ホーム パーティー 手 土産。 大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~|OTONA SALONE[オトナサローネ]

その手があったか!ホームパーティーの達人に聞く、″勝負おみや″8選

ホーム パーティー 手 土産

1.持っていく手土産の、6つの注意点 手土産もいろいろあって何を持って行って良いか困りますが、この章では持っていくうえでの注意点をご紹介します。 自分だけの好みで持参するのはNG• 場所を取るような大きいものやホストが準備しそうなものに関しては、前もってホストに連絡を入れておく• 他の参加者と同じにものにならないように気を付ける 参加者間で何を持っていくかを確認しあうことができればより良いです• ホームパーティーの参加者全員で取り分けることができるものにする• 料理を持ち寄ってのホームパーティー以外は、招いたホスト側が料理を準備することが多いので手作りの料理を極力避ける• 手土産が残ってもいいように、ホームパーティー当日の賞味期限のものは避ける 大きなポイントとしてこの6点を抑えておきましょう。 また、ホームパーティーに持参する手土産の費用は 2,000円~3,000円程度だとホスト側もそれほど気を使わずにすみますし、自分の懐にもちょうど良い額でしょう。 2.シーン別での手土産 この章では、シーン別に持っていくと喜ばれる手土産をご紹介します。 2-1.身近な友人とのホームパーティー 気心の知れた友人とのホームパーティーならば深く考える必要はありませんが、ホストの方へのねぎらいが考慮されたものだと招いた側もうれしいはず。 そのような理由から パンを一押しします。 残ったとしても翌日、準備で疲れたホストの方が朝食としても食べることができますし、ワイン等のお酒にも合います。 もちろん、お酒を飲まない方も食べられますので喜ばれる手土産のひとつです。 2-2.上司の自宅でのホームパーティー 通常ですと2,000円~3,000円程度の手土産が多いですが、上司の自宅へ招かれた場合は若干高めの4,000円~5,000円を目安に選ぶと良いでしょう。 その際、持っていく物としては 少し高級なハムやフルーツを持参するとホストの方からも喜ばれることでしょう。 また、参加者に年配の方が多いホームパーティーで、お酒を飲まれる方が参加される場合であれば、 多少高価な日本酒を持参すると年配の参加者からも喜ばれます。 2-3.子供がメーンのホームパーティー 子供が大勢参加する子供がメーンのホームパーティーには、手土産として キャラクターのクッキーやドーナツは子供が喜ぶのでお勧めです。 また、子供が参加するパーティーでは、アレルギーに関して注意をすることが必要です。 そういう理由から、選ぶ際には多少慎重になる必要があります。 2-4.各自、料理を持ち寄ってのホームパーティー 各自が、料理を持ち寄ってホームパーティーをする場合は、準備で忙しいホストの手を煩わせないように 冷めてもいいような手料理を持っていくとよいでしょう。 ピクルスやサラダだと持ち寄ってから温める必要もありませんのでそのまま提供できます。 また、ローストビーフなど メーンになりそうな手料理を持参しても喜ばれることでしょう。 3.持っていくと喜ばれるお勧めの手土産 1章と2章をふまえて、それ以外で持っていくと喜ばれる手土産を、大きく分けて5つご紹介します。 3-1.おつまみ ホームパーティーではお酒を飲む機会が多くなります。 そんなお酒に合うおつまみでしたら、お酒を飲む方はもちろん喜びますし、飲まない方でも食べやすいおつまみを持っていくと皆で取り分けることができます。 この章では、そんなおつまみになる手土産を4つご紹介します。 チーズ 数種類のチーズを取り混ぜたものなら、参加者で好みが分かれる場合でも臭いや味が違うので、チーズ嫌いな人以外、参加者全員が食べやすい手土産です。 ナッツ 種類もいろいろあり、日持ちもします。 最近では健康志向の方でナッツを食べられる方も多くブームになっていますし、おつまみの定番でもあります。 ハム そのまま食べることができますし、パンやクラッカーにのせて食べることができるので万人受けします。 子供も喜ぶ一品です。 ドライフルーツ 上記のおつまみ同様に日持ちしますし、フルーツの自然な風味と甘みになっているので、甘いものが苦手な方でも食べやすいです。 3-2.スイーツ ホームパーティーでも食事が終わるとスイーツを食べたくなりますよね。 また、お酒と一緒に食べる方も多いのでおつまみになる方もいるのではないでしょうか。 この章では、ホームパーティーに合うスイーツをご紹介します。 ケーキ カットする必要があるホールケーキよりは、小分けになっている数種類のケーキを取り混ぜたほうがいいでしょう。 各々の好みもあるので種類が分かれているほうがみんなで食べやすいでしょう。 チョコレート 最近では、甘すぎないチョコレートもあるので、甘いものが苦手な方でも大丈夫ですし、スイーツとしてだけではなく、おつまみにもなります。 アイス ホストの家に子供がいる場合は、非常に喜ばれます。 ただ、ホストの冷凍室で保管が必要なので、前もってお土産として持っていく旨を伝えておくとよいでしょう。 フルーツ 手土産で持って行ってもそのまま食べられることが多いのでホストはあまり手間をかけることもありませんし、参加者の好き嫌いも少ないでしょう。 季節に合わせたフルーツを持っていくと良いでしょう。 3-3.お酒やノンアルコール飲料 ホームパーティーでお酒は外すことができませんよね。 特にお酒を飲む方が多いホームパーティーの場合は、飲むことのできるお酒の種類が多いと参加者からも喜ばれます。 この章では、お酒についてご紹介します。 ワイン ワインは種類も多いので、ほかの参加者と同じワインを持参することも少なくなりますし、あまった場合は、後日料理にも使うことができます。 スパークリング ワインでは、ちょっと重いかなというときに重宝します。 スパークリングワインや発泡性のある日本酒はアルコール度数も低いので女性にも飲みやすいものが多いです。 ビール 男性が多い場合は、とりあえずビールから飲み始めるという方も多く、足りなくなったりすること考えられるので持参することでホストの方が困ることはないでしょう。 ノンアルコール飲料 お酒を飲まない方も参加されることも予想されます。 お酒を飲まない方にも配慮してノンアルコール飲料を持参すると喜ばれます。 3-4.ジュース・紅茶・コーヒー ホームパーティーの最後は、ソフトドリンクや温かい飲み物でゆっくりしながら会話を楽しみながら時間を過ごすことも少なくありません。 そんな時に、ジュース、紅茶、コーヒーですと皆さん飲むことのできます。 ジュース お酒を飲まない方でもジュースならば飲むことができます。 子供がいる場合でも、飲むことができる手土産です。 紅茶、コーヒー パーティーの終わりには、紅茶やコーヒーで終わる場合がありますのでホストからも喜ばれます。 日持ちもしますので、当日使わない場合でも大丈夫です。 紅茶やコーヒー以外でもハーブティーなどは女性に好まれる手土産ではないでしょうか。 3-5.花 ホームパーティへの手土産は、食べるものや飲むものではなくとも、飾ることのできる花や鉢植えを持っていても喜ばれます。 どのような花を持っていくべきかをご紹介します。 花・観葉植物 花束だと当日のバタバタしている中でホストが花瓶に入れる手間が必要になるので避けたほうがいいでしょう。 プリザーブドフラワーや鉢植えだとそのまま飾っておくことができるので、ホストに手間をかけさせることもありませんし、長い間飾っておくことができます。 まとめ 以上のように、持って行く手土産はみんなで取り分けることができるもので、ホストがもらっても困らないものを選ぶ必要があります。 どのような方が参加するかを考えて金額も決めたほうがいいでしょう。 そして、ホームパーティーが開かれる季節に合わせた手土産を持参するとさらに喜ばれます。 また、手土産は口に入れるものが多いので参加者のアレルギーにも注意をして持参するようにしましょう。 持っていく手土産でホームパーティーがより一層盛り上がると良いですね。 アルファジャーナルでは、「ホームパーティー」や「おうちごはん」を題材にした記事もありますので合わせて参考にしてみてください。 アルファジャーナルの「今読みたい記事」がメールで届く! <著作権・免責事項等> 【本紙について】 ・メディアサイト「アルファジャーナル」に掲載された記事を印刷用に加工して作成しております。 ・アルファジャーナルにはあなぶきグループ社員および外部ライターによって作成される記事を掲載しています。 【著作権について】 ・アルファジャーナルが提供する情報・画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売など二次利用することを固く禁じます。 ・アルファジャーナルに登録される著作物に係わる著作権は特別の断りがない限り、穴吹興産株式会社に帰属します。 【免責事項】 ・アルファジャーナルに公開された情報につきましては、穴吹興産株式会社およびあなぶきグループの公式見解ではないことをご理解ください。 ・アルファジャーナルに掲載している内容は、記事公開時点のものです。 記事の情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 ・アルファジャーナルでご紹介している商品やサービスは、当社が管理していないものも含まれております。 他社製品である場合、取り扱いを終了している場合や、商品の仕様が変わっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。 ・アルファジャーナルにてご紹介しているリンクにつきましては、リンク先の情報の正確性を保証するものではありません。 ・掲載された記事を参照した結果、またサービスの停止、欠陥及びそれらが原因となり発生した損失や損害について、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。 ・メディアサイトは予告なく、運営の終了・本サイトの削除が行われる場合があります。 ・アルファジャーナルを通じて提供する情報について、いかなる保証も行うものではなく、またいかなる責任も負わないものとします。

次の

ホームパーティーの手土産おすすめ16選|おしゃれで喜ばれるおつまみやデザート

ホーム パーティー 手 土産

Photo by on 友人や親戚、会社の上司の自宅に招待してもらい、手料理やお酒が振る舞われるホームパーティー。 そして、ホームパーティーに欠かせないものといえば、 「手土産」です。 手土産には、ホームパーティーを盛り上げる役割があります。 ですが、初めてホームパーティーにお呼ばれした方は、どんな手土産を持っていこうか迷ってしまうのではないでしょうか。 今回、そんな方のために、 ホームパーティーで絶対に喜ばれるおすすめの手土産15選をご紹介いたします。 ホームパーティーの手土産を選ぶポイントにも注目しながら、みんなに喜ばれる、おしゃれな手土産を用意しましょう! ホームパーティーの手土産を選ぶときの3つのポイント 手土産に主菜はNG!手軽な副菜やデザートを選ぼう Photo by on ホームパーティーといえば、主催者であるホストが、自宅でメインとなる手料理を振舞ってくれます。 そのため、手土産として、 主菜となる食べ物(ご飯もの・肉のかたまりなど)を持っていくのは控えましょう。 メインの食材よりも目立つ手土産を持っていってしまうと、ホストが時間をかけて準備してくれたせっかくの手料理も色褪せてしまいますからね。 また、ホストに 「ホームパーティーで何が出てくるのか」を聞いておくことも、手土産を選びやすくなるポイントの一つです。 ホストに聞くというのは、お呼ばれした側としては失礼な行為に思うかもしれませんが、ホームパーティーの準備を協力したい、という意思表示にも取れますので、全然失礼ではありません。 事前に聞くことで、ホームパーティーを盛り上げられる手土産を準備できること間違いなしだね! ホームパーティーの手土産には、個包装で日持ちするものが喜ばれる せっかく美味しい料理やデザートを手土産として持っていたのに、食べるまでに時間がかかったり、みんなに食べてもらえなかったりすると残念ですよね。 手土産として持っていく食べ物は、 一つ一つが小分けで包装されていてすぐに食べられるものを選びましょう。 例えば、ホールのケーキだと、人数分に切り分けたり、お皿を用意する必要があります。 また、加熱が必要なものなど、その場ですぐに食べられないものは、ホストの手間を取らせてしまうことになります。 ホームパーティー初心者さんには、少しハードルの高い手土産だと思いますので気をつけましょう。 また、手土産として持っていく食べ物は、 日持ちのするものを選びましょう。 生菓子など賞味期限の短いものは、ホストに迷惑がかかる可能性があります。 食べきれずに余った場合でも、 持って帰って食べれるように、日持ちのする手土産を選ぶことをおすすめします。 最近では、個包装になっているものもあるから、手間いらずで配れて、余ったらみんなで持ち帰ることもできて一石二鳥だね! 手土産を買う前に、参加者の人数は必ずチェックしよう Photo by on ホームパーティーの手土産を選ぶときに、「何を買うか」だけでなく、 「どれくらい(量)買うか」も気をつけるポイントの一つです。 用意した手土産が人数分なかったときは、せっかくのホームパーティーも気まずい雰囲気になってしまいます。 もし、当日までどれくらいの人数が参加するか不明の場合は、 多めに手土産を持っていくことをおすすめします。

次の

ホームパーティーは持ち寄り料理が楽しい!簡単なおつまみレシピ

ホーム パーティー 手 土産

アメリカのホームパーティ初参加の前に知っておきたい11のこと 国際交流が増えた現代では、アメリカのホームパーティにお呼ばれされる方も多いのではないでしょうか。 しかし、初めて参加する場合は、どのような準備やマナーが必要なのか分からないもの。 ここでは、アメリカのホームパーティに、初めて参加する前に知っておきたい、基本のマナーについてご紹介します。 アメリカのホームパーティ 出席前 アメリカの方によるホームパーティのスタイルは、日本のホームパーティとは異なる部分があるようです。 まずはアメリカのホームパーティにおける、事前準備で大切なマナーについて理解しておきましょう。 出欠の返事は、なるべく早めに出す ホームパーティの招待状は、手紙や文書、もしくはメールで頂くことでしょう。 いずれにせよ、参加の有無は早めに返事をしましょう。 パーティのホスト(主催者)は、当日の参加人数が早目に分かるだけで、料理の量や、必要な食器の数も把握できるので、準備に取り掛かることができます。 フォーマルや、インフォーマルなパーティに関わらず、なるべく早めにお返事するのが大切です。 また返答する際には、シンプルに出欠を伝えるだけでなく、一言を付け加えておきましょう。 出席する場合は「楽しみにしている」ということ、欠席の場合は「参加できなくて申し訳ない」気持ちを伝えられると良いですね。 パーティの「準備」や「費用」はホスト(主催)にまかせる アメリカのホームパーティは、ホスト(主催)側が、パーティにかかる費用や料理の準備まで、全て行ってくれます。 そのため、いつも同じホストがパーティを企画するのではなく、仲間内でお互いに開催し合うのが、暗黙のルールとなっています。 手土産は「絶対」に持参する カジュアルな雰囲気のある、アメリカのホームパーティですが、やはり手土産を持参することが大切です。 アメリカのホームパーティの場合、家の中に招かれたら、すぐに手土産を渡しましょう。 (あなたが、お好きなものかなと思って)」という、ホストを気遣った言葉を添えると、さらに喜ばれるでしょう。 手土産を選ぶならホスト(主催)が困らないもの 手土産の選択に悩んだら、ホスト(主催)にとって、負担の少ないものを基準にするといいでしょう。 「お花」は、パッと華やいだ雰囲気になるので、手土産として人気があります。 特に、花瓶を用意しなくてもいい、アレンジメントされたものが喜ばれるみたいです。 お菓子やおつまみなど、「食べ物」も喜ばれる手土産です。 その際、お菓子なら余っても大丈夫なように、個包装になっているものを選びます。 おつまみなら、手が汚れやすいもの、飾りが多くてゴミが出やすいものも避けたほうが無難です。 大人だけのホームパーティなら、「アルコール」も喜ばれます。 飲み物は、何種類あっても良いですし、パーティのメニューが増えるのも良いことです。 服装は招待状に指定があることも ホームパーティを盛り上げるために、参加者のファッションにテーマや色を指定することもあります。 そんなときは招待状にドレスコードについての記載があるはずですので、確認しておきましょう。 ドレスコードの指定がない場合は、カジュアルな服装で問題ありません。 パーティ当日のマナー パーティが始まった後にも、実は暗黙のルールが存在しています。 基本のルールを押さえて、沢山の人と知り合える、楽しいホームパーティにしましょう。 開始時間から5分くらい遅れるのがベスト ホームパーティに訪問する際は、開始時間から5分くらい遅れるようにしましょう。 ホスト(主催)は、パーティの開始時刻に合わせて準備を進めています。 そのため、あまりに早すぎると準備が整っていない場合があるので、早めの到着だけは避けるようにしてください。 しかし、あまりにも遅れてしまうと、パーティが開始されず、他の参加者にも迷惑がかかってしまいます。 パーティ開始時刻から、15分以内には到着して下さい。 まずはホスト(主催)に感謝する ホスト(主催)宅の玄関で出迎えて貰ったら、まずはパーティに招待して貰った御礼を伝えましょう。 ホストは、準備までに時間や費用を費やしているので、心から感謝の気持ちを伝えることが大切になります。 ホストは、参加者の喜ぶ顔を楽しみにしているので、きっと喜んでくれるはずです。 決まり文句としては、「you for the invitation today. (今日はお招きありがとう)」、また複数名で参加していたら、「Thank you for inviting us. (私たちを招待してくれてありがとう)」などと伝えるといいでしょう。 知らない参加者でも積極的に会話する ホームパーティの場合、知らない参加者と会話することも大切なマナーです。 特にアメリカのホームパーティの場合、知り合い同士の親睦を深めるのはもちろん、新しいご縁を結ぶのも大切だと考えられています。 会話が英語だと、つい自信がなくて、積極的に声を掛け難くなるかもしれませんね。 そんな場合は、参加者全員に挨拶しながら、聞き役に徹するだけでも立派な交流だといえます。 お手伝いする気持ちも大切 パーティ開催中は、ホスト(主催)は常に忙しく動きまわっています。 あまりにも大変そうだったら、積極的にお手伝いを申し出てみましょう。 その際は、「What can I do to help? (何をしましょうか?)」と質問すると、ホストも頼みやすいです。 場合によっては、ホストはお客様にはパーティを楽しんで欲しいので、お断りされるかもしれません。 そのときには、あまりしつこくせず、パーティに戻りましょう。 携帯電話はオフにしておく 携帯電話は、電源をオフにしておくか、それが難しい場合にはマナーモードにしておきましょう。 パーティ中、携帯をテーブルの上に置いていたり、ずっと手にしていたりするのは、マナー違反になります。 パーティを、楽しめていない印象を与えてしまうので、できれば人目につかないところで使用するのが大切です。 長居はしないで適度な時間に帰る アメリカのホームパーティの場合、参加者が、適度な時間帯を見計らって帰るのがマナーです。 ベストなタイミングは、夜9時や10時、もしくは誰かが帰るときに便乗しましょう。 帰る際には、必ずホスト(主催)に御礼のお言葉をかけて下さいね。 ホームパーティ終了後には御礼を伝える ホームパーティ終了後には、必ず御礼の言葉を伝えましょう。 連絡手段としては、メールや手紙などの文書にすれば、相手の都合に関係なく、感謝の気持ちが伝えられます。 御礼をする際には、楽しかったことや、ありがとうという気持ちを、丁寧に伝えられるといいですね。 まとめ アメリカのホームパーティは、日本のように親睦を深めるだけではなく、新しい人脈作りを大切にしているので、基本的なスタンスが異なっていますね。 そのため、ホームパーティの雰囲気やマナーも、日本のパーティとは異なる部分がありますが、あまり難しく考えなくても大丈夫。 ホームパーティは、美味しい食事と、楽しい時間を過ごす場です。 基本的なマナーだけ押さえれば、あとは参加者との交流を楽しみましょう。

次の