柏市議会選挙。 千葉県議会議員選挙 柏市選挙区の結果速報、立候補者一覧(2019年4月7日、千葉県)

柏市議 岡田ちか

柏市議会選挙

・全国初となる全県立高校における道徳教育の実施 ・柏市におけるラグビーワールドカップ・オールブラックス事前キャンプ誘致 ・ラグビーワールドカップを見据えた県立柏の葉公園・総合運動場の大規模改修 ・県立柏の葉野球場バックスクリーン選手名電光化 ・慈恵柏病院を救急救命センターに指定 ・北柏リハビリ総合病院を認知症疾患医療センターに指定 ・柏市藤心地区に(仮称)柏南部地域病院の開設許可取得 ・JR常磐線東京駅延伸の実現 ・酒井根・中原地区に防犯BOX設置 ・柏警察署の体制強化(署員増員と移動交番増車) ・柏の葉キャンパス交番の設置 ・土小学校前県道の歩道拡幅整備 ・豊四季ドームスタジアム前県道の歩道拡幅整備 ・「布施入口」交差点に渋滞解消のための左折レーン設置予定(H31) ・千葉県と千葉県社労士会による災害協定書の締結 ・都市計画道路3・3・2号箕輪青葉台線の早期開通 昭和45年生まれ(48歳)。 両親と弟二人の5人家族にて育つ。 父方の祖父は住職で母方の祖父は警察官。 母親は中学校の教師を勤めており、躾の厳しかった家庭環境に育つ。 しかし、いたずらっ子で子供の頃のあだ名は「あばれはっちゃく」。 一方で、小学・中学校時代は学級委員長、高校・大学時代は生徒会長などを務める。 また、スポーツが好きで、子供の時は、スイミング、スキー、少林寺拳法、野球、学生時代はバスケット、サッカーに熱中。 地元・柏市の麗澤高校・麗澤大学国際経済学部卒業。 (公財)モラロジー研究所の教育機関・モラロジー専攻塾卒業。 千葉県は、東日本大震災により大きな被害を受け、将来的には超高齢化社会、人口減少など厳しい状況が予測されています。 しかし、千葉県は、全国で唯一、農業、漁業、商工業すべてが全国トップ10に入り、柏レイソルやJXサンフラワーズ、千葉ロッテマリーンズなど、有数のプロ・トップチームのホームタウンとしてスポーツも盛んです。 また豊かな自然環境がある一方、アクアラインの料金引き下げ、圏央道の整備促進、常磐線の東京駅乗り入れなど都心へのアクセスに優れた街が多く、自然と都市がバランスよく調和しています。 この恵まれた環境・資源をいかに活用して子供たちの未来を築くかは、私たち現役世代の責任です。 その責任を果たすために、私は、引き続き千葉県の県政改革に全力で取り組みます。 特に教育は、「国家百年の計」といわれます、現在の教育は「自由・権利・個性」に編重しすぎており、今こそ「公共心」や「道徳心」を取り戻す「心を育てる新の教育」が必要です。 このことは、幼い子どもからお年寄りまで誰もが安心して暮らせる地域社会の再生に必ずつながります。 そして、国民、県民と苦楽を共にし、理念・心情を基軸とする真の保守政治による日本国の再生を、千葉県から実現しなければならないと強く決心しています。 皆さんと一緒に「夢と希望の持てる元気な千葉県」を築くために全力で取り組みます。

次の

柏市議会議員一般選挙実施、市議会議員40人が新たに選 出される!(千葉県柏市の地域ニュース)

柏市議会選挙

・全国初となる全県立高校における道徳教育の実施 ・柏市におけるラグビーワールドカップ・オールブラックス事前キャンプ誘致 ・ラグビーワールドカップを見据えた県立柏の葉公園・総合運動場の大規模改修 ・県立柏の葉野球場バックスクリーン選手名電光化 ・慈恵柏病院を救急救命センターに指定 ・北柏リハビリ総合病院を認知症疾患医療センターに指定 ・柏市藤心地区に(仮称)柏南部地域病院の開設許可取得 ・JR常磐線東京駅延伸の実現 ・酒井根・中原地区に防犯BOX設置 ・柏警察署の体制強化(署員増員と移動交番増車) ・柏の葉キャンパス交番の設置 ・土小学校前県道の歩道拡幅整備 ・豊四季ドームスタジアム前県道の歩道拡幅整備 ・「布施入口」交差点に渋滞解消のための左折レーン設置予定(H31) ・千葉県と千葉県社労士会による災害協定書の締結 ・都市計画道路3・3・2号箕輪青葉台線の早期開通 昭和45年生まれ(48歳)。 両親と弟二人の5人家族にて育つ。 父方の祖父は住職で母方の祖父は警察官。 母親は中学校の教師を勤めており、躾の厳しかった家庭環境に育つ。 しかし、いたずらっ子で子供の頃のあだ名は「あばれはっちゃく」。 一方で、小学・中学校時代は学級委員長、高校・大学時代は生徒会長などを務める。 また、スポーツが好きで、子供の時は、スイミング、スキー、少林寺拳法、野球、学生時代はバスケット、サッカーに熱中。 地元・柏市の麗澤高校・麗澤大学国際経済学部卒業。 (公財)モラロジー研究所の教育機関・モラロジー専攻塾卒業。 千葉県は、東日本大震災により大きな被害を受け、将来的には超高齢化社会、人口減少など厳しい状況が予測されています。 しかし、千葉県は、全国で唯一、農業、漁業、商工業すべてが全国トップ10に入り、柏レイソルやJXサンフラワーズ、千葉ロッテマリーンズなど、有数のプロ・トップチームのホームタウンとしてスポーツも盛んです。 また豊かな自然環境がある一方、アクアラインの料金引き下げ、圏央道の整備促進、常磐線の東京駅乗り入れなど都心へのアクセスに優れた街が多く、自然と都市がバランスよく調和しています。 この恵まれた環境・資源をいかに活用して子供たちの未来を築くかは、私たち現役世代の責任です。 その責任を果たすために、私は、引き続き千葉県の県政改革に全力で取り組みます。 特に教育は、「国家百年の計」といわれます、現在の教育は「自由・権利・個性」に編重しすぎており、今こそ「公共心」や「道徳心」を取り戻す「心を育てる新の教育」が必要です。 このことは、幼い子どもからお年寄りまで誰もが安心して暮らせる地域社会の再生に必ずつながります。 そして、国民、県民と苦楽を共にし、理念・心情を基軸とする真の保守政治による日本国の再生を、千葉県から実現しなければならないと強く決心しています。 皆さんと一緒に「夢と希望の持てる元気な千葉県」を築くために全力で取り組みます。

次の

千葉県議会議員選挙【柏市】開票結果速報2019|立候補者と当選者の情勢

柏市議会選挙

松崎たかひろです。 この度、私、松崎たかひろは、来る3月29日告示の千葉県議会議員選挙において立憲民主党より公認をいただきました。 私は1981年に柏に生まれ柏に育ち、現在37歳です。 大学卒業後、株式会社ジャパンビバレッジに入社し、13年間サラリーマンの道を歩んで参りました。 私は皆様ご承知の通り、松崎公昭の息子であり、4人兄弟の三男です。 昨年6月に父が亡くなった時に、父を支えて下さった多くの支援者にお会いする中で、郷土への想いが高まり、政治家として故郷柏市の為に千葉県の為に尽くすことが使命ではないかと感じ、政治の世界に飛び込む決意を致しました。 私の考えは一貫して非自民、反自民の立場です。 その中で13年間サラリーマンをやってきた私にとっても立憲民主党の政策は非常に分かりやく、立憲民主党が目指す、草の根からの民主主義、若者から高齢者までのすべての市民国民が当たり前の生活を送ることのできるまっとうな政治の実現の一翼を私も担いたいと考えたからです。 私はサラリーマンとして働いて行くうちに、私たちの納めた税金はどのように使われているか、本当にちゃんと使われているのかという疑問が湧き、一般的、普遍的、客観的、相対的な目で1つ1つチェックしてゆきたいという思いから、この政治という世界に飛び込む決心を致しました。 何かやましい使い方をしていないのであれば、完全公開できるはずです。 こうした事件が二度と起こらないためにも児童相談所の機能強化が求められます。 中核市となった柏市は児童相談所を設置することができます。 人生100年時代に定年後も働き続けられる雇用環境を整えます。 縦割り行政を打ち破り、就労支援から居場所づくりまで一体で行える複合型施設整備を推進します。 しかし千葉県庁では、生物多様性は環境生活部、湖沼の管理は県土整備部と管轄が分かれているため対策が進みません。 縦割り行政を排し、手賀沼を生物多様性確保のモデルとして再生します。 柏から千葉方面へのアクセスが大幅に向上します。 今すぐに道路を大幅に広げることは不可能ですが、交差点改良により渋滞緩和を図ることができます。

次の