政府 批判。 政府批判・外出非難などの前に〜根幹の自己責任論から脱却を〜|Shinnosuke Katada(シンノスケ)|note

洪秀柱:批判政府分寸要拿捏

政府 批判

女優のさんが4月23日、新型コロナウイルス肺炎で亡くなった。 63歳だった。 突然の訃報に様々な著名人が追悼のメッセージを寄せるなか、厚労省や東京都知事を歴任した氏のツイッターが大炎上しているという。 舛添氏は岡江さんのご冥福をお祈りするとツイート。 続けて「発熱してすぐにPCR検査をしていたら手遅れにならなかったのにと思うと残念だ。 医療崩壊などの間違った理由をつけてPCR検査をサボってきた政府の責任は重い。 早くドライブスルーのPCR検査を導入せよ!」と、自らの持論をアピール。 これにツイッター民が激怒しているというのだ。 「舛添氏のツイートには《人の死を利用するとはあさましい》《命への冒涜だよ》《政治利用しないでください!!》といったリプが殺到。 しかも岡江さんが昨年末に初期の乳がんを手術し、1月末〜2月中旬に放射線治療を受けていたことから、《放射線治療で免疫が低下していたという事情を無視してるのはどうか》という正論も多数寄せられています。 舛添氏の主張は安倍政権叩きでもありますが、さすがに今回のツイートは反安倍派にとっても賛同しかねる内容のようで、擁護する声も少ないですね」(週刊誌記者) そんな炎上劇の一方で、岡江さんの訃報をもっと冷静に捉えている識者もいるようだ。 4月23日放送の「Nスタ」(TBS系)では、白鴎大学の岡田晴恵教授が岡江さんの経過に注目。 「岡江さんの訃報に接し、舛添氏が政府批判を展開したのに対し、岡田氏はアビガン投与の可能性について言及。 どちらのほうがより建設的で、人々の心に響くのか。 その答えもはや明らかでしょう」(前出・週刊誌記者) いずれにせよ岡江さんの訃報は、多くの人々の心に大きなメッセージを残したに違いないだろう。 (金田麻有).

次の

辺野古、知事は政府批判控える 「沖縄人の財産」、慰霊の日 | 共同通信

政府 批判

日本のコロナ対策には世界の注目が集まっています。 欧米のコロナ対策はうまくいかず、大量の患者・死者を出しています。 一方日本の対策は一見生ぬるいにもかかわらず、欧米に比べて患者・死者数が少ないのです。 死者:米国、スペイン、フランス、イタリアではそれぞれ1万人以上。 日本人から見てもこの患者・死者数は少ないと思われますが、海外から見るととても理解できないのです。 また日本政府の対応が「ロックダウン」を実行している欧米よりもかなり生ぬるい事は事実であり、日本人から見ても「なぜこれほどの生ぬるさで良いのか」不思議に思われる程なのです。 日本でも加速度的に患者が増えていますから、いずれ追いつくのではないかという恐れは一部の学者、評論家が述べています。 「百人」と「1万人」の差は「大差」ではない可能性が学問的にはなくはないのですね。 「謎解き」はこれから時間をかけて行われるでしょうが、我々は反政府という見方で切り捨てるのではなく、もし日本政府の見通しが外れたら怖いという目で見る必要があります。 例えば日本人はよく手を洗い、入浴の習慣があるとか、BCG を打っているからとか、面白い意見はありますが、これらは学術的に証明されていません。 太平洋戦争の時のように日本の優位は1年限りだったということも考えられるのです。 なお、欧米の疑問はNHKとは無関係です。 そういうニュースは確かにちょいちょい目にはしますね。 一番非難されているのがPCR検査の少なさでしょうね。 これで正確な感染拡大の規模がつかみにくくなってるとか。 後は対策がゆるゆるとか。 でもね、もうみなさんご承知のように意図的なPCR検査の対象絞り込みによって医療崩壊は今のところ起きてないし、死者数も人口比では圧倒的に少ないというのは事実。 特にこの死者数の抑制については欧米も非難じゃなくて「日本の驚異」みたいな見方をしているところが多いようです。 対策がゆるゆるなのは国家緊急権を持つ法を日本がもたされなかったからのことで、こんなことは諸外国は知らない。 だから「なんで命令を出さないんだ?」って思う。 憲法を押し付けたアメリカは知らん顔。 KHKや民放で日本が非難されてるってのは、あえてそういうニュースだけを選択していることが多いようです。 元記事を書いてるのがあっち系記者とか配信元がそもそもあっちよりなんて噂もありますし。 なんにしても評価はもっと後で行うべきでしょう。 現時点でのマスコミの批判に耳を傾ける意味はないと思いますよ。 米国やヨーロッパの一部報道機関、新聞が、批判的な記事を載せた、と 言うことのように思います。 要は、日本の対策が「ロックダウン」ではなくて、「甘っちょろい」という事でしょう。 キリスト教系の西欧諸国では「性悪説」が前提で、皆悪者が思考の中心なのです。 だから、キリスト教徒は、「神と契約」して、「相手を縛る」のであり、悪魔も 結局、「相手に契約を迫る」とこから始めます。 「皆、ろくでも無い連中」が、物事の発想の出発点なんだと思います。 道路封鎖も交通遮断もしない日本方式は、彼ら西欧人には、想像できないのでしょう。 さて、このような無知な西欧マスコミの批判は、NHKを始めとした反日マスコミや 左翼文化人もどきにとっては、「格好の餌」なんでしょう。 朝日、毎日、東京、共同通信等の常套社団は、「何処かの教授がこういった。 」 「海外の報道機関がこう報道した。 」「ある政府高官によると・・」と言う 表面的に権威がありそうな「肩書」を悪用して、政府批判をすることです。 これは、中国、朝鮮の「事大主義」に端を発し、「国連が・・・・」「人権委員会が・・・」と 同じ手法で、ステレオタイプです。 まあ、放置しておけば、良いと思います。 連中の常套手段で、「不安や怒り」に左右されるのは、時間の無駄です。 具体的に述べもしないで「批判が寄せられています」なんて言っているんですか? ならば、番組名と日時を記してNHKに意見を送るべきです。 ちなみに私は毎回、NHKが具体的に述べている場面にしか遭遇していません。 「他国に批判を受ける」ということで記憶しているのは、ヨーロッパ諸国に比べて検査数が極めて少ない点を他国は批判しているとのことでした。 数が35分の1くらいでしたでしょうか。 これに関しては私もかなり問題だと実感しています。 隣に立っている人が感染していないという保障がまったくないわけですし、検査を受けたくても受けられない人が大勢いるのですから。 先ほどのNHKのニュースによると、そもそも検査をできる技術を持った人がまったく足りていないようですね。 それから、自粛が不十分で、それは政府が国民を制御しきれないからで、それはなぜかというと経済政策をなかなか示さなかったからですね。 これに関しては、ようやく昨日、経済政策と一緒に一層強固な自粛が指導されましたが、なぜこうも遅かったかはなぞです。 こういうことに関しては、世界の主要都市で疲弊している医療現場の人や、その結果、散歩すら禁止された市民が、批判というか、日本に対する警告を発し続けていて、日本語を話せる現地邦人が動画などで伝えている様子をNHKではたびたび紹介しています。 で、「迷惑をかけた」というか、ウィルスに国境はないので、コロナは世界が一丸となって戦わないといけないわけです。 そんななか、日本は先進国であり、海外との行き来も多く、人口も多く、経済的影響力も大きいのに、対応が不十分ですと、中国の二の舞になってしまうわけです。 また、欧米の都市だって、数週間前には日本よりよほど安全だったのに爆発的に死者が増えて命の線引きまでせざるを得なくなったので、「どうか、日本ではそんな残酷なことが起きませんように」と言ってくれているわけです。 なお、日本の国民から日本政府に対して出ている批判なら、この限りではありません。 いずれにしても、せっかく政府が動き出したのですから、日本の住民たちもそれにできるだけ従って、まだ残る疑問は、首相も言ってくださっている通り、じゃんじゃん政府に送りましょう。

次の

洪秀柱:批判政府分寸要拿捏

政府 批判

女優の岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルス肺炎で亡くなった。 63歳だった。 突然の訃報に様々な著名人が追悼のメッセージを寄せるなか、厚労省や東京都知事を歴任した舛添要一氏のツイッターが大炎上しているという。 舛添氏は岡江さんのご冥福をお祈りするとツイート。 続けて「発熱してすぐにPCR検査をしていたら手遅れにならなかったのにと思うと残念だ。 医療崩壊などの間違った理由をつけてPCR検査をサボってきた政府の責任は重い。 早くドライブスルーのPCR検査を導入せよ!」と、自らの持論をアピール。 これにツイッター民が激怒しているというのだ。 「舛添氏のツイートには《人の死を利用するとはあさましい》《命への冒涜だよ》《政治利用しないでください!!》といったリプが殺到。 しかも岡江さんが昨年末に初期の乳がんを手術し、1月末~2月中旬に放射線治療を受けていたことから、《放射線治療で免疫が低下していたという事情を無視してるのはどうか》という正論も多数寄せられています。 舛添氏の主張は安倍政権叩きでもありますが、さすがに今回のツイートは反安倍派にとっても賛同しかねる内容のようで、擁護する声も少ないですね」(週刊誌記者) そんな炎上劇の一方で、岡江さんの訃報をもっと冷静に捉えている識者もいるようだ。 4月23日放送の「Nスタ」(TBS系)では、白鴎大学の岡田晴恵教授が岡江さんの経過に注目。 「岡江さんの訃報に接し、舛添氏が政府批判を展開したのに対し、岡田氏はアビガン投与の可能性について言及。 どちらのほうがより建設的で、人々の心に響くのか。 その答えもはや明らかでしょう」(前出・週刊誌記者) いずれにせよ岡江さんの訃報は、多くの人々の心に大きなメッセージを残したに違いないだろう。 (金田麻有).

次の