梅 シロップ の 作り方 冷凍。 梅シロップの作り方で冷凍する理由は?はちみつは氷砂糖の代わりになる?

発酵しにくい簡単な梅シロップ・梅ジュースの作り方

梅 シロップ の 作り方 冷凍

梅シロップ/梅ジュースの効能 梅雨の時期はジメジメしているし、おひさまの光はなかなか出ないし、雨が続いてすっきりしませんが、梅雨ならではの楽しみもやってきます。 梅の実が出回ってくるのがちょうどこの時期です。 梅にはクエン酸やリンゴ酸などが含まれているので、疲労回復効果をはじめ、血液浄化作用や整腸作用など身体に良いと言われる効果が期待できます。 梅を使ったものは色々ありますが、夏の暑い時期に飲むと美味しいのが梅ジュースですよね?梅の効能を生かして夏バテ予防に良い梅ジュースですが、で作った梅ジュースはまた格別です。 カビと発酵を防ぐことに気を付ければ、梅シロップは手軽に作れます。 カビを出さないことと発酵させないためには、梅がなるべく早く漬かるようにする必要があります。 生の梅で漬けるのはもちろん可能ですが、そうなると梅のエキスが出てくるのと砂糖が溶けるのに時間がかかってしまうので、どうしてもカビの発生と発酵してしまうリスクが高くなってしまいます。 それを防ぐために、一度凍らせた冷凍梅を使用します。 なぜ冷凍梅が良いのか? また、梅シロップを作る際に、凍らせた方が良い理由のひとつに、梅を凍らせることによって梅の繊維が壊れやすくなりエキスが早く抽出されるようになる、というメリットがあります。 梅のエキスが早く抽出されるとそれだけ梅が漬かる時間が早まるので、カビの発生と発酵のリスクが抑えられるのです。 冷凍梅の作り方は簡単です。 洗って水分をふき取りへたを取った梅をジップロックなど清潔な袋に入れて24時間冷凍庫で凍らせるだけ。 あとは冷凍梅を生の梅と同じように氷砂糖と交互に入れていくだけでOKです。 ですから、失敗したらショックですよね?梅を凍らせるだけでだいぶリスクを抑えられるので、ぜひ試してみてください。

次の

梅ジュース・梅シロップの作り方(レシピ)

梅 シロップ の 作り方 冷凍

おはようございます。 梅つま子です。 今年も梅の季節になりました。 今年は、梅シロップを作ります 娘が「梅ジュース飲みたい!」ということが増えたので、 梅ジュースを作ろうと思います。 とはいえ、私のセラーメイト(びん)は、梅酒がまだたっぷりと入っています。 2018年の梅を半年間冷凍しておいて、その後、ウォッカを入れて梅酒にしたのです。 ウォッカベースの梅酒、とってもいい色になっています…! このびんを空っぽにすることはまだできないので、びんを使わずに、ジップロックで作業することにしました。 梅を買ってきました いつも和歌山県の南高梅を買いますが、今年はスーパーに、群馬の「白加賀」という梅も並んでおりました。 さて、どうしよう? いつもの南高梅のほうが色づきが良くて香りがいい。 でも、白加賀は果肉が厚くてジューシーなんだとか。 試してみたい。 というわけで、2つとも買ってきたわけです。 笑 下処理をします 梅のへたの部分を用事でクリッととって、水洗いし、表面を洗い流します。 りんごみたいな赤さ。 表面の細かい産毛で、輝いているように見える。 ふっくらした香りも、とてもいいです。 シャーッと水をかける瞬間は心が歓喜します! そのままでかぶりつくことはできないけど、 ちょっとだけ手をかけ、時間をおくことで、いろんな食べ方ができる梅。 水の中で、静かな存在感のある梅。 やっぱり特別な果物です。 南高梅のほうは拭いて、ジップロックに入れました。 そして冷凍庫へ。 凍らせたら取り出し、このジップロックの中に氷砂糖を入れる予定です。 娘は気が早くて「もうシロップできた?」なんて言ってます。 まだ氷砂糖を入れてもいないよ。 笑 おそらく早くても10日~2週間くらいかな? もうひとつの白加賀はまだ青かったので、追熟のために少し置いておくことにします。 シロップもいきなりたくさんできると飲み切れなさそうなので、時間差で作るほうがいいかな?と。 なぜかというと梅酒にはアルコールが入っているので、カビなどに強いのに対し(アルコールには殺菌作用がありますもんね)、 シロップにはアルコールが入っていないからです。 ちなみに、シロップ作りには少しお酢を入れるとよいのだそうです。 お酢の力で、雑菌の繁殖を抑えることができます。 我が家は、あまりお酢を入れると娘が嫌がりそうなので、お守り程度にチロッと入れておこうかな?と思います。 ジップロックを使うことで、ビンのように消毒の手間なく作業することができます。 また、 ジップロックならビンで作るよりも空気に触れる部分が少なくなるのもメリット。 そして、 冷凍することで梅の細胞が壊れ、ジュース化するのが早くなります。 6月の高温多湿の中、あまりじっくり作っていると、いつの間にか表面にカビが…!ということになりそう。 冷凍梅ならその点、スピーディーです。 ジップロックなら冷凍庫に入れるのも簡単だし、そのままシロップ作りもできるし、最高ですね。 シロップの後は、梅味噌の予定 梅のシーズンは6月下旬くらいまで。 すでに2袋(2キロ)買いましたが、スーパーでもう一度出会ったら、また買ってしまいそうな気がします。 そして梅シロップを作ったあとの梅を使って、梅味噌を作ろうと思います。 去年試しに作ってみて、とても美味しかったんです。 鶏ハムにのっけたら最高でした。 私は、梅1キロ、味噌500グラム、砂糖300グラムほどで作りましたが、 こちらのレシピだと梅、味噌、砂糖すべて1キロで作っているそうです。 梅を2袋買っているので、味噌と砂糖の量を調節しながら作ってみたいと思います。

次の

梅シロップ(梅ジュース)のレシピ/作り方:白ごはん.com

梅 シロップ の 作り方 冷凍

梅シロップのカビは一体なんなの? 6月~7月に梅シロップを手作りしていてフタを開けたら カビが…! そんなショックな経験をしたことがある方は、わりと多いんですよね。 梅シロップに出てくるこの白いカビの正体は、実は梅から出てきた 天然酵母なのです。 これは、液体に浸かりきれていなかった梅が発酵して発生すると言われています。 また、白だけじゃなく 青いカビというのも存在しますので、対処方法を カビの色別にまとめていきたいと思います。 梅シロップのカビが出た時の対処法 大事な梅シロップにカビが生えてしまった場合、 捨ててしまうべきなのか、まだ飲めるのか判断に迷うことがあると思います。 実は、梅シロップに出るカビには数種類あり、 カビの色によって対処法が変わってくるのです。 梅シロップには一般的に白カビと青カビが出ることが多いため、 カビの 色別に対処法を紹介します。 白カビの場合 梅シロップに発生する白カビ=液に浸かっていなかった梅が発酵して発生した天然酵母だと述べましたが、まだ飲むことはできるのか気になりますよね? 漬けてから 10日以上経っている場合、白くなった梅があれば、まずそれを取ります。 梅はジャムなどに変身させてお召し上がりくださいね。 作ってから 10日以下の場合は10日以上の場合と殺菌するところまでは同じですが、梅はまた元の容器に一緒に入れて保存します。 ただ、 漬けてすぐでエキスが充分に出ていないうちに白カビが出ている場合は、復活は厳しいかもしれません…。 青カビの場合 次に、青カビが出た時の対処方法についてですが、残念ながらこの場合もう飲むことはできないので捨てるしかありません。 今回の梅シロップは諦めて、次にチャレンジしてくださいね。 ちなみに、 赤いカビが出た場合もアウトです。 夏におすすめな食べ方は、 かき氷にかける方法です。 梅シロップをたっぷりかけてお召し上がりください! 風味豊かなカキ氷といった感じで、くせになる美味しさだと思います。 梅シロップの味がはっきりわかって、 食べだすと止まらないと人気を集めている食べ方です。 自宅にこんな電動のカキ氷気があれば、いつでも手軽に梅シロップカキ氷を楽しむことができますね! まだ自宅にカキ氷機が無いという方は1台いかがですか? お子様がいるご家庭は、お店屋さん気分で一緒に作るのも楽しいかもしれませんね。 また、他のおすすめの食べ方としてホットケーキに梅シロップを はちみつ代わりにかける方法があります。 甘酸っぱい味わいが意外とホットケーキと合うんですよ~。 はちみつやメープルシロップよりもあっさりしていて ぺろっと食べられると思います。 炭酸で薄める・梅シロップのおすすめの飲み方.

次の