属性 吸収 無効。 【解決済み】特定の魔法(特技)を吸収or跳ね返すor回避

パズドラの「ダメージ吸収無効スキル」の詳細!所持モンスターも紹介!

属性 吸収 無効

単純な攻撃スキル 連撃 連続して攻撃してくる敵スキル。 連撃数は2連撃から10連撃以上まで、使用する敵によって異なる。 細かいダメージの連続攻撃は、ダメージブロックが主な対策として使える。 HPが1の状態を除き倒れることはないが、後述の 毒や残滅大魔術と組み合わさると凶悪。 回復量は固定のものと、吸収した回復量に応じて変化するものの2パターンがある。 クエストの推奨属性に対する特効の場合が多い。 ガードでの対策が必要だったり、ダメージ量が多すぎる場合は起死回生での対策が必要になったりする。 使用者が1体になると即死級のダメージになることもあるため、使ってくる敵を把握し、倒す順序を考える必要がある。 初撃と継続ダメージには差があることもある。 属性ガードで軽減でき、初撃だけはカウンターの対象になる。 被ダメージを減らす手段がないので、高いHPを保持するか起死回生を用意する必要がある。 その分ダメージは通常の攻撃より高いことが多いのでステータスアップやガード、それでも足りない場合は起死回生などの対策が必要だ。 基本的には固定ダメージだが、ダメージ量が最大HPに依存するものもまれにある。 潜在能力にを所持していれば、毒を無効化できる。 状態異常回復を使って解除するか、ガードを使ってダメージを減らすのが有効。 潜在能力にを所持していれば、弱体化を無効化できる。 また、ASでの攻撃の対象がランダムとなり、狙いたい敵に攻撃できなくなる。 カウンターは発動するが、カウンター先はスキル使用者ではなく、敵の中からランダムとなる。 全滅の可能性が非常に高い危険なスキルなので、必ず状態異常無効で対策しよう。 カウンターは発動するが、カウンター先はスキル使用者ではなく、敵の中からランダムとなる。 対策しないと、手も足も出せなくなる。 主な対策は状態異常無効。 カウンターは、あらかじめ状態異常無効を使っていれば発動する。 潜在能力にを所持していれば、封印を無効化できる。 問題に答えれば攻撃は出来るが、ASは発動しない。 状態異常回復や無効で対策をしよう。 潜在能力にを所持していれば、AS封印を無効化できる。 基本的には状態異常無効で対策する。 ASは発動できるため、SPスキルを使う必要がないなら無視して進む手もある。 潜在能力にを所持していれば、SPスキル封印を無効化できる。 状態異常無効で防げるほか、 光・闇属性を持つ精霊は効果を受けないという特徴がある。 潜在能力にを所持していれば、回復反転を無効化できる。 敵との属性相性が変化するほか、潜在能力やスキルの効果適用外になりやすくなる。 状態異常無効で防げるほか、 単色精霊は効果を受けないという特徴がある。 効果の上限値は、ファストスキルを加味しない精霊ごとの必要正解数。 事前に特殊パネル変換でスキルチャージパネルをつくればある程度対応が可能だ。 潜在能力にを所持していれば、スキルディスチャージを無効化できる。 状態異常回復や無効化で防ぐのが一般的だが、死の秒針のカウントがゼロになるまでにクエストをクリアできるなら無視してもよい。 潜在能力にを所持していれば、死の秒針を無効化できる。 カウンターは発動するが、その後カウンター状態は解除されてしまう。 ほぼ全ての効果が消されてしまうため対処法は少ないが、ステータスアップの後がけや、毎ターン効果をかけ直す精霊強化は有効だ。 通常ののろいと違いステータスダウン効果はない。 スキルの発動順を調節すれば、敵に消されるスキルをコントロールできる。 通常ののろいとは違い、効果解除の効果はない。 ステータスアップSSでステータスを底上げするのが主な対策となる。 恐怖を発動した敵を倒すことで解除される。 状態異常無効か、恐怖状態中は高いHPを保持し続けるのが主な対策となる。 Lモードも解除される。 盗むを使用した敵を倒すと解除され、解除された精霊は全てSS2までスキルチャージされる。 チャージ中に盗むを受けるとチャージが解除される。 盗むはスキルでなく攻撃扱いであり、カウンターで反撃できない。 新たに発動できないだけで、継続回復などは先に発動しておけば効果が継続する。 ターン経過を活かし、チャージスキルの発動を早めるのに使える。 また状態異常無効で無効化でき、味方にかかったSSを消されずに済む。 「セカンドファスト」「1クエストに1回のみ」のスキル状態や倒れた味方などが初期状態に戻る。 蓄積解放大魔術・印に代表される、 初回発動が早く周期が遅いスキルも活かせる。 デッキの精霊のみに付与されるため、残滅大魔術などのフィールド効果や精霊大結晶・チェインガードなどは効果対象外。 リスタートの効果まとめ チェイン・パネルに関するスキル チェイン封印 一定ターンチェインが増加しなくなる敵スキル。 ただしのSS2のようなチェイン付与効果は例外で、封印中でもチェインプラスできる。 誤答やチェイン消費などによるチェイン減算は変わらず行われる。 チェインガードSSで解除可能。 潜在能力ので、一度だけであれば無効化できる。 チェイン封印と違い、あらかじめチェインガードを使っておかないと対応出来ない。 潜在能力ので、一度だけであれば無効化できる。 チェイン解除と違い、十分チェインが溜まっているならば対策する必要はない。 潜在能力ので、一度だけであれば無効化できる。 変化する属性は固定の場合とランダムの場合があり、回復などの特殊効果が付与されることもある。 対策としてはパネル変換が役立つ。 効果を受けるパネルの位置はランダムとなっている。 特殊効果の内容は、1種類固定や数種類からランダムなど様々なパターンがある。 パネルリザーブはパネル変換や特殊パネル変換などで上書き可能。 ただしパネルリザーブの継続ターンがある場合、次のターンにパネルリザーブの効果に再度上書きされる。 怒り後の行動は怒り前より厄介なことが多く、怒りを避ける立ち回りが必要になることも。 回復を使用する敵を即座に判別し、その敵から倒そう。 敵を倒すと怒り状態になり、蘇生するコンボを使ってくる敵が多い。 1体も倒さないうちに蘇生を使わせることができれば、敵の行動を1回スルーできる利点も存在する。 ガードされていない属性で攻撃するか、ガードを解除することで対処したい。 効果解除するか、一撃の大きい攻撃が必要になる。 また、割合削りや毒などの固定ダメージはダメージブロック以下の数値でもダメージが通る。 対策としては連撃スキルで地道に削る、固定ダメージである毒で倒す、狂暴化やブーストによるクリティカル攻撃で倒すなどが挙げられる。 ダメージ強化などの味方にかかるスキルは対象にならず、大魔術など敵に直接効果があるSPスキルが対象である。 スキル反射を無視できるスキルを使うか、反射の内容を把握し状態異常無効などで対処するのが一般的。 また、希少ではあるがスキル反射を解除できるスキルも存在する。

次の

パズドラの「ダメージ吸収無効スキル」の詳細!所持モンスターも紹介!

属性 吸収 無効

こんにちは。 プラグインを試作してみました。 使用されたスキルのパラメータ スキルID、スキルタイプ、ダメージタイプ、属性、命中タイプ を指定して、その条件に合うスキルを無効化・吸収・反射します。 アクター、クラス、装備、ステート、エネミーに以下のタグに設定することで効果が発揮します。 で無効化 で吸収 で反射 例) スキルID 10 のスキルを無効化 属性ID 1 のスキルを吸収 スキルタイプID 2 のスキルを反射 また、合わせて 以下のタグを設定すると、上記のタグで設定した無効化・吸収・反射効果の有効条件を設定できます。 条件式 設定例)ステートに設定 a. 不具合や使い方が分からないことがありましたらご連絡お願いします。 3 に更新しました また質問なのですが、 スキルタイプ、ダメージタイプ、属性、ヒットタイプのメモでの設定の仕方が分かりません。 これで戦闘テストすると、ダメージが通ってしまいます。 (9は火球という技です) スキルタイプがx1,x2,.. のスキルを吸収します。 と書いてありますが、スキルタイプはどのようにすればいいのでしょうか? 変えるのは数字のところのみでしょうか? 同じようにダメージタイプ、属性、ヒットタイプも分かりません。 ヒットタイプは属性有効度みたいなのでしょうか? スキルIDは をメモにやると、吸収して、分かったのですが、それ以外はどうすればいいのでしょうか? まだ最新版をダウンロードしていませんので、これからダウンロードします。 せーレイン さんが書きました:キルタイプ、ダメージタイプ、属性、ヒットタイプのメモでの設定の仕方が分かりません。 メモの設定方法がわかりにくくてすみません。 それぞれ以下のとおりです。 ・スキルタイプ スキルの「基本設定」欄の「スキルタイプ」で選択する設定のことを指します。 魔法とか必殺技のことです。 「データベース」の「タイプ」で表示される、各スキルタイプの番号を指定してください。 ・ダメージタイプ スキルの「ダメージ」欄の「タイプ」で選択する設定のことを指します。 以下の番号を設定してください。 1 - HPダメージ 2 - MPダメージ 3 - HP回復 4 - MP回復 5 - HP吸収 6 - MP吸収 ・属性 「データベース」の「タイプ」で表示される、各属性の番号を指定してください。 ・ヒットタイプ(命中タイプ) スキルの「発動」欄の「命中タイプ」で選択する設定のことを指します。 以下の番号を設定してください。 1 - 必中 2 - 物理攻撃 3 - 魔法攻撃 フトコロ さんが書きました:メモの設定方法がわかりにくくてすみません。 それぞれ以下のとおりです。 ・スキルタイプ スキルの「基本設定」欄の「スキルタイプ」で選択する設定のことを指します。 魔法とか必殺技のことです。 「データベース」の「タイプ」で表示される、各スキルタイプの番号を指定してください。 ・ダメージタイプ スキルの「ダメージ」欄の「タイプ」で選択する設定のことを指します。 以下の番号を設定してください。 1 - HPダメージ 2 - MPダメージ 3 - HP回復 4 - MP回復 5 - HP吸収 6 - MP吸収 ・属性 「データベース」の「タイプ」で表示される、各属性の番号を指定してください。 ・ヒットタイプ(命中タイプ) スキルの「発動」欄の「命中タイプ」で選択する設定のことを指します。 以下の番号を設定してください。 1 - 必中 2 - 物理攻撃 3 - 魔法攻撃 おかげでよく分かりました。 ヘルプに分かりやすいように例があったりとして助かりました。 ありがとうございます。

次の

パズドラ 列界と裏列界に必要な覚醒無効 属性吸収無効 ダメージ吸収無効の...

属性 吸収 無効

約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本• のモンスターメモリー付!• (パズドラ本編でも使用可)• 宿意の堕龍契士・レーヴェン リーダー評価 ・自動回復スキルなどでHPに見合った復帰力を確保 レーヴェンは火属性限定でHPが2倍、LFで4倍に。 サブ次第だが、HP10万超えのパーティーを構築可能。 優れた耐久性を発揮するが、回復補正が発生したいので復帰力が低い。 運用時は自動回復スキルなどで復帰支援が必須。 また、自身のスキルでHP調整が行えるため、序盤から最大火力を手軽に出せるのが強み。 ・サブやアシストなどでギミック対策は必須 レーヴェンが所持している覚醒スキルはバインド耐性、HP50%以下強化のみ。 スキル封印や毒対策などのギミック対策はサブやアシストに全リソースを割くため、初心者がパーティー構築するのが難しい。 ある程度キャラクターが揃っている中級者~上級者向けのリーダーといえる。 HP80%以下などで倍率を出すリーダーやHP50%以下強化の発動支援に最適。 条件達成で単体16倍の攻撃補正が発動と、HP50%以下で倍率を出す極醒闇メタなどのHP制限パを中心に火力枠として活躍。 自身のスキルでHP調整が行え、条件を手軽に達成できるのも強み。 総合的な評価 リーダー時の火力と耐久性はトップクラスだが、ギミック対策をすべてサブなどでする必要があり、パーティー構築難易度が高い。 25倍。 高HP、高回復力で高難度にも挑める耐久パを構築できる。 初心者には扱いにくいリーダーだ。 闇属性限定の常時倍率で扱いやすいと思うが、最大倍率発動には火水闇を同時に4個以上繋げる必要。 落ちコン次第では指定色が欠損する可能性があるため、運用時はハクや濃姫などの陣枠を採用すること。 ダメージ吸収と属性吸収を同時に対処できる。 効果も2ターン継続し、一度失敗して再度溜めなおす心配がない。 また、残りHPを1にできるのでHP制限パのHP調整枠としても扱える。 加えて、バランスタイプで全種類の潜在キラーをセット可能。 様々なパーティーの高火力アタッカーとして活躍が見込める。 総合的な評価 火力と耐久力を兼ね備えた優秀だが、封印耐性などの覚醒スキルを所持していない。 約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本• のモンスターメモリー付!• (パズドラ本編でも使用可)• 好評発売中!.

次の