三菱 自動車 倒産。 三菱自動車が倒産した場合の日産自動車への影響を考察

コロナショックで“火の車”、三菱自動車も3000億円規模の融資要請[新聞ウォッチ]

三菱 自動車 倒産

燃費試験の不正行為について会見する三菱自動車工業・相川哲郎社長 三菱自動車工業の 燃費データ改竄問題で、不正が明らかになった軽自動車4車種以外にも、法令とは違う方法で燃費試験用データが測定されていたことが発覚した。 「過去10年間に販売された30車種のうち、不正は27車種、200万台強に上るとみられている。 さらなる販売や生産の停止に追い込まれる可能性も高く、顧客への補償やエコカー減税の返還など、対策費は数千億円規模に膨らむ恐れがある」(大手自動車メーカー役員) 経営への打撃は深刻だ。 「対策費は5000億円規模。 倒産の二文字が見え隠れしてくる」(自動車担当アナリスト)といった厳しい指摘も出始めた。 たとえ倒産は回避できても、軽自動車からの撤退、あるいは身売りは十分に考えられる。 野村證券は軽の補償額を425~1040億円と試算しているが、販売停止の長期化に加え、三菱自の下請け企業への補償という新たな問題も発生しており、金額はさらに膨らむという見方も強い。 三菱自の15年9月末の大株主順位は以下のとおり。 ・1位:三菱重工業(12. 6%) ・2位:三菱商事(10. 0%) ・3位:三菱東京UFJ銀行(3. 9%) 三菱重工の連結対象会社ではなくなったが、持ち分法適用会社である。 三菱自の相川哲郎社長は、三菱重工の社長・会長を10年間務めた相川賢太郎氏の長男である。 賢太郎氏は「三菱重工の帝王」と評された。 三菱自では14年4月1日付で益子修前社長が会長兼CEO、相川哲郎常務が社長兼COOに就任した。 「益子氏が考えていた社長の本命候補が別にいたにもかかわらず、筆頭株主の三菱重工に配慮して相川氏を社長に据えた。 社内には『相川社長では持たない。 不安だ』との声が渦巻いていたため、結局益子氏が会長とCEOを兼務した」(三菱グループ関係者) 社長に就任することになった相川氏は「もう一度、技術とデザインで三菱自ブランドを構築したい。 他社がやれないことをやれと育てられた。 この気持を復活させたい」と技術屋の心意気を示した。 東京大学工学部を卒業して1978年に三菱自に入社。 「大学3年生のとき、三菱から初代ギャラン・シグマ、ギャラン・ラムダが発売された。 当時としては画期的なデザインで感銘を受けた。 三菱は他社よりも格好よいクルマを出すメーカーだと思ったことがきっかけになった」と入社の動機を語っている。 車両開発の責任者として第一線で活躍し、軽では初代eKワゴンの開発を手掛けたことで知られている。

次の

三菱リコール隠し

三菱 自動車 倒産

三菱自動車 倒産せず 三菱自動車は、2000年と2004年に発覚した「リコール隠し」の時にも倒産の可能性がありました。 経営破たん寸前まで追い詰められた三菱自動車をその時救ったのは、 ・三菱UFJフィナンシャルグループ ・三菱商事 ・三菱重工業 つまり三菱グループの御三家です。 三菱自動車に巨額の金融支援をして再建をサポートしたのでした。 2004年の不正発覚当時、当時の社長、岡崎洋一郎社長は 「今回が自動車メーカーとして存続する最後の挑戦」 と話していました。 ちなみに三菱自動車は長引く業績不振によって、10年間で社長が6人も交代しています。 現在の益子社長だけは9年間務めていますが、結局また不正が起きてしまいました。 今回の燃費不正で三菱自動車は、 ・客離れで売上激減 ・エコカー減税の追加納税分100億円負担 ・余計にかかったガソリン代補填数百億円負担 といった要素で、経営が圧迫され、経営破たん寸前、倒産の危機に追い込まれました。 今回も三菱グループの御三家が助けるのかと思いましたが、手を差し伸べたのは日産自動車でした。 [スポンサードリンク] 三菱自動車 日産の傘下に。 合併の可能性は? 以前から三菱自動車は、再生のために合併相手を探すことが必要だと指摘されていました。 三菱自動車は自動車メーカーとしては規模が小さいので、単独で生き残るのは厳しいからです。 三菱自動車が倒産してしまうと、日産自動車は軽自動車を調達できなくなってしまいます。 三菱自動車の倒産を防げば、日産自動車は軽自動車の国内販売を安定させることができます。 こうして三菱自動車は、日産自動車の事実上の傘下になるのですが、いずれは日産自動車に吸収合併されるのではないでしょうか。 三菱自動車の合併先は日産自動車しかないといわれていましたが、その通りになるのかもしれません。 ちなみに三菱自動車は、軽自動車からは撤退しないそうです。 理由は、国内工場の雇用や、販売店を守るためだといいます。 三菱現行車が正しい燃費数値だし構造は問題ないので日産システム移植したらいい感じに売れるかと・・。

次の

【緊急レポート】 三菱自動車が大変だ [株・株式投資] All About

三菱 自動車 倒産

安藤工業所(岡山県倉敷市)の安藤嘉孝社長は日刊工業新聞の取材に応じ、自己破産手続きを申請した理由について三菱自動車の燃費不正問題を受け「いろいろ考えて早めの決断をした。 不正問題が踏ん切りとなった」と述べた。 また「生産が昔のように戻ることはないだろう」とし、先行きの見通しが立たない不透明感が早めの決断に至った要因の一つとの認識を示した。 安藤工業所は地元部品メーカーから三菱自向け座席用フレームの溶接加工などを受注。 不正対象となった軽自動車の部品も手がけていた。 売上高のほぼすべてを三菱自関連が占める。 問題を受け軽の生産が停止されたことで部品供給が滞り、資金繰りなど事業環境が悪化したという。 三菱自は不正発覚後の早い段階から部品メーカーへの支援を表明していたが、安藤社長は「自らの判断で破産を選択した」。 不正問題を起こした三菱自については「文句を言うつもりはない。 4日からの生産再開についても別になにもない」(安藤社長)と述べた。 帝国データバンクによると安藤工業所は6月20日までに事業を停止。 負債は約2700万円。 不正問題で企業倒産が判明したのは初めて。 水島再開。 まず900人が復帰 三菱自動車は4日、水島製作所(岡山県倉敷市)で燃費不正問題を受け停止していた軽自動車の生産を再開した。 4月20日の停止から約2カ月半ぶりの稼働となる。 設備の稼働状況を確認しつつ試験的に生産し、7月20日に本格稼働する。 須江隆行水島製作所所長は「品質を第一に取り組み、早く信頼を取り戻して生産の正常化につなげたい」と述べた。 水島製作所で軽の生産を担当する従業員約1300人は一時帰休していたが、4日までに900人が復帰。 生産状況にもよるが残り400人も秋前をめどに同製作所に戻る予定だ。 軽の生産は7、8月に各約5000台、9月に約9000台を計画。 現在は同製作所にすでに納品した部品で生産しており、サプライヤーへの部品の発注は7月末から本格化する見込みだ。 三菱自に軽の保安部品を納めるメーカーの社長は「以前の生産水準に戻るかわからないが再稼働はありがたい」と、停止していた一部ラインを6日に稼働する方針。 少しずつではあるが、地元に活気が戻りそうだ。 日刊工業新聞2016年7月5日.

次の