ヤフオク 相場。 ヤフオクは落札相場を調べてから入札するべき

ヤフオクの落札相場を検索する方法!オークファンでの検索方法も!

ヤフオク 相場

2019. 05 2019. 09 電脳仕入れ jin ヤフオクで過去の落札相場を確認する方法 リピスタ神です、こんにちは。 今回は「ヤフオクで過去の落札相場を確認する方法」について解説します。 この記事は初心者向けです。 ヤフオクの過去の落札価格をチェックするときには絶対にやるべきことなので、すでにご存じの方も多いと思います。 知ってるよという方もおさらいの意味合いで読んでもらえればと思います。 アマゾンせどり転売におけるヤフオクの重要性 アマゾンで転売で利益をあげようと考える際、必ず通るべき道がヤフオクです。 アマゾンで転売をするのになぜヤフオクが重要なのか? それには3点理由があります。 1つめに、 アマゾンよりもヤフオクのほうが利益が取れる商品もあるからです。 アマゾンはFBAなどを利用することで手間はかなり減りますがその分手数料が多くなります。 その点ヤフオクは落札価格のおよそ9%程度の手数料を払えば、ほぼどんな商品でも転売することができますから、アマゾンとヤフオクで同じ価格で転売できるならヤフオクのほうが手残り利益が多くなります。 2つめに、 アマゾンで販売できなくなった商品を処理するためです。 アマゾン転売をやっていると、商標権侵害の警告などでこれまでずっと転売できたものが突然転売不可になることがあります。 販売不可となった在庫をたくさん持っていた場合、それらは不良在庫になってしまうのですが、どうにかして現金化する必要が生じますよね。 そういうときにヤフオクで1円出品することで短期間に現金化することが可能です。 商品によっては過去の落札相場が形成されていることが多いので、事前に落札価格の相場を確認して、最低限損失が出ない価格で転売できることを事前に確認できていればちょっとリスクを感じる仕入れでも安心ですよね。 3つめは、 ヤフーマネーを活用してより安く仕入れられるからです。 ヤフオクやヤフーショッピングでは、共通のウェブマネーとして「ヤフーマネー」が採用されています。 ヤフオクで売った商品の売上金をヤフーマネーで受け取り、それをヤフオクやヤフーショッピングの購入代金として支払うことで、プラス1%や2%といったボーナスをもらえたりしますし、5のつく日など様々なキャンペーンと組み合わせることで楽天と同等程度に割引された価格で商品を仕入れることができます。 他にも2018年末からサービスが開始されたペイペイ(PayPay)との連動など、ソフトバンクグループ内の様々なキャンペーンが複合的に利用できるので、仕入れ場所としてもメリットが多くなります。 ヤフオクの過去の落札相場はリサーチ時点で確認しよう 昨日の記事にも書いたとおり、何らかの商品をリサーチする際には、必ずヤフオクの過去の落札相場をチェックしましょう。 たとえアマゾンで転売する商品だとしても、です。 なぜなら、その商品が突然販売できなくなったり、返品などで販売不可在庫となった場合に、ヤフオクやメルカリでその不良在庫をさばく必要が必ず生じるからです。 その際、最悪損失にならない相場で売却できることをリサーチ時点で確認できていれば、あまり不安にならずに一気に大量仕入れをすることも検討できますよね。 (それで仕入れ価格が下がればなおさら良いです。 ) ヤフオクの過去の落札相場の確認手順 過去の落札相場を調べるのは本当に簡単で、たった2ステップしかありません。 まずは自分が調べたい商品を、キーワードなどで検索します。 今回は、転売対象として有名な「任天堂スイッチ」で検索してみましょう。 最初に検索すると、現在販売されている商品の数が表示されます。 でも知りたいのは過去どの程度の金額で落札されたのかですから、そこでクリックするのが以下のリンク 【落札相場を調べる】です。 すると、落札された商品、日時、金額などが表示されます。 あとは検索条件を絞り込んだり、並び替えをしたりして、自分が欲しい情報にたどり着く、というイメージです。 ヤフオクの過去の落札相場リサーチまとめ ということで、今回は「ヤフオクで過去の落札相場を確認する方法」を解説してみましたが、いかがでしたでしょうか。 落札相場をリサーチするのはたった2クリックですから簡単なのですが、やはり重要なのが「なぜそのリサーチをするのか」という目的をしっかりと認識することです。 僕の場合は新規商品を取り扱い始めるときに、最悪不良在庫になった場合の処分のためヤフオクの過去の落札相場をチェックしますし、常に商品をリサーチする際にはヤフオクを見るようにしています。 またヤフオクは僕にとってリサイクルショップみたいなもので、自宅にある必要なくなったものを断捨離する際に売ってみる場所です。 (最近はメルカリでも売るほうが高い場合もあるので臨機応変にしてますが。 ) なので僕にとってはヤフオクは仕入れる場所というより、どちらかというと売るほうが多いかなと思います。 ヤフオクの使い道は人それぞれなので、過去の落札相場をチェックする場としてだけではなく、徹底的に活用してみてください。

次の

ヤフオクの落札相場は超重要!!検索のコツを教えます

ヤフオク 相場

買取専門店 7種セットで30,000円前後です。 上記の出品で6種セットの方を考慮すると、おそらく 25,000円前後 だと推測されます。 建造物シリーズ8種セット ヤフオクでの相場 平均落札価格3,002円 最低2,800円~最高3,410円 買取専門店 2,500円です。 これまた件数は少ないですが、ヤフオクの方が500円ほど高いです。 答えとしては 買取専門店の方が高く売れます 信じれない人でもまず最初にするべきことは買取専門店の 無料査定で鑑定してもらう。 それからヤフオクを視野に入れる 上記の結果で100%間違いない結論はでました。 ですが、考察で述べたヤフオクの方が高く売れる可能性も考えていきましょう。 ヤフオクの方が高く売れる例 本記事の例に出している 建造物シリーズ8種揃い などは 過去120日で4件しか出品されていません。 買取専門店の方が高く売れる例 記念切手【 月に雁】を例に出すと、 出品数が138件もあります。 平均落札価格は14,931円で、買取専門店での相場は30,000円前後です。 出品数も多く、相場も1万円を超えるような切手は 買取専門店の方が大幅に高く売れています。 要点まとめ 単純に相場が10,000円にも満たないような切手で、出品数が少ない切手は ヤフオクの方が高く売れる可能性が高い。 ヤフオクの高く売れる条件などを考えてみましたが、 デメリットも多いです。 落札価格から手数料やら費用、手間に時間にかかるので、、、 以下に続きます。 ヤフオクを止めといた方がイイ理由 僕がヤフオクを絶対におすすめしない最大の理由が、 失敗するリスク です。 例えば 相場が10,000円の切手なのに3,000円で落札された。 などですね。 こういう失敗例はヤフオクを眺めていると本当によく見かけます。 失敗しないための勉強、経験 高く売るための勉強、実績、経験 こんな事をしてるヒマがあるなら、1件でも多く無料査定を繰り返してる方が絶対にイイので、 ヤフオクはおすすめできません。 例に出した建造物シリーズのようなな『 失敗するリスクが少ない』切手でも、 手間や時間も考えると労力とリスクの価値に見合わないでしょう。 琉球切手を高く売るには?まとめ 失敗するリスクをおそれない。 手間も時間も惜しまない 実績を積むまで根気よく続けれる って人には相場が 1000円単位の切手で出品数が少ない切手という条件だと ヤフオクの方が高く売れる可能性もあるにはありますが、総じて 買取専門店で相見積もり【無料査定巡り】する方が間違いなく高く売れます。

次の

ヤフオクで、明らかに相場より高く、「誰が買うんだよ!」っ...

ヤフオク 相場

メルカリと同じようにヤフオク! にも値下げ交渉がある <目次>• メルカリやラクマなどのフリマでは、値下げ交渉が盛んに行われています。 それを受けてか、ヤフオク! でも値下げの依頼をするユーザーがいて、私も何度か値下げについて質問を受けたことがあります。 商品への質問を使って「値下げはできますか?」というメッセージが送られてくるのです。 実はヤフオク! には、値下げ交渉の機能があります。 これはヤフオク! がシステムとして導入しているので、公式なもの。 メルカリのように、本当は公式ではないユーザー独自のルールとは違います。 ということは、この機能をしっかり使っていれば質問からメッセージを送る必要はありません。 でも、値下げを受けるかどうかは出品者が決めるので、すべての出品者が値下げOKというわけではないのです。 とはいえ、出品者としては商品を落札してもらいたいので、値下げの依頼がくれば、値段を下げて再出品をすることもあります。 メルカリなどを使っているユーザーなら、値下げに慣れているからです。 一方で、値下げに応じないし、むしろ不快に感じるユーザーもいます。 もともとヤフオク! を使っている人の場合には、値段が上がっていくか、提示した価格で売るかのどちらかだったからです。 そのため「値段を下げるなんてあり得ない」と感じるユーザーもゼロではありません。 ヤフオク! に値下げ交渉ありで出品する方法 値下げ交渉を受けてもいいと思う出品者は、出品する時点で設定をする必要があります。 値下げ交渉が使えるのは、開始価格と即決価格が同じ金額である定額出品であること、そして「値下げ交渉あり」を選ぶことが条件です。 通常のオークション形式では値下げ交渉の設定はできません。 価格に間違いがないか再度チェック 値下げ交渉のマナー:交渉の値段はどうやって決める? 交渉するときの値段は、あまりにも安くしてしまうと相手に失礼になってしまうので、1割~2割程度でお願いしてみるといいかもしれません。 メルカリでも同じなのですが、いきなり半額にしてくださいというのは、ちょっと無理があると思います。 相手のことも考えた値段で交渉するのがマナーですし、コツといえます。 出品者の値下げ交渉の対応の仕方 次は出品者側の対応を見てきます。 値下げ交渉があると、登録してあるアドレスに連絡がきます。 またマイ・オークションの「出品中」の「交渉あり」をクリックすると管理ページになるので、ここで値下げ交渉を受けるかどうかを決めます。 値下げ交渉を受ける場合は、そのままオークションが終了します。 その後は、通常の取引と同じです。 値下げの値段に納得できない場合には拒否することになりますが、出品者側から価格の提示も可能です。 この値段に落札希望者がOKすれば、もう一度値下げ交渉が行われて、出品者が「受ける」を選択することで無事に落札されることになります。 もし出品者が価格を提示しないときには、値段を変えて再度価格交渉がされることもあります。 値下げ交渉は3回まで可能なのです。 出品者が再出品をしてオークションIDが変われば、交渉回数は再び3回に戻ります。 また、オークションが終了してしまっても、出品中に行った値下げ交渉は有効です。 期限は48時間です。 ヤフオク! の値下げ交渉は断る場合のコメントは不要 ヤフオク! での値下げ交渉は、相手とのコメントのやり取りもなくシステム的に行うことができます。 これはメルカリとの大きな違いと言えるでしょう。 メルカリは、コメントを通して値下げ交渉をするので、相手の気持ちなどを考慮する必要があります。 もちろん、断る側も同じです。 断り方によっては相手の心証が悪くなることもあります。 そういう意味ではとても気を遣う行為なのですが、ヤフオク! はそれがボタンひとつでできてしまいます。 そのため、気疲れをしないというか、あまり悩むことなく交渉ができるのではないかと思います。 【関連記事】•

次の