子供 爪 剥がれる。 子供の爪が剥がれるときに家ではどう対処すればいい?何科にいけばいい?

手足口病にかかった後は爪に注意?(忽那賢志)

子供 爪 剥がれる

もっと見る ある日突然爪がはがれた…!なんてことがあると驚きますね。 その原因、手足口病かもしれません。 こちらの記事では、手足口病で爪がはがれる理由や、自宅でできる対処法を解説します。 手足口病で爪がはがれてしまうワケ 爪がはがれる原因は「コクサッキーA6型」ウイルス! 手足口病の原因となるウイルスは、現在わかっているものだと10種類あります。 そのなかでも、 『コクサッキーA6型』というウイルスに感染すると、爪がはがれてしまうことがあります。 なぜ爪がはがれるの? コクサッキーA6型ウイルスは爪の根元に入り、水ぶくれを作ります。 そのため爪を作る細胞がダメージを受け、正常に爪が作られなくなります。 この時に作られた爪が少しずつ伸び、そのうちはがれると考えられています。 爪がはがれる指は1本のこともあれば、複数本のこともあります。 手足の指すべての爪がはがれたケースもあるようです。 爪からのサイン 爪がはがれる前に、次のような兆候があります。 爪が不自然に浮いて白くなる 横に割れる 二枚爪になる 爪がはがれ始めるのは手足口病を発症してから数週間後です。 発症から2か月以上が経過してから、爪がはがれてきていると気づくこともあります。 手足口病にかかったことを忘れたころにはがれてくるので、手足口病のせいだと気がつかないこともあります。 コクサッキーA6型ウイルスによる手足口病は増えている! コクサッキーA6型ウイルスによる手足口病は近年増加しています。 2011年の流行期は、手足口病患者の半数近くが、このウイルスによるものでした。 コクサッキーA6型ウイルスによる手足口病は、全身に発疹が広がる傾向にあります。 発疹自体も大きくなりがちです。 そのため、初めて流行した年には新型の手足口病ともいわれました。 爪のはがれ方と原因の見分け方 爪甲脱落症(そうこう だつらくしょう) 爪の根本から徐々にはがれる 爪は通常爪の下の皮膚(爪床)とくっついており、ピンク色をしていますが、何らかの原因ではがれると白くなります。 この白い部分が広がり、完全にはがれ落ちるのが爪甲脱落症です。 原因は手足口病のほか、ストレスや外傷など 原因は外傷や微生物感染、ストレスなど多岐に渡ります。 手足口病で爪がはがれる場合もこちらにあたります。 手足口病を原因とする爪甲脱落症は、爪の根元からはがれ始めます。 はがれた爪の下からは新しい爪が生えてきて、新しい爪が伸びることで古い爪は完全にはがれます。 完全に生え変わるには数か月から半年くらいかかります。 爪甲剥離症(そうこうはくりしょう) ゆっくりと爪が浮いてくる 爪の先端から根元にかけてゆっくりと爪が浮いてくるのが、爪甲剥離症です。 だんだんと爪の先端の白い部分が広がってきます。 爪の先端から徐々にはがれていきますが、根元まで完全にはがれることはほとんどありません。 手足口病の可能性は低い 爪と爪床の間に異物が食い込むようなケガをした場合や、微生物感染、皮膚の病気などが原因です。 手足口病が原因の場合、ほとんどが根元からはがれてきます。 そのため爪の先端からはがれてきたら、手足口病が原因である可能性は低くなります。 爪がはがれた場合の対処法 自宅での対処法 自然にはがれるのを待つ 手足口病で爪がはがれるとき、多くの場合、 痛みはほとんどありません。 古い爪が浮いてきても無理やりはがさず、自然にはがれるのを待ちましょう。 浮いた爪が気になるようだったら、絆創膏などを貼ってもよいでしょう。 皮膚がむき出しになっていたら絆創膏などで保護 新しい爪が伸びてきてから、古い爪がはがれた場合は特に処置は必要ありません。 新しい爪が伸びる前に古い爪がはがれてしまった場合は、皮膚がむきだしになっている所に傷がつかないよう注意が必要です。 この場合も絆創膏などで保護するといいですね。 爪がなく皮膚がむき出しになった指先に傷がつくと、そこから菌が入りやすくなります。 浮いた状態の爪には保湿をする 爪床から浮いた状態の爪は割れやすくなります。 爪が割れる原因の多くは乾燥です。 保湿をして爪が割れるのを防ぎましょう。 保湿にはハンドクリームや、爪用のオイルを使用してください。 子供の場合、割れた爪をひっかけて痛みを感じることもあります。 しっかり保湿をして、割れた爪をひっかけないように指先用の絆創膏で保護してあげましょう。 こんな時は病院で診察を! 手足爪病が原因の爪のはがれは、新しい爪がはえて自然に治ることがほとんどです。 しかし、次のような場合は皮膚科を受診しましょう。 ・爪がはがれるときに強い痛みがある ・爪の根元や周りが赤く腫れ、痛みがある ・古い爪が早くはがれ、指先に化膿がみられる 病院では、痛みをやわらげる薬や、化膿していれば抗生物質などが処方されます。 まとめ 手足口病によって爪がダメージを受け、はがれてしまうことがあります。 手足口病の発疹がおさまっても、忘れたころに爪がはがれてくることを覚えておきましょう。 もし爪がはがれてしまっても、痛みや腫れなどがなければ、焦らず新しい爪が伸びるのを待つようにしてください。 その際、絆創膏などで指先を保護するのも忘れないようにしましょう。 それから、手足口病は子どもの感染が多い病気でもあります。 痛みがあまりなく、気づかないうちに子どもの爪が割れたり浮いて来たりしていることもあります。 発疹やその他の症状がおさまっても、しばらくは爪の状態を確認しましょう。 何か気になる症状があれば、病院で診察を受けてくださいね。

次の

二枚爪の5つの原因と爪の切り方・対策方法

子供 爪 剥がれる

足の爪が剥がれたケガをした時、その回復に至るまでの実体験を残しておきたいと思います。 ある日、椅子に座って仕事をしていました。 自分の部屋ですので、靴下は履いていますが、クツは履いていない状態でした。 そんなとき、なぜ、こんな事をしたのか? 自分の足を指先を「ゴン」と床に「強く」叩いてしまったのです。 すぐに、ジーンと足の親指から強い痛みが伴い「爪が剥がれたのかな?」と思いましたが、靴下を脱ぐのも怖かったので、そのまま仕事を続けました。 確かに、すごく痛かったです。 しかし、私の場合には、痛みは約5分くらいで収まりました。 たまたま、自宅にいた時の出来事でしたので、まだ幸いしたと思いますが・・。 その後、夜になって入浴しようとすると、爪が「白っぽく」変色しているのがわかりました。 これは「マズイ」・・。 ただ、爪は分離したり、欠けたりした訳ではないのですが、根元の方から取れかかったような状態でした。 しかし、完全に取れている訳ではないので、爪はいじらずそのままにして、消毒だけ行いました。 ただし、痛みがずっと続いている場合や、指が腫れるような事になった場合、内出血 血が内部に貯まる していたり、指が骨折している場合もあるようですので、そのような時には血を抜くためなどに整形外科などを受診した方が良いです。 医者に行った場合「ケガ」ですので、契約内容によっては保険 民間の傷害保険など が適用される場合がありますので、保険に入っている方はご確認を。 なお、医療機関を受診しない場合でもやはり「 消毒」だけはした方がよさそうです。 変なバイ菌が入りますと、他の病気にもなってしまいますからね。 とは言え、消毒「しみます」ので痛いです。 最初は、痛くない、子供向けのしみない消毒液の方が良いかも知れません。 ムヒのきず液など、子供の絵柄になっているのは、痛くないと思います。 手元に消毒液が無かったり、夜間などで医薬品を買いに行けない時などは、包帯を巻いて幹部にバイ菌が触れないよう、一時的な処置をしておくと良いかも知れません。 もし、包帯が無ければ、ティッシュなどを充てて、セロテープで巻いて、一時的に包帯代わりにもできるでしょう。 ただし、セブンイレブンやローソンといったコンビニでも、消毒液くらいは販売しています。 バイ菌が入らないよう、これだけは注意しましょう。 目次 Contents• 新しい爪が生えてくる 私の場合には、足の親指の爪が根元から、バキッと外れかかったような状態で、かろうじて爪はくっついているのですが、パカパカと爪が浮いていて、少し動かせる状態のケガでした。 爪がはがれた時に約5分間ほど痛かったのも、その後は痛みはなく、その夜に爪を見た際には多少血もにじんできましたが、その後は問題なかったため、医者には行きませんでした。 この状態で病院に行って治療と言っても消毒くらいですからね。 痛みが無ければ、薬も出ませんし、手術で治せるものでもありません。 それから約40日後、浮いていた爪が取れる状態となりました。 剥がれたとも言えます。 その取れた爪の下には、まだ薄いですが、 新しい爪が生えてきていました。 ほっといても、爪が再生すると信じていて良かったです。 なお、新しい爪は、デコボコ状態で生えてくるらしいです。 私の場合でも、かなりのデコボコと言う印象です。 しかし、新しい爪は、爪きりで切れる状態まで伸びて来ると、何度も爪を切って行くことで、やがてデコボコも通常状態になるそうです。 私の場合、綺麗なツメの状態になるまで、1年間くらい要しましたが・・。 爪の生え方は、年齢によってもスピードが異なるそうです。 若い方は細胞分裂が早い 私は、日帰り温泉の「高濃度炭酸泉」に入浴すると、爪が伸びやすい 髪の毛も早く伸びてしまう 、すなわち老廃物が出やすいと言う長年の経験がありましたので、機会があれば炭酸泉に入りに行きました。 再発防止の為には、はやり こまめな爪切りは必要だと感じています。 私の問題点 これは私のケースでございますが、ケガをしてあと、約40日でかろうじて乗っかっていた元の爪が、すべて剥がれてしまいましたは前述のとおりです。 その下に薄い新しい爪が生えていたのですが、その時はまだ、爪の長さが中間くらいで、足の指先にまで到達していない状態でした。 これが「問題」でした。 足の指先 上側 は、もともと爪の下の皮膚なので皮が厚くなく「薄い」のです。 なので、薄い新しい爪がある部分は問題ないのですが、まだ、爪が伸び切っていない部分、露出している部分は、靴下を履くだけで、圧力が掛かると薄い皮膚に触れるので「 痛い」のですね。 すなわち、靴も履くのが難しい状態です。 皆様の中には「絆創膏で」なんて方も多いようですが・・。 アクリルやプラスチックの爪カバーのようなものは無いかな?と探してみましたが、ないですしね。 しかたなく、包帯を重ねたりして、少しでも圧力が和らぐようにしてみました。 しかし、毎日、包帯を巻くのには余計な時間も掛かりますし、出張先や旅行先ではなおさら面倒です。 足の指保護 色々と調べておりましたら、良いものがありました。 ウォーキングや登山する際に、靴擦れ 靴ずれ するような方向けの足の指保護グッズですね。 上記の「足指保護キャップ」は4個セットのもあり、この価格ですので、そんなに高くないですし、かなり重宝致しました。 これで3日間の旅行も、全く痛い思いせずに行けましたので、お勧めです。 水で洗えば、複数回、使えます。 Sサイズ、Lサイズなど、足の指サイズに応じて、ご購入時には選択ご注意願います。 すぐには届かない場合がありますので、お早めにご注文を。 爪に必要な栄養分 爪が伸びるのに必要な栄養は下記の通りです。 ケラチン、コラーゲン、亜鉛、B2、B6、ビタミンC 特にケラチンとコラーゲンは必須です。 と言う事で、動物性タンパク質とコラーゲンの取れる「鶏肉」なんかを良く食べました。 下記のようなサプリで、爪が伸びるのを加速させるのも良いですね。 ほぼ治りました さて、6ヶ月間くらいは、上記でご紹介した「足指保護キャップ」のお世話になりましたが、概ね9ヶ月くらいで、爪の長さは元通りの長さまで回復致しました。 しかし、爪の表面がデコボコと申しましょうか、綺麗な状態ではありません。 ただし、もう保護キャップを使わなくても全然痛みや違和感はありません。 そのうちキレイになると言う事らしいと言う事でそのまま期待していましたが、結果を申し上げますと11ヶ月目には、ケガしていたとは全くわからないほぼ綺麗な爪にと元に戻りました。

次の

爪が剥がれてめっちゃ痛い!対処法はどうする?行くべき病院って?

子供 爪 剥がれる

何気なく足を触ってみたら、なんだか爪がボロボロになっていた! なんてことありませんか? 白くなっていたり、剥がれたのにまったく痛くなかったり、逆に痛みがあったりと症状はさまざまです。 年配の方であれば、爪に白い線が入っていて、それが濃くなっていくのは正常な老化ですが、子どもの爪が急に真っ白になって剥がれた!なんてことになったら不安で仕方がないですよね。 爪の病気といっても、様々な原因がありますし、 爪が原因なこともあれば、別の病気のサインとして爪に異常が見られる場合があります。 代表的なものを調べてみましたので、症状を確認しながらチェックしてみましょう。 足の爪が剥がれる!原因は?どうすればいい? 足の爪が剥がれやすくなるというのは、下に爪ができてしまっている二枚爪や、爪がもろくなってボロボロと崩れてくる、などの症状があります。 年齢によってもなりやすさや症状が違いますので、そこもチェックしていきましょう。 足水虫 水虫は、白癬菌に感染することによって起こる症状です。 水虫と言えば、足の指の間の皮が捲れてしまったり痒くなったり…、足の臭いがきついお父さんがなっているイメージが強いですよね。 でも、 水虫は誰にでもどこにでも感染します。 手に感染する場合もありますが、通常の水虫と同じで足に感染する場合が多いです。 水虫菌に感染している人のタオルなど共有すれば、もちろんうつってしまいます。 爪の厚さが増したり、もろくなってボロボロになったりします。 爪が変形しますので、押すと痛む事もあります。 感染のしやすさもありますし、爪の水虫は市販の薬ではなかなか治りにくいことや、下記の爪カンジタと間違いやすいこともあるので、皮膚科を受診しましょう。 適切な処置を受ければ完治します。 youtube. これも、手に感染することもありますが、足の方が多いです。 カンジタ菌に感染する事によって起こり、痛みがあることはあまりないですが、爪が変形しますので、酷くなれば押すと痛みを感じる事もあります。 カンジタ菌は、デリケートな部分に感染する事が多く、免疫力が低下している時、抗生物質を投与している時など、カンジタ菌が原因で、陰部が痒みを伴うこともあります。 性病のイメージも強いため、感染を心配する人もいますが、基本的に日常生活を送る上で感染することはあまりありません。 放って置くと、完治するスピードが遅くなりますので、おかしいと思ったならば皮膚科を受診しましょう。 手足口病 え?と思う方もいるかもしれませんが、 初期の段階で爪がぺろっと剥がれてしまう時があります。 痛みはありませんので、手足口病が治り、時間が経てば治ります。 手足口病は、文字通り、手と足と口に湿疹ができる感染症で、学童期以下に多い病気です。 まだ、湿疹も発熱もしていない状態で、爪が剥がれてしまうため、多くのお母さんはびっくりしてしまうでしょう。 しかし、 子どもは痛がる様子は見せないので、不思議に思いながら、どこかでぶつけた?と思って放っていてしまうかもしれません。 幼稚園や学校で、手足口病は流行っていないか、最近会った、遊んだ子が感染していなかったかどうか、調べてみましょう。 youtube. 横に線が入ったり、縦の溝が濃くなったりといった異常が出ます。 この場合、足もですが、手にも症状が出ますので、全身の爪という爪を良く見てみましょう。 鉄剤を処方したりすると回復してきます。 甲状腺異常、癌、その他の病気 爪にまず症状が出る病気はたくさんあります。 手にも異常は無いか、一本だけなのか、全ての指か、それらをチェックして多く異常が見られる時や、発熱、発汗、倦怠感など他に病変が見られる時はすぐに受診しましょう。 爪は健康のバロメーター、おかしいなと思ったらすぐに受診を! いかがでしたか? 爪そのものが異常なものは、菌に感染している場合がほとんどですので、これは市販薬に頼ろうとせず、皮膚科に行くのが完治する一番の近道です。 水虫の場合、家族や同居人にうつしてしまう場合が多いので、早めに受診しましょう。 そして何よりも、 爪そのものが変形していたり、もろくなっている場合、身体のどこかに異常が出ている可能性があります。 爪は健康のバロメーターです。 何か最近調子が悪い、体調がおかしい、そんなことがあるのならばすぐに受診しましょう。

次の