お腹 が ムカムカ する。 お腹の脂肪が硬い人!原因と柔らかくする方法。

お腹の脂肪が硬い人!原因と柔らかくする方法。

お腹 が ムカムカ する

胃のムカムカと下痢。 これって過敏性腸症候群かも 慢性的に起こる下痢や胃もたれの原因は過敏性腸症候群かも? 下痢や胃もたれが繰り返し起きるとしたら、過敏性腸症候群の可能性があります。 過敏性腸症候群は、検査をしてもはっきりとした異常が認められないのに、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢などの症状が長く続くことをいいます。 主な症状は、腹痛や腹部の不快感と便通異常ですが、胃もたれの他、腹部膨満感やおなら、腹鳴(お腹がゴロゴロ鳴る)などのガス症状も多くみられます。 また、不眠や疲労感、抑うつ、頭痛、めまい、集中力欠如など消化器以外の症状が起こることもあります。 過敏性腸症候群は、便通の状態によって、以下の3つのタイプに分類されます。 下痢型 男性に多いタイプで、緊張やストレスで、突然便意をもよおし、軟便や水のような便が出るタイプです。 いつ便意がおそってくるかという不安が、さらに症状をひどくさせます。 便秘型 女性に多いタイプで、腸管が痙攣を起こして便が停滞することによる便秘が続き、水分が足りなくなりコロコロとしたウサギの糞のような便が出て、常に便が出きらない感じがあります。 混合型 下痢と便秘を交互に繰り返します。 胃のムカムカと下痢は自律神経失調症かも? 慢性的な食欲不振、食べた時の吐き気、胃のむかつき感と違和感。 このような症状が出た時は、自律神経失調症の疑いがあります。 自律神経失調症は、不規則な生活習慣や精神的なストレスにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れることから起こる不調です。 頭痛、耳鳴り、動悸、手足のしびれ、めまい、倦怠感など、症状は人によって様々です。 特に胃は、精神状態がすぐに影響するため、スピーチや試験など極度の緊張を強いられると、吐き気、便秘、下痢、食道のつかえなどの症状が出ることがあります。 このような症状が頻繁に起きたり、悩みごとや心配ごとなど、精神的に不安定な状態が長期間続いたりすると、胃酸の異常分泌によって、神経性胃炎や胃潰瘍になるおそれが生じるため、気をつけなければなりません。 自律神経には、交感神経と副交感神経があります。 胃腸の働きは、副交感神経が優位な時に活発になります。 ところが、重要な仕事をしている時や、イベントの本番前など、精神的に緊張や負担を強いられる時には交感神経が優位になるので、胃腸の働きが弱まるため、食欲が無くなり消化不良や下痢を起こしてしまうのです。 胃のムカムカと下痢の症状では何科の病院を受診するといい? 胃酸過多のように胃がむかついて吐き気があり、加えて下痢症状まで出ている時は、胃腸に異常をきたしている可能性が高いので、胃腸科など消化器系の病院で受診することをおすすめします。 けれども、嘔吐・下痢症状がひどい時に、行ったことのない病院にわざわざ出向くのは大変ではないでしょうか。 そのような場合は、胃腸科でなく内科であっても、日頃通院しているかかりつけの病院で診てもらう方が良いと思います。 気をつけなければならないのは、自己判断で手当を遅らせないことです。 例えば、1日に下痢が10回を超えたり、血液が混じるような下痢になっていたりする場合、また、脱水症状の程度が重いような場合も要注意です。 素人判断はせず、すぐに病院へ行き、診察を受けるようにしましょう。 胃のムカムカと下痢症状の対処はどうすれば良い? ウィルス性の急性胃腸炎が原因の可能性がある時は、2つのことに気を付けましょう。 1つは、水分の補給です。 異分子であるウィルスを体外に排出しようとするため、腸は十分に水分を吸収できません。 そのため、水下痢が続くと、体の水分やミネラルが大量に奪われます。 このような脱水を予防するため、水分やミネラルの補給を心がけましょう。 冷たい飲み物は胃腸への刺激になるので、温かい白湯や番茶、常温のスポーツドリンクなどを少量ずつこまめに飲むようにしましょう。 2つ目は、胃腸を休めることです。 半日から1日は食事を控えましょう。 急性胃炎は2日から3日で症状が治まりますが、それまでは消化の良い物を食べるなど胃腸に負担をかけないようにしましょう。 味が薄い物や油が少ない物、例えばうどんやお粥、また野菜スープなどを摂ると良いでしょう。 食べ過ぎ、飲み過ぎなどで胃腸が痛む時は、薬で症状を抑えれば良いでしょう。 しかし、白っぽい色の水下痢が出た場合は、細菌やウィルスによる感染が考えられます。 これは、腸が病原菌を早く体外へ排出しようとする作用なので、薬などで無理に下痢を止めないことです。 ともあれ、胃の痛みや下痢症状が激しく、数日たっても治まらないようなら、早く病院で受診するようにしてください。 「胃のムカムカと下痢」体験談!原因は牡蠣!? これは、突然私が吐き気と下痢に襲われた時の様子です。 最後は病院で受診し、薬を処方してもらうことで症状が治まりました。 この3日間の様子を紹介します。 【1日目】 ・夕飯時に缶チューハイを1本飲む。 いつもは飲むとすぐに眠くなるのに、全然眠くならない。 いつもなら、なんなく平らげるデザートも途中で満腹状態に。 ・何か今日はおかしいと思いながら、パソコンに向かう。 ・真夜中になっても眠くならず、午前2時30分を過ぎた頃、胃がむかついてきた。 【2日目】 胃のむかつきがなくならない状態でなかなか寝付けず、明け方には吐気と共にお腹が下すような感じがしてきたので、トイレに駆け込むと水下痢が。 吐き気も治まらないので寝ていられない。 6:00 そのまま朝を迎え、家人に状態を話したところ、3日前に食べた牡蠣があたったのではないかと言われた。 12:30 胃腸外科で診察を受けたところ、ウイルス性だろうとのことだった。 症状を改善させる薬を処方してもらい帰宅。 その後、処方してもらった薬のおかげで、症状が治まりました。 それにしても、以前かかったウイルス性の嘔吐下痢症は、症状が早く出、強い吐き気と高熱が出ました。

次の

お腹をナデナデするだけで目障り! 電車内の「妊婦」にストレスを感じる女性たち: J

お腹 が ムカムカ する

胃のムカムカと下痢。 これって過敏性腸症候群かも 慢性的に起こる下痢や胃もたれの原因は過敏性腸症候群かも? 下痢や胃もたれが繰り返し起きるとしたら、過敏性腸症候群の可能性があります。 過敏性腸症候群は、検査をしてもはっきりとした異常が認められないのに、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢などの症状が長く続くことをいいます。 主な症状は、腹痛や腹部の不快感と便通異常ですが、胃もたれの他、腹部膨満感やおなら、腹鳴(お腹がゴロゴロ鳴る)などのガス症状も多くみられます。 また、不眠や疲労感、抑うつ、頭痛、めまい、集中力欠如など消化器以外の症状が起こることもあります。 過敏性腸症候群は、便通の状態によって、以下の3つのタイプに分類されます。 下痢型 男性に多いタイプで、緊張やストレスで、突然便意をもよおし、軟便や水のような便が出るタイプです。 いつ便意がおそってくるかという不安が、さらに症状をひどくさせます。 便秘型 女性に多いタイプで、腸管が痙攣を起こして便が停滞することによる便秘が続き、水分が足りなくなりコロコロとしたウサギの糞のような便が出て、常に便が出きらない感じがあります。 混合型 下痢と便秘を交互に繰り返します。 胃のムカムカと下痢は自律神経失調症かも? 慢性的な食欲不振、食べた時の吐き気、胃のむかつき感と違和感。 このような症状が出た時は、自律神経失調症の疑いがあります。 自律神経失調症は、不規則な生活習慣や精神的なストレスにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れることから起こる不調です。 頭痛、耳鳴り、動悸、手足のしびれ、めまい、倦怠感など、症状は人によって様々です。 特に胃は、精神状態がすぐに影響するため、スピーチや試験など極度の緊張を強いられると、吐き気、便秘、下痢、食道のつかえなどの症状が出ることがあります。 このような症状が頻繁に起きたり、悩みごとや心配ごとなど、精神的に不安定な状態が長期間続いたりすると、胃酸の異常分泌によって、神経性胃炎や胃潰瘍になるおそれが生じるため、気をつけなければなりません。 自律神経には、交感神経と副交感神経があります。 胃腸の働きは、副交感神経が優位な時に活発になります。 ところが、重要な仕事をしている時や、イベントの本番前など、精神的に緊張や負担を強いられる時には交感神経が優位になるので、胃腸の働きが弱まるため、食欲が無くなり消化不良や下痢を起こしてしまうのです。 胃のムカムカと下痢の症状では何科の病院を受診するといい? 胃酸過多のように胃がむかついて吐き気があり、加えて下痢症状まで出ている時は、胃腸に異常をきたしている可能性が高いので、胃腸科など消化器系の病院で受診することをおすすめします。 けれども、嘔吐・下痢症状がひどい時に、行ったことのない病院にわざわざ出向くのは大変ではないでしょうか。 そのような場合は、胃腸科でなく内科であっても、日頃通院しているかかりつけの病院で診てもらう方が良いと思います。 気をつけなければならないのは、自己判断で手当を遅らせないことです。 例えば、1日に下痢が10回を超えたり、血液が混じるような下痢になっていたりする場合、また、脱水症状の程度が重いような場合も要注意です。 素人判断はせず、すぐに病院へ行き、診察を受けるようにしましょう。 胃のムカムカと下痢症状の対処はどうすれば良い? ウィルス性の急性胃腸炎が原因の可能性がある時は、2つのことに気を付けましょう。 1つは、水分の補給です。 異分子であるウィルスを体外に排出しようとするため、腸は十分に水分を吸収できません。 そのため、水下痢が続くと、体の水分やミネラルが大量に奪われます。 このような脱水を予防するため、水分やミネラルの補給を心がけましょう。 冷たい飲み物は胃腸への刺激になるので、温かい白湯や番茶、常温のスポーツドリンクなどを少量ずつこまめに飲むようにしましょう。 2つ目は、胃腸を休めることです。 半日から1日は食事を控えましょう。 急性胃炎は2日から3日で症状が治まりますが、それまでは消化の良い物を食べるなど胃腸に負担をかけないようにしましょう。 味が薄い物や油が少ない物、例えばうどんやお粥、また野菜スープなどを摂ると良いでしょう。 食べ過ぎ、飲み過ぎなどで胃腸が痛む時は、薬で症状を抑えれば良いでしょう。 しかし、白っぽい色の水下痢が出た場合は、細菌やウィルスによる感染が考えられます。 これは、腸が病原菌を早く体外へ排出しようとする作用なので、薬などで無理に下痢を止めないことです。 ともあれ、胃の痛みや下痢症状が激しく、数日たっても治まらないようなら、早く病院で受診するようにしてください。 「胃のムカムカと下痢」体験談!原因は牡蠣!? これは、突然私が吐き気と下痢に襲われた時の様子です。 最後は病院で受診し、薬を処方してもらうことで症状が治まりました。 この3日間の様子を紹介します。 【1日目】 ・夕飯時に缶チューハイを1本飲む。 いつもは飲むとすぐに眠くなるのに、全然眠くならない。 いつもなら、なんなく平らげるデザートも途中で満腹状態に。 ・何か今日はおかしいと思いながら、パソコンに向かう。 ・真夜中になっても眠くならず、午前2時30分を過ぎた頃、胃がむかついてきた。 【2日目】 胃のむかつきがなくならない状態でなかなか寝付けず、明け方には吐気と共にお腹が下すような感じがしてきたので、トイレに駆け込むと水下痢が。 吐き気も治まらないので寝ていられない。 6:00 そのまま朝を迎え、家人に状態を話したところ、3日前に食べた牡蠣があたったのではないかと言われた。 12:30 胃腸外科で診察を受けたところ、ウイルス性だろうとのことだった。 症状を改善させる薬を処方してもらい帰宅。 その後、処方してもらった薬のおかげで、症状が治まりました。 それにしても、以前かかったウイルス性の嘔吐下痢症は、症状が早く出、強い吐き気と高熱が出ました。

次の

お腹がチクチク痛むのはどんなことが原因?

お腹 が ムカムカ する

お腹がムカムカする原因 お腹のあたりがムカムカする原因として、次のようなことが考えられます。 暴飲暴食による胃もたれ 食べたものが消化しきれずに胃の中に長時間残っていて、お腹のあたりが重苦しくムカムカする症状が「胃もたれ」です。 暴飲暴食の後に起こりやすく、胃の中が飽満状態になっているため、消化活動も一時的に低下しています。 また、肉類や揚げ物などの脂っこいものを食べ過ぎたり、早食いで一気に胃の中に食べ物を押し込んだ場合も胃もたれを起こしやすくなります。 胃酸過多 胃酸は、胃の中で食べ物を消化する際に分泌されますが、過度に分泌されると胃もたれや胸焼けを起こしたり、げっぷが出やすくなったり、時には胃酸の酸っぱい液が口まで上がってくることがあります。 空腹時に、コーヒーやお酒をがぶ飲みしたり、刺激物を食べ過ぎたり、ある種の飲み薬で胃壁が荒れた場合に、胃酸過多になり、胃のあたりがムカムカしやすくなります。 胃の機能低下 加齢や運動不足、体質などの影響で胃の機能が低下している場合に、お腹のあたりがムカムカすることがあります。 胃の働きが低下すると、ぜん動運動が弱くなり、食べたものを消化するのに時間がかかるため、胃もたれを起こしやすくなるからです。 ストレスによる自律神経のバランスの乱れ 胃の働きをコントロールしているのは「自律神経」ですが、悩み事があったり睡眠不足などでストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れます。 すると、食べたものを消化したり、消化したものを次の器官である十二指腸に送り出すという働きがスムーズに行かなくなり、胃もたれを起こしやすくなります。 乗り物酔い 車やバス、船などで乗り物酔いを起こしたときに、お腹のあたりがムカムカしたり、吐き気や頭痛などを生じ、ひどくなると嘔吐などの症状として表れます。 乗り物酔いは、過度の揺れやスピードの変化が異常な情報として脳に伝えられたり、目から得る情報と体から得る情報のズレにより、自律神経が混乱して起こるとされています。 胃のムカムカは、自然に治る? 胃のムカムカは、暴飲暴食などを繰り返さなければ、通常は自然に治まります。 しかし、なるべく早く改善したい場合は、こちらのページを参考にしてください。 また、いつまでも続いたり、慢性的に起こる場合は何らかの病気が隠れている場合があるため、病院で検査を受けるようにしましょう。

次の