右 自然 気胸。 嵐・相葉雅紀さんが闘病した肺気胸とは?現在は?

自然気胸の基礎知識|東京慈恵会医科大学附属柏病院

右 自然 気胸

[どんな病気か] 胸にけがをし、(きょうくう)内に出血した血液がたまった状態を血胸(けっきょう)、からもれた空気が胸腔内にたまった状態を気胸(ききょう)といい、血液と空気の両方がたまった状態は血気胸(けつききょう)といいます。 穿通性外傷(せんつうせいがいしょう)では気胸になります。 折れた肋骨(ろっこつ)が肺を突き破ったり、刃物で肺を刺されたりすると、肺から空気がもれて、気胸になることもあります。 いずれにしても、損傷部位からの出血が胸腔内にたまれば血胸です。 空気と血液とがたまったときには、血気胸となります。 [症状] 血液や空気に押されて肺が縮むために、胸腔(きょうくう)が刺激されて胸痛がおこり、呼吸が苦しくなります。 もれた空気が皮下組織にたまる皮下気腫(ひかきしゅ)(「」)がおこることもあります。 肺が破れると、息を吸うときは破損部位から空気がもれて胸腔内にたまり、息をはくときは、破損部位が閉じて胸腔内の空気が肺にもどれなくなり、この結果、胸腔内に空気がどんどんたまり、この空気に押されて肺が縮むだけではなく、心臓や反対側の健康な肺も圧迫されるようになります。 これを緊張性気胸(きんちょうせいききょう)といい、短時間のうちに窒息ショックから心臓停止に至る危険な状態です。 いずれにしても、一刻を争って救急病院へ搬送することが必要です。 [検査と診断] 打聴診、胸部X線撮影や超音波検査でも診断が可能なことが多いのですが、もっとも威力を発揮するのは胸部CTで、胸部X線撮影では写らない小さな気胸、血胸も診断できます。 [治療] チェストチューブという管を胸腔内に挿入し、この管を介して、たまっている空気や血液を抜きます()。 緊張性気胸が疑われるときは、検査を省略して、ただちに胸腔ドレナージを行ないます。 これの準備に時間がかかるときは、ベニーラという器具を刺し、胸腔の圧を減少させます。 出血量が多い、もれた空気の量が多い、1週間以上の胸腔ドレナージでも回復しないなどのときは、開胸して肺の破損部位を縫合(ほうごう)します。 ふつう、1週間もすればチェストチューブを抜くことができますが、その後も肺の定期観察が必要なので、全治までには2~3か月はかかります。 完治するまでは、禁酒、禁煙します。 出典 家庭医学館について.

次の

突然の自然気胸

右 自然 気胸

肺の病気|気胸 気胸とは胸膜腔に空気が溜まり、肺がしぼんでしまう病気の事をいいます。 簡単にですが、気胸に関わる範囲で構造の説明をします。 肺は2枚の「胸膜」という薄い膜に囲まれています。 1つは、肺の表面を覆っている胸膜「肺胸膜(臓側胸膜)」で、もう1つはその周りを囲んでいる胸膜「壁側胸膜」です。 この2つの胸膜の間には触れ合わないようにスペースがあり、そのスペースを「胸膜腔」と云います。 この胸膜腔には潤滑油としてほんの少し液体が分泌されています。 では気胸となってしまう仕組みですが、何らかの原因で肺(肺胸膜)に穴が開くと、その空気が胸膜腔に漏れていきます。 そして胸膜腔内の空気の量が増え、そのせいで肺は圧迫されていき、しぼんでいってしまうのです。 なので、息を吸っても肺は圧迫されている為に膨らみきないので、息苦しさを感じるという訳です。 この病名はあまり知られてないですが、珍しい病気ではありません。 <症状> 特徴的な症状としては、息切れ、息苦しさ、運動すると息が出来なくなる、胸の痛み、咳が出る・・・といった事があげられます。 初期症状では、肩こり、鎖骨の違和感、胸や背中の鈍痛という事もあるようです。 色々と症状を挙げましたが、発病したからといって全く痛みを感じない人もいれば、気胸の程度は軽くても激しい痛み(症状)を感じる人もおり、さまざまです。 この気胸の特徴は、下記の2点が挙げられます。 前触れもなく激しい症状が現れる2. 若い男性で、背が高く細い人に多い「1」ですが、例えば胸痛で云えば「刺されたような鋭い痛み」を感じるようです。 以外にもなりやすいと云われる人がいます。 その人には肺に「ブラ」もしくは「ブレブ」と呼ばれる小さい袋を持っていおり、それが突然破裂してしまう事で自然気胸が起こってしまうそうです。 「どうして袋が出来るのか」また「なぜ破れるのか」という理由は分かっていません。 肺は左右それぞれ1つずつあります。 自然気胸の場合、通常は片方の肺でしか発症しません。 ですが稀に、一度に両方の肺に発症する事があります。 こうなると、命に係わる大変危険な状態ですので、早急な治療が必要です。 このタイプの気胸は高齢の方に多いとされています。 例えば、交通事故で肋骨が折れ、それが肺に刺さってしまう事で気胸が発症します。 子宮内腔を覆っている子宮内膜という細胞が、何らかの原因で横隔膜や肺に入り込み、それが月経の時にはがれ落ちる際に、その箇所に穴が開いてしまう事で気胸が発生します。 この気胸の特徴としては、「月経開始前後に発症する」、「右側に発症する事が多い」と云う事です。 前記で症状を述べましたが、この気胸では特に肩や鎖骨の痛みを強く感じ、また悪化すると吐血する事もあるそうです。 気胸は男性に多い病気ですので、女性で気胸にかかるとまずこの月経随伴性気胸を疑います。 胸腔とは横隔膜から上の胸全体の事を指し、この胸腔には肺以外にも心臓、気管、大動脈、食道などが存在します。 症状が悪化し、あまりにも胸膜腔内の空気が溜まり過ぎると、漏れ出した肺の方を圧迫するだけでなく、気胸を起こしていない反対側の肺や心臓、また他の胸腔内にある器官をも圧迫してしまいます。 この症状はとても危険な状態なので、すぐに治療が必要です。 漏れていた空気ですが、軽度であれば自然に血液の中に溶けて無くなっていきます。 大体、1〜2週間程度で治ります。 穴がふさがるのは自然治癒などを含む他の治療となります。 この治療方法は何度も再発しやすいというデメリットがあります。 再発した気胸に対してまた胸腔ドレナージを行うと、さらに再発する確率が高くなります。 何度も再発を繰り返す場合は、再発を食い止める為、手術を行う事が多いようです。 自然気胸で述べた肺に出来ている袋を取り除いたり、開いた穴をふさいだりします。 最近では、袋を取り除いた後の傷口にメッシュやのり(フェブリン)使って、傷口を覆って補強する方法も出てきてます。 メッシュは1ヶ月位で表面に吸収され、肺の表面を厚くさせて丈夫にするというものです。 <再発について> 自然気胸を起こした人は再発しやすいと云われています。 胸腔鏡手術にて袋を取り除いた箇所が再発する確率は低いのですが、自然治癒で治った所は再発しやすく、又その他の場所に新たに袋が出来やすいという事が挙げられます。 続発性気胸も再発しやすいと云われています。 この気胸は、元々持っている肺の病気が原因で気胸が起こるので、その病気が治らない限り気胸を起こすリスクがあると云う訳です。

次の

気胸|金沢医科大学 呼吸器外科学

右 自然 気胸

肺の病気|気胸 気胸とは胸膜腔に空気が溜まり、肺がしぼんでしまう病気の事をいいます。 簡単にですが、気胸に関わる範囲で構造の説明をします。 肺は2枚の「胸膜」という薄い膜に囲まれています。 1つは、肺の表面を覆っている胸膜「肺胸膜(臓側胸膜)」で、もう1つはその周りを囲んでいる胸膜「壁側胸膜」です。 この2つの胸膜の間には触れ合わないようにスペースがあり、そのスペースを「胸膜腔」と云います。 この胸膜腔には潤滑油としてほんの少し液体が分泌されています。 では気胸となってしまう仕組みですが、何らかの原因で肺(肺胸膜)に穴が開くと、その空気が胸膜腔に漏れていきます。 そして胸膜腔内の空気の量が増え、そのせいで肺は圧迫されていき、しぼんでいってしまうのです。 なので、息を吸っても肺は圧迫されている為に膨らみきないので、息苦しさを感じるという訳です。 この病名はあまり知られてないですが、珍しい病気ではありません。 <症状> 特徴的な症状としては、息切れ、息苦しさ、運動すると息が出来なくなる、胸の痛み、咳が出る・・・といった事があげられます。 初期症状では、肩こり、鎖骨の違和感、胸や背中の鈍痛という事もあるようです。 色々と症状を挙げましたが、発病したからといって全く痛みを感じない人もいれば、気胸の程度は軽くても激しい痛み(症状)を感じる人もおり、さまざまです。 この気胸の特徴は、下記の2点が挙げられます。 前触れもなく激しい症状が現れる2. 若い男性で、背が高く細い人に多い「1」ですが、例えば胸痛で云えば「刺されたような鋭い痛み」を感じるようです。 以外にもなりやすいと云われる人がいます。 その人には肺に「ブラ」もしくは「ブレブ」と呼ばれる小さい袋を持っていおり、それが突然破裂してしまう事で自然気胸が起こってしまうそうです。 「どうして袋が出来るのか」また「なぜ破れるのか」という理由は分かっていません。 肺は左右それぞれ1つずつあります。 自然気胸の場合、通常は片方の肺でしか発症しません。 ですが稀に、一度に両方の肺に発症する事があります。 こうなると、命に係わる大変危険な状態ですので、早急な治療が必要です。 このタイプの気胸は高齢の方に多いとされています。 例えば、交通事故で肋骨が折れ、それが肺に刺さってしまう事で気胸が発症します。 子宮内腔を覆っている子宮内膜という細胞が、何らかの原因で横隔膜や肺に入り込み、それが月経の時にはがれ落ちる際に、その箇所に穴が開いてしまう事で気胸が発生します。 この気胸の特徴としては、「月経開始前後に発症する」、「右側に発症する事が多い」と云う事です。 前記で症状を述べましたが、この気胸では特に肩や鎖骨の痛みを強く感じ、また悪化すると吐血する事もあるそうです。 気胸は男性に多い病気ですので、女性で気胸にかかるとまずこの月経随伴性気胸を疑います。 胸腔とは横隔膜から上の胸全体の事を指し、この胸腔には肺以外にも心臓、気管、大動脈、食道などが存在します。 症状が悪化し、あまりにも胸膜腔内の空気が溜まり過ぎると、漏れ出した肺の方を圧迫するだけでなく、気胸を起こしていない反対側の肺や心臓、また他の胸腔内にある器官をも圧迫してしまいます。 この症状はとても危険な状態なので、すぐに治療が必要です。 漏れていた空気ですが、軽度であれば自然に血液の中に溶けて無くなっていきます。 大体、1〜2週間程度で治ります。 穴がふさがるのは自然治癒などを含む他の治療となります。 この治療方法は何度も再発しやすいというデメリットがあります。 再発した気胸に対してまた胸腔ドレナージを行うと、さらに再発する確率が高くなります。 何度も再発を繰り返す場合は、再発を食い止める為、手術を行う事が多いようです。 自然気胸で述べた肺に出来ている袋を取り除いたり、開いた穴をふさいだりします。 最近では、袋を取り除いた後の傷口にメッシュやのり(フェブリン)使って、傷口を覆って補強する方法も出てきてます。 メッシュは1ヶ月位で表面に吸収され、肺の表面を厚くさせて丈夫にするというものです。 <再発について> 自然気胸を起こした人は再発しやすいと云われています。 胸腔鏡手術にて袋を取り除いた箇所が再発する確率は低いのですが、自然治癒で治った所は再発しやすく、又その他の場所に新たに袋が出来やすいという事が挙げられます。 続発性気胸も再発しやすいと云われています。 この気胸は、元々持っている肺の病気が原因で気胸が起こるので、その病気が治らない限り気胸を起こすリスクがあると云う訳です。

次の