導きの地 優先順位。 【mhwib】アイスボーン 地帯レベル 上げ 下げ 調整方法 (part2)

【MHWIB】プレイ日記その③!クリア後の装備紹介や導きの地を遊んだ感想【モンハンワールドアイスボーン】

導きの地 優先順位

モンスターハンターワールド:アイスボーン ver. 01 クリア後 コピー禁止 1 地帯レベルの調整 part2 2019年12月5日 木 無料大型アップデート第2弾がありました ver. 01配信。 導きの地に『氷雪地帯』の追加がありました。 また、『環境の調節機能』が追加されました。 導きの地の探索 受付嬢 で指定した地帯のレベルを減少させられる機能です。 クエストボードからもできます。 この記事ではver. 01で追加された『環境の調節機能』を用いた 全地帯レベルの調整について載せています。 基本的なことは前回記事にあります 前回記事 part1 のリンク 地帯レベル 全域マップ どの地帯をレベル7にするか? ver. 01で全6地帯となりました。 3地帯までレベル7にすることができるようです わたしの検証。 優先順位ですが、カスタム枠拡張素材が入手できる『溶岩地帯』と『氷雪地帯』です。 あと『陸珊瑚地帯』を選んだ理由は大霊脈玉稼ぎです。 歴戦ネロミュエールは落とし物が多い印象です。 『荒地地帯』はおまけでレベル4にしました。 カスタム強化、パーツ強化素材は外せます。 カスタム枠拡張素材は外せないため優先しました。 各レア毎の拡張素材と氷雪地帯Lv7出現モンスターを記事下の補足に載せます。 レベル単位で下げることができます。 地帯レベルの調整 わたしはアンジャナフ亜種など出現場所が全地帯の モンスターが便利です。 レベルを上げたい地帯で呼び出します。 ポイントを稼ぐ方法です。 シビレ罠、落とし穴で稼げます。 無くなったらモドリ玉を使い補充します。 部位破壊と捕獲でも稼ぎます。 事前に他地帯のレベルを下げておきます。 わたしは森林を1、瘴気を1、荒地を3まで下げておきました。 全地帯の総合ゲージ量は一定であるためです。 微調整が必要な場合は、クルルヤックなど 特定の地帯にしか出現しないモンスターを呼び出すと便利です。 補足 各レア毎のカスタム枠拡張素材です。 バージョンで必要数が変更するかもしれません。 現ver. 01 誤字があればすみません。

次の

LoW日記

導きの地 優先順位

特に近接武器を使っている場合は回復カスタムはほぼ必須と言っても良いです。 今後強力な歴戦個体と戦う上でも、回復カスタムがあると生存率が上がるのでぜひ欲しいところ。 具体的に、レア度12武器の回復カスタムに必要になる素材は以下の通り。 レア度12武器の回復カスタムに必要な素材一覧 必要素材 必要個数 入手方法 歴戦の幻惑皮 7個 歴戦ネロミェール みなぎる雷電殻 5個 ジンオウガ 霊脈の古龍骨 3個 歴戦古龍 導きの龍骨【陸珊瑚】 1個 陸珊瑚の骨塚 歴戦の幻惑皮を手に入れるために、歴戦ネロミェールと戦う必要があるということですね。 ちなみにジンオウガから取れる素材も必要になるのですが、陸珊瑚のレベルを上げていくとジンオウガも出現するため、レベル上げついでに討伐していけば問題ないです。 導きの龍骨【陸珊瑚】については陸珊瑚の骨塚を漁っていればそのうち手に入るので、定期的に採取してみてください。 優先順位第2位:瘴気地帯 陸珊瑚のレベル上げが終わりカスタム強化ができたら、次は瘴気地帯のレベルを上げましょう。 瘴気地帯のレベルを6まで上げると ティガレックス亜種が出現するようになります。 ティガレックス亜種から作れる装備は『攻撃・体力増強・回復量アップ・弱点特効・満足感・解放』と言った王道かつ強力なスキルを発動できるので作っておいて損はないです。 任務クエストやフリークエストにはティガレックス亜種が出現することはないので、できれば早めに戦い捕獲まで行っておきたいところ。 MEMOモンスターを捕獲をするとフリークエストの特殊闘技場で再び戦うことができるようになります。 ただし、ティガレックス亜種は通常種以上に狂暴かつ大咆哮 攻撃判定のある咆哮 を使ってくるので、初見時は結構苦労すると思います。 しっかり装備を整えてから挑んでいきたいですね。 優先順位第3位:溶岩地帯 次におすすめなのがアプデで追加された溶岩地帯です。 この溶岩地帯をレベル7まで上げると、 ラージャンの歴戦個体が出現します。 ラージャンの歴戦個体からはぎ取れる歴戦の煌毛は、カスタム枠の2回目の拡張に必要となる素材です。 カスタム枠を広げることで真価を発揮する武器が多々ありますので、ぜひとも溶岩地帯のレベルも7まで上げましょう。 ただしその場合は上記で紹介した陸珊瑚地帯や瘴気地帯のレベルが下がるので、ある程度必要になる素材はゲットしてから溶岩地帯のレベルを上げるのが良いと思います。 優先順位第4位:あとは必要に応じて上げればOK 溶岩地帯までレベルを上げたら後はお好みでOKです。 使っている武器のレア度でカスタム強化に必要になる素材は異なってきますので、必要に応じてレベルを調整していきましょう。 ちなみに、カスタム強化の必要素材や地帯ごとのモンスターの一覧表はgame8さんの以下の記事が参考になります。 良かったら参考にしてください。 なので、単純に上記2種のモンスターの素材が欲しいということなら、導きの地で苦労してレベルを上げるよりもMRを上げる方が楽です。 ちなみに地帯レベルが低い人の救難に行くとレベルが上がりやすい ある程度地帯レベルが上がってくると、次第にレベルが上がりにくくなってきますよね。 そんな時には、あなたが上げたい地帯レベルがまだ低い人の地帯レベル上げを手伝ってあげると手っ取り早くレベル上げが可能です。 例えばあなたの森林地帯のレベルが6だった場合、森林地帯のレベルが1や2の人の地帯レベル上げを手伝うと効率良く森林地帯のレベルを上げることができます。 上記はフレンドと協力できれば効率がいいのですが、僕のようなソロプレイヤーは救難信号に頼るしかないですね。 目的の地帯レベルが低い人の導きの地に合流し、目的の地帯のモンスターを狩っていたら協力して討伐。 別の地帯のモンスターを狩っていたら離脱して 切断ではない 、再度救難信号を検索し目的の地帯レベルが低い人の導きの地に合流…を繰り返しましょう。 ちょっと根気は入りますが、高レベルになってしまった自分の導きの地を周回するよりは手っ取り早くレベルを上げることができると思います。 導きの地に入って右も左も良くわからない場合は、ぜひこの記事を参考に地帯レベルを上げてみてください。 それではここまで記事を読んでいただきありがとうございました。 また次回の記事でお会いしましょう。 ぐっさんでした!.

次の

『ドラゴンクエストウォーク』いまから追いつくドラクエⅢイベント!こころの優先順位や集めたいアイテムまとめ [ファミ通App]

導きの地 優先順位

覚醒武器採用のテンプレ装備 シルバーソル装備テンプレ 部位 防具名 装飾品 武器 各属性弓• 以前のテンプレ装備から大きな変更なく覚醒武器を使用できます。 レベル4も含めて空きスロットが多く自由なカスタマイズが可能なので、体術やスタミナ急速回復、生存スキルをセットしましょう。 シリーズスキルをセットする構成も可能ですが、武器自体の属性値が大きく下がってしまうので注意が必要です。 龍紋カーナ装備テンプレ 部位 防具名 装飾品 武器 各属性弓• 各属性強化珠【1】 腕• 自由枠【1】 脚• 2種のシリーズスキルにより属性値の強化と会心時に属性ダメージ上昇の効果を得ています。 上記装備は、龍脈覚醒の自傷ダメージでスキル「力の解放」発動を狙う構成です。 力の解放以外にも見切りで常時会心率を上げたり、逆上で攻撃力を上昇させるのも有効です。 シリーズスキルをセットする構成も可能ですが、武器自体の属性値が大きく下がってしまうので注意が必要です。 全属性対応弓おすすめ装備 部位 防具名 装飾品 武器 各属性弓 - 頭• 上記は最低限の火力に直結するスキルのみを付加しています。 体術や体力増強など自身が有している装飾品に併せて、カスタマイズを行いましょう。 マスターランク序盤おすすめ装備 部位 防具名 装飾品 武器 - 頭 胴• 腕 腰 脚• 体術に重きを置いており、扱いやすさに長けているものの、体力増強など生存スキルを装飾品で補うのが必須です。 マスターランクのラスボスまでのおすすめ装備 部位 防具名 スロット 頭• 護石を切り替えれば剣士での運用も可能で、弓以外の武器を使いたい場合にも流用できる点が魅力です。 ラスボスクリア後おすすめ装備 部位 防具名 装飾品 武器 各属性武器 - 頭• 4スロット枠が豊富なうえにシリーズスキルによる属性ダメージの底上げも行っているので、継続的に高属性ダメージを叩き出せます。 腰 脚• 火力面は勿論のこと、体力増強やスタミナ急速回復などの便利スキルを併用しているので耐久面においても不安要素がありません。 水or氷珠【1】• 水or氷珠【1】 胴• 腰 脚• 弓の基本スキルに加えて、各属性の「属性珠」を装着しているので高い属性値を誇り、弱点属性を突く弓としての真価を発揮します。 珠の付け替えで水と氷、2属性の使い分けが可能です。 カガチ弓のコンセプトをそのままに各項目を純粋に強化した装備になっており、扱いやすさにおいて高い性能を発揮します。 高い火力の会心率で、最高ダメージを叩き出せる期待値が高いだけでなく、体術やスタミナ急速回復等の便利スキルで使いやすさも高いです。 1 胴 1 腕 腰• 高い汎用性を誇る弓装備で武器とスロットに自由枠を確保している分、 自身の所持している弓に合わせた構成に組み上げられます。 武器に関しては自由ではあるものの、お手軽に生産可能な「飛雷弓イテカガチ」がおすすめです。 スキル面においても弓の便利スキルを最低限発動させているため、 高い扱いやすさを誇る性能になっています。 火力と生存面にはスキルを振り分けていませんが、2点を凌駕する汎用性を有しています。 耳栓5による攻撃チャンスの増加や、咆哮からの確定被弾による事故の回避。 また、ファーンライクの長所を活かした属性ダメージに寄せることで、炎を纏っていない際に頭以外に当たってもそれなりのダメージが稼げるようになっています。 また、スタミナ急速回復がないため、テオの頭ダウン時等にはクイックショット始動のコンボ射撃が重要になってくる。 【以下クイックショットの補足】 クイックショット 以下QS による射撃時にはスタミナを消費しない性質があり、QSによる攻撃をしながら回復したスタミナを使う事で、スタミナがほぼ空の状態からでも高いDPSを出すことができるコンボ。 そして竜の一矢以外を撃つことを全く考えていない装備とも言える。 攻撃を積むことができなかった分は、抜刀術【技】Lv3と弱点特攻Lv2による確定会心による超会心でカバーしている。 特殊射撃強化Lv2、竜の一矢強化、無属性強化といった一矢装備の火力必須スキルはもちろん。 納刀Lv3、集中Lv3で最大火力一矢の回転率UPに、耳栓Lv5による攻撃チャンスの増加 これら全てが、ただひたすら一矢を撃つためだけに組まれた装備です。 【主な想定モンスター】 ・ヴァルハザク 一矢を撃つチャンスが多い。 咆哮がうるさい。 ・クシャルダオラ 顔から尻尾にかけて弱点貫通させやすく、閃光によるダウンで一矢チャンスを作りやすい。 咆哮がうるさい。 ・ゼノ・ジーヴァ 一矢を撃つチャンスが多く、ひたすら一矢の回転率を上げることで早期決着を望める。 咆哮がうるさい。

次の