花 騎士 タラゴン。 #78 『花騎士』団長「よし、堂々とエロ本見よう」『の話』

タラゴン

花 騎士 タラゴン

日本酒シリーズ第3弾販売中 No. :提案内容: ゲーム内図鑑にある語句の追加、ゲーム内図鑑にない語句の削除、ゲーム内図鑑の並び順に準拠した並び順への変更 :進捗状況: 追加 追加決定 削除 「未開放ボイスのコメントアウト」は残留決定。 それ以外はFAQに再生リストを設置するのを条件に削除決定 変更 ソート付きリストに変更決定 投票結果 第1次投票の結果、削除案件、変更案件ともに賛成5反対0で可決となりました。 第2次投票は中止とします。 花言葉は「潔癖」「不変の好奇心」。 リリィウッド元老院では上院副議長を務めているが、 この騎士団では一人の花騎士として戦う。 特別扱いは不要だ。 よろしくたのっつ……また噛んだ。 なぜここ一番で必ず噛むのだ……。 7倍、2体の場合2. 8倍、3体の場合2. 2倍のダメージを与える 戦闘スキルアニメ アビリティ 進化前 戦闘中、パーティメンバーのスキル発動率がそれぞれの好感度に応じて最大1. 一人称は「我輩」。 元老院の家系出身の為、花騎士に成る必要は無かったが、強い魔力を有していたため魔力の制御を学ぶために騎士学校に入学。 ただこの事は元老院には黙っていたため、こっそり花騎士の資格を得た模様。 そして花騎士にもなった事で、元老院の会議に出席しつつも、花騎士の仕事もこなさなければならないとかなり多忙な日々を送っている。 上記のように、リリィウッドのトップの一角とも言える人物であり、真面目な性格で上院副議長を務めるだけの事は有るのだが…… 実は かなりのあがり症で、他人の視線が苦手という繊細な部分がある。 役職柄これは大丈夫なのだろうか 特に 人との会話がかなり苦手で、自己紹介や決め台詞の途中で噛んでしまうことも珍しくなく、本人もかなり気にしている状況。 少しでも上手く会話ができるよう密かに会話の練習をしたりと、立場に甘んじることのない努力家でもある。 国をよりよくするために行動し続けるタラゴンの性格が表れている……と言えるかもしれない。 また、おともに竜の幼体の「ストラ」をつれており、戦闘時や移動時には巨大化したり首が増えたり、風の刃で攻撃する。 花騎士で竜というと進化竜を連想するが、彼女の場合は武器の水晶に宿った精霊の様な存在らしい。 などと同じで、魔力によって生み出された生命体と思われる。 なお、以前からが言及していたキャラであり、彼女からは『ゴンちゃん様』とも呼ばれている。 ボ また、同じく元老院所属の花騎士であるとも親しい間柄であり、騎士学校からの付き合いだったようだ。 実はの元老院入りを強く推したのがタラゴンであり、キャラクエでが元老院に所属することになった経緯について触れられている。 詳細はを参照。 スキル発動率1. 2倍も得るのでスキルで殴ることも可能。 戦闘スキルが変動型なので使い勝手も良く無駄が無い。 またガッツも持っているため同様最後まで粘って反撃し続ける姿は、もはやお役所仕事とは無縁に見えるような粘り強さ。 攻撃バフを一切持っていないが、反撃の威力は防御力を参照するため大きな問題にはならずフォローはできている。 上記の通り反撃クリパの救世主的キャラなのだが、反撃を考慮しない場合は少々話が変わり、 PTへの火力バフはクリ率、クリダメ、1. 2倍のみに成ってしまうため、通常の火力編成に入れるには他のキャラと競合してしまいやすい。 それでもアビ構成が優秀なので反撃に拘らずとも一応活躍は出来るが、折角の性能を生かさないのは勿体ない。 本領発揮はやはり反撃クリティカルPTなので、完成までは相応の覚悟が必要になるが目指して見ると良いだろう。 フランスではエストラゴンとも呼ばれる。 名の由来は「小さなドラゴン」という意味の古代ギリシャ語。 花騎士タラゴンのデザインやオトモにドラゴンの意匠があるのもそこからだろう。 分布地は発祥の地であるロシアから中央アジア諸国。 低温かつ乾いた地域出身故に半耐寒性であり、日本のような温帯~高温多湿環境では育てにくいとされる。 ただし、一度適応してしまうと凄まじい勢いで増える為、環境さえ整えれば十分に栽培可能。 紀元前5世紀ほどの昔から薬草として用いられ、現在でも民間療法に用いられる事がある。 主な効能は整腸など。 が、それ以上にスパイス・ハーブとして有名であり、フランス料理を中心に様々なグルメのお供として活躍する。 グリルしたエスカルゴの上に乗せるソースにはほぼ必ず用いられ、タラゴンを漬け込んだビネガーは「タルタルソース」の素材に最も合うとされる。 整腸作用とも併せ、「食通の為のハーブ」と揶揄されている程。 一般的にタラゴンとして種子が販売される「ロシアン・タラゴン」と「フレンチ・タラゴン」という種。 だが「ロシアン・タラゴン」はその名前に反して 基本的にアメリカ産。 ややこしい。 さらに「フレンチ・タラゴン」については 何故かロシア産である。 AFNの頭をこれ以上混乱させるな! ハーブ・スパイスなどに用いられるのは香り高いフレンチ・タラゴンが多い。 我輩はタラゴン。 これより一人の花騎士として、この騎士団で働く。 ところで、あなたはという者を……いや、なんでもない。 ここで話すべき話ではないだろう。 我輩はその、変ではないか? いや、変でないなら良いのだ、忘れてくれ。 行くぞ 装備変更 良い具合だ。 っ……ついに言ってしまった……今まで誰にも言ったこと無かったのに レベルアップ 一歩、前へ進めたか 進化 やったぁ!い、いや、慢心はしておらんぞ? 1日1回無料ガチャがプレイ可能 新たに花騎士を呼べるようだ。 普段は我慢するしか無いのだが。 ……団長さま、聞いてくれてありがとう。 だが、志を同じくしてくれる方がいるのはとても心強い スタミナが全回復している状態 良い調子だ。 あの柔軟さが、元老院の在り方を変えるきっかけになってくれると、我輩は思っているのだ マイページ放置 誰か、誰かー? ……うん、誰もいないな。 感謝するぞ、団長さま。 ……う、緊張しすぎだとか、言うんじゃない。 我輩、こういうのには慣れていないのだ。 今年もよろしくお願いします。 さて、堅苦しい挨拶はここまでだ。 ここからは無礼講といこう。 気が引き締まる思いだよ。 我輩もあの太陽の如く、志ある者たちを照らさねばな……。 花騎士に、他の団長に……訪ねる先は山ほどある。 今年を飛躍の年にしたいなら、休んでいる暇はないぞ。 団長さま、あなたのことだ、すでに山ほど貰っているのだろうが……その末席に我輩のチョコも加えてくれ。 飾りも味も、おそらくは並程度だろうが……。 き、気持ちは負けんぞ? 何故ならそれは、て……手作りだからだ。 こういう時、立場があると厄介だな……。 元老院の中にいると、何をするにしても打算が生じる。 しかし、今日のこれは違う。 団長さまの想い……確かに受け取った。 これを機に、更なる協力関係を築いていければと思う。 ……ええい、堅いなどと言うな。 即興の挨拶は苦手なのだ。 しかし、我輩だけでなく、他の花騎士たちにも、きちんと配るように。 団長様を慕う者たちの気持ちに、応えてやってくれ。 きちんと先輩らしくしないとな。 緊張してはダメだ。 気楽に行くぞ、怖くない怖くない。 っダメだこのような恥ずかしい呼び方、到底できない! うぅ~この春こそはちゃん付けデビューをしたかったのだが……。 はぁ、こんな形で、春を感じたくないな。 黙って人の話を聞くだけでは……ふわぁぁ~むにゃ……確実に眠ってしまうからな。 リリィウッド元老院副議長として、花騎士として……叶えたい事がたくさんある。 一つ一つ思いを込めて書くとしよう。 でも、書かないと、なんか効果が半減しそうだし……う~ん。 ふぇっ!? 団長さま! いつからいたのだ!? プ……プロテアさまたちが海水浴に行くそうだ。 そして、偶然にもその日は我輩も空いている。 さらに偶然だが、団長さまも休みのはず。 だってそれは、ほら……個人の自由だし……。 しかし、かと言って……うう~、見ているこっちが恥ずかしいよ~。 ここの所連日会議で、ずっと閉じこもっていたからな。 さて、肩慣らしに探索にでも出かけようか。 何がとは言わないが……そうらしいぞ? それを踏まえた上でだが、その、なんというか……あなたの意見を聞きたいというか……いや、なんでもない。 忘れてくれ。 普通に考えれば、触れることなど出来ないだろう。 だからと言って、手を伸ばすことをやめては、万に一つの可能性すら失せてしまう。 ……我輩は決して諦めない。 理想を手放すような真似はしたくない。 欠点だらけの我輩とは大違いだ。 えへへ、頬を撫でる感覚がとても心地いい。 我輩もこんな風に……軽やかな生き方ができればいいのだがな……。 プロテアさま、さま、さま、さま……みんな、屈託の無い笑顔だ。 我輩同様、プロテアさまも良い友を持っているな。 運動の秋と言うし、花騎士として腕が鈍らないようにしないと……。 それで思ったのだが……なぜみんな、あんな簡単に人との距離を縮められるのだ? 我輩にはとてもじゃないが真似できない。 えへへ、少し悔しいが、憧れるな……。 今日まで命を懸けて戦ってきた甲斐があるというものだ。 元老院の老人たちにこの喜びは分かるまい。 プロテア様にイタズラする時は、くれぐれもキリンソウ様には気をつけよ。 ……命に関わるぞ。 現に……我輩も昔……。 ……いや、この話はやめだ……。 思い出すのも恐ろしい……。 ならば、我輩たちも戦い続けるしかないだろう。 ……心配無い。 立ち止まることは、とうの昔に考えから捨てた。 ふぇっ!? 団長さま!? うう……なぜ団長様はいつも気を抜いてる時に来るのだ~。 さて、元老院として国内の問題は解決できた。 次は花騎士として、外部からの……害虫の侵攻を塞がねばな。 うう……また噛んだ。 夕べから練習していたのに~。 ……もう一度やるから、新鮮な気持ちで聞いて欲しい。 もしいないなら、その……偶然にも我輩も一人だし……いや、なんでもない。 忘れてくれ。 折り入って話したいことがある。 プロテア様を…いや、プロテアちゃんをパーティに誘いたいのだ! しかし、我輩1人ではアレがアレなので… 団長さま、一緒に来て欲しい。 元ネタ解説面白い そんなややこしい名前になってるのか -- 2019-11-19 火 18:30:07• 折り入って話したいことがある。 プロテア様を…いや、プロテアちゃんをパーティに誘いたいのだ! しかし、我輩1人ではアレがアレなので… 団長さま、一緒に来て欲しい。 」 -- 2019-12-09 月 19:12:09• 反映しました。 -- 2019-12-18 水 09:52:49• 久しぶりにインしてなんか滅茶苦茶かっこいい子出たし、ここ見る限り強いっぽいし弊騎士団始まったか? -- 2020-01-20 月 22:06:31• 1日1回無料で来てくれました。 昇華オシロイバナと昇華カカラと一番相性の良いキャラもいたのでまさに欲しかったキャラ。 完璧です。 そして可愛い。 -- 2020-01-24 金 00:51:48• 悩んだがメンテ前に虹メダルで取るわ -- 2020-01-27 月 06:08:17• この人幼いように見えるけど、成人してるであろうプロテア様が元老院最年少だっつーからそうでもないんだな。 フリちゃんもあれで年増っぽいし、花騎士の歳はわからん。 -- 2020-01-28 火 00:25:51• 完全強化した後で被ると脱力感すごいな。 しかも4穴目が引き直しガチャで吐きそうになりながら当てたやつという -- 2020-01-30 木 00:15:57• バレンタイン 2020 :プロテア様にチョコレートを送りたいが、万が一にも賄賂の類と勘違いされると困る。 こういう時、立場が有ると厄介だな・・・。 -- 2020-02-10 月 00:06:03• お題3計算通りの繰り上げ当選。 やったじぇ -- 2020-02-10 月 18:24:07• バレンタインピックでナズナ演出からすり抜け当選ありがたい… -- 2020-02-11 火 09:56:17• 当選おめでとう。 バレンタインでは噛まずに頑張ったね。 かわいい -- 2020-02-11 火 19:53:37• -- 2020-02-11 火 20:37:10• この為だけにこんなかわいいイラスト書いてくれるとか最高かよ… -- 2020-02-12 水 01:04:21• しかし、我が輩だけでなく他のフラワーナイト達にもきちんと配る様に。 団長様を慕う者達の気持ちに応えてやってくれ -- 2020-03-16 月 00:17:13• クリティカル反撃キャラが増えてきて、クリティカル反撃パーティーのレギュラーから外れそう。 ウメてんてーを肩ポンしてクリパ行きかなぁ。 攻撃バフ無いけど -- 2020-05-17 日 08:23:51.

次の

【花騎士】マザー撃破がそれなりに安定してしまった編成(昇華なしLv100一人):JFK_のブロマガ

花 騎士 タラゴン

特殊極限監獄島、マザー戦はかなり敷居の高いマップとなっており、いろんな虹や昇華キャラが増えるまでは手を出さないほうがいいマップです。 そこらへんの「簡単」とか「楽」とか言ってる人たちは昇華レインボーローズ、カカラ、オシロイバナ、アジサイなどぶっ壊れ昇華を当たり前に入れてるので そらそうよと不貞腐れておりましたが、何度か試しているうちにうっかり撃破してしまいましたので、編成貼っておきます。 詳細は、正直なとこガチ運ゲー状態な編成なので省きます。 第一パーティー クリティカル&追撃でダメージを稼いで1ターン目はバリアで凌ぐPT ウサギゴケ:バリア回避・挑発でタゲ引き受け スパラキシス:どちらかといえば2戦目を見据えた配置。 追撃もおまけで クガイソウ:突弱点つけることでマザーガルディア対策&ザコ撃破担当 ワルナスビ(ハロ):バフ盛り担当 変動型スキルなので1戦目と2戦目に対応できるのも強み ミスミソウ:バフ盛り&追撃担当 第二 回避運ゲーはじまるよ イオノシジウム:回避&再行動 クコ:バリア&ターン経過バフ ペポ:回避&3戦目のマザーまで誰かが生き残ることを見据えた配置 オオオニバス(JB):2戦目のメイン火力担当 ヤマブキ:3穴スキル5、2戦目および3戦目の要 第三 6ターン火力をぶつけるPT カウスリップ(メイド):4穴スキル4、バリア&ターン経過バフで火力の底上げ シロタエギク:クリティカルバフ サボテン:アルティメット状態。 再行動&クリティカルの火力を期待 ビワ:クリティカルバフ、スキル1.2倍持ちなのでとりあえず ヒツジグサ:クリティカルバフ 第四 6ターン火力をぶつけるPTその2 ヘレニウム(イースター):うさちゃん再行動をがんばる係 ハギ:カマキリ再行動をがんばる係 タラゴン:だめそうなときの最後のお祈り係 フリージア:わきゅう再行動をがんばる係 アプリコット:3ターン挑発で反撃ダメージを余分に与える係 第四は再行動もちかつスキル発動1. 2倍を持っているキャラを中心に選び、限られたターンでできるだけ余分にダメージを与えられるよう配置しました。 この編成ではタラゴンの超反撃が生かせないので他の再行動か魔属性で火力出る人を選んだほうがよかったかも とにかく第一第二が運に左右されすぎて全然安定しないのが売り。 というか安定させるためにはやはり最適解のキャラが必要になるので、フリチラリア(フルスペ相当)とか、ハナミズキさえいれば1戦目にソラパあてることができるのに、とか素直にトリカブト(天つ花)取ってこいとか、必要な虹が無ければ無いほど単純に運ゲーになっていくのでこういうときほどスペチケと虹メダルの使いどころなんでしょう 第一パーティーが無傷のまま1戦目を抜けて2戦目をウサギゴケ一人が2割削り、第二パーティーのヤマブキがやはり一人だけでマザーを1割削ったのち残りをサボテンがほぼ全ターンスキル発動という驚異的ダメージで削りきる奇跡 もう一回はやりたくない スタミナが余ってたからつい タラゴンを生かせるように防御バフを集めてみたんだけど・・・正直生きてる気がしない タラゴンなんていらんかったんや 引き直しガチャという神采配のおかげでフリチラリアをゲットしてきましたので、さっそく投入してみることにしました。 2戦目はあいかわらず運ゲーではありますが、コムギ、ハロワルナスの敵の数だけバフがかかるアビで1戦目はそれなりに抜けられるようになりました 3部隊めも充分通用するんですが、あきらかに4部隊目の安定感が増しています。 入手してするフルアンスロ2スキル4で臨みましたが、たしかにこりゃ強い。 ゴンちゃんさまとペアでこれからも運用していこうと思います。

次の

【花騎士】タラゴンチャレンジ!: LoW日記

花 騎士 タラゴン

昇華前提でイベ金の子を取ろうと考えている方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。 レアリティの低い子を昇華させたい方は、こちらの記事をどうぞ! 超反撃パは今でこそ人気の編成ですが、いつナーフ(弱体化という意味)されるか分かりません。 「それでも良い!超反撃パについて知りたい!」という方や 「超反撃パ作るならどの花騎士がおすすめなの?」と疑問に思う方の参考になれば嬉しいです。 超反撃パについて 超反撃パーティーとは 近年その強さから花騎士内で人気のパーティー構成となっていますが、 「そもそも超反撃パって何?」と知らない方も居ると思うので、先に簡単に説明したいと思います。 通常、ゲームで火力を上げる為には 攻撃力UPなどバフが必要になります。 ですが、超反撃パでは 防御力UP=火力UPに繋がります。 防御が堅ければ堅いほど、超反撃によって敵に大ダメージを与えるチャンスがあります。 超反撃アビリティと反撃アビリティの違い 花騎士さんに寄っては、同じようなアイコンでも文面の最後に「 反撃」か「 超反撃」と書かれているので注意が必要です。 では、どんな風に違うのか実際の文面を見てみましょう。 反撃アビリティ 超反撃アビリティ 「反撃と超反撃って何が違うの?」と思った方も居るとは思いますが、 答えは超反撃の文面に書いてありました。 画像が見づらいの人向けにざっくり説明すると… ダメージ量が超反撃 > 反撃となり、超反撃は反撃より2倍のダメージを敵に与えます。 ですが、反撃持ちが弱いという事はなく、キンモクセイちゃんやサフランさんなど、反撃持ちでも活躍してくれる子もいます。 ですが、クリティカル超反撃パは、言葉通り上記のアビリティに加え、クリティカル発動率UPも持っている子を編成に加える必要があります。 ですが、超反撃を作る事を目標にしている人も居ると思うので、よく使われている子達をご紹介したいと思います。 アネモネさん(通常ver) 人気キャラとあって使っている人も多いのか、反撃クリティカルパに必ず入っているアネモネさんです。 クリティカルダメージが高め且つ、新芽チケットでも取れる事から比較的初心者さんでも手に入れやすい子だと思います。 ですが、似たようなアビリティ構成で昇華カカラちゃんや後述のカヤナちゃんなど、 アネモネさんに近いアビリティ持ちの子が存在します。 …とは言っても、カカラちゃんはまだ再復刻がないので 入手難易度的にはスぺチケで取れる、アネモネさんかカヤナちゃんが選ぶ形になるかな?とは思います。 カヤナちゃん 前述のアネモネさんと同じ様なアビリティ構成であるカヤナちゃんです。 超反撃系のアビリティを持つ子が増えてきている中で最近実装された子ですが、性能的には充分枠に入る子だと思います。 前述のアネモネさんと比較すると…スキルが全体攻撃に変わり、バフ量が控えめにした分を クリティカルダメージに振ったアネモネさん…と言った印象です。 もしもアネモネさんとカヤナちゃん、どちらも持っていないなら性能で選ぶならカヤナちゃんになるかな?と個人的には思います。 ですが、二人とも極端に差があるわけではないので、好きな方を選んでも問題ないと思います。 タラゴン 続いておすすめするのは、ゴンちゃんとも呼ばれているタラゴンさんです。 上記2人との違いは タラゴンさんにバフ系のアビリティが無い事です。 ですが、その代わりに 1. 2倍持ちなので1ターンスキルパに入れつつ、 クリティカル超反撃も出来る器用な子です。 現状似たようなスキルを持っている花騎士さんはいないので、 クリティカル超反撃を作るうえで必須枠と言っても良いと思います。 フリチラリアちゃん フリちゃんことフリチラリアちゃんです。 フリちゃん自体はクリティカル持ちではありません。 なので、タラゴンさんやアネモネさんなど純虹反撃パの中に加える団長さんが多いです。 また、高難易度ダンジョンのマザーやラエヴァが魔属性弱点なので、 フリちゃんがいると粘り強くダメージを与えてくれる子でもあります。 リンゴちゃん(七夕ver) 純虹の子でデバフ持ちが欲しいならリンゴちゃん 七夕ver がおすすめです。 クリティカル持ちではありますが、リンゴちゃんの場合はクリティカルは自身にのみに効果が発動するのでご注意ください! その代わり、デバフを撒けるので アジサイちゃんやタラゴンさんなどのサポート役として 入れることが出来ます。 ガンライコウさん 発明好きのガンライコウさんですが、新たなクリティカル反撃パメンバーにふさわしい性能になっています。 これぞインフレ!と言わんばかりの性能をしています。 斬属性を付与出来ないので、タイリンオモダカちゃんや斬属性付与のFMで補強してあげましょう。 クリティカル反撃パを作る為に昇華させるなら… 前述のカヤナちゃんやタラゴンさんが登場した事で 、 クリティカル超反撃パは 昔よりは敷居が低くなりました。 ですが、火力が欲しいなら昇華させないとパーティーが完成しません。 ですが、昇華させると超反撃持ちになる子は沢山いて、紹介するのが大変なので とりあえずクリティカル反撃パを作る上で、昇華させても損しないと思う子を紹介したいと思います。 ですが、バフがスキルLvに依存するので、バフを最大限生かしたい場合はコダイバナの技花(虹)を使ってあげましょう。 スキルLvをMAXにすると、全体バフ量がほぼ同じ性能のカヤナちゃんより若干上になります。 ですが、カヤナちゃんを既に所持していても、そのバフ量の高さからクリ反撃に入る子だと思います。 また、クリティカル発動率30%持ちは貴重なので、まだ超反撃パが完成していない間は クリティカルパに混ぜて使ってあげる事も出来ます。 カタバミちゃん 次に紹介するのはカタバミちゃんです。 自体にクリティカル系のアビリティはありません。 バラさんとの違いは 1. 2倍持ちである事。 そして全体バフが40%が少し高めで、 さらに再行動持ちである事からバッファー兼アタッカーの役割もこなしてくれます。 アジサイちゃん お ま た せ レアリティ昇華の恩恵を一番に受けたと言っても過言じゃない花騎士さん、アジサイちゃんです。 彼女自身にクリティカル系のアビリティはありません。 ですが、吸収スキル、超反撃と防御UP、全体バフ&ターン経過ごとにバフが最大40%までUPする事に加え、 自分が攻撃を受けた次のターン、パーティーのスキル発動率を2倍にする復讐アビ持ちというヤバイ性能をしています。 これにより、昇華コストが高くても昇華する方が多い花騎士さんです。 クリティカル反撃でも活躍してくれますし、継続パにも入る子です。 リンゴちゃんと比べるとデバフの効果量は低めですが、防御力UPも欲しい方におすすめです。 クリティカル持ちで色々なパーティーに入る子が欲しい人におすすめの花騎士さんです。 サオトメバナちゃん 複数デバフ持ちの子が欲しいなら、サオトメバナちゃんがおすすめです。 2倍、攻撃デバフ、スキル発動デバフと小回りが利くアビリティ構成になっています。 複数デバフパを組んでも活躍できる子なので、様々なパーティー編成を考えている方にはサオトメバナちゃんは重宝すると思います。 ラナンキュラスちゃん オシロイバナちゃんのように、超反撃を使いつつデバフも撒きたい場合はラナンキュラスちゃんがおすすめです。 2倍と超反撃のアタッカーとしても使える子です。 私のデバフ持ちの子が欲しいので、近々昇華させるかもしれません。

次の