大阪 府 ぱちんこ 公表。 大阪府休業要請に応じないパチンコ店6店舗の店名と場所はどこ!?明日からの営業はどうする?国民のSNSネットの反応公開

休業要請無視のパチンコ店名“公表”は逆効果か 専門家「依存症の客は遠方からも来る」

大阪 府 ぱちんこ 公表

枚方市の「ベガス1700枚方店」はこの日も営業を継続。 地元の50歳代の男性客によると、店内は1台おきに座るよう対策が取られていたといい、「店側にも『営業しなければ潰れる』などの言い分はあるだろう。 店名の公表は気の毒な気がする」と話した。 堺市堺区の「P.E.KING OF KINGS大和川店」も朝から営業を始め、駐車場がいっぱいに。 大阪市の自営業男性(51)は「府の公表でこの店が開けていることを知り、初めて来た。 パチンコもスロットも、座れないぐらい満席状態だった」と話した。 こうした状況に不快感を示す住民も。 同市内で子ども食堂を営む女性(72)は、留守家庭への宅配に切り替えて活動を続けているといい、「子どもが我慢して家にいる以上、大人は外出自粛の見本にならないといけない」と話していた。 一方、大阪市平野区の「丸昌会館」と「だるま屋」はこの日から休業。 府職員が午前10時頃に店舗を訪れて確認し、ホームページに「休業確認済み」と掲載した。 両店舗とも府が店名を公表した24日の段階で要請に応じる意向を示していたという。 府は24日現在で他に28店舗が営業していることを確認しており、今後、文書で通知し、応じない場合は追加で店名の公表に踏み切る方針だ。 店名の公表は特措法45条2項に定める「要請」に伴う手続きで、応じない場合は、都道府県知事はより強く休業を求める「指示」(45条3項)が出せると定められている。 指示には法的に従う義務が生じることから吉村洋文知事は「(指示を)実施するかどうかはより一層慎重に検討する」としている。

次の

大阪府「パチンコ店」6店の施設名を公表

大阪 府 ぱちんこ 公表

枚方市の「ベガス1700枚方店」はこの日も営業を継続。 地元の50歳代の男性客によると、店内は1台おきに座るよう対策が取られていたといい、「店側にも『営業しなければ潰れる』などの言い分はあるだろう。 店名の公表は気の毒な気がする」と話した。 堺市堺区の「P.E.KING OF KINGS大和川店」も朝から営業を始め、駐車場がいっぱいに。 大阪市の自営業男性(51)は「府の公表でこの店が開けていることを知り、初めて来た。 パチンコもスロットも、座れないぐらい満席状態だった」と話した。 こうした状況に不快感を示す住民も。 同市内で子ども食堂を営む女性(72)は、留守家庭への宅配に切り替えて活動を続けているといい、「子どもが我慢して家にいる以上、大人は外出自粛の見本にならないといけない」と話していた。 一方、大阪市平野区の「丸昌会館」と「だるま屋」はこの日から休業。 府職員が午前10時頃に店舗を訪れて確認し、ホームページに「休業確認済み」と掲載した。 両店舗とも府が店名を公表した24日の段階で要請に応じる意向を示していたという。 府は24日現在で他に28店舗が営業していることを確認しており、今後、文書で通知し、応じない場合は追加で店名の公表に踏み切る方針だ。 店名の公表は特措法45条2項に定める「要請」に伴う手続きで、応じない場合は、都道府県知事はより強く休業を求める「指示」(45条3項)が出せると定められている。 指示には法的に従う義務が生じることから吉村洋文知事は「(指示を)実施するかどうかはより一層慎重に検討する」としている。

次の

大阪府営業中のパチンコ店はどこ?店名は?公表は逆効果!処分は??|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

大阪 府 ぱちんこ 公表

新型コロナウイルスの「緊急事態宣言」が全都道府県に発令されるなか、自治体による休業要請を無視して営業を続けるパチンコ店が各地に存在する。 「3密」(密閉、密集、密接)の典型であり、政府や自治体は、要請に応じない施設名を公表する方針だ。 ただ、効果は疑問のうえ、逆にギャンブル依存症の客を呼び寄せてしまう危険性もあるという。 休業要請を受けて、命に関わる感染拡大を防止するために協力しているパチンコ店は多いが、従わない施設もある。 大阪市内のパチンコ店では22日、午前10時の開店前から600人を超える行列ができていた。 東京都内の繁華街でも20日から営業を再開したパチンコ店があり、近県からも客が訪れているという。 クラスター(感染者の集団)発生が強く懸念されるため、西村康稔経済再生相は、名指しで休業を求める強力な措置も辞さない考えを表明。 大阪府の吉村洋文知事も、パチンコ店を念頭に「今週末には(公表を)判断しようと思っている」と述べた。 こうした施設名の公表について、元千葉県警刑事課長の田野重徳氏は「休業要請を無視している施設は『金もうけ優先』とみられるので、公表されても効果は低いのではないか。 強制的な閉鎖は難しい。 遊技組合などに休業した際のメリットとしない場合のデメリットを提示する手も考えられる」と語った。 客の立場ではどうか。 精神科医でヒガノクリニック院長の日向野春総氏は「ギャンブル依存症は、報道や周囲の助言も気にかけない思考回路になっている。 特定のパチンコ店へのこだわりはなく、開店していたら遠方から来る客もいる。 店名の公表も無意味ではないか」と話している。 要請や指示で効果がない場合、強制力を持たせる法改正が必要だろう。

次の