就活 志望 動機 例。 【ブライダルの志望動機の書き方】例文5選やNG例をご紹介

【ブライダルの志望動機の書き方】例文5選やNG例をご紹介

就活 志望 動機 例

履歴書の志望動機は、その企業になぜ入りたいのかを記載する項目です。 採用担当者が、就活生を採用するかどうか決める、大きな指標のひとつとなっています。 いくら優秀な学歴を持っていても、志望動機が薄くどの企業にも当てはまるものであれば不採用とされるでしょう。 では、なぜ志望動機が薄いと不採用になるのでしょうか? 採用担当者は新卒生の本気度を知りたがっている 採用担当者は、志望動機を見ただけでその人の本気度がわかります。 それだけ、多くの就活生と対面しているのです。 志望動機が薄ければ、仕事内容とのミスマッチで早期退職してしまう人と思われてしまいます。 どの企業にも当てはまる志望動機を見れば、この人は企業研究をしていないと思われるでしょう。 志望している企業に適した人物か確認している どの企業でも、志望動機がしっかりした就活生を欲しがっています。 志望動機がしっかりしていると、それだけ企業について関心があり、調べている証拠にもなります。 採用担当者は、志望動機を見て、企業に本当に適しているのか確認しているのです。 以下は、採用担当者からのアドバイスです。 参考にしましょう。 キャリアアドバイザー|赤塩 勇太 書籍から引用してきた志望動機は意外に気づかれやすい 新卒で就活をするとき、ほとんど全ての履歴書に志望動機を書くことになるでしょう。 でも書き方を考える前に、そもそも志望動機をどんな内容にするか考えておかなければいけません。 我々採用担当者は、履歴書をよく見ています。 どこかの書籍から引用してきたような志望動機には、意外に気づいてしまうものですし、この学生は本当は志望していないのではないか、と判断をします。 でも、学生の皆さんも志望動機を書くことには苦手意識があるという方が多いように思います。 志望動機を考えていくステップとしては、自分がなぜこの会社に入りたいと思ったのか理由を整理・リストアップし、次に自分が学校で学んだ内容や頑張ってきた事を照らし合わせて、考えていく方法をお勧めします。 書類で躓かないよう、しっかりと準備しましょう。 数ある業界の中の、数ある企業の中でどうしてここを選んだのかを採用担当者は知りたがっています。 この企業でなくては成し遂げられないこと、この企業でなければ意味のないことをしっかり伝える必要があるでしょう。 過去の経験を活かせる人物であれば、これからも成長し続けると判断されるのです。 また、過去の出来事を他人に話すのにはコツが必要です。 自分だけが知っている事実を、全く知らない人に時系列を追って説明することを苦手としている人は多いでしょう。 その説明方法も、採用担当者は確認しています。 採用担当者は、長期的な目線で物事を考えられているかを見ています。 将来のことを考え、はっきりとしたビジョンを提示できれば、「この人は長く働いてくれる」と判断されるでしょう。 志望動機作成ツールで、サクッと志望動機を完成させよう 志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。 そんな時は、を活用してみましょう。 志望動機ジェネレーターを使えば、 簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。 無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。 志望動機は、その企業でないといけない理由を記す必要があります。 複数企業を受ける就活生は、その企業の数だけ志望動機を用意しないといけないのです。 では、どの部分を変更すべきなのでしょうか? それは、受ける企業にしかない情報です。 業界・企業研究を徹底する まずは、業界・企業研究をしましょう。 その企業のサイトを確認し、企業理念を読んだり、社長の挨拶文を見てください。 どんな企業で、何をしたいのかが記載されているはずです。 受ける企業の公式サイトは、端から端まで全て読んでください。 確認後、同業界の企業と見比べることで、その企業の特色が浮かび上がります。 他にも、業界全体の歴史、業績、今後の流れも把握しておくと良いです。 そうすることで、自分に何ができるのかを志望動機ではっきりと示せるようになります。 OB・OG訪問をしておく 実際に働いているOB・OGを訪問できるのは、就活における新卒の特権です。 実際にその職場で勤めている先輩の生の声を聞けますし、志望動機の基礎を固めやすくなります。 履歴書の志望動機が、「OB・OG訪問で感じがよかったから」では落とされるでしょうが、他の志望動機に加えてOB・OGを訪問の内容も書いておけば、履歴書に本気度を感じ取ってもらいやすくなるはずです。 説明会へ参加する 説明会への参加も、志望動機を考える上で大切です。 説明会では、そこでしか得られない情報がたくさんあります。 パンフレットの配布をしている企業もあるでしょう。 社長の挨拶や、入社1年目の社員のお話を聞ける機会を設ける企業も多いです。 履歴書に記載する志望動機の材料となります。 自己・他己分析をして適性を知っておく 自己分析をしていない志望動機は、一目瞭然です。 やりたいこととできることが一致していないことが理由になります。 志望動機を考える上で、自己分析は欠かせないです。 しっかりと、自分を知り、必要であれば他己分析を周囲にお願いしても良いでしょう。 適性を知った上で、志望動機を作り上げてください。 志望動機は、最初に結論を書きましょう。 「人助けをしたいから志望した」「食べることが大好きだから志望した」など、その企業と関係なくても大丈夫です。 相手にしっかりと伝わる動機を提示し、採用担当者の興味を引きましょう。 結論の詳細 次に、結論の詳細を記載します。 例でいうと、どのような人助けがしたいのか、食べることが好きだからどうしたいのかです。 ここでは、業界に結びつけた詳細を記載してください。 「住みやすい家を提供して人助けがしたい」「食を通して人助けがしたい」「犯罪を取り締まって人助けがしたい」と、人助けひとつで様々な業界を表せます。 結論に結びついたきっかけ 次に、結論に結びついたきっかけや結論に至った理由を記載しましょう。 ここで、受けたい企業の特色を出します。 「以前、この企業に紹介された物件に住んでいた。 とても丁寧に対応してくれ、紹介が終わっても家についての相談に乗ってくれる企業に感動した」というのがきっかけです。 「私も、企業のような丁寧さで住みやすい家を提供したいと思った」が、結論に至った理由になります。 結論をもう一度 最後に、もう一度結論を記載しましょう。 もう一度、結論を書くことで意思の強さを採用担当者に伝えられます。 その際、やりたいことはこの企業でしかできないと強調してください。 そうすることで、筋の通った志望動機が出来上がるのです。 新卒は履歴書に書く志望動機の軸をしっかり作る エントリーシートと違う志望動機はNG エントリーシートに記載した内容と履歴書に記載した内容が違っていたら、どうでしょうか。 エントリーシートに記載した内容を深掘りすれば、評価につながります。 しかし、まったく別の理由を記載すると「この志望動機はでっち上げかもしれない」と採用担当者が不審に思うかもしれません。 きっかけで語るエピソードはひとつに絞る エピソードもひとつに絞るべきです。 エピソードがたくさんあると、本当に伝えたいことが相手に伝わりません。 伝えたいことは、「その企業で成し遂げたいことがある」ですので、エピソードが主役にならないようひとつに絞りましょう。 軸がしっかりしていないと説得力がない 志望動機には、軸が必要です。 軸がないと、きっかけからなぜ結論に至ったのか、本当にやりたいことなのか疑問視されてしまいます。 履歴書の志望動機は、「これをやりたい」という強い軸を作り、説得力のある内容にしてください。 履歴書の志望動機は書き出しで決まる 結論から入る書き出しはわかりやすい おすすめのテンプレで紹介しましたが、結論で始まる書き出しはアピールする上で効果的です。 結論から入ることで、採用担当者の興味を引かせられます。 まずは、自分に興味を持ってもらうことから始めると良いです。 嘘や誇張はNG もちろん、嘘や誇張、コピペはNGです。 採用試験で嘘をごまかせたとしても、入社後すぐにバレます。 就活のゴールは入社だと考えず、長期的な目線で物事を見るようにしましょう。 質問に答えるだけで志望動機を作成しよう 志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。 「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「」を活用しましょう。 志望動機ジェネレーターを使えば、 用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。 面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。 無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。 健康学を生かした仕事をしたいと思ったからです。 在学中は、栄養学を 専攻していました。 以前から心と体の健康と食事の関係に興味があり、大学でも集中して学んできました。 今後は超高齢化社会を迎え、健康への関心がさらに高まるはずです。 大抵の企業は、栄養面のみに注目しています。 そこで、貴社の人の心にも配慮した商品開発をおこなっている点に、共感しました。 また、貴社の社員にOB訪問をさせていただき、詳しいお話をうかがいました。 その際に、貴社は自分の今まで学んできた知識や経験を活かせる環境があると感じました。 全社員が目標を持っている企業だという印象を受けたことも、貴社を志望した理由です。 これらの理由から貴社で働くイメージが強く湧き、志望いたしました。 専攻である栄養学を、商品開発部で活かしていきたいです。 入社後は、貴社の商品開発で活かして貢献いたします。 未熟な点もありご迷惑をおかけするかもしれませんが、意欲と健康に対する熱意は誰にも負けません。 よろしくお願いいたします。 企業の特色が良く現れている箇所とも言えます。 その、営業戦略に共感したという志望動機を見ていきましょう。 私が貴社を志望した理由は、商品の開発から販売までの全ての工程において、顧客視 点を反映させた営業戦略を貫いているところに強く共感したからです。 私は、学生時代にしていたアルバイトで、顧客満足度が売上に直接影響を与えると、身を持って経験しました。 また、若手社員も責任のある仕事を任せていただけると知り、自身の成長意欲と積極性を発揮しながら、貴社に貢献していきたいと思いました。 国内シェアトップクラスの貴社が、世界の市場獲得を目指して海外進出するという、今後の方針にも惹かれています。 どこに重点を置いている企業なのかを明確にするため、企業研究に力をいれてください。 私が食品メーカーを志望した理由は、食の重要性を伝える貴社の役に立ちたいと思ったためです。 食事は体を動かすエネルギーという役割だけでなく、人と人の関係を深 めたり、幸せを感じたり、健康を維持するためにも欠かせないものです。 どれほどテクノロジーが発達しても、人間と食は切り離せるものではなく、技術が発展していくからこそ、生活の根幹である食事の大切さを忘れてはいけないという使命感から、この業界を志望いたしました。 生産から流通といった食品に関わる全てを担う食品業界トップの御社で、営業として、「食」を中心としたコミュニケーションやヘルスケアを多くのお客様に伝えたいと思っております。 ITとひとくくりに言っても、職種は様々です。 ITのどこに威力を感じ、どのように働きたいのかを明示しましょう。 自分の能力と、企業での仕事内容を絡めると効果的です。 AIやサイバーセキュリティなどに注目が集まる現代において、私はIT技術がビジネス に与える影響の大きさに魅力を感じ、IT業界を志望しております。 この理念により、社員一人一人の自覚によって技術が向上し、顧客に評価されているという貴社のスタンスに共感を覚え、今回志望に至りました。 日進月歩で進化するIT業界ではスピード性、柔軟性が求められますが、それに組織として対応できる貴社の能力は、自分自身の能力の向上、にも繋がると考えております。 私は大学の研究室においてアプリ開発を行い、また趣味でもソフトウェアの作成を行っており、今後の貴社の技術刷新に尽力することができます。 ぜひとも、どうぞよろしくお願いいたします。 事務職で使用できそうな資格を保持していることをアピールしましょう。 資格がなくても、パソコンスキルがどの程度あるのかなどを提示しておくと良いです。 今後、資格をとりたいと思っている事も付け加えておきましょう。 学生時代はパソコンスキルを磨くため、様々な資格を取得しました。 情報処理の速度には自信があります。 貴社で事務のスペシャリストになるべく、精進していきたいと考えています。 周囲のスタッフとの連携も仕事上重要になるため、コミュニケーションスキルも重宝されます。 協調性など、他人と関わる際に必要となるスキルを洗い出しておくと良いです。 私が介護業界を目指したのは、祖母を懸命に世話してくださったヘルパーの方のようになりたいと感じたからです。 貴所でインターンをしていた時に、「一人一人と向き合ってコミュニケーションをとるのが大事」とおっしゃっていたことに感銘を受け、ぜひ一緒に働かせていただきたいと思いました。 貴所で経験を積み、利用者のためになることを自分で考えて動けるヘルパーになります。 看護師への志望動機には、「なぜ看護師を目指そうと思ったのか」を詳しく記載してください。 人の命を預かるため、患者と真摯に向き合える性格である事も一緒にアピールしましょう。 「患者様を中心としたケア」をという看護理念に共感し、自分が目指す看護師になれ ると思い、貴院を志望しました。 祖母が入院していたときに担当だった看護師の方は、仕事中も仕事が終わってからも祖母を気にかけてくださり、体調が良くないときはできる限りのことをしてくださりました。 そんな姿を見て、看護を必要としている人 の心に寄り添った看護師になりたいと感じ、勉強してきました。 貴院の看護理念を心 に秘め、患者様を中心としたケアをしていきたいと考えています。 保育士は、体力が必要な仕事です。 スポーツ経験があれば積極的にアピールしましょう。 また、園児だけでなく保護者とも対面します。 コミュニケーションスキルや協調性があることを体験談を踏まえて書くと良いです。 仕事内容を考えたアピールを盛り込んでください。 私が貴園を志望したのは、私が保育園に通っていた際、保育をしてくれた先生に憧れを抱いていることと、児童を少人数にすることで一人一人をより丁寧に保育しているところに魅力を感じたからです。 待機児童という問題が深刻化している今、有資格者による、より丁寧な保育は保護者の方の安心・信頼を得るためにもとても重要なことだと考えます。 児童の笑顔が絶えず、のびのび育てる場所、そして保護者とのコミュニケーションを取りやすい環境作りにつとめます。 どのような環境で、誰を相手に仕事をしたいのかを書きましょう。 また、建築が好きなのか、デザインや設計が好きなのか、自分の興味がある分野を明確に伝え流必要があります。

次の

就活生必見!説得力がある志望動機をつくる7つの極意

就活 志望 動機 例

1.志望動機の書き出しには「結論」を書くべき! 志望動機の書き出しには結論を書くようにしましょう。 何故結論から先に書くのかというと、 結論を先に書くことで読む人はこの先の文章が頭に入りやすくなるからです。 結論を先に書かずに具体例から書いてしまうと、読む人にとっては何の話なのか、イメージがしづらくなってしまいます。 では結論とは何なのかというと、なぜこの業界、この企業を志望したのか、その理由です。 そこから具体的にどういった理由でその企業を志望したのかを書いていくと、読みやすい志望動機になります。 そして、書き出しで結論を述べたら、あとはPREP法にのっとって文章を構成することで、面接官に伝わりやすい志望動機をつくりあげることができます。 2.志望動機全体はPREP法で書こう 志望動機の全体はPREP法で書いてみましょう。 PREP法とは、結論(POINT)、理由(REASON)、具体例(EXAMPLE)、結論の繰り返し(POINT)によって作られた文章の手法です。 なぜPREP法で志望動機を書くのがいいのかというと、PREP法で書かれた文章は理論的で要点がわかりやすく、読む人の頭にスラスラ入っていくからです。 また、短い文章で志望理由を説明できるのも大きなメリットです。 PREP法での志望動機の書き方は以下の通りです。 また、スウェーデンに1年間留学した経験から自分の強みである語学力を活かしてグローバルに企業の問題解決をしたいと考えています。 362文字) 3.業界別の志望動機の書き出し例7つ ここからは、業界別の志望動機の書き出しの例文を紹介します。 自分が将来成し遂げたいビジョンを簡潔に結論として書くことを意識しているので、これらの例文を参考に簡潔に書く練習をしてみてくださいね。 今回紹介する例文は、以下の7つです。 順に紹介します。 (1)コンサル業界の志望動機書き出し例 1つ目はコンサル業界です。

次の

物流業界志望の就活生必見!志望動機の3つのポイント

就活 志望 動機 例

・ 良い志望動機作成で意識すべき3つのポイント 志望動機を書く際の重要なポイントは次の3つにまとめることができます。 ある損害保険会社の志望動機例(350文字制限) 悪い志望動機の例 私は、仕事において以下の希望を持っており、貴社とその自分の希望が合致していると考え、志望致しました。 私は自主的に学んできた金融という分野において、その知識を深めながら成長していきたいと考えています。 貴社では、取り扱うリスクが多種多様であるために、知識や経験を活かした幅広いソリューションができるという点で、多くのことを身に着けながら成長できると思います。 また、社会に貢献できる仕事がしたいです。 大きすぎるリスクに対して、それを抱え続けるか、リスクをとらないという二択に、リスクを軽減するという新たな選択肢を与えることができたのは、損害保険会社だけであると考えています。 それによって新たな挑戦を支え、社会の発展に寄与できるという点は、大きな社会貢献につながる仕事であると考えます。 良い志望動機の例 私が貴社を志望する理由は次の二つです。 一つめは貴社の社員に惹かれたからです。 二つめは自分の金融専攻の知識を活かしながら、貴社のグローバルな組織で活躍したいからです。 貴社のサマーインターン及びOBOG訪問でお会いした社員の方々は皆プロ意識が高く、尊敬できる方ばかりでした。 私はプロ意識のある方々と働きたいと思っています。 特に提案資料の作成で妥協を許さず納得いくまでレビュー頂いた点にプロ意識を感じました。 また、私は大学で金融工学を専攻しており、リスク管理等の確率分析を研究していました。 貴社のグローバルな組織におけるリスク分散は他社より先駆的であると感じており、自分もその中で今までの研究を活かして新しいモデルの構築に寄与したいです。 特にモデルを精査する際にアメリカ・ヨーロッパ等のチームと討議する点に惹かれました。 上記の悪い例では、文章がだらだらと続いており、結局何を言いたいのか分からなくなってしまっています。 特に人気企業では企業の採用担当者は大量のESを読むので、簡潔にポイントがまとまっていないと、「じっくり読まないと何が言いたいのかわからない」文章となってしまい最後まで読んでもらえません。 対して、良い例では「理由は2つ」と言い切ってはじめに簡潔に結論を述べています。 言い切ることによって、採用担当者は「これから2つの理由が述べられるのだ」と頭の中で準備しながら読むことができます。 読み手の立場にたって結論から書きだす文体は好印象を与えます。 採用担当者は自社に興味のない学生や他社でも良いと考えているような学生に内定を出してしまうことを嫌うからです。 上記の悪い例では、社会貢献や金融といった耳障りの良い単語が並んでいますが、この会社でなくてもほかのメーカーや金融系企業でも良いように感じられます。 良い例では、「人とグローバルな組織」「モデル構築」という点でなぜその企業を選んだのかが明示されています。 採用担当者としても、「この学生はよく調べてきている。 しかも専攻が事業にそのまま活きそうだ」と好印象で面接に通すことができるでしょう。 なぜその企業を選んだのかということをしっかりと説明できているかをチェックするには、以下のような自問自答をしてみましょう。 自分の強みと企業でやりたいことをつなげることによって、採用担当者にあなたが実際に志望企業で働く姿をイメージしてもらうことができるからです。 上記の悪い例では、社会貢献がしたい金融を学んでいる学生であるという点以外何も伝わっておらず、志望する企業の担当者はこの学生が自社で活躍する姿がイメージできません。 良い例では、この学生の強みが金融工学の専攻であることが明示されているため、採用担当者は、「他の学生よりも専門性の高い研究をしてきており、その知見はそのまま企業の研究や事業に活きそうだ」と実際に学生が活躍する姿をイメージすることができます。 人気企業の志望動機集を無料ダウンロード! 良い志望動機を書くための準備 自己分析をする 良い志望動機を書くには、徹底的に自己分析をする必要があります。 これまでの経験を振り返り、「自分の好きなこと」「将来やりたいこと」を明確にしましょう。 これは志望動機のベースになる一番大切な部分です。 企業研究を行う 説得力のある志望動機を書くには、企業研究が欠かせません。 「なぜこの企業でなければならないのか」を盛り込むには、企業の特性や特徴を知る必要があります。 企業理念や風土、事業内容などをホームページなどでよく調べてみましょう。 インターンシップに参加する 業界や企業についてよく知るには、実際に体験してみるのが一番です。 実際に仕事を体験できるインターンやアルバイトに、積極的に参加してみましょう。 志望する企業がインターンを募集していない場合は、同じ業界の企業を探してみてください。 その業界の仕事を体験すれば、かなり説得力のある志望動機を作成することができます。 最後に ここまで、就活における志望動機の書き方をまとめてきましたが、重要なのは採用担当者の視点に立つことです。 採用担当者に、会ったこともない学生のあなたに「会ってみよう」と思わせることができそうか念頭に置きながら準備しましょう。 採用担当者は、候補者から寄せられてくる膨大な数のエントリーシートをチェックしなければいけません。 分かりやすく書くことはもちろん、どうやって印象付けするかが重要になります。 数千枚の中から選ばれるためには、論理性も大切です。 なぜ志望する企業でなければいけないのかを強調しないと、膨大な不通過書類の中にあなたのエントリシートは埋もれてしまうでしょう。 この記事が、志望動機の準備のヒントとなれば幸いです。

次の