シャミ 子 は 悪く ない よ。 本当はシャミ子は悪くない! 『まちカドまぞく』シャミ子ことシャドウミストレス優子のイラスト詰め合わせ

シャミ子が悪いんだよとは (シャミコハワルクナイヨとは) [単語記事]

シャミ 子 は 悪く ない よ

概要 漫画「」の登場人物・のセリフとされているが、 劇中ではこの様な台詞は一切登場していない(原作はもちろん、アニメ版も含む)。 がの変身方法を桃にうっかり喋ってしまったことで「 町とシャミ子のためだからだよ」と尻尾を看板に縛り付け、中レベルの必殺技を(寸止めで)ぶちかますためにシャミ子に変身を強要したことはある。 同作のアニメ化以降、 (的な意味で)彼女の言いそうな台詞としてとなって拡散。 Googleで検索窓にと入力すると「シャミ子が悪いんだよ」とサジェスト表示されてしまうまでになった。 危機管理フォームの露出に恥じらうシャミ子の姿に理性を失った桃が、このセリフと共にに及んでしまう……という展開がお約束とされる。 この場合、むしろ危機誘発フォームであろうか。 なお、 ファンタジー要素やカッコいいものにテンションが上がるシャミ子が一時的に闇堕ちした桃の衣装に興奮して触りまくっていたら一本背負いをされたことはある。 近しい台詞としては「 シャミ子もそんなに悪い子じゃないのにっ…!!」があり、これは原作1巻6話でシャミ子への飛び道具特訓にて桃が言ったもの。 まんがタイムキャラット本誌に掲載された「ばんがいまぞく」では、桃がシャミ子に「あんなフロイトが手をたたいて喜びそうな悪夢見せてどういうつもり!?シャミ子はよこしままぞくだったんだね!!」と詰め寄ったこともあった。 (フロイトは夢診断で有名な精神科医。 なんでもかんでも性的欲求不満に結びつけようとすることで有名) なお、この時のサブタイトルは 脳味噌桃色魔法少女だった 初出 初出はとされ、次いで8月18日にメイン画像にもなっている1コマ漫画が投稿・拡散されたことで定着したといわれている。 また、「」というものも発生した(こちらも言ってない)。 大事なことなので 繰り返すが 原作にもアニメにもこんな台詞は一切登場していない。 ミーム全般に言えることだが、使うのであれば場の空気を読んで押し付けたりしないようにしたい。 作品を知っている人全員が好意的に受け取るとは限らないからだ。 特に熱心な原作ファンには、本作に限らずこういった派生ネタに神経質になりやすい傾向があるので尚更に重要だ。 公式側の反応は? 時は少し流れて2019年12月、「ネット流行語100 2019」でniconico賞を獲得した。 このことを受けてアニメの公式Twitterに作者の伊藤いづも氏のコメントと記念イラストを投稿。 このコメントの締めでシャミ子が悪いんだよと言いかけており、 公式側でもある程度は容認されているようである。 また、役のも。 とはいえ、 安易な使用に注意が必要なのは変わらない事をお忘れなく。 関連タグ :同じく実際の本編中には存在しないのに広まってしまった台詞。 :こちらは実際にカープファンが飛ばした野次が広まったものだが、元々は当の本人とは全く無関係な状況下で無責任に発言されたものであり、新井氏にとっては完全にである。 外部リンク 関連記事 親記事.

次の

シャミ子「え!?桃ってちんちんついてないんですか??」桃「あ、当たり前だよ!」

シャミ 子 は 悪く ない よ

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。 娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに 遊びに行っていた。 給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。 ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。 俺は生まれて初めてのプロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。 野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。 母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。 チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないと言われ、帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外のベンチで弁当を食べて帰った。 電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。 俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。 新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。 結婚もして、母に孫を見せてやることもできた。 そんな母が去年の暮れに亡くなった。 死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように「野球、ごめんね」と言った。 俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

次の

【まちカドまぞく】桃(強硬派)「シャミ子が悪いんだよ」 桃(穏健派)「シャミ子は悪くないよ」 |エレファント速報:SSまとめブログ

シャミ 子 は 悪く ない よ

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。 娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに 遊びに行っていた。 給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。 ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。 俺は生まれて初めてのプロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。 野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。 母がもらったのは招待券ではなく優待券だった。 チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないと言われ、帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外のベンチで弁当を食べて帰った。 電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。 俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。 新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。 結婚もして、母に孫を見せてやることもできた。 そんな母が去年の暮れに亡くなった。 死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように「野球、ごめんね」と言った。 俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

次の