ガチ まとめ 遊戯王。 遊戯王あんてな

遊戯王通販ならカーナベル

ガチ まとめ 遊戯王

遊戯王の2018年4月からの最強デッキ・ガチデッキは一体なに?各種優勝デッキレシピ集等の情報からおすすめデッキを紹介! 遊戯王の環境&考察日記です。 3月から新制限にて様々な環境デッキが優勝してある程度の期間が経ったので環境デッキレシピに関しての考察や環境を見ていこうと思いました。 2018年4月1日より新しい禁止制限カードが判明したので2018年4月〜7月で環境で暴れる各種環境&ガチデッキは現在どうなっているのか。 環境を狙い打てるか!? 閃刀姫の狙い打つ場所は世界チャンプ! 「さて、環境も遂に安定してきたこの頃。 遊戯王の環境も新制限からある程度固まってきたという事である程度入賞・優勝等のデッキを確認する事にしました。 現状環境トップの『』は相変わらずだとは思うんですが、他にどんなデッキが勝ち上がってきているのか。 そのダークホースと共にお伝えしたいと思います」 「中々に難しい局面になっているのは否めないのですが、他のデッキも順調に勝ち進んでいるのが現状。 遊戯王 環境指標の基準。 様々なデッキが活躍する群雄割拠環境• ダークホースが出始めるメタ環境• 公式が強化して一気に格差が発生する3すくみ環境• 公式がなぜか1つに絞って強化する 1強暗黒環境• 最終的に禁止にする終焉環境 「と言うワケで遊戯王の現在の環境は上の通りの状況となっています。 上位デッキ陣に『』『EM魔術師』の2つがランクイン。 その上でABCが入っていますね」 「え? ホーネットが出張で入ってて現状が理解出来ない?そんな訳無いでしょう。 ソンナワケ・・・」 「まぁ確かに出張パーツとして入っているからという裏返しはあったとしてもって話ですわよね。 一応出張があったとしても十分環境に入れているのであれば問題ありませんの。 しかし、この優勝・入賞数を見る限り環境が1強に近い様になって来たのは言うまでもありませんわね」 「勿論それもありますけど、ソリティアに近い植物リンクの消滅を始めとして様々なデッキバランスが変わった事が問題として挙げた方が良いんじゃ無いかなって思います。 例えば、『うららが準制限になった』事。 そして回す際に重要なグッドスタッフ規制でハリファイバー等に簡易的にアクセス出来なくなったデッキは少々辛い感じでしょう。 「トリックスター」とかはその構築を多少変化させなければならない宿命にあったりします。 そういう意味では様々なデッキで『チューナーのバランス』というのも考えないといけないのかも知れませんね。 あとは忘れではいけなかったのですが、ABCなどのワンキルギミックを搭載したデッキが登場しているのが今回の特徴でもあります。 出張テーマは最強の証? 「難しいところですが、《》の制限解除も若干追い風だったりしますわよね。 メルカバーの規制は痛いですが、《》の一掃効果も相まって強力ですの」 「そうですねぇ。 基本的にどの出張がメインなのかが分からないってのも追い風な気もするんですよね。 《》との相性もばっちりですし、正直今後追っていきたいテーマの1つでもあります。 ただ、制限にかかるとしたら《》も含めて《》の規制がどうなるかでも大きく運命が変わるデッキなのは考えどころかなぁとは思いました。 遊戯王って基本高価なカードは制限にしにくい印象も受けるのでホーネットに依存しないデッキとかで動けるプランを考えるのが良いのかなぁと」 ファイアウォールさんが悪さしかしない。 トロイメアに加えて各種ルートがものすごく強い! 「いやぁ、流石環境デッキというかコンボが強いというかガチデッキゆえにファイアウォールが強いって・・・」 「語彙力語彙力!」 「まぁ要するにトロイメアの登場以降様々なルートが確立されたと言うこともあるんですが、もう一つ語りたい点があるとするとこのデッキもまた植物リンク枠で言う 【ワンキルルートもあるデッキ枠】なんですよね。 故に今回のダークホース的位置とでも言うべきカテゴリーなんだと思います。 昨今ではもう一つ『サクリファイスロータス』によるワンキルがありますけど、あっちは専用デッキとなるので、ABCとして動けるデッキとしてはこっちに分があると思ってます」 「ただやっぱりこういう話を見ていると『ファイアウォールの禁止』が本当にありそうで怖いんですよねぇ。 アニメでは世代交代の波もありますし しょごりゅうは素材にされるだけだし」 「元々ユニオン自体に展開力もあったりリンクで更に爆発したって感じになってますわね。 極めたい人は非常におすすめなデッキ。 「含めてまだまだ環境トップなオルターガイストですが、初心者や復帰勢には少しおすすめしづらいデッキの1つ。 なんといってもプレイングが非常に難しいんですよね。 特にテンポアドを取るってのが非常に大事になっているのでミラー戦などでは本当に心理戦含めて難しいデッキの1つだったり。 主に罠が手札から使えるカードが増えてくれば更に大会出場率も上がってくるのではないでしょうか?」 「基本的にプレイヤーの腕を問われるデッキの中でトップクラスかなぁと思うときはやっぱりありますの。 《レッド・リブート》等の罠封じや今では閃刀姫によるカード破壊を中盤以降でやられると還しづらい等はありますが、優秀なデッキでもありますし何よりパーツは安いものが多いのはメリットな気がしますわね。

次の

【はみるとんのデッキビルドTips】第21回 シンクロ召喚に便利なギミック紹介!

ガチ まとめ 遊戯王

そのリンク素材としたリンクモンスターのリンクマーカーの数まで、自分フィールドに「リンクトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「リンクトークン」をリンク素材にできない。 【LINK-1:下】 出典: さて、まずは 《リンクロス》がどんな使われ方をしていたかおさらいしていきましょう。 このカードは 《水晶機巧-ハリファイバー》や 《聖騎士の追想 イゾルデ》、 《ドラグニティナイト-ロムルス》からの 《ドラグニティの神槍》など、リンク2によってデッキからモンスターをリクルート出来るカードと一緒に使われていました。 リンク2の効果によってチューナーを確保し、 《リンクロス》からのリンクトークンで非チューナーを確保、そこからシンクロに繋いでいくという動きです。 《水晶機巧-ハリファイバー》からのルート例 1. 《水晶機巧-ハリファイバー》から 《幻獣機オライオン》を特殊召喚 2. 《リンクロス》に変換してリンクトークンを2体特殊召喚 3. 《幻獣機オライオン》とリンクトークンで 《武力の軍奏》をS召喚 4. 《幻獣機オライオン》の効果で幻獣機トークンを特殊召喚 5. 《武力の軍奏》の効果で 《幻獣機オライオン》を吊り上げ 6.場が 《リンクロス》、 《武力の軍奏》、 《幻獣機オライオン》、リンクトークン、幻獣機トークンになるので、ここから更に展開していく このように、 《水晶機巧-ハリファイバー》を出すだけでチューナー+非チューナーを用意できるというのが 《リンクロス》が存在していた頃のシンクロデッキの便利な展開初動でした。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 デッキから「スクラップ」モンスター1体を特殊召喚する。 その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。 元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 この効果でデッキから装備した場合、ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。 これによって自身効果で蘇生した 《ジェット・シンクロン》+ユニオンモンスターが並ぶので、シンクロ召喚を行う事が出来ます。 レベル7…《メタル化寄生生物-ルナタイト》など レベル4… 《A-アサルト・コア》など レベル3… 《比翼レンリン》など レベル2… 《マシンナーズ・ピースキーパー》など レベル1… 《バスター・ショットマン》など よって、レベル2~5、レベル8のシンクロを作る事が出来ます。 自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)3体を特殊召喚する。 このターン、自分はリンク召喚できない。 リリースしたモンスターの数によって以下の効果を適用する。 《幻獣機アウローラドン》の効果で自身とトークンをリリースする事で 《幻獣機オライオン》などの幻獣機モンスターをデッキから特殊召喚する事が出来、トークンと合わせて 《源竜星-ボウテンコウ》や 《アクセル・シンクロン》を出す事でレベルが自由に調整できるので、メインデッキとエクストラデッキの枠をうまくやりくりすれば好きなレベルのシンクロモンスターを出す事が出来ます。 汎用性もリターンもとても大きいですが、リンク召喚が行なえなくなってしまうので、シンクロ後の展開の幅は狭まってしまいます。 《水晶機巧-ハリファイバー》+非チューナーが用意出来るカード 上記の展開は 《水晶機巧-ハリファイバー》で出すチューナーが固定となってしまいましたが、 《リンクロス》が担っていた 《水晶機巧-ハリファイバー》の役割として、「好きなチューナーを呼びだしS素材にする」という部分が大きく、例えば 《ヴァイロン・キューブ》を出して光属性シンクロを出す事で装備魔法をサーチする、といった具合に、チューナー側が縛られない強みがありました。 単体の初動で 《水晶機巧-ハリファイバー》を作りつつ非チューナーを用意出来れば、 《水晶機巧-ハリファイバー》で出すチューナー側は縛られないため、これが可能な初動カードを紹介していきます。 《ジェネクス・ウンディーネ》 1. 《ジェネクス・ウンディーネ》を召喚し、 《水晶機巧-ローズニクス》を落とし、 《ジェネクス・コントローラー》をサーチ 2. 《水晶機巧-ローズニクス》効果でトークンを特殊召喚し、 《リンク・スパイダー》に変換 3. 《リンク・スパイダー》効果で 《ジェネクス・コントローラー》を特殊召喚 4. 《リンク・スパイダー》と 《ジェネクス・コントローラー》で 《水晶機巧-ハリファイバー》を作る 最終盤面: 《水晶機巧-ハリファイバー》、チューナー、 《ジェネクス・ウンディーネ》 レベル3+任意のチューナーでシンクロを行う事が出来、 《幻獣機オライオン》を出して 《源竜星-ボウテンコウ》を経由すれば好きなレベルのシンクロが行なえます。 シンクロを展開に絡める事のメリット シンクロ召喚は、他の召喚方法に比べて 「枚数を増やす」事がとても得意な召喚方法です。 リンク召喚の場合、2体のモンスターをリンク2にした上でそこから枚数を増やす事の出来るカードは 《水晶機巧-ハリファイバー》を除くと 《聖騎士の追想 イゾルデ》や 《ドラグニティナイト-ロムルス》のような素材条件の厳しい物ばかりですが、シンクロの場合は素材縛りなしで2枚分、3枚分になる事の出来るカードが数多く存在します。 《リンクロス》が消えてシンクロに繋げる難易度は上がってしまいましたが、展開先のギミックは変わりなく使えるので、今回の記事を参考に初動を工夫する事で、 《リンクロス》の抜け穴を埋めていきましょう。 というわけで、今回はシンクロ召喚に便利なギミックを紹介していきました! 最後まで読んで頂きありがとうございました!.

次の

【遊戯王 環境】2018年4月新制限の大会優勝&ガチデッキ&最強デッキまとめ!

ガチ まとめ 遊戯王

ちなみに後半で詳しく解説しますが、松坂桃李さんの使用デッキはブラック・マジシャンデッキ。 使用デッキには《ヂェミナイ・エルフ》《千本ナイフ》など初期の有名カードも揃っています。 初期の遊戯王OCGからプレイし続けており、現在はデュエルリンクスを主戦場としているデュエリストの一人だと推察されます。 自分はDM世代なんでよくわからんのですが、どっかで見たことあるなーと思ったら、確かDMの最初の闇遊戯の餌食になるやつじゃないか。 関係はあるのか? — 松坂桃李 MToriofficial 無課金で『遊戯王デュエルリンクス』のキングに上り詰める 遊戯王デュエルリンクスにはビギナー、シルバー、ゴールド、レジェンド、キングとランクが存在します。 松坂桃李さんが菅田将暉さんのラジオに出演した際に語った内容によると、松坂さんは無課金でデュエルリンクスのキングに上り詰めたとのこと。 ちなみにデュエルリンクスでは課金をしない場合、レアリティの高いカードが入手しづらく、狙ったデッキを組みづらいという欠点があります。 無課金でも強力なデッキを組むことは可能ですが、パックの入手にはマストでジェムが必要。 無課金でジェムを入手するためにはランク戦で勝利し続けたり、ウィークリーミッションをこなし続けることが重要です。 松坂さんは無課金でキングに上り詰めたとのこと。 先日、Mr. シャチホコさんとリンクスでデュエルしたんですが、めちゃめちゃ強かったのでランクマやる人は気を付けて下さい。 アッコさんがデュエルするとこんなデッキなんだろうなと思わされました。 2019年秋までに既に5回に渡って、ゲスト出演しています。 リバースモンスターの説明をガチで行い、菅田将暉さんに「ただのガチ勢じゃん」と呆れつつ笑われる場面も。 リスナーのデュエルの悩みにも回答 松坂桃李さんは菅田将暉さんのラジオに出演した際、デュエルの悩みにも回答しています。 「最近、森羅デッキが多くて困っています。 何か対策はありますか?」 「あんなのはただの運デッキで、対策は意外と簡単。 モンスターが効果を発動したときに、それを無効化して破壊するトラップカードを使って、モンスターをどんどん排除していけば余裕で勝てる」 「森羅(しんら)」は「レガシー・オブ・ヴァリアント」で登場したカテゴリ。 デッキからカードをめくる効果と墓地肥やし、墓地に送られた際に発動する効果でアドバンテージを稼ぎ、勝利を収めるデッキです。 デッキのほとんどを植物族モンスターが占めるデッキ構築も特徴です。 森羅デッキは「デッキから一定の枚数をめくる」ギミックが多く、めくった中に展開の起点となるカードが含まれているか否かが勝敗を分けます。 よって「運デッキ」という評価は的を得ています。 また「モンスターをどんどん排除していく」戦術も刺さります。 森羅デッキはほとんどがモンスターカードです。 そのため、同名リバースカードをまとめて破壊できる《抹殺の使徒》は森羅デッキ対策に有効で、採用がオススメです。 またモンスター効果を無効にして破壊するカードとしては《神の警告》がオススメです。 《神の警告》についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 松坂桃李『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』を語る 松坂桃李さんは、ラジオ出演時に『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』について熱く語っています。 「遊戯王初のラブストーリー」 松坂桃李さんは『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』を「遊戯王初のラブストーリー」と称しています。 ここにおけるラブとは、海馬からアテムに対する執念をさしています。 『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 キング松坂桃李の使用デッキはブラマジデッキ 何デッキを使ってるんだ?という声が聞こえたので、ランク戦で使ってるデッキの一つです。 今月はこやつで突破しました。 — 松坂桃李 MToriofficial モンスター 枚数 《クリボール》 1 《闇紅の魔導師》 1 《魔道化リジョン》 3 《マジシャンズ・ロッド》 2 《ブラック・マジシャン》 1 《ブラック・マジシャン》(絵違い) 1 《ブラック・マジシャン》(絵違い) 1 《ヂェミナイ・エルフ》 1 魔法 枚数 《黒魔術のカーテン》 1 《コズミックサイクロン》 1 《黒・魔・導》 2 《古のルール》 1 《千本ナイフ》 1 罠 枚数 《狡猾な落とし穴》 1 《凡人の施し》 1 《光の封殺剣》 1 《魔道化リジョン》を3積みしていることからも明らかな通り、キング松坂のデッキは上級モンスターメイン。 特に《ブラック・マジシャン》をとにかく場に出すことに特化したデッキと言えます。 序盤は通常ドロー、もしくは《魔道化リジョン》を墓地に送り《ブラック・マジシャン》を手札に加えます。 《ブラック・マジシャン》を手札に加えたら、他のモンスターをリリースしてアドバンス召喚。 《ブラック・マジシャン》を召喚します。 終盤は《ブラック・マジシャン》が自分フィールドに居る状態で《黒・魔・導》《千本ナイフ》を発動し、相手フィールドを破壊し尽くすことを目指します。 弱点は上級モンスターの多さ。 デュエルの序盤は思うようにデッキが回らず、手札事故がかなり増えることでしょう。 《ブラック・マジシャン》をサーチ・特殊召喚できる《マジシャンズ・ナビゲート》《守護神官マハード》あたりのカードを採用すると、より回しやすそうですね。 松坂桃李オススメの可愛いカード 《レモン・マジシャン・ガール》《アップル・マジシャン・ガール》 松坂桃李さんのオススメの可愛いカードは《レモン・マジシャン・ガール》《アップル・マジシャン・ガール》。 いずれも《ブラック・マジシャン・ガール》の弟子に当たるカードです。 相当なブラック・マジシャン好きですね。 ツイッターでは栗原類と遊戯王の情報交換を行う なるほど。 そうなんですね。 ありがとうございます。 5D'sの牛尾さんめっちゃ良いやつですね 笑 ということはこのセリフはKONAMIさんの粋な遊びなんですかね。 — 松坂桃李 MToriofficial 「遊戯王ツイートやめて」の声もある 松坂桃李さんは積極的にデュエルリンクスに関するツイートを行なっているものの、一部のファンの間では戸惑いもあるよう。 全てのファンが遊戯王に詳しいわけでもなく、内容がわからないからむやみに呟かないでほしいという意見も出ています。 しかし、芸能人が自身のツイッターで趣味の話題を呟いてはいけないという決まりはありません。 また松坂桃李さんのファンの中にも遊戯王のファンは存在し、そうしたファンは松坂さんのツイートを大いに楽しんでいます。 自分の興味のないツイートは「受け入れない」「拒否する」のではなく「分からなくとも、受け入れる」という態度で接することができると良いですね。 強いだけでなく「楽しんでいる」のがリアルに伝わってくるのが最高! ここまで松坂桃李さんの遊戯王関係の発言や使用デッキ、映画感想を見てきました。 デュエルリンクスでキングに上り詰めた松坂さん。 遊戯王に限らず、TCGは強くなればなるほど「ガチ」のデュエルが増え、楽しむことではなく「勝つこと」が目的化しがちです。 しかし松坂さんはラジオでの発言やツイートの1つ1つを見ても、遊戯王を楽しむ姿勢が見受けられるのが素晴らしいです。 強さと「楽しむ姿勢」を持ち合わせた松坂さん。 個人的には次回のWCSあたりで解説を担当してみてほしいです。

次の