モーニング グローリー tc。 サバティカル猛追!テンマクデザインサーカスTCやばいぞ

イレブンオートキャンプパークでサバティカル・モーニンググローリー TC初張りレビュー!【即完売人気テント】

モーニング グローリー tc

Contents• ルックス・機能・価格、三拍子揃った画期的シェルター。 第一弾として、この秋サバティカルから登場したのは全4モデル。 ナチュラルカラーのTC素材を使用したシェルター2型とタープ2型がラインナップしていますが、中でも特に人気が高いのが、こちらの2〜4人用シェルター「MORNING GLORY TC」。 シェルターとしては珍しいベル型ですが、いわゆるベルテントとは違い、ワンポールのティピー型とMIXしたような斬新なデザインが秀逸! 火の粉に強く、耐久性、遮光性のあるTC素材を採用した温かみのある風合いもポイントです。 また、大型のフロントパネルや開閉可能なバックパネル、別売りのインナーテントも用意され、様々なキャンプスタイルが楽しめる機能的な作りも見どころ。 そして、注目なのはその価格。 ベルテントを立てたことがある人なら、形さえ理解できればすぐに立てられるはず! キャンプ初心者もから説明書がダウンロードできるのでご安心を! それではここから、モーニンググローリーのディテールを掘り下げて見ていきます。 サイズや付属品など詳しいスペックは記事末参照。 POINT 1 ベル型テントなのにポールを多用した、特殊デザイン。 まず、なんと言っても最大の魅力は大開口のフロントパネル。 通常、ベル型のテントであればフロントパネルにはセンターと底辺の垂直方向にジップが配されA型に開くのが一般的ですが、モーニンググローリーでは、センターと両サイド計3本のサブポールを入れる特殊な構造により、両サイドもジップで開閉が可能。 これによって五角形に全開することができて見晴らしバツグン! しかも、出入りやギアの運搬もラクラクなんです。 フロント一面がベンチレーションになる大型メッシュパネルも付いているので、暑い時期の通気や虫よけもばっちり。 サイドに配されたジップを開けば、フロント一面を開放できる。 凍結による開閉のしにくさを軽減した「ビスロンジッパー」が採用され、冬場の使用にも対応。 また、フロントパネルのみ、マイナス環境下での凍結によるジップの開閉のしにくさを軽減し、安全性を高めたというビスロンジッパーが採用されているのもポイントです。 POINT 2 スタイルアレンジ自在なバックパネル構造。 ベル型のテントとしては珍しく、張り方のアレンジができるのも魅力のひとつ。 バックパネルに配されたジップを開閉することで、フロントだけでなく複数面をオープンすることができ、開放感のあるリビング空間を作ることができるんです。 両サイドのパネルを巻き上げたスタイル。 アレンジというと少しハードルが高く感じる人もいるかもしれませんが、実際はかなり簡単。 一度設営してしまえば、あとはジップを開いてバックパネルとその両側、お好みのパネルを巻き上げるだけ。 バックパネルは、フルオープンとハーフオープン、2段階で開閉可能。 ベンチレーションとしても有効。 ただし、どのパネルを開くかによってペグを通すポイントが変わってくるため、設営段階からどんなスタイルで使用するかを決めておいたほうがよさそうです。 フロントパネルには一面にメッシュパネルが設けられているほか、両サイドに三角形のメッシュパネル、そしてトップ部にもベンチレーションが配されていたりと、熱がこもりがちなベルテントの弱点もしっかりとカバーされています。 トップ部のベンチレーションは、ジッププルを延長するポールがされており、身長が高くなくても開閉できるのは嬉しいところ(身長166cmの筆者でも何とかとどきました)。 さらに、上述したようにバックパネルを巻き上げることでも高い通気・換気機能が得られるので、暑い時期は風が流れて涼しいほか、寒い時期のストーブの使用にも相性が良さそうです。 また、ボトム部には、外からの冷気を遮断し内部の熱の放出を防いでくれるスカートがぐるりと一周配されているため、秋冬のキャンプシーンにもうってつけ! 随所に設けられたベンチレーションとスカートの組み合わせによってオールシーズンで使用できる汎用性があるのも重要なポイントです。 POINT 4 インナーテント併用で、大人2人でも余裕のある2ルーム空間に。 インナーテントは吊り下げ式となっており、メインポール上部のループにフックを引っ掛け、両サイドをバックルで固定。 背面はペグダウンすれば完成。 ブランド公式サイトに2人+アルファのサイズ感とある通り、大人2人での使用あれば、寝返りが打てるぐらいの余裕があり、ダッフルバッグや使っていないギアなど大きな荷物も一緒に入れても気にならなそうな広さとなっていました。 本体とインナーテントをまとめて収納した状態。 重量は合わせて約16. 6kg。 TC素材なうえ、従来のベル型テントよりもポールが多く、スチール製でしっかりしているため、重量感はかなりのもの。 クルマの乗り入れ禁止なキャンプ場では、正直キャリーカートが欲しい。

次の

【使用レビュー】サバティカル(SABBATICAL)テント モーニンググローリーTCに1泊してみた感想|ぷかぷかキャンプ

モーニング グローリー tc

Contents• ルックス・機能・価格、三拍子揃った画期的シェルター。 第一弾として、この秋サバティカルから登場したのは全4モデル。 ナチュラルカラーのTC素材を使用したシェルター2型とタープ2型がラインナップしていますが、中でも特に人気が高いのが、こちらの2〜4人用シェルター「MORNING GLORY TC」。 シェルターとしては珍しいベル型ですが、いわゆるベルテントとは違い、ワンポールのティピー型とMIXしたような斬新なデザインが秀逸! 火の粉に強く、耐久性、遮光性のあるTC素材を採用した温かみのある風合いもポイントです。 また、大型のフロントパネルや開閉可能なバックパネル、別売りのインナーテントも用意され、様々なキャンプスタイルが楽しめる機能的な作りも見どころ。 そして、注目なのはその価格。 ベルテントを立てたことがある人なら、形さえ理解できればすぐに立てられるはず! キャンプ初心者もから説明書がダウンロードできるのでご安心を! それではここから、モーニンググローリーのディテールを掘り下げて見ていきます。 サイズや付属品など詳しいスペックは記事末参照。 POINT 1 ベル型テントなのにポールを多用した、特殊デザイン。 まず、なんと言っても最大の魅力は大開口のフロントパネル。 通常、ベル型のテントであればフロントパネルにはセンターと底辺の垂直方向にジップが配されA型に開くのが一般的ですが、モーニンググローリーでは、センターと両サイド計3本のサブポールを入れる特殊な構造により、両サイドもジップで開閉が可能。 これによって五角形に全開することができて見晴らしバツグン! しかも、出入りやギアの運搬もラクラクなんです。 フロント一面がベンチレーションになる大型メッシュパネルも付いているので、暑い時期の通気や虫よけもばっちり。 サイドに配されたジップを開けば、フロント一面を開放できる。 凍結による開閉のしにくさを軽減した「ビスロンジッパー」が採用され、冬場の使用にも対応。 また、フロントパネルのみ、マイナス環境下での凍結によるジップの開閉のしにくさを軽減し、安全性を高めたというビスロンジッパーが採用されているのもポイントです。 POINT 2 スタイルアレンジ自在なバックパネル構造。 ベル型のテントとしては珍しく、張り方のアレンジができるのも魅力のひとつ。 バックパネルに配されたジップを開閉することで、フロントだけでなく複数面をオープンすることができ、開放感のあるリビング空間を作ることができるんです。 両サイドのパネルを巻き上げたスタイル。 アレンジというと少しハードルが高く感じる人もいるかもしれませんが、実際はかなり簡単。 一度設営してしまえば、あとはジップを開いてバックパネルとその両側、お好みのパネルを巻き上げるだけ。 バックパネルは、フルオープンとハーフオープン、2段階で開閉可能。 ベンチレーションとしても有効。 ただし、どのパネルを開くかによってペグを通すポイントが変わってくるため、設営段階からどんなスタイルで使用するかを決めておいたほうがよさそうです。 フロントパネルには一面にメッシュパネルが設けられているほか、両サイドに三角形のメッシュパネル、そしてトップ部にもベンチレーションが配されていたりと、熱がこもりがちなベルテントの弱点もしっかりとカバーされています。 トップ部のベンチレーションは、ジッププルを延長するポールがされており、身長が高くなくても開閉できるのは嬉しいところ(身長166cmの筆者でも何とかとどきました)。 さらに、上述したようにバックパネルを巻き上げることでも高い通気・換気機能が得られるので、暑い時期は風が流れて涼しいほか、寒い時期のストーブの使用にも相性が良さそうです。 また、ボトム部には、外からの冷気を遮断し内部の熱の放出を防いでくれるスカートがぐるりと一周配されているため、秋冬のキャンプシーンにもうってつけ! 随所に設けられたベンチレーションとスカートの組み合わせによってオールシーズンで使用できる汎用性があるのも重要なポイントです。 POINT 4 インナーテント併用で、大人2人でも余裕のある2ルーム空間に。 インナーテントは吊り下げ式となっており、メインポール上部のループにフックを引っ掛け、両サイドをバックルで固定。 背面はペグダウンすれば完成。 ブランド公式サイトに2人+アルファのサイズ感とある通り、大人2人での使用あれば、寝返りが打てるぐらいの余裕があり、ダッフルバッグや使っていないギアなど大きな荷物も一緒に入れても気にならなそうな広さとなっていました。 本体とインナーテントをまとめて収納した状態。 重量は合わせて約16. 6kg。 TC素材なうえ、従来のベル型テントよりもポールが多く、スチール製でしっかりしているため、重量感はかなりのもの。 クルマの乗り入れ禁止なキャンプ場では、正直キャリーカートが欲しい。

次の

サバティカルモーニンググローリーTCテントを売った5つの理由!

モーニング グローリー tc

使途に制限がない職務を離れた長期休暇のこと 一方「SABBATICAL サバティカル 」のWebサイトには、 刻一刻と変化する環境の中に身を置くことで、私たちは様々な自然を五感で感じることができます。 それらの環境を過ごすためには、良い「道具」が必要不可欠です。 道具を通して学び、道具と共に成長していく。 そんな人と道具の関わりを、私たちは作り続けたいと考えています。 地球そのものを体感し、学び、楽しむための「地球の道具」として。 抜粋: とあるため、現代の日常から離れて自然の中に身を置くことで、様々な自然の変化を肌で感じることができますが、自然の変化を過ごすためには道具が必要となり、更にその道具を通して自然について学べ、かつ成長できるようなものを「 SABBATICAL サバティカル 」が、今後提供してくれるのではないかと思います。 Quotation: 個人的に一番の衝撃は、「 SKYPILOT TC スカイパイロット TC 」のフォルム! この衝撃!2018年末にも覚えがあります。 そう2018年末に取り上げました、のと同じ衝撃。 どことなく似た雰囲気を感じます。 この「 SKYPILOT TC スカイパイロット TC 」は、SABBATICAL( サバティカル )のフラッグシップモデルで、省スペース設計なのに、サブポールを用いることでデットスペースを無くし、空間を最大限に確保した大型シェルターになります。 なんと言っても衝撃だったのが、 素材が TC素材なのに 10万円を切るという価格設定! 気になる仕様や価格などは以下の通りです。 2㎏、ポール3. 7㎏、ペグ1. 5㎏(ポール5. 8㎏、ペグ1. 8㎏(ポール3. 1㎏、ペグ1.

次の