ストリンダー 育成論 ロー。 ストリンダー(ハイ)育成論 : 受け破壊 意表をつくストリンダー※はじめにを読んでください|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ポケモン剣盾 ソロでマックスレイドのススメ(対ストリンダー編)【ポケットモンスター ソード・シールド】

ストリンダー 育成論 ロー

ポケモン最新作『』(通称・ポケモン剣盾)より、した「 ストリンダー」の姿が公開されました。 2月7日(金)から3月9日(月)8時59分までの期間、に登場。 に点在するポケモンの巣を調べることで戦闘することができます。 「ハイなすがた」と「ローなすがた」の2つの姿を持っており、進化前のポケモン「エレズン」のせいかくによってどちらに進化するのが決まるというおもしろい進化要素も発売当時話題になりました。 自身の音技の威力が向上/相手からの音技の威力が半減する強力な新特性「パンクロック」や、でんき・どくタイプなど唯一無二の特徴を持ち、新顔ながら人気ポケモンの一体に仲間入りしています。 キョダイマックスわざ「キョダイカンデン」が強力 本作から実装された新要素・ダイマックスは、ポケモンを対戦中に1度だけ3ターンの間のみ巨大化させることが可能。 そのなかでも一部のポケモンの特別な個体のみ、見た目も変化するキョダイマックスが使用できます。 キョダイマックスしたストリンダーは、蓄えられた電力を集束させた、巨大な電気の塊で戦闘。 キョダイマックスしたポケモンが使用できるキョダイマックスわざ「 キョダイカンデン」は、相手にダメージを与えるだけでなく、相手のポケモン全員を「どく」または「まひ」状態にさせる追加効果を持っています。 「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」で推しのポケモンに投票しよう なお、Googleでは現在ポケモン890種類を対象として人気のポケモンを決める投票企画「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」を開催中。

次の

ポケモン剣盾 ソロでマックスレイドのススメ(対ストリンダー編)【ポケットモンスター ソード・シールド】

ストリンダー 育成論 ロー

技 攻撃対象 割合 回数 オーバードライブ ウォッシュロトム 性格補正なし・H極振り 53. 3倍にできるため、専用技「オーバードライブ」の威力を 156まで引き上げます。 またノーマルタイプ技の「ばくおんぱ」は 182と高火力を放つことが可能です。 「オーバードライブ」はみがわりを貫通するため、オーロンゲなど「みがわり」を使用するポケモンの対策にも効果的。 フェアリータイプを半減できる ストリンダーは、どくタイプを所持しているので、フェアリータイプ技のダメージを半減できます。 フェアリータイプを持つポケモンは、ミミッキュやオーロンゲなど対戦で活躍しているポケモンに対してダメージ半減を取れるので、ストリンダーの強みといえます。 特性が使い分けられる ストリンダーの特性はどれも使いやすいです。 特に「プラス」or「マイナス」はダブルバトルにて優秀で、高いC種族値をさらに高めることできます。 シングルバトルでは、音技攻撃の威力が上昇する特性「パンクロック」がストリンダーと相性が良いです。 半減できるタイプが豊富 どく・でんきタイプの組み合わせを持つストリンダーは、8種類のタイプ かくとう・くさ・でんき・はがね・ひこう・どく・フェアリー・むし のダメージを半減できる優秀なタイプです。 ストリンダーの短所 姿によって性格が絞られる ストリンダーは2つの姿を持っています。 ハイな姿 黄色 は、「いじっぱり」や「ようき」などの性格のときの姿です。 ローな姿 紫色 は、「ひかえめ」や「おくびょう」などの性格のときになる姿です。 そのため、対戦で使用するとストリンダーの姿によって、性格がある程度絞られてしまい、こちらがどんな型を使っているのかバレやすいです。 しかし、 ミントを使用して性格補正値を変更しておけば、相手の読みを外すことが可能です。 じめんタイプに弱い ストリンダーのタイプが、どく・でんきタイプなので、じめんタイプが4倍弱点と相性が悪いです。 じめんタイプの攻撃を使用する相手との戦闘は必ず避けたいです。 S種族値75と素早さが物足りない S種族値が75と低いので、ウォッシュロトム S86族 などに先手を取られてしまいます。 またストリンダーを最速 性格補正あり・S極振り にしても、同じ種族値75に強力なウオノラゴンいるため活躍しにくい部分があります。 素早さ値は75族とそこまで高くないですが、ほっぺすりすりでの確定まひが厄介なので、元々の素早さを抜いていてメインウェポンを無効化できるドリュウズがおすすめです。

次の

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策【ソードシールド】

ストリンダー 育成論 ロー

ポケモン最新作『』(通称・ポケモン剣盾)より、した「 ストリンダー」の姿が公開されました。 2月7日(金)から3月9日(月)8時59分までの期間、に登場。 に点在するポケモンの巣を調べることで戦闘することができます。 「ハイなすがた」と「ローなすがた」の2つの姿を持っており、進化前のポケモン「エレズン」のせいかくによってどちらに進化するのが決まるというおもしろい進化要素も発売当時話題になりました。 自身の音技の威力が向上/相手からの音技の威力が半減する強力な新特性「パンクロック」や、でんき・どくタイプなど唯一無二の特徴を持ち、新顔ながら人気ポケモンの一体に仲間入りしています。 キョダイマックスわざ「キョダイカンデン」が強力 本作から実装された新要素・ダイマックスは、ポケモンを対戦中に1度だけ3ターンの間のみ巨大化させることが可能。 そのなかでも一部のポケモンの特別な個体のみ、見た目も変化するキョダイマックスが使用できます。 キョダイマックスしたストリンダーは、蓄えられた電力を集束させた、巨大な電気の塊で戦闘。 キョダイマックスしたポケモンが使用できるキョダイマックスわざ「 キョダイカンデン」は、相手にダメージを与えるだけでなく、相手のポケモン全員を「どく」または「まひ」状態にさせる追加効果を持っています。 「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」で推しのポケモンに投票しよう なお、Googleでは現在ポケモン890種類を対象として人気のポケモンを決める投票企画「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」を開催中。

次の