勝ちという時にも使えるかも。 わざわざ命中不安のついばむにする理由も特にない。 基本的にはこの4つがメインですが、他にも候補だけ載せておきます。 じしん がんせきふうじ アイアンテール なお、はりきり採用なので特殊技の採用は無いです。 相性の良い味方 アーマーガア タイプ補完が完璧です。 苦手な地面タイプを透かせて、パッチラゴンより速いドラゴンやフェアリーを全部受けてくれます。 とんぼがえりがあるとサイクルで有利に立ち回れます。 壁張りオーロンゲ 壁張ってからのダイマックスでパッチラゴンが止まらなくなる。 でんじは持ちナットレイ 隙見てパッチラゴンより速いポケモンにでんじはを撒ければパッチラゴンでの全抜きが見える。 その他においかぜ、でんじは、ねばねばネットなどのS操作ができるポケモンや壁を張れるポケモンにサポートしてもらいましょう。 運用方法 壁張りやS操作ポケモンを投げます。 おすすめは脱出ボタンオーロンゲ。 それからパッチラゴンに繋いで相手を轢き殺します。 相手のパーティを見てパッチラゴンでは相手しにくいポケモン、特に地面タイプが居るかどうかを確認し、電気の通りやすさを見ておくと良いです。 通りやすい相手ならばでんきくちばし撃ってダイマしてれば勝てます。 並みの耐久ではパッチラゴンの攻撃を受けることはできません。 有利対面したらしっかり相手の交代先に負担をかけるようにしましょう。 後続が出てきて不利になってもアーマーガア後出しで何とでもなります。 現環境でパッチラゴンで相手するのが厳しいポケモンはとにかくです。 有利対面で相手にドリュウズが居る場合は必ず投げてくるのでほのおのキバを撃つなどの読みが必要です。 対面してしまった場合は素直に裏のアーマーガアに引きましょう。 ドリルは避けてください。 終わりに パッチラゴンは使ってみると本当に見れる範囲が広く、抜き性能の高いポケモンです。 特にほのおのキバ ダイバーン の役割破壊性能がすごく高く、こいつで3タテできる試合が3試合に1回ぐらいあります。 でんきくちばしを2、3回連続で外される時もありますが、それでもこいつの火力に惚れる人も多いかと思います。 ぜひみなさんも使ってみてはどうでしょうか。 つたない文章でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 ダイマックス相手に体重技(ヘビボン、ヒートスタンプ、くさむすび等)は無効です。 けたぐりも例外なく無効なのでそれは机上論にしかなりません。 申し訳ないです。 基本的にロトム、アーマーガア、ドヒドイデ、リザードン辺りに強い印象です。 ダイマックスすればタスキドリュ、トゲキッス、ニンフィアなどにも勝てるほど対面性能が高く使いやすいです。 反対に重いポケモンは蓄えるヌオー、カバルドン、ヒヒダルマ辺りに弱いのでここら辺の対策が裏のポケモンに必要に感じました.

次の

【ポケモン ソード&シールド】パッチラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモン パッチ ラゴン

はじめに 初投稿です。 よろしくお願いします。 この育成論ではHABCDSなどの略称を使用します。 ダメージ計算などは全て理想個体前提で話させていただきます。 パッチラゴンについて パッチラゴンは剣盾で登場した化石ポケモンでガラル地方ではドラゴン電気の固有タイプです。 ぱっと見はあまり特徴の無い種族値をしていますが、専用技であるでんきくちばしやダイマックスと相性の良いはりきりの特性によってぶっ飛んだ火力を見せてくれる優れたポケモンです。 性格 少しでも火力を上げる いじっぱりを採用しています。 しいて言うなら準速スカーフ を抜けますがメタでスカーフ持たせるなら最速なのかなという判断でどうせ抜けないのでいじっぱり推奨です。 特性 ダイマ前提の育成論でもあるので はりきりで確定です。 努力値振り H:余り A:252 S:252 火力にぶっぱ、でんげきくちばしの効果をなるべく発揮させたいのでSにもぶっぱです。 ダイマックスすればある程度の耐久は補えます。 後は他のポケモンで全力でこいつをサポートしてやってください。 持ち物 いのちのたま推奨です。 玉はが持ってんだよ!っていう方はこだわり鉢巻などの火力アップアイテムなども無しではないですが、基本的には通常時、ダイマ時でも相性の良いいのちのたまが良いかと思います。 技構成 でんげきくちばし ダイジェット用。 素で撃つことはほぼ無いが、必中なので何かしら殴れば勝ちという時にも使えるかも。 わざわざ命中不安のついばむにする理由も特にない。 基本的にはこの4つがメインですが、他にも候補だけ載せておきます。 じしん がんせきふうじ アイアンテール なお、はりきり採用なので特殊技の採用は無いです。 相性の良い味方 アーマーガア タイプ補完が完璧です。 苦手な地面タイプを透かせて、パッチラゴンより速いドラゴンやフェアリーを全部受けてくれます。 とんぼがえりがあるとサイクルで有利に立ち回れます。 壁張りオーロンゲ 壁張ってからのダイマックスでパッチラゴンが止まらなくなる。 でんじは持ちナットレイ 隙見てパッチラゴンより速いポケモンにでんじはを撒ければパッチラゴンでの全抜きが見える。 その他においかぜ、でんじは、ねばねばネットなどのS操作ができるポケモンや壁を張れるポケモンにサポートしてもらいましょう。 運用方法 壁張りやS操作ポケモンを投げます。 おすすめは脱出ボタンオーロンゲ。 それからパッチラゴンに繋いで相手を轢き殺します。 相手のパーティを見てパッチラゴンでは相手しにくいポケモン、特に地面タイプが居るかどうかを確認し、電気の通りやすさを見ておくと良いです。 通りやすい相手ならばでんきくちばし撃ってダイマしてれば勝てます。 並みの耐久ではパッチラゴンの攻撃を受けることはできません。 有利対面したらしっかり相手の交代先に負担をかけるようにしましょう。 後続が出てきて不利になってもアーマーガア後出しで何とでもなります。 現環境でパッチラゴンで相手するのが厳しいポケモンはとにかくです。 有利対面で相手にドリュウズが居る場合は必ず投げてくるのでほのおのキバを撃つなどの読みが必要です。 対面してしまった場合は素直に裏のアーマーガアに引きましょう。 ドリルは避けてください。 終わりに パッチラゴンは使ってみると本当に見れる範囲が広く、抜き性能の高いポケモンです。 特にほのおのキバ ダイバーン の役割破壊性能がすごく高く、こいつで3タテできる試合が3試合に1回ぐらいあります。 でんきくちばしを2、3回連続で外される時もありますが、それでもこいつの火力に惚れる人も多いかと思います。 ぜひみなさんも使ってみてはどうでしょうか。 つたない文章でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 ダイマックス相手に体重技(ヘビボン、ヒートスタンプ、くさむすび等)は無効です。 けたぐりも例外なく無効なのでそれは机上論にしかなりません。 申し訳ないです。 基本的にロトム、アーマーガア、ドヒドイデ、リザードン辺りに強い印象です。 ダイマックスすればタスキドリュ、トゲキッス、ニンフィアなどにも勝てるほど対面性能が高く使いやすいです。 反対に重いポケモンは蓄えるヌオー、カバルドン、ヒヒダルマ辺りに弱いのでここら辺の対策が裏のポケモンに必要に感じました.

次の

ウオノラゴン

ポケモン パッチ ラゴン

特徴 とを合成して復元された古代のポケモン。 東洋の竜の形をした体と魚の形をした頭を持つ。 実は胴体は竜の下半身であり、その尻尾の部分に上下逆さになった頭がついていて、尻尾を勢いよく持ち上げることで口と目の位置を正常に保っている。 古代では、強力な脚力とあごの力で無敵を誇っていたが、時代が進み獲物が少なくなっていき、終いには獲り尽くして飢餓したことで絶滅してしまっている。 頭が魚状であるため、水中でしか呼吸することができない。 本来は全く別のポケモン同士の身体を持っていて、なぜ合成して復元できたのかは分かっていない。 陸棲であるか水棲であるか統一されていないようなの図鑑説明からも、別のポケモン同士の体を合成したことが分かる。 ポケモンずかんの説明文 ずばぬけた きゃくりょくと アゴの ちからで こだいでは むてきだったが えものを とりつくし ぜつめつした。 漢字 ずば抜けた 脚力と 顎の 力で 古代では 無敵だったが 獲物を 獲り尽くし 絶滅した。 じそく60キロを こえる じまんの きゃくりょくで はしれるが すいちゅうでしか こきゅうできない。 漢字 時速60キロを 超える 自慢の 脚力で 走れるが 水中でしか 呼吸できない。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 第八世代 遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP このポケモンにタマゴわざはありません。 太字のわざはタイプ一致です。 10 でとで再生する。 色違い:灰色• ウオノラゴンとのとしてエラがみがある。 アニメにおけるウオノラゴン マンガにおけるウオノラゴン ポケモンカードにおけるウオノラゴン• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の