好意 意味。 「好意」と「厚意」

「好意」と「厚意」

好意 意味

好意と厚意の違いとは 誰かに対し思いやりや親愛の情を持つ時、「好意を抱く」などと言います。 一方、この好意と似た言葉として、「厚意」という熟語もよく使われています。 これらの言葉にはどんな違いがあり、どう使い分ければよいのでしょうか。 今回は、「好意」と「厚意」の意味の違いについて、詳しく説明していきます。 好意とは 好意とは、相手を思いやる親切な気持ちや、親愛の情といった意味の言葉です。 文字通り、「好きという意識」を意味します。 「好意を寄せる」「好意に甘える」「好意を無にする」などと言った風に使われます。 好意という言葉が使われる際は、「好き」や「親しみがある」といった感情面に焦点が当てられていることが多くなっています。 相手に対する親愛の気持ちが前提としてあり、それに基づいた行動をする際などに使われます。 例えば、友人や恋人が困っている時に金銭などの援助をする際、「好意を受け取ってほしい」などと言う場合は、「あなたのことが好きなので、手助けさせてほしい」といった意味合いになります。 こうした相手への気持ちに重点が置かれている点は、後述する「厚意」との大きな違いとなっています。 厚意とは 厚意とは、誰かが自分に対して示してくれた、親切な行いを言います。 「厚意に甘える」「厚意に感謝する」「厚意にすがる」などといった具合に使われます。 厚意は、「相手に対する親切」という意味では、「好意」とほとんど違いはありません。 しかし、いくつかの点ではっきりと異なっています。 好意の場合、上記のように相手への個人的な気持ちに重点が置かれていますが、厚意の場合は、個人的な親愛の情かどうかはあまり関係がありません。 それよりも、親切心が行為として表されていることが重要となっています。 そのため、「厚意を寄せる」といった使い方は、間違いということになります。 また、厚意は他人の行いを指す言葉で、自分に対しては使われません。 この点も、「好意」との大きな違いとなっています。

次の

好意と好きの違いとは?

好意 意味

また,慕わしい気持ち。 好感情。 「好意」は自分の気持ちを表現するのに対し、「厚意」は、相手の気持ちを表すのがわかります。 その違いを頭に入れておきましょう。 ご厚意と好意の使い分け 「 好意」は、好きという自分の愛情(感情)に重きを置いているので、気持ちの発信元は自分です。 「親しみ」や「恋心」に近いニュアンスがあります。 「 厚意」は、相手からの思いやりを指すので、自分の感情は関係ありません。 気持ちの発信は相手です。 「計らい」「便宜」などが近い意味になります。 ご厚意の類語はどのようなものがあるか 「 ご厚情」…「ご厚意」と同じ意味ですが、「ご厚情」のほうがより丁寧な印象を与えます。 あらたまったビジネスレターの文頭の挨拶などでよく使われる言葉です。 「 ご温情」…「ご厚意」と同義ですが、特に目上の人からの親切や計らいに対しての表現です。 丁寧ではありますが、感情に重きを置いた言葉なので、理性的であるべきあらたまったビジネスレターには向いていない言葉と考える人もいます。 「 ご恩情」…「ご厚意」と同じ意味でありながら、「ご温情」のニュアンスに近い感情をさし示す言葉と言えます。 恩という文字が入っているので、師弟関係や主従関係などがある身近な目上の人に使うのがベターです。 ご厚意の使い方と例文 「ご厚意」は、感謝・お礼を述べる場合、断る場合、謝罪・お詫びをする場合、冒頭または結びの挨拶文に使えます。 例文を参考にしてください。

次の

「ご厚意」の意味と使い方、類語、例文、英語!「好意」の違いと使い分けも

好意 意味

I appreciate your kindness. ご厚意に感謝します。 I greatly appreciate your kindness. ご厚意に深謝します。 I appreciate your generous kindness. 寛大なご厚意に感謝いたします。 I will accept your kindness with much gratitude. ご厚意をありがたくお受けします。 I thank you for your kind intentions. ご厚意に感謝します。 Thank you for your kindness. ご厚意に感謝しております。 [メールでの用法].

次の