また 明日 っ て 言える こと が 歌詞。 Novelbright また明日

”また明日” by Novelbright

また 明日 っ て 言える こと が 歌詞

この世界に蝉として産まれ、気がつくと人間として生きている。 土の中で過ごした数年間、やっと外に出られた感動。 人間としての生き方や一般常識を知らない彼だからこそ、きっとこの世界はより輝いて見えている。 蝉といえば、やはり「地上で7日間しか生きられない」というイメージが非常に強い。 ただでさえ短い夏という季節。 自分達が生きていることを見せつけるように、生きた証を遺すように、全力で鳴く。 自分に課せられた命を、ギリギリまで全うするのだ。 良いことが起こるかもしれないし、悪いことがあるかもしれない。 明日のことなんて何も分からない中で、蝉も人も生きているのだ。 そんな中で見つけた大切な人。 その人と一緒にいるだけで、強くなれるような、明日を幸せに過ごせるような予感がするのだ。 人間、誰もが数十年という命を想定して生きている。 そんな私達にとって7日間の人生というのは、全く想像のつかない短い一生だ。 しかし、もしそうなったとき、人がすることは変わらないのだろう。 生まれてきたこと自体にはそんな大層な意味など無い。 蝉と同じ。 ただ自分に与えられた命を生かし、最期のその時まで生き抜こうとするだけだ。 だから、セミオの選んだ人生も何も特別なことはない。 ずっと一緒に居たいと思う相手と出逢い、その気持ちを貫くためだけに、彼は人間として彼女の前に現れたのだ。 そしてそれは私達にも言えること。 突如人間界へやって来た彼のように、私達もこれから知らない世界へ足を踏み入れることもあるはずだ。 生き物に平等に与えられている命。 その中でどんな些細なことでも「なんて素晴らしい世界なんだ!」と思うことが出来たなら、私達の「7日間」はとても意義のあるものとなるのだ。 TEXT 島田たま子.

次の

作品歌詞:「また明日」 / 作詞 ねこでこ。 / 自作歌詞 / うたまっぷ自作歌詞

また 明日 っ て 言える こと が 歌詞

この世界に蝉として産まれ、気がつくと人間として生きている。 土の中で過ごした数年間、やっと外に出られた感動。 人間としての生き方や一般常識を知らない彼だからこそ、きっとこの世界はより輝いて見えている。 蝉といえば、やはり「地上で7日間しか生きられない」というイメージが非常に強い。 ただでさえ短い夏という季節。 自分達が生きていることを見せつけるように、生きた証を遺すように、全力で鳴く。 自分に課せられた命を、ギリギリまで全うするのだ。 良いことが起こるかもしれないし、悪いことがあるかもしれない。 明日のことなんて何も分からない中で、蝉も人も生きているのだ。 そんな中で見つけた大切な人。 その人と一緒にいるだけで、強くなれるような、明日を幸せに過ごせるような予感がするのだ。 人間、誰もが数十年という命を想定して生きている。 そんな私達にとって7日間の人生というのは、全く想像のつかない短い一生だ。 しかし、もしそうなったとき、人がすることは変わらないのだろう。 生まれてきたこと自体にはそんな大層な意味など無い。 蝉と同じ。 ただ自分に与えられた命を生かし、最期のその時まで生き抜こうとするだけだ。 だから、セミオの選んだ人生も何も特別なことはない。 ずっと一緒に居たいと思う相手と出逢い、その気持ちを貫くためだけに、彼は人間として彼女の前に現れたのだ。 そしてそれは私達にも言えること。 突如人間界へやって来た彼のように、私達もこれから知らない世界へ足を踏み入れることもあるはずだ。 生き物に平等に与えられている命。 その中でどんな些細なことでも「なんて素晴らしい世界なんだ!」と思うことが出来たなら、私達の「7日間」はとても意義のあるものとなるのだ。 TEXT 島田たま子.

次の

キミだけに 立花響(悠木碧) 歌詞情報

また 明日 っ て 言える こと が 歌詞

この世界に蝉として産まれ、気がつくと人間として生きている。 土の中で過ごした数年間、やっと外に出られた感動。 人間としての生き方や一般常識を知らない彼だからこそ、きっとこの世界はより輝いて見えている。 蝉といえば、やはり「地上で7日間しか生きられない」というイメージが非常に強い。 ただでさえ短い夏という季節。 自分達が生きていることを見せつけるように、生きた証を遺すように、全力で鳴く。 自分に課せられた命を、ギリギリまで全うするのだ。 良いことが起こるかもしれないし、悪いことがあるかもしれない。 明日のことなんて何も分からない中で、蝉も人も生きているのだ。 そんな中で見つけた大切な人。 その人と一緒にいるだけで、強くなれるような、明日を幸せに過ごせるような予感がするのだ。 人間、誰もが数十年という命を想定して生きている。 そんな私達にとって7日間の人生というのは、全く想像のつかない短い一生だ。 しかし、もしそうなったとき、人がすることは変わらないのだろう。 生まれてきたこと自体にはそんな大層な意味など無い。 蝉と同じ。 ただ自分に与えられた命を生かし、最期のその時まで生き抜こうとするだけだ。 だから、セミオの選んだ人生も何も特別なことはない。 ずっと一緒に居たいと思う相手と出逢い、その気持ちを貫くためだけに、彼は人間として彼女の前に現れたのだ。 そしてそれは私達にも言えること。 突如人間界へやって来た彼のように、私達もこれから知らない世界へ足を踏み入れることもあるはずだ。 生き物に平等に与えられている命。 その中でどんな些細なことでも「なんて素晴らしい世界なんだ!」と思うことが出来たなら、私達の「7日間」はとても意義のあるものとなるのだ。 TEXT 島田たま子.

次の