一関 あじさい 園。 岩手県一関市【みちのくあじさいまつり】詳細と歴史・カートについて

「みちのくあじさい園」マツコも絶賛の絶景スポット|一関市

一関 あじさい 園

みちのくあじさい園の紹介 みちのくあじさい園は、岩手県一関市の中心商店街より国道19号線(今泉街道)を北東方向、東山方面に約10km。 沿道のあじさい園ののぼり旗が目的地まで誘導してくれます。 開園期間は6月下旬から7月下旬までの約1ヶ月間。 約15ヘクタールの園内に、2km程の散策路が縱橫にはしり、その周辺には5百種6万株以上(2016年6月時点)の紫陽花が咲き誇っています。 また、紫陽花以外にも、2019年より5月はシャクナゲ、6月はカルミアの花を楽しむことができるようになりました。 散策路にはウットチップを敷き詰め、足の不自由な方には乗用カート(有料)も用意されています。 園内には紫陽花山荘を初め3カ所の休憩施設(お食事やコーヒー、かき氷ほか)があり、 トイレ(温水シャワー付き)も散策路の途中に併設されており、非常に便利です。 開園期間は開花状況に応じて若干の変動がありますので、下記お問い合わせ先にお確かめください。 <みちのくあじさい園> 場所:〒021-0221 岩手県一関市舞川原沢111 電話:0191-28-2349(開園期間中のみ) 期間外のお問い合わせは、一関観光協会(0191-23-2350)にお訪ねください。 また、園主の達郎さんは、一関地方森林組合長や6次 産業を意識して、平成21年に「みちのくあじさい加工組合」を発足させ、ブリザーブ ドフラワーの製造販売も手掛けています。

次の

みちのくあじさい園2019の見頃や開花状況!マツコも絶賛?アクセス方法も知らべた!

一関 あじさい 園

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 人気の設備・サービス• 観光スポット周辺• 鉄道駅周辺• 空港周辺• みちのくあじさい園周辺の観光スポット• 一関市の人気カテゴリ• 一関市で検索数の多いキーワード• 一関インターから車で約20分。 小さな集落の奥にその場所はあります。 不安になりつつも看板を頼りに車を進めると林の入口にたどり着きます。 奥には手入れの行きと届いた美しい杉林が続き、杉の木の根元に一面広がる青、白、ピンク…250種、25000株の紫陽花が咲き競います。 所々にアジサイの品種等がかかれた木札が下がり、「アジサイってこんなに種類があったのか…」と感嘆させられます。 林には遊歩道が整備され間近に紫陽花を見ることができます。 林業の傍ら楽しみで紫陽花を植えたのが始まりと聞きましたが、遊歩道、休憩所、トイレ、ベンチなどが整備されていて、歩くのが大変な方のためにゴルフ場にあるようなカートもあり、お年寄りの方なども楽しめると思います。 また、入口で傘や長靴を貸してもらえます。 遊歩道は2コースに分かれているようですが、どちらも違う景色が見られますので、両方行くことをお勧めします。 全長2kmとのことですがゆっくり写真を撮ったり、森林浴を楽しんだり、歩いて疲れたらロッジ風の休憩所で軽食やお茶をどうぞ…ここからの眺めもお勧めで、ここでコーヒーを片手に雨音などを聞いていると、どこか違う世界にいるような気分になります。 梅雨は出かけるのがおっくうになる季節ですが、雨の日や雨上がりの霧の中に浮かぶ紫陽花の花はとても幻想的で、ここに限っては雨の日でも行くのが楽しみになる場所です。

次の

【県南】〔一関市〕見応え満点!みちのく あじさい園

一関 あじさい 園

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 人気の設備・サービス• 観光スポット周辺• 鉄道駅周辺• 空港周辺• みちのくあじさい園周辺の観光スポット• 一関市の人気カテゴリ• 一関市で検索数の多いキーワード• 一関インターから車で約20分。 小さな集落の奥にその場所はあります。 不安になりつつも看板を頼りに車を進めると林の入口にたどり着きます。 奥には手入れの行きと届いた美しい杉林が続き、杉の木の根元に一面広がる青、白、ピンク…250種、25000株の紫陽花が咲き競います。 所々にアジサイの品種等がかかれた木札が下がり、「アジサイってこんなに種類があったのか…」と感嘆させられます。 林には遊歩道が整備され間近に紫陽花を見ることができます。 林業の傍ら楽しみで紫陽花を植えたのが始まりと聞きましたが、遊歩道、休憩所、トイレ、ベンチなどが整備されていて、歩くのが大変な方のためにゴルフ場にあるようなカートもあり、お年寄りの方なども楽しめると思います。 また、入口で傘や長靴を貸してもらえます。 遊歩道は2コースに分かれているようですが、どちらも違う景色が見られますので、両方行くことをお勧めします。 全長2kmとのことですがゆっくり写真を撮ったり、森林浴を楽しんだり、歩いて疲れたらロッジ風の休憩所で軽食やお茶をどうぞ…ここからの眺めもお勧めで、ここでコーヒーを片手に雨音などを聞いていると、どこか違う世界にいるような気分になります。 梅雨は出かけるのがおっくうになる季節ですが、雨の日や雨上がりの霧の中に浮かぶ紫陽花の花はとても幻想的で、ここに限っては雨の日でも行くのが楽しみになる場所です。

次の