浦沢 アベノマスク。 浦沢直樹 アベノマスクのイラストで炎上!世間の声まとめ

ジェネリック「アベノマスク」? 噂のダイソーマスク(2枚入り)を徹底検証してみた: J

浦沢 アベノマスク

割引券やつけ麺、さらにはバナナジュースなどと物々交換で寄付できるもの。 答えは、あの「アベノマスク」。 今では各地に、寄付のための回収箱が。 寄付しに来た人「これ余っているところが多いと思うんだよね。 ちょうどサイズが合う方に使ってもらうのが一番いいと思う」 ところが、こうした箱の設置に「待った」がかかった。 その現場となったのは、群馬・太田市の郵便局。 アベノマスクの寄付を募るボックスが設置されたが、わずか1週間ほどで撤去されたという。 設置の口火を切ったのは、1人の郵便局長だった。 小中学生のために、マスクの寄付を募る太田市の呼びかけに賛同。 6月に入り、市内にある21の郵便局に寄付箱が設置された。 しかし、これを知った日本郵便の本社が、すぐさま撤去を指示した。 なぜ、撤去となったのか。 そこには政府が示した、あの方針が。 菅官房長官「次なる流行にも十分対応できるよう、布製マスクを、多くの国民が保有することに意義がある」 政府が保有を求めたマスク。 それを誰が届けたかといえば、そう、郵便局員。 このことから、日本郵便本社 調査・広報部からは「配っているわれわれが、不要品のように扱うのはおかしい」との声が。 これだけではない。 マスクの寄付を報道機関に知らせたリリース。 よく見ると、そこにはアベノマスクの文字が。 これにも日本郵便本社 調査・広報部からは、「アベノマスクなどと揶揄 やゆ する表現は不適切だ」などの声が。 地元の人は... 太田市民「今、マスクがいっぱい出てきているから、寄付する動きがあって、それを郵便局がやるのも別にいいと思う」、「寄付する動きは、とてもいいことだと思う。 それ 配達 とこれ 寄付 は別問題な気もする」 政府の方針を尊重する形となった箱の撤去。 一方、今も寄付を募っている自治体からは、こんな本音も。 群馬・沼田市「国が行っている政策だが、マスクは無駄にしたくない。 なので消極的に寄付を募っている」 回収箱を設置する自治体は、東京にもある。 多摩市では、これまでに2,000枚のアベノマスクが寄せられていた。 その使い道は...。 多摩市役所・防災安全課・西野さん「最近、風水害というものが多く起きておりますので、ことしもそういったこと 風水害 が起きかねないということで、避難所で感染予防として活用していきたい」 多摩市では、100万枚のマスクを備蓄していたが、コロナの影響で数十万枚まで減ったため、寄付分を災害用に充てるという。 まだ全国に行きわたっていないアベノマスク。 騒動は、今後も続くとみられる。

次の

浦沢直樹の「アベノマスク」猛批判集めた理由

浦沢 アベノマスク

ツイートの内容は、「 アベノマスク」という言葉とともに、マスクをした安倍晋三氏のイラストを添付したもの。 どうしてこのツイートに批判が集まったのか? まずはその経緯から説明したい。 発端は「布マスク2枚配布」宣言 長引く新型コロナウイルス騒動で日本中が自粛ムードの中、多くの商業施設から客足が遠のき、売り上げも減ってきている。 企業も労働者も今後の収益や収入の下落に不安が募る中で、政府には思い切った支援策が期待されている。 しかし僕がこれを書いている時点では、政府の新型コロナ政策はいずれも的を大きく外している。 人々から最も期待されている支援策は、手厚い現金給付により、自粛や休業といった収入面のサポートを行うことである。 ところが政府の支援策は、子育て世帯のみを対象とした子ども1人当たり1万円の給付と、住民税の非課税世帯水準まで収入が落ち込んだ世帯を対象とした30万円の給付にとどまるなど、対象者はかなり限られている。 これでは「感染防止のための緊急支援」や「落ち込む経済に対する支援策」というより、次の選挙を意識した自民党支持層へのバラマキにしか見えない。 また、コロナ収束後を見据えて「旅行券」や「お肉券」「お魚券」を発行するなどということも報じられた。 その迷走ぶりに安倍政権に対する人々の不信は、日に日に強くなっている。 そんな中、4月1日に安倍首相自身によって高らかに宣言されたのが「布マスク2枚配布」だ。 わざわざ記者会見まで行って、布マスクを2枚配布するから、洗って繰り返し使ってほしいと言ったのである。 「アベノマスク」とも揶揄される支援策は、日頃から親安倍を標榜し、野党批判を繰り返すネット民に対してさえ深い失望を抱かせるのにも十分だった。 当然ツイッター上では安倍政権への批判が盛り上がっていた。 その盛り上がりの中、『ストップ!! ひばりくん!』などで知られる漫画家でイラストレーターの江口寿史氏が、安倍首相が布マスク2枚を配布するという記者会見を「カッコわるい映像。 これに対して浦沢直樹氏が「笑」と反応し、問題のツイートを投稿したわけである。 本当に「揶揄するような表現」だったのか? 浦沢氏のツイートが多くの批判を集めたからには、絵に何か安倍首相を揶揄するような表現でもあったのだろうか? 風刺画ではよくカリカチュアライズ、すなわち身体的特徴の一部を誇張して表現するような手法が用いられる。 これが揶揄的であると問題視する人もいる。 しかし、浦沢氏の描いた絵は、そうした手法を用いず、極めてシンプルかつ、誰に見せても安倍首相であると認識できるように描かれている。 わざわざ揶揄するような表現を用いなくとも、十分に「カッコわるい映像」が伝わって、さすが人気作を多数擁するプロというほかない絵である。 事実だけを述べてしまえば、たったそれだけのことであるし、浦沢氏の絵はとくに反発を集めるような内容ではなかった。 だが、これに激怒した人たちがいた。 それは、安倍政権を愛してやまない人々である。 いつもは安倍政権がどんな失敗を犯しても、誰かしらが「安倍政権は悪くない。 悪いのは野党とサヨクと財務省と在日だ!」と発し、それに対して「そうだそうだ、安倍さんは悪くない!!」と同調してきた人たちだ。 しかし今回はどうやら勝手が違う。 いつもならどんなときも安倍政権を褒めていたはずの人たちの中からも、政権批判を始める人が出てきた。 いつもと状況が異なる戸惑いの中、熱心的な支持者は「いかに布マスク2枚を配ることが、すばらしい政策か。 そしてそれを批判するサヨクは無知で常識知らずなのか」をツイートし続けたが、「 アベノマスク」がTwitterにトレンド入りするなど、なかなか思いどおりの展開にならない。 そんなフラストレーションがたまった彼らが、標的にしたのが偶然目についた件 くだん の浦沢氏のツイートだった。 要は浦沢氏は八つ当たりの対象にされたわけだ。 そもそも政治的主張は悪いことなのか? それにしても不思議である。 どうしてツイッターで政治的な表現をしただけで、ここまでたたく人が現れたのだろうか。 浦沢氏のイラストに対して「政治的表現をするな」という批判もあったが、そもそも政治的な表現や主張は悪いことなのだろうか? ネットスラングに「2位じゃダメなんですか?」というものがある。 これは、かつて民主党が政権を担っていた頃に行われていた事業仕分けで、スーパーコンピューター「京」の開発予算を審議している中、民主党所属議員であった蓮舫氏が発した言葉である。 この言葉は、すぐに蓮舫氏に対する揶揄として使われるようになり、今でも彼女や野党を揶揄するときや、「2位」のものを語るときに使われている。 僕は「アベノマスク」という言葉は、この「2位じゃダメなんですか?」と同じ意味合いを持つ言葉だと考えている。 2つの言葉には共通点がある。 それは、どちらも「政権与党の政策に対する批判」であり、かつ「政治的な揶揄」であることだ。 ところが、同じような言葉でも、「アベノマスク」に怒る人はいて、「2位じゃダメなんですか?」に怒る人はいない。 前者と後者で反応が異なるのは、結局のところ「その表現が政治的であること」自体が問題なのではなく、「安倍批判であること」が浦沢直樹氏を批判する人たちにとって問題なのだろう。 いわば「その表現は政治的である」という指摘そのものが、「アベノマスク」や「2位じゃダメなんですか?」以上に、イデオロギーにあふれた政治的な表現であり、安倍首相を支持するという意思表示なのである。 一方で、「浦沢作品のファンだったのに、ガッカリした」などの反応もあったが、『20世紀少年』や『PLUTO』といった浦沢氏の作品は、マンガを通して社会を描くハードな作風であり、そこには多分に政治的な表現が含まれている。 政治的な表現が嫌いなら、そもそも浦沢作品のファンにはならないだろう。 それに、もし本当にファンなのであれば、作品と作者の政治的スタンスを分けて考えられるはずである。 僕自身も、子どもの頃からゲームの「ドラゴンクエスト」シリーズを楽しんでいるが、シリーズの楽曲制作を担ってきた作曲家のすぎやまこういち氏の歴史修正主義などの政治思想は受け入れられるものではない。 それでもすぎやま氏の音楽には心打たれるものがある。 「作者の政治的スタンスが嫌いだから作品も嫌いになる」というなら、そもそもその作品に対して愛がないのではないか。 浦沢直樹氏のツイートは「当然のこと」 何より、浦沢直樹氏は漫画家であると同時に、この日本社会に暮らす1人の人間だ。 日本社会に暮らす人間が、日本国内の政治に対して賛同を示すなり、反対するなり、なんらかの政治的スタンスを示すことは自由であり、何1つおかしいことではない。 そして、文字でもマンガでも歌でも映画でも何でもいいが、多くの表現には、本人の自覚の有無にかかわらず、何らかの社会性や政治性が含まれるものである。 もし「漫画家が政治的なスタンスを取るのはおかしい」と本気で思っているとすれば、それは本人は自覚していないが「漫画家は政治性を表現してはならないという政治性」にほかならない。 だいたい戦後日本のマンガの礎を築いた手塚治虫からして、『アドルフに告ぐ』や『きりひと讃歌』など、政治的なマンガをたくさん描いている。 漫画家が政治的主張をしてはならないなどという理屈は通らないし、漫画家が政治的な主張をしたからとたたく人たちはマンガをなんだと思っているのだろうか。 もっとたくさんのマンガを読んで、広い視野を身に付けてほしいものである。

次の

漫画家の浦沢直樹さんが「アベノマスク」のイラストで炎上

浦沢 アベノマスク

アベノマスクの大喜利イラスト&画像をまとめ! サザエさん 最もバズっているのがコレ。 なんといいねが24. 8万件! サザエさん宅は磯野家とフグタ家の二家族なはずですが、 「一世帯に…」という状況を絶妙に表しています。 2枚のマスクなので、基本的には波平さんとフネさんという家族の中で年齢が高い二人が使うみたいです。 サザエさんちの裏のおじいちゃんとおばあちゃんは二人とも大丈夫ですね。 ダグトリオ ポケモンのキャラクター「ダグトリオ」も一世帯なんでしょうか。 足りないですね。 千と千尋の神隠し 千と千尋はお父さんとお母さんにしか行き渡らず…。 耳を澄ませば 耳すまもおんなじですね。 マスクを巡っての家族会議でしょうか。 重々しい空気が漂っています。 ぺこぱ松陰時のツッコミ さらに、ぺこぱ松陰時の 「ノリツッコまないツッコミ」は安倍首相の製作すら優しく受け止めてくれています。 【画像】アベノマスクのイラストで浦沢直樹が炎上していた? さらに、 twitterで炎上案件となってしまったのが、「20世紀少年」などで知られる漫画家の浦沢直樹さんのこの画像。 安倍首相の給食マスク姿を描いたイラストですが、安倍首相のなんとも言い難い雰囲気を絶妙に表した 「風刺画」という感じですよね。 ただ、コロナ騒動で大変な時に、 「茶化している」「最低」と批判が集まる事態となりました。 浦沢直樹さんは、安倍首相のマスク配布発表の際の記者会見でも 「笑」とコメント付きで投稿しており、今回の対策について疑問をお持ちの一人なのかも知れません。 批判の声がある一方で、 「漫画家が政治批判で風刺画を書いて何が悪いのか」「炎上するほどのことではない」など擁護の声もあり、反応は賛否両論と言ったところみたいですね。 あの浦沢直樹がアベノマスクの風刺画を描いたというから見てみたら、変顔カリカチュアでもないしまだ全然おとなしいものだった。 — moppet moppet13634527 浦沢直樹に非難殺到してるけど、風刺画すら許されないのが逆に怖い。 😅 私は浦沢直樹も、彼とツイートしあっている江口寿史も好き。 漫画家が聖人である必要ないと思う。 — eowyn163🐾 祈 疫病退散! eowyn163.

次の