八幡ssクロス彼女。 ニセコイのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺ガイルおすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

八幡ssクロス彼女

[][][] 氏・著「雪と」 の有り、注意の事 ・「雪と」 「の」 「贈り物」 - 速報 ・「雪と」 「の」 「贈り物」【その1】 ・「雪と」 「の」 「贈り物」【その2】 ・「雪と」 「の」 「贈り物」【その3】 による、以下の3の(の新旧をするなら4か)。 「」 「」 「」 「」のが、「」の346のになる話。 「」の面々も登場。 さんはの1人(は裏方)。 他、概ね、346側 うち、のは3名。 2名は、の裏方ですらない、との新任だが 「」のの面々も登場。 に君臨し、346の皆さんの打倒。 作中のの書いた人は、達の昔の事を、確実に知ってるくさい。 「」のなのであろう。 誰だか知らんがw、の関わりも有るのだ、登場させればいいのに。 で、中盤されてた海未ととしては、終盤のあの展開は、じゃないだろう。 しているが書かれてて良かったのでは。 てか、そう言う風に絡ませないなら、海未とのあの、このにはと思うま。 やが、何故裏方なのかも、納得んなあ。 其々、思うところが有ったのだろうけど。 書けよ。 は、音ノ木坂のという事は、研のとかとかで関与しているの? は、にはならなくて良かったの? 書けよ。 の出番や扱いもだ。 ので、作中、の牙城に、最速で迫ってのけただろう。 書けよ。 穂乃果とやよいとがバトルするなら、バッサリ省くなよう。 書けよ。 そもそもだ、穂乃果とやよいと絡ませろよう、仲良くさせろよう。 書けよ。 VSはニヤリとしたな。 この2人はが似てるし、張り合うのは似合う。 にこが、してするまで、と同様に下積みが長い苦労人なのも、如何にもだw にこ・のの絡み。 書けよ。 A-の3人は、そもそも、すら出ねえwww 書けよ。 斯様に好きの俺が。 この全体には、要素は、不可欠と思えない。 いっそ、に出すより、全部無かった方が、としては、まとが良かったんじゃな。 何ならば、その分、・・の他を出せば良かった。 で、のの話は、別ので書くということで。 終盤の「」は、異議の有る人も居る様だが、俺は、アレでエレガントと思う。 あの策は如何にもらしいし 悪いでもw。 そしては、で碌な目に遭っていない。 あの流れにおいて、最終的にあの結末により、はのを超克し、救済されるのだ。 色々足りなかったり、とっ散らかっていたと思うけど。 でも、強引に一気に読まされた。 バトルは熱く、心情は切ない。 とを高くする。 ちょい。 終盤のと、のの間の時点で。 上記の謎のが、と、会って。 総武高での昔の事とか。 の心情とかを話して。 「なあ、聞かせてくれぬか。 は、君にとって、どういうだった? あの捻デレは、マシになれてい? は、今、か? 」 などと尋ねて。 的に、的に、答えるに答えられないを、も無く泣かせるとか。 「有難う、我が友の事を好きになってくれて」 そして、。

次の

比企谷八幡ってウザくないですか俺ガイル、はまち、やはり俺の青...

八幡ssクロス彼女

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 open2ch. カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の

雪ノ下「もしかして……比企谷くん?」

八幡ssクロス彼女

1: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 一色いろはです。 せんぱいが高校卒業して以来ですから、3年ぶりくらいですね、久しぶりです」 八幡「お、おう…」 八幡(高校卒業後地方の大学に進学した俺が、高校時代の知り合いと会うのは本当に久しぶりだった 八幡(つーか悠々自適なボッチライフを楽しむためにあえて遠いところにしたのに、まさか知り合いに会うなんてな 2: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 つーかお前、よく俺のこと覚えてたな」 いろは「えー普通忘れませんよー?」 八幡「いや3年間も会ってなかったら結構忘れてるもんだけどな…。 ていうかお前がこんなこじんまりとした本屋で働いてることが意外だ。 オサレ( な居酒屋とかで働いてるタイプだったろ」 いろは「あー…。 バイト先で言い寄られるのって結構めんどくさかったんだよね…ふったら波風立ちまくりで」ボソッ 八幡「なんか言ったか?」 いろは「いえいえ、なんでもー。 まあ、ここって結構楽なバイトですし。 個人経営だからシフトも融通利くんで」 八幡「いいことを聞いた、なんなら今すぐにでもシフト変更して帰りたいまである」 いろは「初日からそれって…」 八幡「俺のバックれたバイトは108まであるぞ」 6: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 比企谷くん、今日からよろしくね」 八幡「っす」 店長「仕事は一色さんに教えてもらえばいいから。 じゃあ、僕は裏で発注しとくね」 いろは「え、私が教えるんですか?」 店長「うん、よろしく」 いろは「えー…りょーかいです」 8: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 一応これからはここでは私が先輩ですよ?」 八幡「…すみません、よろしくお願いします一色さん」 いろは「あはっ、冗談ですよ~」 八幡「こいつ…」 いろは「せんぱいが後輩だーなんかおもしろ」 八幡「はあ…」 八幡(…今回は久しぶりに初日でバックてしまいそうだ 9: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 今日は色々と教えてくれてありがとな」テクテク いろは「うわなんかせんぱいから凄い素直に感謝された気持ちわる。 せんぱいそんなキャラでしたっけ~?」テクテク 八幡「相変わらずお前の素はえぐるようにくるな。 俺だってもう21だ、仕事教えてくれる相手には素直に感謝ぐらいするさ」テクテク いろは「あーそっかー私の一つ上ですもんね~21かー。 あは、おっじさ~ん」テクテク 八幡「うっせ」カチッ、シュボ、スパー いろは「え、せんぱい煙草吸うんですか?」テクテク 11: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 本当に偶然」テクテク 八幡(大事なことだから二回言った結果怪しさが増した気がするが いろは「えー…ほんとですかあ?」テクテク 13: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 一色は?」 いろは「202です。 うわー…よく今まで気づきませんでしたね」 八幡「お互いな」 八幡(こんな近くに知り合いが住んでたとは…世間は狭いといってもこれはさすがにできすぎだろう 15: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お前外面だけはいいんだから」 いろは「なんですかそれ口説いてるんですかごめんなさい狙いすぎだし気持ち悪くて無理です」 八幡「…いつだったか同じようなこと言われたな」 いろは「そうでしたっけ?覚えてないです。 それじゃーせんぱい、お疲れ様でーす」バタン 八幡「おう」 八幡(なんか今日は疲れたな…早よ寝るか カチッ、シュボ、スパー 17: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 なんか渋くなったよね。 ベランダで煙草でも吸うか」 八幡(俺の部屋の冷蔵庫にはMAXコーヒーがダース単位で保存してある。 MAXコーヒーと煙草、これ最強 ガラガラ 八幡(MAXコーヒーで喉を潤して ップシュ、ゴクゴク 八幡(煙草の苦みがいい具合にコーヒーの甘さと調和する カチッ、シュボ、スパー ガラガラ 八幡「ん?」 27: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 この件に関しては小町ポイントに既に甚大な被害を出したからな。 もう誰にどう言われようと気にせん」 いろは「いや、別に何も言ってないですけど…」 八幡「…っそ」スパー いろは「煙草吸ってる先輩の姿、結構好きですし」ボソッ 八幡「あ?」 いろは「なーんでもなーいでーす」 八幡「あっそ。 ま、言いたいことあるなら言えよ」 八幡(聞くだけだけどな いろは「はーい。 …そのうち、言いますよ」 八幡「そか」 いろは「はい」 29: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 今日もよろしくね」 八幡「うっす」 店長「じゃ、僕は裏で発注しとくから…」 いろは「…店長って発注とか言って裏でずっと漫画読んでるんですよー」ヒョコッ 八幡「いきなり背後に忍び寄って耳元で囁きかけるな、野原さんちのしんのすけくんかお前は」 いろは「何言ってるんですかあ。 可愛い可愛い後輩の一色いろはちゃんですよー。 あ、ここでは私先輩でしたね」 八幡「…はあ。 今日もよろしくな」 いろは「いぇっさー」 30: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 そりゃそうですよ、だって今から飲み会ですもん」テクテク 八幡「そうか。 いってら」テクテク いろは「せんぱいと!」ピタ 八幡「は?」ピタ 31: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 あ、せんぱいのコミュ能力を考慮して私と二人だけの飲み会なので安心してください」 八幡「………」スパー いろは「お金なら、安い居酒屋だから大丈夫ですよー多分。 二人で飲み放題にしても3000円かかりません。 私出しますよ。 せんぱい、お酒だめな人ですか?」 八幡「金は俺が出してもいいし、酒は嫌いじゃないが…」 八幡(飲みニケーションとかいう風習は嫌いだが 32: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 行きましょうよー」テクテク 八幡「…しょうがねえな」スパー いろは「…!? 」 八幡「なんでお前がびっくりしたような顔してんだよ。 ほら、行くぞ」テクテク いろは「あ、はい。 せんぱい待って~」テトテト 39: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 乾杯」 いろは「せんぱいテンションひくーい」ゴクゴク 八幡「俺にテンションを求めんな」グビグビ いろは「そーでしたねー。 せんぱいそーゆー人ですもんねー」 八幡「…うっせ」グビグビ 40: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 いかにもだな グビグビ いろは「せんぱいってーそういえばどこ大ですか~?」ゴクゴク 八幡「K大だよ。 あそこの3年だ」グビグビ いろは「K大かー。 いっしょです。 学部どこですかー?」ゴクゴク 八幡「法文だよ」グビグビ いろは「へーそうなんですかー法文」ゴクゴク 八幡「ああ」グビグビ いろは「へー…」ゴクゴク 八幡「………」グビグビ、ップハア いろは「………」ゴクゴク、ップハア 八幡「次、何頼む」 いろは「あー私カルーアミルクでお願いします」 八幡「はいよ。 すみませーん、生中とカルーアミルクください」 ハーイ! 41: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 俺もびっくりしてるんだ、ちょっと」 いろは「なんですかあそれ。 意味分かんないですね」 八幡「…まあ、せっかく久しぶりに会ったのにろくに話もしなかったからな。 一回ぐらいいいかと思ったんだよ。 可愛い後輩の言うことだしな」 いろは「だ、だから狙いすぎで気持ち悪いんですって」 八幡「それはすいませんね。 …つーかお前、もしかして酒弱いのか?顔赤いぞ?」 いろは「これが普通です!」 42: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お前見るからにやばいぞ、飲みすぎだ」 いろは「えーそんなことないですってー!」キャハハ 八幡「いや、明らかにお前つぶれる寸前だから。 帰る準備しろ、送るから」 いろは「……」 八幡「おい?一色?」 43: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 物腰が大人っぽくなったっていうかあ」 八幡「…そうか?そうでもないだろ」 いろは「ある意味昔から大人っぽくはありましたけどお、なあんか捻くれてる部分がなくなったっていうかあ」 八幡「まあ、21にもなりゃな。 ちっとは変わるさ」 いろは「へええ。 ……ねえ、せんぱい。 私ね、ずっとせんぱいに伝えたかったことがあるんです」 八幡「……なんだよ?」 八幡(まさか告白か?なんて期待をするような俺ではない。 そこら辺の心構えは高校時代から変わらずだ いろは「……ありがとうって、ずっと言いたかったんです」 八幡(だが、一色の口から出た言葉は完全に俺の予想外だった 44: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 だからお前が高校生活楽しめたのは、お前自身のおかげだろ」 いろは「それでもです。 私が私の主観でせんぱいに感謝したいと思ってるからこれでいいんです。 私の感謝、ちゃんと受け取ってください」 八幡「……そうか、どういたしまして」 いろは「それでいいんですっ。 …やっと言えましたー前、再会したときから言おー言おーとは思ってたんですけど。 お酒の力って便利ですねっ」 八幡(そう言って照れるように笑った一色は、いつだったか俺の話に乗ると決めた時のように可愛らしいものだった 45: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 …ったく、ほら肩貸すから掴まれ」ヒョイッ いろは「っ……はあい」 八幡「ん?おい、お前まだ顔真っ赤じゃねえか、ったく、やっぱ飲みすぎなんだよ」 いろは「……私の方が勘違いしますよこれ」ボソッ 八幡「は?なんか言ったか?」 いろは「おんぶしてって言ったんです~。 足もう疲れた~」 八幡「お前学校とバイト以外全ての時間部屋に引きこもってるインドア大学生なめんな。 ほら、行くぞ」 いろは「はーあーいー」 いろは(何年か越しにやっと自覚した私のこの恋心を伝えることができるのは、もうちょっと先の話 終 47: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2ch.

次の