スマホベーシックプランs スマホプランs 違い。 Y!mobileの新旧プランを比較、旧プランで二年経過後はプラン変更がお得に

ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の概要!法改正による旧プランとの変更点について徹底解説!

スマホベーシックプランs スマホプランs 違い

mobileを使う場合に優しいプラン料金になっています。 端末販売価格の見直しでお得になった端末 一部の機種で端末販売価格が変更されます。 2019年9月末時点では、「」と「」の値引きがありました。 端末価格に関しては、すべての端末ではなく、一部機種が対象です。 狙っていた端末が値引きされていたらラッキーですね。 また、支払い方法に36回払いが追加されました。 月々の支払額がグンと安くなるので、長期利用で使う場合にはお財布に優しい買い方ができそうです。 個別の端末料金に関しては、オンラインストアをチェックしてみてくださいね。 2019年9月末までのMNP転出料金• 契約から6ヶ月以内:6,000円• 契約から7ヶ月目以降:3,000円 見ての通り、 MNP転出手数料は最低でも半年が経過しなければ高額になっていました。 2019年10月以降は「一律3,000円」なので、キャリア変更がお手軽にできるようになりました。 SIMフリーのスマホを持っておけば、いろいろなキャリアを転々としながら試すなんてこともできますね。 家族割は変更なし、おうち割は減額へ Y! mobileのスマホを家族で複数台持つことで、2台目以降が毎月500円割引できる「」の変更はありませんでしたが、固定回線を持つことで割引できる「」の金額が減額となりました。 新 スマホベーシックプラン 旧 スマホプラン 差額 Sプラン 500円 500円 0円 Mプラン 700円 -200円 Rプラン Lプラン 廃止 1,000円 — 「おうち割」の割引料金は、500円で統一され、家族割と割引金額が同じになりました。 では、新プランからはおうち割と家族割ではどちらの方がお得になるのでしょうか。 実際、家族割とおうち割では、環境やプランによってどちらがお得なのかがことなります。 プランS プランM プランR 割引 家族割 おうち割 家族割 おうち割 家族割 おうち割 1人目 1,980円 1,480円 2,980円 2,480円 3,980円 3,480円 2人目 1,480円 2,480円 3,480円 3人目 家族合計 4,940円 4,440円 7,940円 7,440円 10,940円 10,440円 おうち割は、1人目がカウントされる分、500円だけ安くなります。 ただし、一つ注意が必要なのが、ソフトバンク光の場合は、前述している 500円のオプション加入が必須になります。 つまり、ソフトバンク光の場合、1人目の500円値引きは有料オプションと相殺される形になってしまいます。 ソフトバンクAirを契約した場合は、基本的におうち割の方がお得なので、おうち割を利用するようにしましょう。

次の

【7月改定版】ワイモバイル新料金プラン「スマホベーシックプラン」の詳細と従来プランとの比較

スマホベーシックプランs スマホプランs 違い

SPONSORED LINK 「スマホベーシックプラン」がワイモバイルの新料金プランに これまで、ワイモバイルのスマートフォン向け料金プランは「スマホプラン」でした。 しかし、ワイモバイルがスマートフォン向けの新料金プラン「スマホベーシックプラン」を発表したことで、2019年10月1日より「スマホベーシックプラン」が新たなスマートフォン向けの料金プランとなります。 これに伴い、スマホプランの新規申し込み受付は終了となり、2019年10月1日以降にワイモバイルに申し込む場合「スマホベーシックプラン」を利用するようになります。 ただし、現在スマホプランを利用しているワイモバイルユーザーは、2019年10月1日以降も継続してスマホプランを利用する事ができます。 ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」とは 画像引用元: ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」とは、契約期間 縛り なしの料金プランで、簡単にまとめると下記のような料金プランになります。 また、ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」の月額料金などについて詳しくは、下記より解説していきます。 関連サイト: スマホベーシックプランの月額料金 上記では、スマホベーシックプランの月額料金を紹介しましたが、スマホベーシックプラン本来の月額料金は下記のようになっており、• スマホベーシックプランS:月額2,680円• スマホベーシックプランM:月額3,680円• スマホベーシックプランR:月額4,680円 新規割などの割引が適用されることで、スマホベーシックプランを月額1,480円~利用する事ができるようになります。 というのも、スマホベーシックプランに適用される「新規割」という割引には、適用期間が設定されているためです。 新規割には、6ヶ月間という適用期間があるので新規割の適用期間が終了すると、• スマホベーシックプランS:月々4GB• スマホベーシックプランM:月々12GB• しかし、データ増量無料キャンペーンは2年経つと、適用終了となります。 その際、データ増量オプションを継続して利用する場合、スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB は変わりませんが、データ増量オプションの月額料金500円が発生するようになります。 また、データ増量無料キャンペーンの適用終了後、データ増量オプションを解約すればデータ増量オプションの月額料金は発生しませんが、スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB が少なくなってしまうので、ご注意ください。 関連サイト: スマホベーシックプランの通話料 ワイモバイルのスマホベーシックプランには、通話無料サービスがセットになっており、1回10分以内の国内通話であればかけ放題となっています。 そのため、1回10分以内の国内通話であれば、何度電話をかけても通話料が発生することはありません。 また、通話無料サービスはスマホベーシックプランに含まれているサービスなので、通話無料サービスを利用するにあたって利用料金は発生しません。 スマホベーシックプランは契約期間 縛り ・違約金 契約解除料 なし ワイモバイルのスマホベーシックプランの最大の特徴は、2年縛りなど契約期間がないという点です。 ワイモバイルの旧プラン「スマホプラン」では、2年間の契約期間が設定されており、契約期間中にワイモバイルを解約・ワイモバイルから他社に乗り換え MNP転出 を行うと、違約金として契約解除料が発生するようになっていました。 しかし、ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」は契約期間がないので、いつ解約や乗り換えを行っても、違約金が発生することはありません。 ワイモバイルの「スマホプラン」と新プラン「スマホベーシックプラン」の比較 ここまで、ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」について解説してきましたが、• スマホベーシックプランは料金プランの月額料金が安くなった• スマホベーシックプランは契約期間と違約金がなくなった• ただし、スマホベーシックプランは スマホベーシックプランRが一番高速データ通信容量 GB が多いプランとなっており、スマホプランのように20GBを超える大容量プランがないので、その点には注意が必要です。 関連サイト: ワイモバイルの「スマホプラン」から新プラン「スマホベーシックプラン」へ変更する場合 現在、ワイモバイルでスマホプランを利用している方の中には、 スマホベーシックプランについてわかったし、ワイモバイルに申し込もう。 と思っている方もいるでしょう。 新プランのスマホベーシックプランは、2019年10月1日より受付が開始されるので、ワイモバイルに申し込んでスマホベーシックプランが利用したいのであれば、2019年10月1日以降にワイモバイルに申し込むようにしましょう。 また、ワイモバイルの申し込み方法については、下記の記事で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。 関連記事: ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」とは・まとめ• スマホベーシックプランはワイモバイルのスマートフォン向けの新しい料金プラン• スマホベーシックプランは月額2,680円~利用できる• スマホベーシックプランの高速データ通信容量 GB は「S:4GB」「M:12GB」「R:17GB」• スマホベーシックプランは1回10分以内の国内通話がかけ放題• スマホベーシックプランには契約期間 縛り がなく違約金も発生しない• スマホプランよりもスマホベーシックプランのほうが月額料金が安い• スマホベーシックプランには大容量プランがない• スマホプランからスマホベーシックプランに変更する際条件を満たせば違約金はかからない 関連サイト:.

次の

ワイモバイル「スマホベーシックプランM/R」を7月1日から改定、UQ、楽天に対抗、比較!|モバデジブログ

スマホベーシックプランs スマホプランs 違い

目次 1. mobileとは Y! mobile (ワイモバイル)とはソフトバンク株式会社の株式会社 ウィルコムとイーモバイルが 合併して生まれた会社で2014年8月1日にサービスを開始しました。 ソフトバンクよりも安い料金でソフトバンク回線のスマホが利用できます。 また、MVNO事業者とは違う形の会社となっています。 スマホプランとスマホベーシックプランの違いは ベーシックプランは契約期間が2年間縛りのないプランになっています。 契約期間がないことで好きなタイミングでやめることが出来るので料金が高めに設定されています。 頻繁にスマホや MVNO事業者など変える人におすすめできるプランとなっています。 長期利用ではやはりスマホプランの方が断然お得になっています。 ベーシックプランを選択した場合、各種の割引やキャンペーンを受けられない場合がある。 例えば、スマホベーシックプランを例にとると、月額割引 は受けられるが、スマホプラン割引 は受けられないです。 スマホプランからスマホベーシックプランへの変更 は、 一旦解約扱いとなるため契約更新月以外では契約解除料金9,500円が発生します。 また、 逆にスマホベーシックプランからスマホプランへの変更 は、 契約期間は引き続き継続はされず、 変更したタイミングが利用開始月なり、 そこから2年契約が新たにスタートします。 そのため事前に自分に合ったプランを確認することをおすすめします。 こちらのプランではSとLのみのとなっています。 スマホプランと異なりこちらの方では契約期間が3年縛りになっています。 その他の費用 契約事務手数料 3,240円 SIMカード再発行料 SIMカード1枚につき3,240円 MNP転出 新規契約月から6カ月以内 6,480円 新規契約月から7カ月以降 3,240円 機種変更手数料 3,240円 契約変更時の手数料 3,240円 SIMロック解除料 My Y! mobile:0円 Y! mobileショップ:3,240円 通話料 21. mobile(ワイモバイル)のオプション スーパーだれとでも定額 通話時間、通話回数が無制限で他社も含めたすべてのスマートフォン、 または固定電話への国内通話が無料で利用できます。 さらに、「ケータイプラン」ならインターネットも無料で利用できます。 だれとでも定額 「ケータイプラン」に当オプションを追加すると、他社も含めたすべてのスマートフォンなどの 固定電話への1回あたり10分以内の国内通話が、月500回まで無料で利用できます。 対象料金プランは「ケータイプラン」のみになります。 なお、1回あたり10分を超える通話か、 1カ月内の利用が500回を超過した場合は30秒につき20円の通話料がかかります。 データ容量2倍オプション 高速データ通信量が2倍になるオプションです。 スマホプランMなら3GBが2倍の6GBになります。 月額料500円で2倍に増やすことが出来ます。 また、「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」も開催しています。 新規でも機種変更でも2年間無料で利用できます。 留守番電話サービス 3分までの伝言を30件まで、留守番電話センターで最大72時間預かります。 留守番電話プラス 伝言を100件まで、最大1週間預かります。 一部ケータイを除いてボイスメッセージも利用できます。 割込通話 通話中にかかってきた他の電話を受けることができるサービスです。 mobileのキャンペーン Y! mobileならGoogle Play Musicが90日間無料! キャンペーン期間 2018年2月8日(木)~ 終了日未定 普段Google Play Musicで音楽を楽しんでいる人には嬉しい 90日間無料で利用できます。 家族のスマホまとめてキャンペーン 基本使用料から毎月540円割引を行う家族割引サービス加入+スマートフォン(USIM単体契約を含む)を 同月内に複数回線契約すると、2回線目以降1台につき5,000円還元されます。 キャンペーン期間 2017年6月1日(水)~終了日未定 キャンペーン対象者は 新規契約またはMNPで、スマホプランS/M/Lに申し込んだ方になります。 (ベーシックプランは対象外です。 ) Y! mobileのまとめ.

次の