般若心経現代語訳。 般若心経とは|全文の意味が分かると面白い!般若心経の現代語訳と意味解説

【色即是空】【空即是色】の意味とは? 玄侑宗久『現代語訳 般若心経』|塩川水秋|note

般若心経現代語訳

『摩訶般若波羅蜜多心経』現代語訳 偉大なる智慧の完成についての心髄の経 観自在菩薩が深遠なる智慧の完成を実践していたとき、もろもろの存在の五つの構成要素は、皆、固有の本性・実体を持たない「空」であると見極め、だからこそ、あらゆる苦しみと災いを克服した。 舎利子よ、形あるもの(色)は、空に異ならず、空は、形あるものと異ならないのである。 形あるものは空であり、空は形あるものなのである。 そして、感受作用・表象作用・形成作用・識別作用もまた、同じく空なのである。 舎利子よ、あらゆる存在は空を特質としているから、生じることも滅することもなく、汚れることも清まることもなく、増えることも減ることもない。 だからこそ、空であることには、形あるものは存在せず、感受作用・表象作用・形成作用・識別作用も存在しない。 眼・耳・鼻・舌・身体・心も存在しない。 これらの感覚器官の対象である形・音・香り・味・触れられるもの・心の対象の法も存在しない。 範疇としての眼から、意識にいたるまでの十八界もない。 智慧が無い状態もなければ、智慧が無い状態も尽きることもない。 また、老いて死ぬこともなければ、老いて死ぬことが尽きることもない。 苦・集・滅・道という四諦もない。 知ることもなければ得ることもない。 得るところのものが何もないからこそ、菩薩は智慧の完成に依るのであり、心には妨げるものがなく、心に妨げるものがないからこそ、恐怖があることもない。 誤った考えや夢想を超越して、涅槃を究めるのである。 また、過去・現在・未来の諸仏も、智慧の完成に依るからこそ、無上なる完全なさとりを得るのである。 だからこそ知るべきである。 般若波羅蜜多とは、大いなる真言であり、大いなるさとりの智慧の真言であり、この上ない真言であり、比べるものがないほど素晴らしい真言なのである。 よく一切の苦悩を除き、それは実在であり、虚ろなものではないのである。 だからこそ、般若波羅蜜多を讃える真言を、ここで説こう。 往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、さとりよ、幸いあれ。 偉大なる智慧の完成についての心髄の経 訳文提供:菅原研州師 【参考文献】 面山瑞方禅師『般若心経聞解』吉祥林蔵版・一八二七年 曹洞宗宗務庁監修『えんぴつで般若心経』ポプラ社・二〇一五年 中村元・紀野一義訳註『般若心経・金剛般若経』岩波文庫・一九六〇年 宮坂宥洪『真釈般若心経』角川ソフィア文庫・二〇〇六年 竹村牧男『般若心経を読みとく』角川ソフィア文庫・二〇一七年.

次の

般若心経の意味とは?般若心経とは何か、解説いたします|終活ねっとのお坊さん

般若心経現代語訳

般若心経の意味 写経navi様 訳 『観音さまは深い智慧に至る修業をし、この世界をなす五つの要素に実体はないと知り、苦を離れ、悟りを得られたのだ』 舎利子よ 『姿あるものは常に移り変わる。 移り変わり、姿を変えるのが我々が生きる世界の本当のあり方だから、目に映り、感じ、想い、行い、知り得たと思うことに、実体はない』 舎利子よ お釈迦様の弟子の名前 『仏の目で見ればこの世は移り変わっているだけなのだ。 生じているのではない、滅してもいない、汚れもせず、汚れを離れることもなく、増えも、減りもしない』 舎利子よ 『移り変わる世界で、自分が目にし、心に思い、行い、知ったと思うことも実は存在しない。 眼や、耳、鼻、舌、身体、心に映るもの、ものの姿、声、香り、味わい、触り心地、ここちよさも移ろうだけのものである。 眼にうつり、意識されるものに実体は無く、迷い、悟り、老い、死、老いと死がなくなることも空そのものである。 苦も、苦の原因も、苦の消滅も、苦を抑える道も・・そして知ること、得ることすら実は存在しない。 移ろうものを捉えられないように。 観音さまは、般若波羅蜜多によって心を安んじていて、自分と他者を区別することもない。 その状態に安住しているから、何に対する恐れもない。 顛倒した心を遠く離れて、永遠の安らぎに入っているのだ。 その般若の智慧は大いなる真言である。 大いなるさとりの真言、無上の真言、無比の真言であり、すべての苦しみを取り除く。 般若波羅蜜多の呪文なのだ』 真言は次のように説かれている ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー 【仏の世界へ渡らん。 渡らん。 悟りの岸へ全く渡らん。 無上の悟りにはいり、安らぎを成就させたまえ】 引用先サイト: URL: 紹介文:般若心経naviは、般若心経をわかりやすく解説しています。

次の

般若心経の現代語訳がかっこいい|ビバ!ミア・びぃた

般若心経現代語訳

般若心経の意味 写経navi様 訳 『観音さまは深い智慧に至る修業をし、この世界をなす五つの要素に実体はないと知り、苦を離れ、悟りを得られたのだ』 舎利子よ 『姿あるものは常に移り変わる。 移り変わり、姿を変えるのが我々が生きる世界の本当のあり方だから、目に映り、感じ、想い、行い、知り得たと思うことに、実体はない』 舎利子よ お釈迦様の弟子の名前 『仏の目で見ればこの世は移り変わっているだけなのだ。 生じているのではない、滅してもいない、汚れもせず、汚れを離れることもなく、増えも、減りもしない』 舎利子よ 『移り変わる世界で、自分が目にし、心に思い、行い、知ったと思うことも実は存在しない。 眼や、耳、鼻、舌、身体、心に映るもの、ものの姿、声、香り、味わい、触り心地、ここちよさも移ろうだけのものである。 眼にうつり、意識されるものに実体は無く、迷い、悟り、老い、死、老いと死がなくなることも空そのものである。 苦も、苦の原因も、苦の消滅も、苦を抑える道も・・そして知ること、得ることすら実は存在しない。 移ろうものを捉えられないように。 観音さまは、般若波羅蜜多によって心を安んじていて、自分と他者を区別することもない。 その状態に安住しているから、何に対する恐れもない。 顛倒した心を遠く離れて、永遠の安らぎに入っているのだ。 その般若の智慧は大いなる真言である。 大いなるさとりの真言、無上の真言、無比の真言であり、すべての苦しみを取り除く。 般若波羅蜜多の呪文なのだ』 真言は次のように説かれている ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー 【仏の世界へ渡らん。 渡らん。 悟りの岸へ全く渡らん。 無上の悟りにはいり、安らぎを成就させたまえ】 引用先サイト: URL: 紹介文:般若心経naviは、般若心経をわかりやすく解説しています。

次の