ペルソナ5 表裏。 ペルソナ5攻略(ザ・ロイヤル未対応) 表裏一体

ニコニコ大百科: 「ペルソナ5」について語るスレ 4171番目から30個の書き込み

ペルソナ5 表裏

net)にて予約販売を開始致します。 jpg ] 新アイテムには、第1弾キービジュアルである描きおろしの主人公とかすみのアクリルスタンドが商品化。 更に今回はR4Gのアイテムを着用したSDキャラクターが登場。 主人公、芳澤かすみ、坂本竜司、モルガナ、高巻杏、佐倉双葉、新島真、奥村春、喜多川祐介、明智吾郎のオールスターが揃い踏み!缶バッジやアクリルキーチェーンなどを展開する。 WEB STORE、POPUP STOREでご購入された方は特典として、オリジナルショッパーをプレゼント致します。 是非この機会にご利用くださいませ。 jpg ] 新型コロナウイルスの感染対策として、店内入り口の消毒液を必ずご利用ください。 誠に申し訳御座いませんが、マスクの着用のないお客様の入店はお断りさせて頂きます。 また、混雑防止のため入場制限を行う場合が御座います。 改めてご了承ください。 ペルソナ5、新生(ザ・ロイヤル)—。 全世界累計セールス270万本を突破し、数多くのゲームアワードを受賞したピカレスク・ジュブナイルRPG「ペルソナ5」が、多数の追加要素により生まれ変わって新登場。 放課後の怪盗ライフでは新たな敵やギミック、謎のオタカラなど、攻略すべきパレスにも異変が…!? 】 「R4G」とは「Respect for Geeks」、オタク Geeks への尊敬という意味がこめられています。 世の中のGeeksが好きな物を纏い、常に近くにいられる喜びを感じてもらいたい。 コアファンはもちろんのこと、トレンドに敏感なファッショニスタや日本の文化を愛する海外のお客様をターゲットとし、「アニメ」、「ゲーム」、「エンターテイメント」など、それぞれのGeeks達に好きを届けたいという思いで溢れているブランドです。 「Geeks」と「Fashion」をつなぐ新たな架け橋となることがR4Gの使命です。 HP:r4g.

次の

ペルソナ 5 ロイヤル 攻略

ペルソナ5 表裏

私たちは、1人の人間でも実に様々な「顔」を持っています。 私たちは、意識するか否かに関わらず、 地位や役割、場面に合わせて態度や行動を変えています。 つまり、 「役割を演じている」わけです。 これが、ユングが提唱した 「ペルソナ」です。 元々の意味は、古代ローマの古典劇において演者が身につけていた「仮面」。 つまり、私たちは普段の生活の中で 「仮面」をつけて暮らしているというわけ。 面白い発想ですよね(笑)。 確かに、心当たりはありますよね。 親の前では「わがままでテキトーな奔放娘」、 カレの前では「強がりだけど、実は健気なところもあって、放っておけない彼女」、 上司の前では「テキパキと仕事をこなすデキる部下」 女友達の前では「友達想いで気が利く、イイ子」 …こうして考えてみると、なんだかちょっと怖いですね 汗 それでも、その仮面を自分で自覚できているのであれば さほど問題はありません。 ユングが問題視しているのは、 「舞台を離れてもその仮面を外せずにいる人」 職場を離れた後も教師風を吹かせて説教じみたことばかり言ってしまったり、 奥さんに対してもまるで部下を扱うような態度で指導したりする人は ペルソナとの関係に問題があるのかもしれません。 ユングは「夢分析」も専門としており、 自分が見た夢と対話することで 「自分自身がかぶっているペルソナの在り方」や 「ペルソナとの付き合い方」を知ることができると考えました。 例えば、怪獣や獣と闘っている夢をよく見る人。 この場合は、 「怪獣=母親や父親を象徴するイメージ」と考えることができます。 つまり、 親に対する恐怖心や、 それを乗り越えて独立しようという強い意思が見て取れます。 「イイ子」の仮面をかぶり、 親に抑え込まれて好きな方向に進めずにいる自分に対して 苛立つ気持ちがよく表れている夢だと思います。 人によっては、名刺を出そうと思っても名刺が見当たらないという夢を 見るケースもあるようです。 これも、自分の人生を自分で決めることができていないという気持ちの表れ。 「イイ子」「エリート」「優等生」の仮面を脱ぐことができずに 苦しんでいるのです。 ガクッと、階段を踏み外すような感覚の…。 このタイプの夢は、 「調子に乗るなよ」 「もっと地に足をつけたほうが良いんじゃないのか?」 「こんなにうまくいくハズがない。 きっと失敗する」 …という不安感の表れ。 人生を楽しんでいる、人生が充実している…という仮面をかぶっているものの、 それは単なる見せかけで心の中は不安でいっぱい。 自信がありそうに振る舞っているけれど本当は自信なんてない… そんな状態です。 確かに、筆者も、 表向きはポジティブですが内面は思いっきりネガティブ 苦笑。 前向きで明るくて元気な人という仮面をつけてどこへでも行きますが、 心の中はいつだって不安で後ろ向きで超・ダーク。 心から「幸せだ」と思ってしまうと、 何かとんでもなく悪いことが起こるのでは… という恐怖感からどうしても抜け出せません。 不思議なもので、明るく振る舞えば振る舞うほどに 内面的な不安感って増していくんですよね…。 無理な仮面を外して、根暗を前面に出してしまえば もっと楽になれるのかもしれませんね。 厄介な頼まれごとをしたり、誘われたりする回数も減ってくるでしょうし 笑。 ユングも、 「自分に合った仮面をつけること」、 「仮面を上手に着脱できるようになること」が大切であると説いています。

次の

私たちの中の「ペルソナ」

ペルソナ5 表裏

本作は、アトラスから発売されているプレイステーション用ゲームソフト「ペルソナ5」をコミカライズしたものです。 現代日本を舞台に、特殊能力を使って高校生たちがさまざまな事件に立ち向かう「ペルソナ」シリーズは、日本のみならず海外でも人気が高く、発売前から特集が組まれあちこちメディアに取り上げられるほど。 ゲームシステムがユニークで面白い作品ですが、独特の世界観、スタイリッシュなキャラクターデザイン、そして作りこまれたストーリーも同じぐらい評価が高く、ストーリーを読むために何回もゲームをプレイする人もいるそうです。 一度読んだら癖になるペルソナの面白さは、コミカライズ版でも存分に楽しむことができます。 今回は、漫画とゲームの違いを比較しつつ、さらに面白さがパワーアップした本作の魅力を紹介します。 主人公の来栖暁(くるすあきら)はある理由により、地元の高校から都内の「秀尽学園高校」へと転入してきます。 転校初日、暁はガラの悪そうな高校生・坂本竜司(さかもとりゅうじ)と出会います。 2人は学校へ向かったはずでしたが、学校があった場所には不気味な城が立っていました。 兵隊に捕まってしまった2人は、その城の主が秀尽学園高校のセクハラパワハラ教師・鴨志田卓(かもしだすぐる)であることを知ります。 鴨志田が操る敵「シャドウ」と戦ううちに暁は「ペルソナ能力」に目覚め、シャドウを撃退して城から逃げることに成功。 元の世界へと戻った2人でしたが、ここでも鴨志田の悪事が加速していました。 城で助けたしゃべる猫「モルガナ」によると、迷い込んだ「城の世界」は鴨志田の欲望が具現化した世界であり、現実の世界と表裏一体だと言います。 彼を更生させるためには城にある「オタカラ」を盗み出せばいいのだと知った暁たちは、再び城に入り戦うことを決意しました。 鴨志田の事件をきっかけに「ペルソナ能力」に目覚めた暁は、竜司らと共に怪盗団「ザ・ファントム」を結成。 悪事を働いた人物の「オタカラ」を盗み、改心させるために暗躍するのです。 魅力1:原作を絶妙に改変! 原作であるゲームの『ペルソナ5』と、漫画である本作とではややストーリーが異なります。 ゲームでは、怪盗としてすでに有名になった主人公(デフォルト名なし)が、警察に捕まるシーンから始まります。 取り調べを受ける主人公は、怪盗団を結成し、暗躍し始めるまでのいきさつを語りだすのでした。 捕まった理由を「仲間が裏切ったから」だと警察に言われた主人公が、裏切者を探すため、過去を辿りながら真実に迫っていくというミステリー要素の強い作品です。 ストーリーは二転三転し、最後までハラハラドキドキの連続で、プレイヤーを飽きさせません。 一方漫画である本作は、主人公の暁が怪盗団を結成する前のエピソードから始まります。 ゲームでいうところの、主人公が回想した過去のシーンから始まるということです。 竜司と出会い、不思議な城「パレス」で敵と戦い、クラスメイトの高巻杏(たかまきあん)などを助けて徐々に仲間を増やし、怪盗団「ザ・ファントム」を結成して戦っていく様子を、暁たちと同じ視点で追っていくことができます。 ゲームは「裏切ものは誰か」という謎解き要素が強いのに対し、漫画のストーリーでは、まるで自分も怪盗団の一員になったかのような気分が味わえますよ。 魅力2:画力が高く、世界観の再現性が高い! 「ペルソナ」シリーズは、その世界観の良さやデザイン性の高さでも評価の高い作品です。 ゲーム中のBGMにはジャズ風の楽曲が使われ、パッケージの色使いやゲーム画面のデザインも凝っているオシャレな作りです。 特に、イラストレーターの副島成記によってデザインされたキャラクターたちは、可愛さや格好よさはもちろん、それぞれに味があり、現代の高校生らしさも持ちながらスタイリッシュに描かれています。 漫画ではそのオシャレな世界観が、漫画家・村崎久都の手によって忠実に再現されています。 特徴的なデザインの原作キャラクターたちが、漫画のコマをはみ出すぐらい躍動的に描かれている様子からは、目が離せなくなってしまうでしょう。 主人公の暁を含め、ゲームを原作にしているだけあり、キャラクターたちが生き生きと動く様子は作品の魅力の一つです。 普段の暁は落ち着いていて、どちらかというと目立たない少年。 しかし「ペルソナ能力」が開花し、黒のロングコートにドミノマスクの怪盗「ジョーカー」になったとたん、カッコよく仲間を束ねます。 暁のペルソナ能力が覚醒すると、彼自身の変身とともに、「アルセーヌ」というペルソナが現れます。 「我は汝、汝は我……」というセリフとともに現れたアルセーヌは、暁の中に眠る「もうひとりの自分」が姿を変えたものです。 本当の自分を解放した暁は「自分の信じる正義」のもと、アルセーヌの力を借りて「シャドウ」と戦います。 そして、暁をリーダーとした怪盗団「ザ・ファントム」のメンバーは、魅力的なキャラクターばかり。 暁たちによって助けられたクラスメイトの杏は、少し強気なところが魅力的な美少女ですが、怪盗「パンサー」となると、猫を模したマスクに、ぴたっとしたラインのボディスーツに身を包みます。 強く・凛々しく・しなやかに戦う姿は、同性の読者でもほれぼれとしてしまうでしょう。 お調子ものでやや短絡的なところのある竜司は、海賊服にドクロのマスクをした怪盗「スカル」となります。 冷静さに欠けたびたび熱くなりすぎることもありますが、仲間思いで憎めないキャラクターです。 さらに、忘れてはいけないのがモルガナ。 猫のような風貌ですが、人の言葉をしゃべり、猫扱いされることを嫌います。 異世界に精通しており、幅広い知識で怪盗団のメンバーをサポートします。 スタイリッシュな衣装に身を包み、敵である「シャドウ」と戦う怪盗団の戦闘シーンは、まるでゲームをプレイしているかのような没入感を味わうことができるでしょう。

次の