ゲンタマイシン硫酸塩軟膏 陰部。 ベトネベートN軟膏ASの強さと副作用!陰部や顔には使える?

リンデロンVG軟膏・クリームの強さ・やけどに使える?

ゲンタマイシン硫酸塩軟膏 陰部

ベトネベートN軟膏ASの効果は?リンデロンとの違いも ベトネベートN軟膏ASは、第一三共ヘルスケアから販売されている指定第二類医薬品の皮膚疾患治療薬です。 そして、ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイド成分が、湿疹やかぶれなどの皮膚の炎症に優れた効き目を発揮する軟膏薬で、抗菌作用を有する抗生物質フラジオマイシン硫酸塩を配合しているので、化膿している傷口などの患部にも使うことができます。 そのため、具体的には次のような症状に効果があります。 ・ 化膿を伴う次の諸症状 湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫刺され、じんましん ・ 化膿性皮膚疾患 めんちょう、毛のう炎、やけど このほかにも、皮膚の代謝をサポートして、免疫力を向上させることによって抗炎症作用、皮脂分泌抑制作用が得られるので、ニキビに関しても赤ニキビやニキビ跡の赤みにも効果的です。 ただし、ベトネベートN軟膏ASはステロイド軟膏薬なので、ステロイドにより炎症を抑制する作用がある反面、殺菌への免疫力を弱めてしまう性質があるので、殺菌やウイルスなどが繁殖しやすくなり、二次感染を発症させたり、悪化してしまうことがあります。 なので、具体的にはヘルペスや水虫などの症状にはベトネベートN軟膏ASの使用はオススメできません。 リンデロンVG軟膏との違いは? リンデロンVG軟膏は、ベトネベートN軟膏ASと同じベタメタゾン吉草酸エステルを主成分にしている皮膚科の処方薬で、抗生物質としてはフラジオマイシン硫酸塩が配合されています。 それから、ステロイドの強さも同じなので、基本的な効果や働き、副作用も同じですが、皮膚科で医師に処方してもらわない限り購入することができません。 スポンサーリンク ベトネベートN軟膏ASの使い方は?ステロイドの強さや副作用も ベトネベートN軟膏ASは、洗顔や入浴後の清潔な肌の患部に、適量を薄く塗るだけで良く、大量に塗っても効果は高まらないですし、かえって副作用のリスクが高まるだけなので、こうした利用の仕方は控えるようにしましょう。 ベトネベートN軟膏ASのステロイドの強さは?副作用も ベトネベートN軟膏ASのステロイドの強さは、1~5群まである中で、3群の「強い」にあたるので、刺激としては強い部類に入ることから、即効性は期待できますが、その分副作用のリスクもあります。 そして、具体的な副作用としては、皮膚萎縮(皮膚が白く薄くなり、静脈が透けて見える、てかてか光る、へこんだように見える、シワができる)といった症状が起きやすいとされています。 これはベトネベートN軟膏ASの長期の利用や、敏感肌、皮膚の中でも顔や耳、陰部などステロイドが浸透しやすいからなので、これらの部位への使用は医師から特別な指示がない限り控えるようにし、赤ちゃんや妊婦に関しても同様で、子供が使用する場合は腕や足など部位を限定的にするなど使用の制限があります。 そして、副作用にはそれ以外にも、赤ニキビや白ニキビができたり、うぶ毛が濃くなったり、細菌やウイルスが繁殖しやすくなったり、二次感染を発症したり、悪化するといった恐れがあるそうです。 スポンサーリンク ベトネベートN軟膏ASは市販されている? ベトネベートN軟膏ASは1,500円前後が相場で、一般的なドラッグストアで購入ができますが、第二類指定医薬品のため、登録販売者がいる店舗であれば購入が可能です。 ただ、ベトネベートN軟膏ASは市販薬の中でも最も強力なステロイド外用薬なので、使用にあたってはくれぐれも安全な範囲で使用してください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、ベトネベートN軟膏ASの強さと副作用、また、陰部や顔には使えるのか、といったことなどについても詳しくお伝えしました。 ベトネベートN軟膏ASは、市販で販売されているステロイド軟膏薬で、抗生物質も含まれているので化膿している傷口部分にも使うことができ、炎症を鎮め、湿疹やあせも、じんましん、虫刺されなどの症状改善に効果的で、ニキビも赤ニキビやニキビ跡を改善することができるのでした。 そして、ステロイドの強さとしては3番目の強さで市販薬の中では最も最強なので、顔や陰部など皮膚が薄くデリケートな部分への使用は控え、大量に塗って皮膚萎縮などの副作用が起きないようにする必要があるのでした。 それから、第二類医薬品のため登録販売者がいるドラッグストアであれば購入可能ですが、安全な範囲でしっかり使うようにしましょう! 【Amazon. jp アソシエイト】.

次の

ゲンタマイシン軟膏の効果と副作用【抗生剤軟膏】

ゲンタマイシン硫酸塩軟膏 陰部

ゲンタシン(成分名:ゲンタマイシン硫酸塩)はアミノグリコシド系の抗生物質です。 病院などで処方される医療用医薬品で、塗り薬としてはゲンタシン軟膏0. ゲンタシンは細菌の正常なタンパク質の合成を阻止して効果を発揮する抗菌薬です。 ただし大部分の嫌気性菌(酸素を嫌う細菌)には抗菌力を示しません。 ゲンタシンの軟膏とクリームは何が違う? ゲンタマイシンの塗り薬には軟膏とクリームがあります。 軟膏とクリームの違いは以下のようになります。 季節や症状、生活のスタイルで使いわけることが多いです。 剤形 利点 欠点 軟膏 ・長くもつ ・患部の保護作用が高い ・ベタつく クリーム ・伸びがいい ・塗り心地がいい ・水洗いで落としやすい ・汗などで流れやすい ゲンタシンの効果 ゲンタシンは細菌の増殖を防ぎ、部分的な感染症を治します。 主に皮膚の感染症の治療に用いられます。 すり傷、切り傷、化膿した部分・傷、とびひ、やけどの水泡が破けてジュクジュクした傷などに処方されます。 また、虫刺されやあせもを掻きむしってしまった場合、掻きむしった傷からの感染を予防するために処方されることがあります。 ただし、ゲンタシンにはかゆみや炎症を抑える効果はないので、かゆみ止めと合わせて処方されることが多いです。 〈適応菌種〉 ゲンタマイシンに感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属(肺炎 球菌を除く),大腸菌,クレブシエラ属,エンテロバクター属, プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,プロビデンシア属, 緑膿菌 〈適応症〉 表在性皮膚感染症,慢性膿皮症,びらん・潰瘍の二次感染 ゲンタシン軟膏0. 耐性菌(ゲンタシンが効かない菌)を作らないために、医師の指示なしに自分の判断で塗るのを止めないでください。 陰部に使える? ゲンタシンは刺激となるものが入っておらず陰部(デリケートゾーン)にも使うことができます。 下着などを汚さないためにガーゼなどを使う必要があります。 顔に使える? ゲンタシンは顔や唇にも使う事はできますが、目に入らないように気をつけてください。 もし入った場合はすぐに水で洗い流してください。 |ゲンタシンと同じものはないが抗菌薬の軟膏はある! 2017年8月現在、ゲンタシンと同じ成分(ゲンタマイシン硫酸塩)の市販薬はありません。 ゲンタシンが必要な方は医師の診断を受ける必要があります。 ゲンタシンと同じ成分の市販薬はありませんが、抗菌薬は市販薬としてドルマイシンなどがあります。 ドルマイシン軟膏はコリスチン硫酸塩とバシトラシンという2つの抗菌薬を配合した軟膏です。 外傷ややけどの化膿予防、毛嚢炎や湿疹などに使用できます。 急ぎで使いたい方におすすめです。 ニキビには効く? ゲンタシンにニキビへの効果は期待できません。 ゲンタシンの適応菌種の中に、ニキビの原因菌であるアクネ菌はありません。 ニキビ治療の塗り薬としてはクリンダマイシンリン酸エステルを成分とするダラシンTゲル1%などがよく処方されます。 ただし、ニキビが化膿してしまっている場合や皮膚に細菌が感染して起こる毛嚢炎(もうのうえん)では、細菌感染への治療としてゲンタシンが処方されることがあります。 毛嚢炎は見た目がニキビに似ているため、「ニキビにゲンタシンが処方された」と勘違いされてしまうこともよくあります。 【薬剤師がおすすめするニキビの市販薬】 ニキビ治療薬の市販薬ではアクネ菌を殺菌する成分イソプロピルメチルフェノールが配合されたペアアクネクリームWがあります。 カンジダには効く? カンジダも「細菌」ではなく「真菌」の仲間です。 細菌感染の治療薬であるゲンタシンでは直接的な効果はありません。 ただし、二次的な感染を防ぐためにカンジダの治療薬に加えて処方される事があります。 腟のカンジダの治療薬としてはオキナゾール膣錠やアデスタン膣錠などが処方されます。 病院で腟カンジダの診断を受けた事のない方、腟カンジダ以外のカンジダの方は使用できません。 【薬剤師がおすすめする膣カンジダの市販薬】 市販薬の腟カンジダ治療薬としては腟坐剤のメディトリートや外陰用クリームのメディトリートクリームなどがあります。 ただし、メディトリートは過去に医師の診断・治療を受けた事がある腟カンジダの再発の治療に限られます。 メディトリートは腟坐剤と外陰用クリームを併用できる特徴があり症状のある部位によって使い分けます。 カンジダ症状がある部位 適切な薬 腟 (外陰症状はないか、外陰病変は腟口部のみの狭い範囲に認められる場合) メディトリート(腟坐剤) 腟及び外陰 ( 外陰病変は腟口部より広い範囲に認められる場合) ・メディトリート(腟坐剤) ・メディトリートクリーム(外陰用クリーム) 外陰 (外陰病変は腟口部より広い範囲に認められ、腟症状はない場合) ・メディトリートクリーム(外陰用クリーム) 【ただし、腟内にも原因菌が増殖している可能性があるためメディトリート(腟坐剤)との併用が望まれます】 使用上の注意 ・ゲンタシンはゲンタシンを含めたアミノグリコシド系の抗生物質やバシトラシンに対し過敏症を起こしたことのある方は使用できません。 ・ゲンタシンの使用は耐性菌の発現等を防ぐため、原則として治療に必要な最小限の期間にとどめてください。 ・目には使用しないでください。 副作用 ゲンタシンの副作用はめったに起こるものではありませんが、主な副作用には発疹、かゆみ、発赤、腫れなどが報告されています。 また、腎障害、難聴の副作用が出る可能性があるため、長期間の連用を避けてください。 もし、発疹、かゆみ、発赤、腫れ、音が遠い、聞こえにくいなどの症状が出た場合は使用を中止して、医師の診療を受けてください。 ゲンタシンとよく比較される塗り薬がリンデロンVGです。 リンデロンVGはゲンタシン(ゲンタマイシン硫酸塩)にステロイド(ベタメタゾン吉草酸エステル)を加えたものと言えます。 Strong(強い)に属しています。 リンデロンVGは抗菌薬にステロイドが加わることにより、かゆみや炎症を抑えることができるようになりました。 虫刺されやあせも、皮膚炎、湿疹、やけどのジュクジュクなどのかゆみや炎症を伴う部分の感染予防には、ゲンタシンよりもかゆみや炎症も抑えられるリンデロンVGがおすすめです。 ただしステロイドは免疫を下げるためゲンタマイシン硫酸塩の効果が薄い細菌や真菌などに使うと、症状が悪化してしまう場合があります。 まとめ ゲンタシンは切り傷や化膿など幅広く使うことができます。 しかし、先にあげたように効果がないものも多くあります。 効果がないものへ使用していると、その間に症状が悪化してしまうことも考えられます。 薬を使う時は症状に合う薬を使うことが一番大切なことです。 もし何を使ったら良いかわからない方は、病院を受診するか薬局・ドラッグストアなどの薬剤師・登録販売者や薬剤師のいる質問サイト(ミナカラなど)でどの薬を使ったら良いか聞くようにしてください。 出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページ.

次の

ゲンタマイシン硫酸塩軟膏は、口唇ヘルペスにききますか?

ゲンタマイシン硫酸塩軟膏 陰部

Sponsored Link ゲンタシン軟膏を使っても良い部位 ゲンタシン軟膏は、ステロイドなどの副作用の強い成分が含まれていないため、大抵の場所に塗れる使いやすい塗り薬です。 腕や足、お腹、背中といった基本的な部分はもちろんのこと、以下のような部分にも塗ることが出来ます。 おでこ、頬、あごなど ゲンタシン軟膏は、おでこや頬、あごといった、 顔の大抵の皮膚部分には塗っても問題ありません。 顔の化膿した切り傷やすり傷、赤く腫れたニキビなどに塗ることが出来ますので、ばい菌が入った場合には使ってみると良いでしょう。 鼻 意外と塗っていいのか迷ってしまう鼻ですが、 鼻の表面、鼻の入り口、鼻の中のどこでも塗って大丈夫です。 「鼻の中に塗っても大丈夫なの!?」と思うかもしれませんが、 耳鼻科などでも鼻の中が荒れた際には処方されていますので、心配せず使って問題ありません。 ただ、鼻の中は少し塗りにくいので、ゲンタシン軟膏を綿棒などで少量だけ取り、優しく伸ばすように塗ると良いでしょう。 唇 唇や唇の周りも、傷口が腫れたり化膿している部分があれば塗って問題ありません。 口角炎や唇の傷、唇のひどいひび割れや荒れなどが腫れたり膿んだりした場合に使うと良いでしょう。 口唇ヘルペスの場合は、できものや水疱がジュクジュクとした時に塗っておくと、細菌感染による症状の悪化を予防することが出来ますよ。 塗ったゲンタシン軟膏が口に入って、うっかり飲み込んでしまうことを心配する人が多いのですが、 ゲンタシンは腸で吸収されないので害になることはありません。 陰部などのデリケートなゾーン ゲンタシン軟膏は、陰部や乳首などのデリケートな部分にも使うことが出来ます。 傷や荒れで赤みが出たり、腫れている場合などには効果が期待出来ますよ。 ただ、カンジダなどの細菌が原因ではない感染症の場合は、ゲンタシン軟膏が逆効果になるケースもあります。 原因が分からない症状の場合には、むやみに塗らない方が良いでしょう。 また、かゆみを直接抑える効果はありませんので、かゆみがひどい場合にはかゆみ止めの成分が含まれる専用の薬を処方してもらった方が良いですね。 ゲンタシン軟膏は、顔の皮膚や鼻の中、唇、陰部などのデリケートな部分にも使える! Sponsored Link ゲンタシン軟膏を使ってはいけない部位 上にも書いた通り、ゲンタシン軟膏は体の大抵の場所に塗ることが出来ますが、一部塗らない方が良い場所もあります。 具体的には以下の3か所ですね。 目の粘膜 ゲンタシン軟膏は、基本的に目の中に使うことが出来ません。 目の粘膜は皮膚と比べてデリケートなので、眼科用の専用の塗り薬を使うようにしてください。 ゲンタシン軟膏は刺激の少ない塗り薬なので、一度目に入ったからといって急に何か起こることはあまりありませんが、目に異常が現れるケースもありますので注意しておきましょう。 まぶた、目の周り まぶたや目の周りなど、目に入ってしまう可能性のある部位にゲンタシン軟膏を塗るのは避けておきましょう。 厳密には目の粘膜に触れなければ問題ありませんが、うっかり目をこすって入ってしまうケースも少なくありません。 特に子供の場合は、どうしても目をこすってしまいがちなので、きちんと眼科で処方してもらった薬を使うようにしてくださいね。 口の中(口内炎など) ゲンタシン軟膏は皮膚に使うことを考えて作られているため、口の中で使えるようには作られていません。 仮に塗っても唾液で流れ落ちてしまいますので、口の中には塗らないようにしましょう。 口内炎や口の中の切り傷などには専用の薬がありますので、そちらを使うようにしてください。 ゲンタシン軟膏は、赤ちゃんでも大人と同じように使える! まとめ ゲンタシン軟膏は顔や陰部などのデリケートな部分を含め、大抵の場所に塗ることが出来ます。 今回の話を簡単にまとめておくと以下の通りですね。 ゲンタシン軟膏はデリケートな部位でも塗ることが出来る• 顔はおでこや頬、あご、鼻、唇などは塗ってもOK• 目に入れない方が良いので、まぶたや目の周りは避ける• 口の中(口内炎など)に塗っても流れ落ちてしまうので意味がない• 赤ちゃんでも大人と同じように塗って良い ゲンタシン軟膏は、塗り薬の中でも害の少ない薬なので、使用にあたってあまり心配しすぎる必要はありません。 ただ、肌荒れや病気の種類によっては、塗っても意味がない、逆に症状が悪化してしまうということも考えられます。 そのため、ゲンタシン軟膏は、 ばい菌に感染して赤く腫れている、化膿して膿がたまっている、傷口がジュクジュクしている時などに塗るものと考えておきましょう。

次の