ドコモから楽天モバイル 電話帳。 キャリアから格安SIMに電話番号そのまま乗り換える方法

【画像で解説】ドコモ電話帳を格安スマホに移行する方法まとめ

ドコモから楽天モバイル 電話帳

楽天モバイルでスマホを買う場合は次章に進んでください ドコモで使っていたスマホを楽天モバイルでそのまま使う場合、 SIMロック解除が必要です。 ドコモで販売されたスマホは、他のキャリアで使えないようにSIMロックがかかっています。 このSIMロックを解除しないと、楽天モバイルでは使えません。 手順: ただし、 SIMロック解除したからといって全て楽天モバイルで使えるわけではありません。 詳細は「楽天モバイルで使えるスマホ」の章で解説します。 MNP予約番号の発行 MNPでドコモから楽天モバイルに乗り換える場合、まずはドコモで MNP予約番号を発行します。 ドコモのMNP予約番号は下記の方法で取得できます。 <MNP予約番号発行> 予約番号 発行方法 備考 ドコモ 店舗 電話 ドコモのスマホから151 または0120-800-000 WEB マイドコモ 詳細: 上記から手続きすれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。 ただしMNP予約番号には有効期限がありますので、発行後はすぐに楽天モバイルへの乗り換え手続きをしましょう。 楽天モバイルでMNP転入手続き いよいよ、楽天モバイルでMNP転入手続きします。 転入手続きは「」で進めます。 にアクセス 2. 画面上部の「お申込み」を選択 注意事項を確認し、チェックを入れて「お申し込み画面に進む」をタップ 楽天ID・パスワードを入力してログイン プランは楽天アンリミットしかありません。 右下の「プランを選択する」をタップします。 次の画面で、必要に応じてオプションを選択してください。 無料オプションには最初からチェックが入っています。 また、物理SIMではなくeSIMを申し込む方は、ここでSIM種別の変更が必要です。 SIMカードタイプの下の「変更する」をタップします。 eSIMの方は次の画面でeSIMを選択してください。 また、端末セットで契約する方は「製品選択へ進む」をタップします。 楽天モバイルのおすすめスマホはこちらを参考にしてください。 詳細: 次に本人確認書類をアップロードします。 ここで注意が必要です。 アップロード可能な画像ファイルは5MB以下のため、比較的高機能なスマホで写真を取ると5MBを超えてしまいます。 あらかじめ5MB以下のファイルを用意しておきましょう。 私は写真サイズが7MBあったためファイルがアップロードできずに、つまづきました。 次の画面で、「現在の番号を引き継ぐ(MNP)」を選択します。 次の画面で、ドコモで発行したMNP予約番号や有効期限、電話番号を入力してください。 続いて、配送先情報を選択します。 基本的には楽天IDに登録されている自宅の住所が入力されます。 また、配送日・時間が選べます。 私は5月5日のお昼に手続きして、最短配送日は5月7日でした。 次の画面で申込内容が再度表示されます。 ここで内容を確認してください。 また、紹介特典を利用する方はここで入力します。 2,000円分のポイントが貰えますし、他のキャンペーンとも併用可能です。 最後に、支払い方法を選びます。 楽天カードをお持ちでない方は必ずから発行しましょう。 もちろん年会費などは無料です。 楽天モバイルではこの楽天Linkを使って通話をすることで、国内通話がかけ放題になります。 詳細: ただ、楽天Linkの認証にはSMSの受信が必要ですが、SMSはバンド3に接続している状態でしか受信できません。 自社回線エリア内の方は普通にインストールして普通に設定すればインストール・認証できます。 しかし、パートナー回線エリアの方はSMSの受信ができませんので、自社回線エリアに行ってからインストールしましょう。 どうしても自社回線エリアに行けない方は、に記載した裏技を試してみてください。 この方法でも認証できるようですが、もう1台端末が必要です。 また、 iOS版の楽天Linkアプリは配信されていませんので、iPhoneで楽天Linkは使えません。 以上で設定は終了です。 この15日間以内に、楽天モバイルへのMNP転入手続きを完了させなければなりません。 WEB手続きには残り10日必要 そのため、でMNP転入手続きをする場合は、 有効期限が10日以上残っている場合しか受け付けてもらえません。 残日数に余裕がないと、15日間の有効期限内に開通まで完了できないからです。 残り10日を過ぎた場合は店舗で手続きするか、MNP予約番号を再発行してもらわなければなりません。 そうならないよう、MNP予約番号を取得したらすぐに楽天モバイルで手続きしましょう。 回線切り替えの受付・所要時間 楽天モバイルの開通・回線切り替えは24時間できます。 ただし、手続きした時間によって開通のタイミングが異なります。 受付時間 完了時間 9時~21時 当日中 21時~翌9時 翌9時以降 当日開通の締め切り時間以降に手続きしても、実際に開通するのは翌朝以降になりますので注意してください。 電話しなければ自動開通 SIM到着後に開通手続きをしなかった場合、楽天モバイル側で自動で開通されます。 詳しいタイミングはいつになるかわかりません。 できる限り自身で事前に開通しましょう。 楽天モバイルに乗り換える前に、必ず対応端末を確認しましょう。 ドコモのiPhoneなら非公式な方法で使えますが、Androidはおすすめしません。 楽天モバイルで端末を買ったほうが良いでしょう。 楽天モバイルで買える端末 一番おすすめなのは楽天モバイルで対応端末を購入することです。 楽天モバイルでは最新のAndroidスマホを販売しており、これらの機種はもちろん楽天モバイルで使えます。 APN設定が不要でSIMを挿せばすぐに使えるのも嬉しいですね。 他で購入したスマホも一部の機種は使えますが、よくわからないという方は素直に楽天モバイルで端末を購入しましょう。 楽天モバイルのおすすめ端末は下記記事にまとめています。 SIM契約後に端末を購入しても対象となります。 ただし、いくつか条件があるので必ず事前に確認してください。 詳細は下記記事にまとめています。

次の

【楽天モバイル】Rakuten Linkで無料通話する方法

ドコモから楽天モバイル 電話帳

CHECK はキャンペーンや新規機種が豊富。 現在のキャンペーンはこちらをチェック。 ドコモから楽天モバイルへ乗り換える方法は大きく分けて二つ まずはドコモから、楽天モバイルへと乗り換えをする方法を簡単にご説明していきたいと思います。 主に「電話番号をそのまま利用したい人」と、「別に変っても構わないという人」で、手続きの方法が異なります。 電話番号が変わっても構わないという方で注意すべき点は解約する時期のみです。 ドコモでは契約更新月以外に解約をすると9500円の解約料が発生します。 この契約更新月は契約した時期により違います。 電話0120-800-000かmydocomoで確認ができますので、時期を確認してから、解約手続きをするようにしましょう。 rakuten. 次に、電話番号を変えたくないという方に関してです。 この場合、MNP予約するなど特別な手続きが必要なので注意が必要です。 以下では電話番号を変えたくない場合の手続きを詳しくご説明します。 MNP手続きをして楽天モバイルに乗り換える方法 まず事前準備として、10桁のMNP予約番号の取得が必要です。 MNP予約番号はドコモの場合、電話かmy docomoから取得が可能です。 電話の場合はドコモのインフォメーションセンター• 電話番号 携帯 151 その他0120-800-000 受付時間9:00~20:00(年中無休) こちらにご連絡していただく必要があります。 電話したら、あとはオペレーターの方に従っていただければ、そのまま、予約番号を取得できます。 予約番号はメモしておきましょう。 そのため、電話での取得をおすすめします。 予約番号自体は即日入手が可能です。 注意点としては予約番号には15日間という期限があります。 かつ、楽天モバイルで契約をする場合、期限が10日間残っているもの、つまり取得から5日間しか予約番号が利用できません。 同様の手続きを踏めば再度取得は可能です。 ですが、面倒です。 契約する際には時間に余裕を持ちましょう。 店頭での乗り換えは即日対応で簡単 予約番号を取得したら、店頭か、webでの手続きに入ります。 両者とも必要な書類は以下のようになっています。 本人名義のクレジットカード• 本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポート等住所がわかるもの)• MNP予約番号 忘れると再度手続きが必要になります。 注意しましょう。 店頭での申し込みに関しては必要書類をもって、楽天モバイル対応店舗に行けば後はスタッフの方がMNPの点入出手続きなど煩雑な手続きを最後まで起こなってくれます。 Webでの申し込みの場合にはいろいろと注意点があります。 詳しくご説明していきましょう。 楽天モバイルwebにアクセス。 必要情報を入力• (この際シム切り替えによる空白期間があると困る方は楽天モバイル開通センターに連絡をチェックしておきましょう。 MNP切り替え設定とAPN設定をする MNP開通が済むと正式に前の利用回線との、ここではdocomoの解約が完了します。 ただ、このタイミングが悪いと、電話が使えない空白期間が生れてしまうのです。 楽天モバイル開通センターに連絡をすることで、自分のタイミングでMNPの開通設定をすることができます。 それにより、MNP開通による、空白期間がなくなります。 ただ、そうは言ってもSIMが、届くまで、日数がかかりますので、完全に空白日数をなくすことはできません。 乗り換えの際のタイミングには注意しましょう。 ドコモと楽天モバイルの料金プランを比較 さて最後に、ドコモと楽天モバイルの料金プランを比較し、実際のところどのような場合であれば、楽天モバイルに乗り換えたほうがいいのかご説明していきます。 まず結論から言えば、あまり電話を利用しないかたにおすすめです。 なぜかというと現在ドコモではすべてのプランでカケホーダイという、定額制の通話プランに加入しなくてはならず、それが最低価格のカケホーダイライトプランでも1700円からと高額なのです。 電話をあまりしない、してもネット回線を利用したものが多いという方にとっては全くもっていらないものです。 またデータプラン5GBだと通信量は5000円です。 端末分割代金がかからなかったとしても合計で7000円弱かかるのです。 楽天モバイルでは5GB 通話込みで2150円から 楽天モバイルではどうかというと、まずドコモのカケホーダイライトプランと同じく5分間に限り通話無制限の通話シムが付いた「スーパーホーダイ」でも通信量6GBでひと月2980円からとはるかに安いです。 また、単なる従量課金制の通話シムを利用したものであれば、データ通信量5GBでひと月2150円とその差額は実に5000円ほどとはるかにこちらのほうがお安いのです。 電話を多用する方に関してはまだ、回線の快適さ、料金プランの多様さを考えるといまだ、ドコモの方が快適なのは事実です。 ですが、あまり電話をしない、そもそもネットくらいしか利用しない、そんな方であれば、圧倒的に楽天モバイルの方がおすすめです。 まとめ 今回は楽天モバイルからドコモへ乗り換える際の方法と、両者の料金プランを比較してどのような方に乗り換えがおすすめできるかをご紹介してきました。 これを機に料金プランの見直し、乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

次の

格安スマホに機種変更する際のデータ移行の方法と注意点|端末そのままでもアプリは消える?

ドコモから楽天モバイル 電話帳

移行できるデータ、移行できないデータはどれ? 楽天モバイルはリーズナブルな料金プランだけでなく、月額料金に応じて楽天スーパーポイントも貯まるのでさらにお得感がありますね。 では、楽天モバイルに乗り換えるとき、どのようなデータなら、ドコモ端末などの転出元の古い端末から新しい転入先の端末に移すことができるのでしょうか。 また、移行できないデータはあるのでしょうか。 結論から述べると、 ほとんどのスマホ内のデータは、楽天モバイルのスマホに移行できます。 まず基本的に、スマートフォンは換えずに格安SIMカードのみを入れ替える場合は、データはそのまま引き継げると思ってください。 スマホを新しい機種に換える場合も、大抵のデータは新しいスマホ端末に引き継げます。 ただし、 キャリアメールの送受信内容は、楽天モバイルの格安SIMを挿入したスマホ端末に引き継げません。 また、ゲームのデータも、移行できるものとできないものがあります。 以上の点を踏まえて、楽天モバイルのスマホに移行できるデータを見ていきましょう。 スマホを新しい機種に換えた場合の、データ移行の難易度についてもご説明します。 スマホの電話帳は、Googleアカウントとデータを共有することが可能です。 古いスマホと新しいスマホの両方で電話帳をGoogleアカウントに紐付ける設定を行えば、ごく簡単に連絡先をインポート出来てデータを引き継ぐことができます。 メールのデータは、基本的にデータサーバに保存されています。 新しいスマホにメールアカウントを設定すれば、データサーバからメールをダウンロードできるようになります。 詳しくは後述しますが、クラウドストレージや専用アプリ、SDカードなどを使えば大容量データもスムーズに移行可能です。 楽天モバイルで新しいスマホを手に入れたら、メールアドレスとパスワードを使って各SNSログインしてください。 といっても、決して難しい作業ではありません。 以下の設定方法で作業手順をチェックしてみましょう。 メールアドレスとパスワードでLINEにログイン• 楽天モバイルで使える電話番号を入力する• SMSで認証番号が届くので、LINEに入力する 以上でLINEの引き継ぎ設定は完了します。 LINEの電話サービスを使えば通話料無料で利用出来てお得なので、ここはしっかりとデータ移行手続きを完了させたいですね。 なお、手順8で「アカウントを引き継ぐ」をONにしたら、 24時間以内に引き継ぎ作業を行ってください。 24時間が経過すると、引き継ぎ機能がOFFになってしまいます。 ただし、 引き継ぎの難易度は、電子マネーの種類によって変わるのでご注意ください。 ここでは一例として、【スイカのデータを引き継ぐ方法】をご紹介します。 「モバイルSuica初期設定」画面で、「再発行や機種変更の方」欄の「ログインへ」をタップ• 旧機種で使っていたメールアドレスと「Suicaパスワード」を入力• 「初期設定する」をタップ• 続く画面で「実行する」をタップ• 1~3分後、「 携帯電話機種変更完了」画面が表示される 以上でスイカの引き継ぎ設定は完了です。 なお、スイカに携帯電話番号やキャリアメールを登録していた場合は、手順8で「携帯電話・メール情報変更」を選択してください。 楽天モバイルで使用する電話番号やメールアドレスを、モバイルスイカに設定できます。 以上ピックアップしたデータは、手順さえ踏めば楽天モバイルにインポートすることができます。 特に写真や動画、電話帳などの連絡先といったスマホの重要なデータは、多様なメディアを使って新しい機種に引き継ぐことが可能です。 次節からは、 各メディアを使った楽天モバイルにデータ移行するための設定方法を、詳しく見ていきましょう。 ソフトやアプリを使う方法 スマホのソフトやアプリには、スマホ間のデータ移行に役立つものが数多くあります。 近年人気のデータ移行アプリとなっているのが「JSバックアップ」です。 iOS版とAndroid版がリリースされており、両OS間のデータ移行も、ごく簡単な作業で行えます。 ただし、JSバックアップ単体では、データの移行を行えません。 データ移行には、データを預けるクラウドストレージが必要となります。 JSバックアップで利用できるクラウドストレージは、以下の4種類です。 データ保管BOX[ドコモ]• SugarSync• Dropbox• GoogleDrive 「クラウドストレージなんて使ったことがない」という方も、Googleのクラウドサービスである「 Google Drive」なら特別な手続きなしで利用できます。 というのも、Google DriveはGoogleアカウントに付属するサービスだからです。 無料で15GBまでのデータ保管に利用できるので、データ移行に役立ててみてはいかがでしょうか。 以上の点を踏まえて、JSバックアップとGoogle Driveを併用したデータ移行手順をチェックしてみましょう。 以下は、スマホのデータをGoogle Driveにバックアップする設定方法になります。 「バックアップする」をタップ• バックアップ先にGoogle Driveを選択する• Googleに登録しているメールアドレスとパスワードを入力• ログイン完了後「バックアップ」画面に戻るので画面右上の歯車マークの「設定」をタップ• バックアップするデータを選択する• 「バックアップ」画面に戻って「バックアップスタート」をタップ• バックアップが実行される 写真や動画をバックアップするとなると、送信するデータは大容量になってしまいます。 そのために バックアップはWi-Fiに接続したうえで実行してください。 さらに、データのバックアップには、数時間を要する場合があります。 時間に余裕をもって実行してください。 続いて、JSバックアップでバックアップしたデータを、新しいスマホで復元する手順を見てみましょう。 新しいiPhoneで「設定」アプリを起動• 「全てのコンテンツと設定を消去」をタップ• リセットの確認が2回行われるので「iPhoneを消去」をタップ• Apple IDのパスワードを入力して「消去」をタップ• 画面の案内に従って初期設定とWi-Fiの接続を行う• 「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択• Apple IDとパスワードを入力• 復元に使うバックアップを選択• バックアップが完了する バックアップの復元には、数時間を要する場合があります。 途中でバッテリーが切れないように注意してください。 Androidスマホ同士のデータ移行や、iPhoneからAndroidへのデータ移行には、Google Driveの利用が便利です。 以下をご覧ください• ファイルマネージャーアプリを起動する• 必要なデータを選択して、SDカードにコピーする• データをコピーしたSDカードを新しいスマホに挿し込む• 新しいスマホでファイルマネージャーアプリを起動する• SDカードのデータを新しいスマホ本体にコピーする 以上の手順で、SDカードにバックアップをとったうえで、新しいスマホにデータをインポート出来ます。 なお、iPhoneにはSDカードスロットがありません。 SDカードリーダーを購入して、同様の作業を行ってください。 これならカードサイズが違っていても対応出来ますね。 パソコンで行う方法 パソコンソフトを用いる方法でも、新しいスマホにデータを移行することができます。 たとえば「Mobileデータ移行」を使えば、iPhoneとAndroidスマホ間のデータ移行も簡単に行えます。 データ移行を実践する手順を見てみましょう。 パソコンに新旧のスマホをUSB接続する• 「Mobileデータ移行」を起動する• メニュー画面で「携帯電話から携帯電話へのデータ転送」を選択• コピーしたいデータにチェックを入れる• 「コピー開始」を選択• 新しいスマホにデータがコピーされる 「Mobileデータ移行」の提供価格は2,780円程度となります。 手軽にスマホ間のデータ移行を行いたい人は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。 楽天モバイルのオプションサービスを利用する方法 ここまでにご紹介した方法が難しそうだと感じたら、 楽天モバイルの「アドレス帳・写真移行サービス」を利用してみるのも1つの手です。 これは、アドレス帳や写真データの移行をプロに代行してもらえるサービスです。 iphoneとアンドロイド機種の違いでの注意点 iPhone同士でのデータ移行や、Androidスマホ同士でのデータ移行は、比較的簡単に行えます。 他方、iPhoneからAndroidスマホに乗り換える場合や、その逆の乗り換えを行う場合は、 移行できないデータがあるので要注意です。 たとえばゲームアプリのデータは、iPhoneからAndroidに引き継げない場合があります。 同じ内容のアプリが乗り換え先のOSに用意されていても、 対象データに互換性がない場合があるのでご注意ください。 ガラケーから移行する時の注意点 現在ガラケーをお使いの場合も、楽天モバイルのスマホ端末にデータを移すことができます。 ただし、SDカードスロットの付いた対象端末のガラケーからでなければ、データの移行は難しいと考えてください。 また、ごく稀ですが、データの移し替えに失敗するケースもあります。 必ずバックアップをとったうえで、データ移行を実践してください。 まとめ 3大キャリアのスマホとは違い、格安スマホのデータは自分で移行させなければなりません。 とはいえ、 手順さえ守れば、データの移し替えは意外と簡単です。 楽天モバイルならスマホ料金も安くSIMサービスも充実しているので本ページの内容を参考にして、ぜひ楽天モバイルのスマホへのデータ移行を実践してみてください。

次の