納豆 チャーハン 人気 レシピ。 納豆のレシピ人気1位は?つくれぽ1000や殿堂入りも

超美味しい!納豆チャーハンのおすすめレシピ20選

納豆 チャーハン 人気 レシピ

納豆チャーハンが人気の中華料理店「ふーみん」の店主に、そのレシピを教えてもらいました。 納豆チャーハンで有名「ふーみん」とは? 「ふーみん」は昭和45(1970)年に創業。 ご両親が台湾出身の斎 風瑞さん、通称ふーみんさんが、台湾の家庭の味を食べてもらおうとつくった中華料理のお店です。 それまで、日本風の中華料理店やラーメン店、宴会ができるような大きな中華料理店はありましたが、家庭料理を出すところはほとんどありませんでした。 その意味で画期的なお店だったのです。 ねばねばをうまみに変える納豆チャーハン 納豆といえば、ご飯のお供とばかり思っていました。 それをチャーハンの具にした「ふーみん」の斎 風瑞さんは、自由な発想の料理人です。 卵をふわっと炒めるところから、醬油に熱を当てて香らせるところまでのわずか2分ほどの間に、油と火を上手に使う、中華料理のコツがぎゅっと詰まっていました。 納豆チャーハンのレシピと材料をさっそく紹介! 納豆チャーハンの材料(1人分) ・ねぎ20g ・にんじん15g ・ザーサイ10g ・チャーシュー5㎜厚さ4枚で40g ・ごはん190g ・しょうゆ 1. ねぎなどの材料をみじん切りにする ねぎを粗みじん切りにする。 ねぎに縦の切り目を細かく入れ、小口から切る。 ザーサイがかたまりの場合は押さえて下から薄く切り、細切りしてからみじん切りに。 にんじんはゆでて細かくみじん切り。 フライパンに卵を溶き、油を鍋になじませてから炒める 卵をボウルに割り入れてざっくりと混ぜる。 白身が切れれば十分なので、混ぜすぎないようにする。 鍋を強火にかけ、油を多めに入れて鍋になじませる。 いったん油を戻すと、鍋が油でぴかぴかに見える。 あらためて卵を焼くための油大さじ1を入れ、溶いた卵を入れる。 ふーみんではラードを使っている。 卵が固まらないうちに、上にご飯を入れる まだ半熟状態の卵の上にのせるようにご飯を入れ、切るようにほぐしていく。 ご飯は必ず温かいものを使うこと。 ほぐしやすく、卵ともからみやすい。 冷たいご飯だとほぐれにくくて、きれいなチャーハンにならない。 鍋肌に直接つかないように入れると、焦げつきにくい。 ご飯を卵で一粒一粒包むイメージで炒めていくのがコツ。 鍋を振って、ご飯と卵をさらになじませる 手前から奥へ向かって鍋をすくうように振り、へらでご飯全体を返す。 ご飯は空中に放り上げられて天地が返り、鍋に落ちてくる。 中華鍋の形だからできる技だ。 均一な黄色いご飯をつくる気持ちで、まんべんなく炒める。 卵がご飯粒につき、だんだんパラパラになる。 この作業でチャーハンの仕上がりが決まる。 ねぎは鍋に当ててよく火を通す ねぎを入れてご飯をひっくり返し、ねぎを鍋肌に当てる。 ほんの3秒ほど焼くことで、香りとうまみが生まれる。 軽く塩味をつける。 あとで、ザーサイやチャーシューなどの塩けが入るので、塩は小さじ4分の1と控えめにしておく。 ザーサイ、チャーシュー、にんじんを入れ、炒める。 納豆と青ねぎを入れ、最後に醬油をたらす 納豆と青ねぎを入れる。 納豆が均等に混ざるように炒める。 熱が入るとねばねばがなくなっていく。 青ねぎは彩りなので、じっくり火を入れる必要はない。 醬油を仕上げにたらす。 塩味をつけるよりも、香りを加えるのが目的。 ご飯にかけるのではなく、鍋肌に入れて熱を当て、香りを立たせるとよい。 「ふーみん」の納豆チャーハンの秘密 中華料理の炒め物には難しいイメージがあります。 プロは強火で一気に炒めていますが、家庭の火力ではとても真似できません。 それでは、素人にパラリとほどけたチャーハンをつくることは無理なのでしょうか。 ふーみんさんに聞いてみると、火力もさることながら、「鍋に十分に油を回しておくことが大切ですね」と言います。 炒める油を入れるだけではなく、鍋のための油が別に必要だというのです。 まず、火にかけた鍋に、お玉1杯弱の油を入れ、鍋肌にまんべんなく回して一度あけます。 全体に油がなじんだ状態になった鍋に、炒めるための油をあらためて入れます。 これなら鍋肌に具材がくっつくことはほとんどありません。 炒め物の油を控えようとするあまり、材料が焦げやすくなっていたのではないでしょうか。 「焦げつくと、手が間に合わなくなるんです」とふーみんさん。 チャーハンの勝負は2分から3分。 焦げついたところをはがしている時間の余裕はありません。 ふーみんさんは材料をすべて小皿に入れて準備してありますが、手際よく炒めるためには、なんといっても最初の油の使い方が重要なのです。 炒めるための油を入れたら、すぐ卵を入れます。 焼くというより、卵に油を吸収させ、乳化させるのです。 卵がまだ半生の状態のうちに温かいご飯を入れます。 冷たいご飯では、パラリとした状態にするのに時間がかかります。 卵でご飯を一粒ずつ包むように炒めます。 卵はふわふわで、しかも全体がパラパラになれば、チャーハンのベースは成功です。 「卵に油を抱えさせるんです」とふーみんさんは、卵を炒めるコツを説明します。 「卵だけが固まらないように、黄色いご飯をつくる気持ちで炒めるといいですよ」 もうひとつのコツはねぎの扱い。 「ねぎを入れたら、鍋に当ててよく焼くこと。 うまみと香りが出てきます。 焼く前にご飯と混ぜてしまうと、ちゃんと火が入りません。 料理がねぎ臭くなるのは、火が入っていないからですね」 中華料理では、チャーハンに卵とねぎを必ず使いますから、扱いを知れば、チャーハンの出来栄えは相当よくなるはずです。 「チャーハンに使う具には、肉、野菜、海鮮、たらこ、うに、高菜、じゃこなどいろいろありますが、卵は必ず使います。 卵を使わないというのは考えられないですね」 ところで、納豆チャーハンの陰の主役は、ザーサイです。 塩味だけでなく、うまみや香りも与えてくれます。 自家製のチャーシューも入れています。 チャーシューは煮豚スタイルで、2日に1回、まとめてつくっています。 豚肉をたこ糸で棒状に縛ってから塩胡椒し、焼きつけてから、長年注ぎ足しながら使っているたれで煮ています。 ふーみんさんの料理を見ていると、底が丸くて深さのある中華鍋の形の理由がわかってきます。 あおれば材料が鍋の曲線に沿って空中に跳ね上がり、お玉で自由自在に鍋の中を操ることができます。 つまり、材料をいつも動かすことができるのです。 火をつけてからわずか2分ほどで、納豆チャーハンはできあがりました。 その中に、たくさんのコツが詰まっていました。 納豆チャーハンが生まれた理由は? 納豆チャーハンを思いついたのは、お客さんとの会話がきっかけでした。 「そのころは7坪の小さな店で、カウンターしかありませんでした。 狭いのでお客さんとの距離が近く、会話がはずんで楽しい店でしたけど。 ねぎそばがよく出ましたね。 外苑前という場所柄、イラストレーターやデザイナーといった方が多くて、常連になってくれました」と斎さん。 食に詳しい人も多くて、毎晩のようにカウンター越しにうまいもの談義が交わされていました。 「納豆のおいしい食べ方知ってる?」「肉と一緒に炒めるとおいしいよね」という話をお客さんとしていたふーみんさん、挽肉と納豆を炒めてレタスで包んで食べる料理を考えつきました。 「中華料理に鳩の挽肉をレタスで包む料理があります。 それを思い出して、納豆を鳩の代わりにしてレタスで包んでみたらどうかと思ったんです。 店で出してみたら好評でした。 今度はそれをご飯にかけてほしいというお客さんがいて。 納豆ご飯という名前で今も出しています。 それならチャーハンもいけるのではないかと思って、つくってみたのが始まりです」 炒めると納豆のねばねばは消えてしまいます。 そのかわり、チャーハン全体にぬるっとした食感が生まれて、ねばりでコーティングされたようになります。 「うちは家庭料理の店なので、材料は普通のものを使っています。 納豆も出入りの八百屋さんが持ってきてくれるものです。 銘柄は、食べてみて選びましたけれど。 ただし小粒がいいですね」 納豆はいろいろな具と混ざっていて目立たなくなっていますが、ご飯の部分を食べると、口当たりがぬるっとして、肉とは違ううまみもあり、存在感は十分。 今や、1日に60食出ることもあるという、「ふーみん」の看板料理となりました。

次の

納豆のレシピ人気1位は?つくれぽ1000や殿堂入りも

納豆 チャーハン 人気 レシピ

パラパラやし、口の周りが汚れんでええわ」 まず初めに、嫁さんは納豆が苦手、娘と私は納豆が好き、という説明をひと言。 それで、こんな評価になってるんです……。 さて、チャーハンといえば前に紹介したこちら。 今回の「納豆チャーハン」もやっぱりパラパラがうまい! ちょっとくらい具材が変わっても基本は同じ作り方、というわけで今回も、• ご飯にしっかりと卵を絡めて、コーティングしてから炒める。 最初は「炒める」ではなく「焼く」って感じで、焦って混ぜすぎたらあかん!• 水分がでやすい食材は控えめに。 の 黄金ルール をお忘れなく! かめきちパパの「パラパラ納豆チャーハン」 【材料】(1人分)• 温かいご飯 茶碗1杯分• 納豆 1パック• 卵 1個(Lサイズ)• 塩昆布 ふたつまみ• 刻みねぎ 適量• サラダ油 大さじ2• 梅肉 お好みで 作り方 1. ボウルに納豆と付属の納豆のたれを入れて、スプーンでよく混ぜ合わせる。 (スプーンで混ぜ合わせると、納豆のネバネバがよりふんわりする気がするんやわ) 2. 卵とご飯を加えてさらに混ぜ合わせたら、塩昆布も加える。 熱したフライパンにサラダ油を入れ、2を流し入れたらフライパン全体に広げ、まずはご飯を焼く。 (ここですぐに混ぜ合わせたらあかん! 30秒ほど我慢やで) 4. お玉でご飯をすくう感じで炒めていく。 (最初はベチャっとした納豆パワーが出てる感じやけど大丈夫!) 5. ご飯にパラパラ感が出てきたら刻みねぎを加え、味をみて必要なら塩、胡椒(分量外)をして完成。 これくらいのパラパラ感になるはず! 梅は納豆の味変に最適やで! 納豆の味が楽しめるパラパラチャーハン。 ただ、うまいんはうまいんやけどちょっと刺激が足りん、なんて人は 「梅肉」のトッピングがおすすめ。 (私は必須やけど)チューブ入りの梅肉で十分。 梅肉をチャーハンと軽く混ぜあわせながら食べると、ほどよい酸味が加わってまたひと口、またひと口とスプーンが止まらなくなる! 市販の納豆にも、梅干しエキスが入ったたれが付いているものがあるくらいやから、間違いない組み合わせなんですわー。 にしても、塩昆布と梅、それに納豆なんてつまみにぴったりの組み合わせ。 休みの日の昼飯にビールをグイってやりながら食べるのも、オツなもんですわ!.

次の

超美味しい!納豆チャーハンのおすすめレシピ20選

納豆 チャーハン 人気 レシピ

納豆は時々健康番組で取り上げられて スーパーで品薄になる商品の1つですよね。 血液をさらさらにしてくれるので毎朝かかさず食べるようにしているのですが「納豆パスタ」とか「納豆サラダ」とかアレンジを知って食べるのが楽しくなりました。 畑のお肉とも称されている高タンパク質の大豆から作られる納豆は、血液中の血栓溶解作用を高めると言われています。 狭心症や脳梗塞、老人性痴呆症など多くの血栓性疾患の治療・予防になり、高血圧やガンを防ぐ作用もあるそう。 冷凍保存で常備しているので、使う前日に冷蔵庫に戻して解凍しておけばいつでも食べられる一品です。 冷凍保存する際は密閉状態にしておけば、1ヶ月くらいは大丈夫そうですよ。 美味しいです。 クセになりそうです。 海苔のインパクトもいい!もはやサラダではないですね。 前日の残りご飯と朝の定番納豆がこんなに美味しい料理になるなんて家族でびっくりでした。 超小粒納豆でGOOD!色味にカニカマをネギと一緒に散らしていれたら甘みが増して色もナイスでした。 チーズ好きファミリーなのでチーズも常備。 作らない手はない!と作ってハマりました。 韓国のりをたっぷり乗せて美味しさ倍増!ちょっとお肉も入れたいかな。 最初カリッカリにならなくて一人で食べて再挑戦!油を多めにして片面じっと我慢したらカリカリに。 良かった~。 さすがマヨネーズ!子供が食べてビックリのサプライズでした。 これは子供は好きでしょ~。 大人だってハマりますから。 ネギと海苔ってシンプルなんですけどゴマ油たっぷりにして香りがいいおやきが出来ましたっ。 納豆さまさまっ。 おいしいですよ。 ゴマ油好きなんですよね。 納豆とお豆腐でサラダとは思いつきませんでした。 梅干をちょこっと乗せたりほうれん草を和えたりしっかりベースにしてアレンジしてます。 油揚げのカリッカリは美味!納豆とチーズの相性も抜群でこんな簡単に出来ちゃう組み合わせを知らなかったなんてずっと損をしてました。 お味噌汁に浮かばせて食べても美味しかったです。 まぜまぜもいいですが、先に納豆まぜまぜ紅しょうが上乗せもありだと思います。 このままたこ焼きの具にしてみたいです。 まとめ 納豆は毎日食べたいものなので、色々とアレンジを楽しんだらノーマルに戻ってその美味しさを再確認してまたアレンジに挑戦、とループが延々と続きそうです。 体に良いものなので摂り続けることに意味アリ!ですよね。 冷凍保存も効くので特売で買いだめして即冷凍。 どうしてもすぐに使いたいときは、フタとタレを取って20~30秒チンしちゃってますが、製造元には品質を下げるので出来れば避けて欲しい、と書かれていました。 納豆というと卵と一緒にぐるぐるしてあわあわにして食べるのがまた美味なんですよね。 生卵との組み合わせはカルシウムの吸収が良くなるので 骨粗鬆症予防に良いそうです。 また卵には納豆に不足しているビタミンAが含まれているので、一緒に食べることで納豆のビタミンKと栄養的にもバランスがとれておすすめです。

次の