貴 景勝 怪我。 貴景勝無観客の春場所が負け越し危機な理由はケガかメンタルか

八角理事長、貴景勝は「けががどうなっているのか。心配だ」/夏場所

貴 景勝 怪我

大相撲の大関・貴景勝が、23日に東京・千代田区のカルビー本社で行われた『ポテトチップス うすしお味』PR大使感謝状贈呈式に出席。 自身がPR大使を務めているカルビーから感謝状を贈呈された。 その後販売が好調だったことから、同社から貴景勝に感謝状が贈呈されることとなった。 同社の松本知之執行役員から、じゃがいもとポテトチップスでできた感謝状を受け取った貴景勝は、ポテトチップス部分を試食し「めっちゃおいしいです」とニッコリ。 続けて、同社が来年1月20日から発売する『ポテトチップス 令和のだししお味』も試食し、「僕関西 の出身 で、関西だししょうゆ味っていうの 商品 を昔食べてたんですけど、それにちょっと似てて、でも塩の味も利いててすごくおいしいです」と同商品の味に太鼓判を押した。 今回の贈呈式では『ポテトチップス 令和のだししお味』にちなんだちゃんこ鍋も登場し、同商品と同じ塩分量 0. 5グラム の塩を貴景勝が最後に加え完成。 試食では「相撲部屋のちゃんことよく似てて、すごくおいしかったです」とコメントした一方、最後に自身が加えた塩については「ポイントになっているのかどうか... 」と首をひねり笑いを誘う一幕もあった。 囲み取材では自身の一年について「良いことも悪いこともたくさんあった年だった。 大関に上がれたっていう喜びもあったし、けがでいろいろあったので。 この1年で自分の中の深みというものが増した気がします」と振り返った。 なお、今年の秋場所で負傷した左大胸筋、同九州場所で負傷した左手首についてはどちらも「状態がだいぶ上向いてきた」とのことで、「2回目の優勝をすることが上の番付 横綱 にもつながっていきますし、優勝しない限りは始まらないので、とにかく優勝すること。 それを目標にやっていきたいと思います」と、来年の初場所に向けた意気込みも語っていた。

次の

貴景勝「御嶽海関に悪いなと思う」理由とは…武井壮&小杉も感嘆の“人生哲学”― スポニチ Sponichi Annex 芸能

貴 景勝 怪我

横浜国立大学非常勤講師。 著書に「チームを動かすファシリテーションのドリル」「クライアントを惹き付けるモチベーションファクター・トレーニング」がある。 慶應義塾大卒、長野県上田市出身。 トンデモ人事部が会社を壊す サラリーマンの会社人生のカギを握る人事部。 しかし近年、人事部軽視の風潮が広まった結果、トンデモ人事部が続々と誕生している。 あっと驚く事例をひもときながら、トンデモ人事部の特徴や、経営陣がすべき対処法などを探っていく。 休場すれば番付は落ちる。 しかし、じっくりとけがを治し、再び落ちたところから実績を積み上げていくのがプロと言えないだろうか Photo:PIXTA 大相撲5月場所で右ひざを負傷し、休場、再出場、再休場を繰り返した大関・貴景勝が、7月場所を前に、関取との稽古ができない状態にもかかわらず、ギリギリまで出場にこだわり、師匠の千賀ノ浦親方と談判。 千賀ノ浦親方は、今回は断固として首を縦に振らず、貴景勝は休場することが決まった。 休場は敗戦扱いで、貴景勝は2場所連続負け越しとなるので、規定により大関陥落となる。 大関昇進後、勝ち越しどころか、1場所も皆勤することなく陥落するという不名誉な記録をつくってしまった。 次の場所で10勝すれば大関に返り咲けるという特例はあるものの、5月場所で再出場、再休場したツケは予想通り大きかったと言える(参照)。 貴景勝の大関陥落にあたり、公傷制度を復活してはどうかという論調が出ている。 公傷制度とは、本場所の取り組みで発生したけがで休場した場合、次の場所で仮に全休しても同じ地位にとどまれるという制度だ。 1972年に導入されたが、深刻なけがではないと思われるのに全休するケースが増えて2004年に廃止され、現在に至る。 「公傷制度がないから、力士はけがをしても無理をして出場しようとする」「だから、けがの回復が進まないし、再起不能な事態にもなりかねない」「貴景勝のような真面目で責任感の強い力士はなおさら無理をして出場しがちだ」…こうした考えから、休んだことを負けとみなさないで救済しようというわけだ。 貴景勝の大関陥落を契機に、公傷制度復活の気運が高まるかもしれない。 しかし、私は反対だ。 公傷制度を復活させてはならない。

次の

左大胸筋肉離れの貴景勝に「稽古足りないからケガをする」の声

貴 景勝 怪我

大相撲• 13 05:00• 12 17:40• 12 05:02• 11 05:00• 10 17:49• 09 05:01• 08 19:46• 08 12:00• 08 08:00• 08 08:00• 05 20:15• 03 05:02• 02 20:03• 02 05:00• 01 21:21• 01 19:25• 01 17:10• 01 09:16• 31 18:00• 30 20:32• 30 05:01• 29 19:19• 29 17:56• 27 19:41• 26 19:32• 26 18:10• 26 05:01• 26 05:00• 25 19:13• 25 17:48• 25 05:01• 24 21:19• 24 19:17• 24 17:27• 23 05:02• 21 19:34• 21 05:00• 18 19:15• 16 20:20• 16 18:16.

次の