クラフィ アクセラレータ。 グラフィックアクセラレータ

ビデオカード

クラフィ アクセラレータ

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年6月) グラフィックアクセラレータ Graphics Accelerator は、 PC などのグラフィック処理をする機器装置(アクセラレータ)である。 もともと、1980年代頃に、当時のや WS 程度の性能のを必要としていた等を、当時のパーソナルコンピュータでも使用しようとした際に、PCの性能も向上しつつあったとは言えそれを補助するために、PC用の付加装置として、線や円、曲線の高速描画やその拡大縮小に関する処理の高速化に重点がおかれて開発された製品等を指して呼ばれたもので(WSでは標準装備などであったため、わざわざ名前が付けられることも無かった)、次に独立した節として示す「ウィンドウアクセラレータ」といった商品も現れたが、PC-9801の終焉などもあり、のスペック(機能&性能)向上に飲み込まれるかたちで、独立して意識されることもなくなった。 ウィンドウアクセラレータ [編集 ] ウィンドウアクセラレータ は、の描画の高速化に特化したグラフィックアクセラレータの一種である。 それまでのグラフィックアクセラレータは、上のでの使用を目的として、線や円、曲線の高速描画やその拡大縮小に関する処理の高速化に重点がおかれて開発されていたが、ウィンドウアクセラレータは、主として等のオーバーラップウィンドウの描画に特化した機能の高速化に重点がおかれている。 用のウィンドウアクセラレータとしては、社(現SONIC Blue社、チップ開発部門は社に売却)のS3-911が先鞭をつけ、S3-924の世代において、Windows 3. 1のGDI全てをで描画できるようにが完了している。 登場後、がWindowsに実装されるまでは特に変化の無い市場であったが、それ以後は開発競争が再燃し、高速化、高解像度化、動画再生支援機能、描画機能を実装したものが次々と販売されていった。 背景 [編集 ] 以上のような流れの背景には、パーソナルコンピュータの性能と機能の向上の波がある。 1980年前後、いわゆる「の時代」には、の性能が低く、グラフィックに関してハードウェアの比重が重かった。 その後「パソコンの時代」になると、CPUの性能は向上した一方で、バスやメモリがさほどボトルネックでもなかった時代のため、CPUによって直接グラフィックの処理なども行ってしまうのが効率が良く、グラフィックのハードウェアは特殊機能などを除き、表示するために必要なごく少ない機能のみを持つ、というスタイルがトレンドとなった。 そのため、より高度なグラフィックを求めるユーザ向けのグラフィックアクセラレータという製品が登場する余地があったのである。 また機種固有の事情としては、IBM PCはグラフィック機能をに独立させ、柔軟に機能向上があったのと比較し、NEC PC-9801は登場時点からすれば比較的高機能ではあったものの、仕様がほぼ固定してしまっていたため、サードパーティー製のグラフィックアクセラレータである GA-1024A が、を256色で遊ぶために人気となる、などといった現象を起こしており、前節の「ウィンドウアクセラレータ」なる商品が現れたのも、結局のところそのような「PC-98の特殊事情」であると考えたほうが正直な所であろう。 その後時代が到来し、1990年代も後半になると、CPUの速度向上に比して周辺が遅い、というような状態になり(だいたいの目安として、1992年策定のの頃まではCPUの信号線をそのまま外部に繋げることができていた、というのがある。 VLバスはCPUに486を前提としているが、DX2以降の486では内部クロックが逓倍されるようになったように、その頃から周辺との速度差が現れてきている)、グラフィックスについてはビデオカードのに重点が置かれるのが普通になったため、わざわざ「グラフィックアクセラレータ」として意識されることはなくなった。 また、16ビット時代には、保護などのないMS-DOSアプリが直接グラフィックを操作していたのが、Windows以降はそういうことはできなくなった、ということもあるだろう。 注 [編集 ]• 集積回路の汎用化と専用化についての「牧本ウェーブ」に少し似ているかもしれない。 関連事項 [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の

グラフィックアクセラレータ

クラフィ アクセラレータ

グラフィックボードの主な役割は、3D映像をモニターに映し出すことです。 ターゲットとなるのは3Dゲームをしたり、CADやPhotoshopなどを使用したりする方です。 動画視聴やネットサーフィンなど一般的な用途ではCPUに内蔵されているグラフィックスでも十分対応可能です。 実はCPUにもグラフィックボードの代わりになるものが搭載されているのです。 もちろん性能はそれほど高いわけではありませんが…それでは早速グラフィックボードについて見ていきましょう。 ゲーム向けのGeForce&Radeonとクリエイター向けのQuadroをそれぞれ紹介しています。 グラフィックボード性能比較表 GeForce&Radeon ここでは NVIDIA製GeForceとAMD製Radeonを紹介しています。 これらのグラフィックボードは、DirectX用に最適化されていて主にゲームをプレイする方向けです。 ゲーミング用途では多くのケースでグラフィックボードが必要となります。 特に最新のタイトルをプレイする場合は高性能なものを選択すると良いですね。 また、PhotoshopなどWEBデザイナー向けのソフトウェアでも活用できます。 3Dグラフィックスの処理を行うからです。 推奨スペックでもグラフィックボードが最低されていることがあります。 ただ、WEBデザインやRAW現像などでも負荷の軽い作業であればほとんどのケースでオンボード(CPU搭載グラフィックボード)でも十分対応できますので、どのようなアプリを使うのかをしっかりと確認すると良いでしょう。 OpenGL用に最適化されていて、主にCADやWEBデザインなどのソフトウェアを使用するクリエイター向けの製品となっています。 10bitカラーに対応しているので、より鮮明な色表示が可能となります。 プロフェッショナル向けということもありGeForceなどに比べて価格はやや高めになっています。 Quadro製のグラフィックボードで3Dゲームをプレイすることも可能ですが、ゲーム用途だけでは割高でコスパが非常に悪くなりますのでゲーム目的で考えるべきではありません。

次の

グラフィックボードの確認方法と見方(Windows10)

クラフィ アクセラレータ

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年6月) グラフィックアクセラレータ Graphics Accelerator は、 PC などのグラフィック処理をする機器装置(アクセラレータ)である。 もともと、1980年代頃に、当時のや WS 程度の性能のを必要としていた等を、当時のパーソナルコンピュータでも使用しようとした際に、PCの性能も向上しつつあったとは言えそれを補助するために、PC用の付加装置として、線や円、曲線の高速描画やその拡大縮小に関する処理の高速化に重点がおかれて開発された製品等を指して呼ばれたもので(WSでは標準装備などであったため、わざわざ名前が付けられることも無かった)、次に独立した節として示す「ウィンドウアクセラレータ」といった商品も現れたが、PC-9801の終焉などもあり、のスペック(機能&性能)向上に飲み込まれるかたちで、独立して意識されることもなくなった。 ウィンドウアクセラレータ [編集 ] ウィンドウアクセラレータ は、の描画の高速化に特化したグラフィックアクセラレータの一種である。 それまでのグラフィックアクセラレータは、上のでの使用を目的として、線や円、曲線の高速描画やその拡大縮小に関する処理の高速化に重点がおかれて開発されていたが、ウィンドウアクセラレータは、主として等のオーバーラップウィンドウの描画に特化した機能の高速化に重点がおかれている。 用のウィンドウアクセラレータとしては、社(現SONIC Blue社、チップ開発部門は社に売却)のS3-911が先鞭をつけ、S3-924の世代において、Windows 3. 1のGDI全てをで描画できるようにが完了している。 登場後、がWindowsに実装されるまでは特に変化の無い市場であったが、それ以後は開発競争が再燃し、高速化、高解像度化、動画再生支援機能、描画機能を実装したものが次々と販売されていった。 背景 [編集 ] 以上のような流れの背景には、パーソナルコンピュータの性能と機能の向上の波がある。 1980年前後、いわゆる「の時代」には、の性能が低く、グラフィックに関してハードウェアの比重が重かった。 その後「パソコンの時代」になると、CPUの性能は向上した一方で、バスやメモリがさほどボトルネックでもなかった時代のため、CPUによって直接グラフィックの処理なども行ってしまうのが効率が良く、グラフィックのハードウェアは特殊機能などを除き、表示するために必要なごく少ない機能のみを持つ、というスタイルがトレンドとなった。 そのため、より高度なグラフィックを求めるユーザ向けのグラフィックアクセラレータという製品が登場する余地があったのである。 また機種固有の事情としては、IBM PCはグラフィック機能をに独立させ、柔軟に機能向上があったのと比較し、NEC PC-9801は登場時点からすれば比較的高機能ではあったものの、仕様がほぼ固定してしまっていたため、サードパーティー製のグラフィックアクセラレータである GA-1024A が、を256色で遊ぶために人気となる、などといった現象を起こしており、前節の「ウィンドウアクセラレータ」なる商品が現れたのも、結局のところそのような「PC-98の特殊事情」であると考えたほうが正直な所であろう。 その後時代が到来し、1990年代も後半になると、CPUの速度向上に比して周辺が遅い、というような状態になり(だいたいの目安として、1992年策定のの頃まではCPUの信号線をそのまま外部に繋げることができていた、というのがある。 VLバスはCPUに486を前提としているが、DX2以降の486では内部クロックが逓倍されるようになったように、その頃から周辺との速度差が現れてきている)、グラフィックスについてはビデオカードのに重点が置かれるのが普通になったため、わざわざ「グラフィックアクセラレータ」として意識されることはなくなった。 また、16ビット時代には、保護などのないMS-DOSアプリが直接グラフィックを操作していたのが、Windows以降はそういうことはできなくなった、ということもあるだろう。 注 [編集 ]• 集積回路の汎用化と専用化についての「牧本ウェーブ」に少し似ているかもしれない。 関連事項 [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。

次の