都知事選 2020 出口調査。 2020東京都知事選立候補者や選挙公約の一覧!当選予想もしてみた(随時更新中)

都知事選(2020)の結果は?出口調査や投票率から当選者を予想!

都知事選 2020 出口調査

街頭演説する山本太郎氏 れいわ新選組の山本太郎氏(45)が、東京都知事選(7月5日投開票)の期日前投票出口調査で小池百合子知事(67)に大きくリードを許している。 マスコミ各社が行った都知事選の出口調査によると、立憲民主党や共産党の野党支持層が、山本氏や元日弁連会長・宇都宮健児氏(73)を支持せず、小池氏支持の衝撃データがはじき出されている。 「小池氏は立民支持層の半分、共産党支持層の2、3割の支持を集めています。 次が宇都宮健児氏、山本氏という順番。 山本氏は都民に注目されていますが、我々が予想したより、無党派層の支持が取り込めていない印象を受けます」(自民党関係者) 山本氏は30日、東京・西武池袋線・石神井公園駅前で100人を超す聴衆の前で街頭演説会を開いた。 同氏は公約に東京五輪・パラリンピックの中止、総額15兆円で都民の新型コロナ失業者を徹底的に救済する政策を訴えている。 選挙戦は残りわずか。 山本氏は「〝百合子山〟を超えるには、あなたの1票を横に広げていくしかないんです。 まだ投票を決めていない人が3割以上います。 340万人、ここを私としっかりつないでもらえば、(小池氏に)逆転は十分に可能じゃないかと思います」と意気込みを語っている。

次の

小池知事、史上2位の366万票「望外のご支援をエネルギーに」 : 東京都知事選2020 : 地方選 : 選挙・世論調査 : 読売新聞オンライン

都知事選 2020 出口調査

【都知事選】有権者「野党議員には本気度が感じられない」 2020年6月25日 00:42 田中龍作ジャーナル 吠える。 須藤議員は「多数の人が(生活に)苦しんでいる。 腕っぷしの強い救助隊が必要なんです」と訴えた。 =24日、新宿 撮影:小杉碧海= 選挙報道で定評のある某大手メディアの期日前投票出口調査によると、7月5日投票の都知事選は現職の小池がリードし、宇都宮、山本が共に2位につけている。 山本の出馬表明は告示の3日前、しかも宇都宮と票を奪い合うとして批判が渦巻いた。 離反する支持者もいたが、新たな層も加わって、支持を広げているようだ。 田中は街宣現場で聴衆やボランティアに片っ端から話を聴く。 100人中、100人までもが「古い政治を変えてくれるのは太郎しかいない」と答える。 フリーランスの女性(20代)は「政治家って口だけ。 本気で国民に寄り添っていない。 だが山本太郎さんは国民の生活を見ている」。 (19日、品川駅港南口) 陸橋(写真左上)まで聴衆で一杯になった。 どこかの党のように動員ではない。 =24日、新宿 撮影:田中龍作= 既存の野党は「打倒安倍政権」を十年一日のごとく繰り返すだけ。 国民の生活は疲弊する一方だ。 選挙ボランティアの女性(介護職40代)は「これまで国会前の座り込みや集会に参加してきたが、野党議員には本気度が感じられない。 (既存の)野党を信用する気にはならない」と話す。 (23日、世田谷区二子玉川で) 確かに集会や座り込みに野党議員は現れる。 だが自らの党の宣伝と安倍政権批判をしたら、そそくさと帰っていく。 コロナ禍でひとつだけ良かったことは、政治の重要性に初めて気がつく人が、少なからず現れたことだ。 30代の夫婦は、これまで選挙には行かなかった。 しかし消費税増税で生活が厳しくなってきたところにコロナが襲ってきた。 薄氷を踏むような暮らしが続く。 夫妻は「今度は選挙に行く」という。 山本を支持する理由を「新しい感覚で政治を変えてくれそう」と話した。 (24日、新宿南口で) 須藤議員も記者会見に応じた。 離党の理由を聞かれ「(山本を)応援しなきゃ男じゃない」。 =24日、新宿 撮影:小杉碧海= 立憲を離党した須藤元気議員が、24日も山本陣営の応援演説に入った。 田中は「立憲は幹部の方針として消費税5%への減税は絶対認めない。 庶民は税金で苦しんでいるのだが?」と質問した。 須藤は「消費税5%で野党が一つになって、戦うべきはやはり安倍政権だと思うんです。 その5%(減税)、みんなが喜ぶし、実際やるべきだと僕自身も思っているんです」 「そこを党が受け入れてくれなかったということは正直、残念でありますし、離党をしようと決意したところであります」とケレン味なく答えた。 山本の票が宇都宮を上回れば、立憲を中心にした野党共闘は破綻する。 新宿南口の街宣現場にいた女性(50代)がいみじくも語った。 「市民が共闘し議員を動かす。 そして消費税減税を実現させ、オリンピックを中止させる」。 〜終わり〜 映像をみるかぎり、感染爆発は起こらないと思う。 聴衆はみなマスクをしているし、同じ方向を向いている。 向かい合って大声を出しているわけではない。 それに場所は外である。 皆さん、帰宅したら、まず手を洗いましょう。 さて、若い人たちよ、時代は自分で作るという意気込みで、投票しよう。 自分たちの既得権を取られたくない年寄りは、認知症の親まで連れて行っている。 誰がなっても同じと、若い人たちは投票に行かない。 学校では社会の仕組みを教えない。 政治を教えない。 人間の強欲さを教えない。 そして奴らは有権者を何も知らない18歳まで引き下げた。 投票率をさげるために。 1人が持つのは、たかが一票だが、全員が投票したら何票になる? 統治者が怖いのは、この投票率だ。 100%に近い投票率で、 国民の怖さを示したれ! 有権者から常に見られているという恐怖を味合わせてやれ! そうしたら、彼等は悪いことをしなくなる。 政治家も、官僚も、検察も。 つまりだ、非正規で苦しんでいるロスジェネの人たちだが、 投票に行かないつけである、その苦しみは自ら選んできたと、知るべきである。 ちなみに台湾は投票率90%以上である。 一票で統治者をしっかりと見張るべし! 39. : : [5] ,29 >田中龍作は一体、何と戦っているのだ? ________ 龍作は太郎と一緒になって ___「欺瞞のペテン政治」、「馴れ合いの与野党対決ごっこ政治」と闘っているんだと思う。 その上に皆さんの働き方を壊して来た。 昨年の末に決まったのは何か? 大量の外国人を安い労働力としてこの国に招き入れるということ」 「これによって首が絞まるのはだれか? 皆さんなんです。 今の政治は皆さんへの裏切りの連続でしかない。 それを変えていける。 まずは野党で手をつないで政権交代を目指したいと思います」 そもそも参院選時の立憲民主党は、本格的な共闘を徹底拒否して参院での与党過半数割れのチャンスを逃し、切磋琢磨の孤高路線を貫いた。 そんな立憲枝豆党なのに、なんで参院選後に統一会派や野党統一を言い出したのか? それは、山本太郎の「消費税廃止・当面5%へ」という訴えが「れいわの躍進」(得票率4.55%、寄付金4億円、比例票228万票)となり、財界・連合および子分となっている立憲民主党にとっての脅威だったんだろうさ。 つまるところ、庶民・経済的弱者のための政治を目指すか、それとも似非野党のままで庶民を欺き続けるかという路線の違いだろうね。 それに、党の代表や役員選出の方法も規約に無い立憲枝豆党なんだから、そもそも民主的ではないし、街頭に立って庶民・有権者に説明する気もない。 そして増税とTPPを口にした菅直人を名誉顧問に担ぎ上げ、裏切り野田豚とも密に連携を図るっていう感じだから、もう自民党の応援団としての立ち位置がミエミエだよね。 で、解党が目前に迫った今になって「役員選出規定」を作ろうっていう話が湧いているようだけど無駄だ。 一部を除き、希望者全員が自民党への移籍を願い出たほうが早いんじゃないの。 立憲枝豆党は党内で議論し、既定路線の枝豆独裁に賛成か否か、似非野党としての立ち位置に賛成か否か、国民のための政治を目指すか否か、消費税を廃止する方向で頑張るか否か、本気で政権交代を目指すか否か、などを明確にして分裂すべきだろうさ。 そして本当に庶民・国民のための政治を目指すグループだけが御用組合・連合と距離を置き、庶民の声を聞き、寄り添い、れいわ・共産・国民民主と共闘したらいいんじゃないのかね? もう、インチキ野党はいらないんだよ。 そもそも2019年のインチキ参院選で議席を増やしてもらった立憲民主党なんだから、本当に国民・庶民の味方なわけがないだろう。 だから安倍政権とズブズブの執行部に愛想をつかしたまともな議員が離党するんだよね。 もはや「騙しの賞味期限」が切れたってこと。 : : [9] 日本を緊縮財政と判断している奴は頭がおかしい。 現在日本の本年度発行予定国債は253兆円 内43兆円が返済償還債。 ぶっちぎり世界最大の国債発行額である。 もしも日本が緊縮財政ならば、この世に積極財政などという定義は存在しない。 これで足りないという概念はおかしく、それは国家が破綻しているということでしかない。 もとより政府とは、効率的 経済的 にインフラ開発するなら、個別により集約の方が優れている前提で政府設置されるわけである。 しかし日本の場合、公務員の汚職の蔓延によって、すべての局面で政府管掌した方が非効率で非経済的という逆転現象に陥っている。 もはや政府は、無駄使い+不正の助長 をするための機関と化している。 即時、全政府機関は解体/統廃合されるべきである。 当然、後継の資本を介入させねば、サービスは改善されながら存続せねばならないが、警察庁 総理府 ・自衛隊 防衛庁 のみは残さねばならない。 その他は、今なら国際金融資本の介入で改善継続が見込まれる。 即刻、その対応に当たるべきだ。 : : [10] 山本太郎は、発行国債の償還には、円の発行で可能との判断だろうが、日本は円の発行ができない。 IMFの加盟規定によって、先進国は、周辺途上国の経済に悪影響を与える通貨価値の変動は許されないので、日本の発行貨幣量は、あくまでGDPの3%程度までである。 これを無視して強制発行した場合、日本は、史上初めての先進国から途上国への転落国ということになる。 ソビエトのルーブル破綻は、ソビエトがOECDの定める個人所得が貧しすぎるため、先進国ではなかっただけなので、それに次ぐと言えるとしても、国際的に同様の暴落は避けられない。 日本の場合、エネルギー自給/食料自給がソビエトより低いので、ほぼ大半の日本人は生きていかれないと判断して、大きく違わない。 対策は山ほどあるが、とりあえず現在の特権階級の排除なく、一切の政策は取りかかれない。 : : [11] ,45,46 >介入しようという資本を失うまで現状を悪化させれば、冗談抜きに、死ぬしかない。 >それで足らねば、国際金融資本の介入を頼るしかない。 _____________ 竹中の仲間か? 売国のススメを説き、さらに貧困・餓死を蔓延させたいってこと? 問題の本質は、ピンハネと売国と利権の構造であり、原発・兵器産業にしがみつくばかりで新産業の育成を怠ってきたことも一因だ。 すなわち意図的な成長の阻止と意図的な経済の停滞であり、株安を誘導し外資の乗っ取りに手を貸してきたこと。 その上、死ぬまで働かされる低賃金の奴隷労働者の上り(ピンハネ)が大企業の膨大な利益となり、配当となって国内や海外投資家に流れ、年金原資も株式賭博を通じて献上されているという現状にある。 すなわち売国だ。 たとえどれほど国債が発行されても特別会計に群がる兵器産業やゼネコンなど利権集団の餌となり、売却不能な米国債の「預かり証」という紙切れになる。 福祉目的と宣伝された消費税は経済的弱者・社会的弱者に配分されることもなく大企業と富裕層に付け替えられている。 すなわちペテンだ。 政治の本質は、民を飢えさせないこと、子どもを大切にすること、その結果として国家の存続と繁栄だ。 南部・竹中のような売国奴と、その取り巻きは国家背任・国家反逆罪で死刑にすべきだろう。 それで少しは希望が持てる。 >「小沢一郎の疑獄事件には、この国の利権構造が集約されている」以下転載・・・・ 小沢一郎の疑獄事件には、この国の利権構造が集約されている。 壮絶なバッシングのモチベーションは小沢が掲げていた政策をみれば明らかだろう。 つまり弾圧は彼が政界、財界、官僚、米国、報道これら全ての既得権益の解体を目指し、エスタブリッシュメントの逆鱗に触れたことに拠るのである。 新規国債や年金、郵貯資金からの調達分(財政投融資)を合算し総額は300兆円規模となる。 一般会計との重複を差し引き実効額は270兆円と推定されるが、国会の承認を得る必要がないことから、使途は実質として官庁裁量となる。 つまり官吏によって私物化されているわけだ。 ・・・ >構造改革のための25のプログラム 54. : : [48].

次の

NHK番組表・トップページ

都知事選 2020 出口調査

5分とか10分経っても出ないのであれば、接戦から小池氏劣勢ということで、山本太郎候補の当選もあるかも。 ちなみに細かい得票数という面からすれば、前回は日付が変わって1時過ぎにはわかったそうです。 >過去の知事選を振り返ると、2016年の前回、開票結果がすべて確定したのは午前1時5分だった。 12年は衆院選と同日だったため午前7時20分とかなり遅かったが、ほかはだいたい午前0~1時台に確定している。 ただ、今回はコロナ禍での開票のため、もしかしたら翌朝6時とかになるかもしれません。 >開票結果が確定する「開票終了予定時刻」。 都選挙管理委員会は今回、各市区町村の選管から2パターンの回答を集めた。 新型コロナ対策をしていない想定の「通常」パターンと、「コロナ対策」を織り込んだパターンだ。 「通常」で終了予定時刻が最も遅かったのは日野市。 6日の午前2時だった。 ところが、「コロナ対策」込みで最も遅い時刻だったのは足立区で、午前6時だった。 「通常」パターンは午前0時半。 5時間半も余計にかかる想定だ。 都内62市区町村のうち、足立区を含め37市区町村が、コロナ対策によって、「通常」より20分以上長引くと答えた。

次の