えきねっと 東海道 新幹線 予約。 東海道新幹線ネット予約のポイント|JR東海

新幹線の予約・JR券のお申込みに便利な「えきねっと」:ビューカード

えきねっと 東海道 新幹線 予約

えきねっとで新幹線を予約して新横浜から乗車する 新横浜駅、品川駅、東京駅などのJR東日本の在来線の駅から東海道新幹線に乗車する時でも、新幹線用の改札がありますが、基本的には同じ駅の構内を歩いて乗り換えができます。 そのためあまり意識しないこともあるのですが、JR東日本と東海道新幹線を運行するJR東海とは別の会社です。 それでも乗客の利便性を考えて、JR東日本の駅および「えきねっと」で東海道新幹線の乗車券を予約・購入することができます。 しかし、えきねっとで予約・購入した場合、チケットの受け取りはJR東日本の駅の指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザでないとできません。 つまり、えきねっとで予約したチケットを、JR東海の指定席券売機や窓口では受け取れません。 これは新横浜駅、品川駅、東京駅において、ほとんどの場合は特に問題はありません。 唯一、少々困るのが新横浜駅に横浜市営地下鉄でアクセスする、その他のJR東日本の在来線以外の方法で、JR東海の改札側からアクセスする場合です。 要するにえきねっとで予約した東海道新幹線のチケットをJR東海の指定席券売機で受け取れるようにしてくれれば良いのですが、残念ながらそのような対応をしてくれません。 こんな瞬間に「やはり別の会社なんだ」と感じてしまいます。 えきねっとで予約した新幹線のチケットを新横浜で受け取る えきねっとで新横浜から乗車する新幹線を予約した場合、チケットはJR東日本の駅で受け取れます。 JR東日本管内の他の駅から横浜線等を使って新横浜駅にアクセスした場合は、最初に乗車するJR東日本の駅でチケットを受け取ることができます。 指定席券売機に「えきねっと」の表示がありますので、そこから操作すれば大丈夫です。 新横浜駅で受け取る場合は、篠原口(横浜線側)のJR東日本の指定席券売機で受け取らなければなりません。 JR東日本の横浜線で新横浜駅についてから新幹線のチケットを受け取る場合は、そのまま篠原口に行けば良いので問題ありません。 新横浜駅は、東海道新幹線の線路を挟んで新横浜プリンス、横浜アリーナ、日産スタジアムがある側は、開発が進んでいてオフィスビルや商業施設が高密度にあり、発展しているのですが、それに比べると反対側は開発が進んでなく、基本的には住宅街となっています。 そのため多くの人が直接新横浜駅にアクセスする際には開発が進んでいる側からということになるのですが、そちら側にはJR東海の新幹線改札があり、えきねっとの受け取りができる指定席券売機がありません。 面倒ですが、駅の反対側に回って篠原口まで行き、指定席券売機でチケットを受け取る必要があります。 その後にまた新幹線の改札まで戻ってきますので時間がかかりますね。 また篠原口の指定席券売機およびその周辺の通路が混んでいることもありますので、時間には余裕を持って新横浜駅に行ったほうが安全です。 スポンサードリンク 東海道新幹線に新横浜から乗車 スマートEXが便利 上の説明から分かるように、横浜市営地下鉄でアクセスしたり、その他の方法で開発が進んでいるJR東海の新幹線改札側からアクセスする場合は、えきねっとで予約したチケットの受け取りが面倒です。 一つの解決策は、JR東海の「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」を利用することです。 私はいつも横浜市営地下鉄でアクセスし、年に数回程度東海道新幹線を利用しますので、「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」の会員になりました。 いずれもスマホでインターネット経由で東海道新幹線の予約ができます。 予約は何度でも手数料無料でできます日、ICカードを使って直接改札に行って入構できるので、券売機に並ぶ必要もありません。 「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」は年会費1080円を払ってクレジットカードを作らないといけないのですが、運賃が割引になり、新横浜駅から名古屋駅よりも遠いところを往復すればすぐに年会費分は取り戻せます。 利用回数が多くなるほど特になります。 特に新幹線で出かけた先から新横浜に帰ってくる時に、その時点で新幹線を予約しても「えきねっと」ではチケットを受け取れる場所が近くにありませんが、「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」ならばチケットレスですので問題ありません。 出張では、相手先の都合で帰りの予定がずれることもありますが、何度も予約変更できるので心配要りません。 まとめ えきねっとで東海道新幹線のチケットを予約し、新横浜駅から乗車する場合のポイントについて紹介しました。 東海道新幹線を利用する機会が多いようでしたら、R東海の「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」が便利です。 出張で東海道新幹線をお得に利用する方法については、こちらの記事「」をご覧ください。

次の

「えきねっと」の使い方、予約、受取、変更|新幹線旅行研究所

えきねっと 東海道 新幹線 予約

えきねっとで新幹線を予約して新横浜から乗車する 新横浜駅、品川駅、東京駅などのJR東日本の在来線の駅から東海道新幹線に乗車する時でも、新幹線用の改札がありますが、基本的には同じ駅の構内を歩いて乗り換えができます。 そのためあまり意識しないこともあるのですが、JR東日本と東海道新幹線を運行するJR東海とは別の会社です。 それでも乗客の利便性を考えて、JR東日本の駅および「えきねっと」で東海道新幹線の乗車券を予約・購入することができます。 しかし、えきねっとで予約・購入した場合、チケットの受け取りはJR東日本の駅の指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザでないとできません。 つまり、えきねっとで予約したチケットを、JR東海の指定席券売機や窓口では受け取れません。 これは新横浜駅、品川駅、東京駅において、ほとんどの場合は特に問題はありません。 唯一、少々困るのが新横浜駅に横浜市営地下鉄でアクセスする、その他のJR東日本の在来線以外の方法で、JR東海の改札側からアクセスする場合です。 要するにえきねっとで予約した東海道新幹線のチケットをJR東海の指定席券売機で受け取れるようにしてくれれば良いのですが、残念ながらそのような対応をしてくれません。 こんな瞬間に「やはり別の会社なんだ」と感じてしまいます。 えきねっとで予約した新幹線のチケットを新横浜で受け取る えきねっとで新横浜から乗車する新幹線を予約した場合、チケットはJR東日本の駅で受け取れます。 JR東日本管内の他の駅から横浜線等を使って新横浜駅にアクセスした場合は、最初に乗車するJR東日本の駅でチケットを受け取ることができます。 指定席券売機に「えきねっと」の表示がありますので、そこから操作すれば大丈夫です。 新横浜駅で受け取る場合は、篠原口(横浜線側)のJR東日本の指定席券売機で受け取らなければなりません。 JR東日本の横浜線で新横浜駅についてから新幹線のチケットを受け取る場合は、そのまま篠原口に行けば良いので問題ありません。 新横浜駅は、東海道新幹線の線路を挟んで新横浜プリンス、横浜アリーナ、日産スタジアムがある側は、開発が進んでいてオフィスビルや商業施設が高密度にあり、発展しているのですが、それに比べると反対側は開発が進んでなく、基本的には住宅街となっています。 そのため多くの人が直接新横浜駅にアクセスする際には開発が進んでいる側からということになるのですが、そちら側にはJR東海の新幹線改札があり、えきねっとの受け取りができる指定席券売機がありません。 面倒ですが、駅の反対側に回って篠原口まで行き、指定席券売機でチケットを受け取る必要があります。 その後にまた新幹線の改札まで戻ってきますので時間がかかりますね。 また篠原口の指定席券売機およびその周辺の通路が混んでいることもありますので、時間には余裕を持って新横浜駅に行ったほうが安全です。 スポンサードリンク 東海道新幹線に新横浜から乗車 スマートEXが便利 上の説明から分かるように、横浜市営地下鉄でアクセスしたり、その他の方法で開発が進んでいるJR東海の新幹線改札側からアクセスする場合は、えきねっとで予約したチケットの受け取りが面倒です。 一つの解決策は、JR東海の「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」を利用することです。 私はいつも横浜市営地下鉄でアクセスし、年に数回程度東海道新幹線を利用しますので、「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」の会員になりました。 いずれもスマホでインターネット経由で東海道新幹線の予約ができます。 予約は何度でも手数料無料でできます日、ICカードを使って直接改札に行って入構できるので、券売機に並ぶ必要もありません。 「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」は年会費1080円を払ってクレジットカードを作らないといけないのですが、運賃が割引になり、新横浜駅から名古屋駅よりも遠いところを往復すればすぐに年会費分は取り戻せます。 利用回数が多くなるほど特になります。 特に新幹線で出かけた先から新横浜に帰ってくる時に、その時点で新幹線を予約しても「えきねっと」ではチケットを受け取れる場所が近くにありませんが、「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」ならばチケットレスですので問題ありません。 出張では、相手先の都合で帰りの予定がずれることもありますが、何度も予約変更できるので心配要りません。 まとめ えきねっとで東海道新幹線のチケットを予約し、新横浜駅から乗車する場合のポイントについて紹介しました。 東海道新幹線を利用する機会が多いようでしたら、R東海の「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」が便利です。 出張で東海道新幹線をお得に利用する方法については、こちらの記事「」をご覧ください。

次の

お盆の新幹線予約。えきねっと、スマートEXの違いを比較

えきねっと 東海道 新幹線 予約

新幹線のインターネット予約サイトの特徴 新幹線のチケットを取り扱うインターネット予約サイトは次に紹介する6種類の予約サービスがあります。 新幹線のインターネット予約サイトの特徴として、新幹線予約に特化したサイトと新幹線も在来線特急も予約できるサイトにわけることができます。 新幹線予約に特化したサイト 東海道・山陽新幹線の予約に特化して独自のICカードまたは交通系ICカードで乗車ができる予約サイトとして• エクスプレス予約• スマートEX の2つのサービスがあります。 基本的にはチケットレス乗車を前提としており、複数人での予約などでは乗車前に紙のきっぷに引き換えます。 エクスプレス予約 エクスプレス予約は、東海道新幹線・山陽新幹線を割引価格で予約購入できます。 JR東海エクスプレス・カードまたはJ-WESTカード(エクスプレス)の入会が必要です。 プラスEX会員ならお手持ちのクレジットカードでも利用もできます。 年会費1,080円が必要ですが、東京から新大阪間を1回利用すれば元は取れます。 毎年定期的に東海道・山陽新幹線に乗る機会がある方ならエクスプレス予約にするとかなりお得です。 駅で紙のきっぷに引き換えないチケットレス乗車ができます。 予約変更は何回でも手数料がかかりません。 スマートEX スマートEXは、東海道新幹線・山陽新幹線を予約購入できます。 値段は駅で購入するきっぷより200円安い程度で割引はあまり期待できません。 手持ちのクレジットカードと交通系ICカードを登録するとスマートEXを利用できます。 年会費は無料なので気軽にインターネット予約を利用できます。 駅で紙のきっぷに引き換えることなくチケットレス乗車ができます。 予約変更は何回でも手数料がかかりません。 新幹線も在来線特急も予約できるサイト 新幹線も在来線特急も予約できるサイトは、きっぷを受け取ることができるエリアを考慮すると大まかにJR東日本とJR北海道の「えきねっと」と、JR西日本・JR九州およびJR四国の「e5489」2つの予約サイトでカバーできます。 2019年春からJR東海エリアで「e5489」のきっぷ受け取りができるようになります。 えきねっと えきねっとは、全国の新幹線を予約購入できます。 東北新幹線・山形新幹線・秋田新幹線・北海道新幹線・上越新幹線・北陸新幹線が対象のえきねっとトクだ値という割引きっぷがあります。 年会費は無料です。 予約変更は1回限りです。 2回目からは手数料を支払って払戻後、新規購入する必要があります。 えきねっとのチケットを受け取りできるエリア 全国の新幹線のきっぷを買えるのですが、きっぷの受け取りはJR東日本、JR北海道、JR西日本の一部の駅のみです。 e5489 e5489は、全国の新幹線を予約購入できます。 山陽新幹線・九州新幹線・北陸新幹線が対象の割引きっぷがあります。 年会費は無料です。 予約変更は一部の特典ありのきっぷのみ何回でも手数料がかかりません。 e5489のチケットを受け取りできるエリア 全国の新幹線のきっぷを買えるのですが、きっぷの受け取りはJR西日本、JR九州、JR四国の駅のみです。 2019年春からJR東海エリアでも「e5489」のきっぷ受け取りができるようになります。 JR九州インターネット予約サービス JR九州インターネット予約サービスは、九州新幹線・山陽新幹線・東海道新幹線を予約購入できます。 年会費は無料です。 JR九州インターネット予約サービスのチケットを受け取りできるエリア きっぷの受け取りはJR九州、JR西日本の駅のみです。 JRサイバーステーション ウェブサイトを一見すると、いかにもJRグループの統一予約サイト風で誰でも予約ができそうなのですが、JRサイバーステーションのプロバイダの会員登録をしている人のみ予約ができます。 そのほかの方はサイバーステーションで予約をすることが不可能なので少々特殊な予約サイトです。 インターネット予約購入サービスを使うメリット インターネット予約購入サービスを使うメリットをまとめると• 通常料金よりもお得な割引料金で新幹線に乗ることができる。 乗車直前まで予約した新幹線を変更することが何度でも可能。 予約した商品によりますが、いざという時の払い戻し手数料が安い。 しかも紙の特急券では駅の窓口のみでの払い戻しとなるので、混雑していると時間のロスになります。 インターネット予約購入サービスを利用する際ここに注意! インターネットにつながるパソコンまたはスマートフォンが必要です。 クレジットカードはあったほうが格段に便利です。 無くても購入できる予約サイトもあります。 各予約サイトは新幹線の運営会社が自社の路線が有利になるよう構築されています。 例えば、JR東日本の「えきねっと」サイトは東北新幹線・東海道新幹線のどちらの予約もできます。 しかし東北新幹線の割引は設定しているが、東海道新幹線はJR東海が運営しているので割引設定がないのです。 乗車する路線により予約サイトを使い分ける工夫が必要です。 他にも気を付けるポイントは、「えきねっと」で東海道新幹線の東京駅から新大阪駅間の行きと帰りのチケットを購入するとします。 そのチケットは東京駅で行きと帰り両方受け取っておかなければ大変なことになります。 新大阪駅でチケットを受け取ろうとしても「えきねっと」の受け取り範囲外なので予約はしたけど乗車できない事になります。 「えきねっと」に限らず他社の予約購入サービスも受け取り場所を確認しておかなければ似たような事態になるかもしれません。 ここがJR各社のインターネット予約購入サービスのダメなところです。 利用者からすると誰でも使いやすい全国統一のインターネット予約サービスが欲しいところです。

次の