日ハム ドラフト 2019。 ドラフト2020 日本ハムファイターズ 指名予想&スカウト情報・評価まとめ!

ドラフト2020 日本ハムファイターズ 指名予想&スカウト情報・評価まとめ!

日ハム ドラフト 2019

評価 A 80 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 堀田賢慎 投手 青森山田 右投右打 二位 投手 JR東日本 右投右打 三位 外野 常総学院 右投右打 四位 投手 前橋商 左投左打 五位 捕手 星稜 右投右打 六位 伊藤海斗 外野 酒田南 左投左打 一巡目指名の奥川恭伸、外れ一位の宮川哲を外し 堀田賢慎を一位指名で獲得しました。 知名度こそ低いものの、素材型として上位候補とされていた逸材です。 将来的には十分チームのエースになってくれるような 高い潜在能力があるでしょう。 二位は太田龍で社会人ですが、こちらも素材型です。 まだまだ潜在能力を発揮していないですが、 ポテンシャルは一級品です。 さらに四位にも素材型左腕の井上温大を獲得。 以上のように、次世代のエース候補をしっかり獲得できたのは高評価です。 巨人の場合は、選手層も厚く、有望若手も多いので、次世代を担う選手を多めに獲得したのはチーム事情としっかり合致しています。 ただ、 菅野が近いうちにMLBへ移籍する可能性もあるので、即戦力投手を獲得しても良かったのでは?と感じました。 ここら辺は来年の課題でしょうか。 ドラフト2019 横浜ベイスターズのドラフト結果と評価&採点は? 続いて 横浜。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 A 85 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 遊撃 桐蔭学園 右投左打 二位 投手 立命大 左投左打 三位 投手 明大 右投右打 四位 捕手 智弁和歌山 右投右打 五位 田部隼人 内野 開星 右投右打 六位 蝦名達夫 外野 青森大 右投右打 七位 投手 有明 右投右打 サプライズで 一巡目指名を森敬斗で行きましたね! 横浜の場合は、ここ最近は一位指名投手がしっかり活躍しており、若手投手陣が豊富です。 その為、投手よりは野手という選択は理にかなっています。 特に二遊間は手薄なので、2019ドラフトの遊撃手No. 1の森に行ったのでしょう。 ただ、現状の戦力を考えると、内野手補強は急務だったと思いますので、 即戦力の方が良かったのでは?と感じます。 二位・三位には大学生投手を獲得しました。 横浜の場合、リリーフが手薄なので、この二人を リリーフとして構想しているのでしょう。 全体的には弱点をしっかり補強した良い選択だったと思います。 ドラフト2019 阪神タイガースのドラフト結果と評価&採点は? 続いて 阪神タイガース。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 B 75 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 創志学園 右投右打 二位 外野 履正社 右投右打 三位 投手 横浜 左投左打 四位 遊撃 東海大相模 右投左打 五位 捕手 中京学院大中京 右投右打 六位 小川一平 投手 東海大学九州 右投右打 阪神は奥川恭伸を外し、 西純矢を一位指名で獲得しました。 西純矢は、佐々木・奥川に次ぐ素材で、将来的にはエースを任せられる逸材です。 ただ、 阪神の補強ポイントは即戦力の野手です。 二位に履正社の井上広大を獲得しましたが、即一軍とはいかずに、3~5年くらいは掛かるでしょう。 そういった意味では、今回のドラフトでは高校生指名が多く、チーム状況に沿った指名とは思えません。 もう少し即戦力野手重視でも良かったのではと感じます。 もしかしたら今年はFAに力を入れるつもりなのかもしれませんね。 そうであれば、狙い通りのドラフトだったと言えるかもしれません。 ドラフト2019 広島カープのドラフト結果と評価&採点は? 続いて 広島カープ。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 95 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 明大 右投右打 二位 外野 法大 右投左打 三位 投手 霞ヶ浦 右投右打 四位 遊撃 花咲徳栄 右投左打 五位 石原貴規 捕手 天理大 右投右打 六位 投手 丹生高 左投左打 森下を一本釣りしましたね! これだけでも合格、と言いたいくらいの逸材です。 今年のドラフトでは 即戦力としては森下がNo. 1です。 今年悔しい思いをしたカープにとって、この補強は来年に向けての大きなインパクトとなるでしょうね。 二位には外野手の宇草を指名。 宇草は プロでもトップクラスの高い走力があり、打撃も素晴らしいものがあります。 走力野球を掲げるカープにピッタリの選手ですね。 三位には霞ヶ浦の鈴木を獲得。 今年活躍した遠藤の後輩で、当時の遠藤よりも評価高く、潜在能力抜群です。 唯一、 田中・菊池が抜ける可能性が有るので、ここを補強しておく億戦力を獲得しても良かったのかなと思います。 それでも全体的にはほぼパーフェクトなドラフトと言えるでしょう。 ドラフト2019 中日ドラゴンズのドラフト結果と評価&採点は? 続いて 中日ドラゴンズ。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 95 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 三塁 東邦高 右投右打 二位 投手 大阪商大 左投左打 三位 投手 東芝 右投右打 四位 捕手 慶大 右投右打 五位 投手 菰野高 右投左打 六位 竹内龍臣 投手 札幌創成高 右投右打 中日は 石川を三球団競合の上、見事当たりくじを引きました。 昨年の根尾に続いて会心のくじ引きでしたね。 石川は長身ながら柔らかい打撃で、天性のバッティングセンスがあります。 将来的には 日本の中軸を任せられるくらいにやってくれるでしょう。 また、中日の補強ポイントは投手ですが、昨年同様に一位を野手、二位・三位で投手をしっかり獲得しており、今年も良い補強が出来ました。 特に三位の岡野は完成度が高く、 試合を作る能力が高い選手です。 一年目からの活躍が期待できそうですね。 昨年同様に、合格と言えるドラフトだったのではないでしょうか。 ドラフト2019 ヤクルトのドラフト結果と評価&採点は? 続いて ヤクルト。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 100 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 星稜高 右投右打 二位 投手 日体大 右投右打 三位 投手 創価大 右投左打 四位 投手 創価大 右投右打 五位 長岡秀樹 内野 八千代松陰高 右投左打 六位 遊撃 八戸学院光星高 右投左打 奥川恭伸を三球団競合の末獲得! 会心のくじ引きでしたね~ 奥川は高校生ですが、一年目から十分一軍でやれる実力があります。 歴代でもトップレベルの逸材なので、 末永くヤクルトを支えてくれるでしょう。 さらに二位には吉田を獲得。 こちらは 即戦力では森下に次ぐ実力の持ち主で、非常に完成度が高い投手です。 外れで競合もあると思われていた選手なので、残っていてラッキーという感じでしょう。 この二人を獲得出来ただけでも今年のドラフトはパーフェクトといって良いです。 さらに三位で杉山、四位で大西と、 課題の投手陣をしっかり補強出来ました。 これ以上のドラフトはないくらいの会心のドラフトと言えるでしょう! ドラフト2019 西武のドラフト結果と評価&採点は? まずは 西武。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 90 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 東芝 右投右打 二位 投手 三菱日立PS横浜 左投左打 三位 投手 BC武蔵 右投右打 四位 川野涼多 内野 九州学院高 右投両打 五位 柘植世那 捕手 ホンダ鈴鹿 右投右打 六位 投手 日大三高 右投右打 七位 上間永遠 投手 四国IL徳島 右投右打 八位 岸潤一郎 外野 四国IL徳島 右投右打 佐々木朗希を外しましたが、 外れ一位で宮川哲を獲得しました。 西武の場合は投手陣が手薄なので、補強ポイントは即戦力投手です。 社会人No. 1の宮川を獲得できたのは 逆に良かったのかもしれません。 さらに二位で浜屋を獲得出来ました。 こちらは社会人の高卒三年目左腕で、リリーフとしてなら直ぐに戦力になりそうです。 まだ若く将来性もあるので、 将来的には左腕エースにもなれる選手だと思います。 また、BCリーグからはサイドハンドの松岡を獲得。 まだ高卒一年目と若いですが、 リリーフとして意外と早くから活躍できるかもしれません。 その他には六位で井上を指名。 若くて潜在能力が高そうな投手も獲得できており、 投手優先の良いドラフトだった言えるのではないでしょうか。 ドラフト2019 ホークスのドラフト結果と評価&採点は? まずは ホークス。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 B 70 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 外野 JR西日本 右投右打 二位 捕手 東海大 右投右打 三位 投手 東北福祉大 右投右打 四位 小林珠維 投手 東海大札幌高 右投右打 五位 外野 慶大 右投左打 一巡目指名では石川を指名しましたが、 外れで佐藤を指名しました。 ホークスの場合、全体的に戦力が整っているので、特に急務ポイントはありません。 その中でも高齢化が進む野手陣を狙ったドラフトだったようです。 一位指名の佐藤は、社会人ですが高卒三年目と若く、 走攻守で高レベルな選手です。 個人的には二位以下だと思っていたので、ちょっと意外な指名でした。 それでも、ホークスの外野陣は左打者が多いので、貴重な右打者として重宝するでしょう。 二位の海野はちょっと疑問です。 タイプ的には 強肩が特徴の捕手なので、甲斐に近い選手です。 年齢的にもそこまで遠くないので、ダブるような選手を上位で獲得する必要はなかったのかなと思います。 戦力的には余裕があるので、甲斐も含めて捕手のレベルアップを狙った指名なのでしょうね。 ドラフト2019 楽天のドラフト結果と評価&採点は? まずは 楽天。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 B 75 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 遊撃 大阪ガス 右投左打 二位 内野 智弁和歌山高 右投左打 三位 投手 慶大 右投右打 四位 武藤敦貴 外野 都城東高 左投左打 五位 投手 九州産大 右投右打 六位 滝中瞭太 投手 ホンダ鈴鹿 右投右打 七位 水上桂 捕手 明石商高 右投右打 佐々木を外して 小深田を指名しました。 石川の一位指名などの報道もあり、石井GMが野手を欲しがっていたという情報でした。 結果としては一位・二位で内野手を獲得しています。 ただ、遊撃手は茂木がいますし、セカンドは浅村がいます。 小深田をどこで使うつもりなのか?が気になりますね。 もしかしたら外野という選択もあるのかもしれません。 また、黒川に関しては、打撃が良いので、将来の中軸候補として良い指名だったと思います。 三位の津留崎もリリーフとして即戦力として活躍出来そうな実力があります。 ドラフト2019 ロッテのドラフト結果と評価&採点は? まずは ロッテ。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 S 95 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 大船渡高 右投右打 二位 捕手 東洋大 右投左打 三位 外野 国士舘大 右投左打 四位 横山陸人 投手 専大松戸高 右投右打 五位 遊撃 法大 右投左打 佐々木を四球団競合の末、見事当たりくじを引きました! 昨年の藤原に続き、会心のくじ引きですね~ 正直なところ、佐々木獲得だけでも合格です。 それに加え二位には佐藤を獲得。 佐藤は捕手ですが、走力も高く、 外野手としても十分やれます。 田村との競争次第ですが、捕手として厳しければ外野手という選択肢も考慮して佐藤を指名したと思われます。 ロッテは外野手のFA状況や高齢化があるので、 外野手の補強はチーム事情にマッチしていますね。 三位でも高部を獲得しており、良い指名が出来たと言えるでしょう。 ドラフト2019 日本ハムのドラフト結果と評価&採点は? まずは 日本ハム。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 A 80 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 JFE西日本 左投左打 二位 投手 東海理化 右投右打 三位 上野響平 遊撃 京都国際高 右投右打 四位 鈴木健矢 投手 JX — ENEOS 右投左打 五位 投手 創価大 右投右打 六位 梅林優貴 捕手 広島文化学園大 右投右打 七位 片岡奨人 外野 東日本国際大 右投左打 佐々木を外し、 外れ一位で河野を獲得しました。 河野は社会人ですが、高卒三年目と若いです。 ここ一年で球速グングン伸ばしており、まだまだ成長段階で、それでいて大人の投球が持ちあじの左腕です。 今シーズンは先発で困っていただけに、 一年目から一軍で戦力になるでしょうね。 二位にはこちらも高湿三年目の社会人である立野を獲得。 立野は即戦力とは言えませんが、高い将来性が期待されている逸材で、一位候補とまで言われていました。 また、 五位で望月を獲得できたのは流石だなと思いました。 望月はノビのあるストレートが魅力で、まだまだ伸びしろもありそうです。 個人的には上位で消えると思っていたので、ラッキーという感じですね。 また、 育成枠で長谷川を獲得しています。 個人的には上位レベルの実力があると思っていましたので、ここまで残っていたか!という驚きがありました。 意外と早くから一軍で投げられるような気がしています。 全体的には、投手優先でまずまずのドラフトだったと言えるでしょう。 ドラフト2019 オリックスのドラフト結果と評価&採点は? まずは オリックス。 下記が ドラフト選手一覧と評価です。 評価 A 85 順位 名前 守備位置 学歴 投打 一位 投手 興南高 左投左打 二位 遊撃 駿河総合高 右投右打 三位 投手 近大 右投左打 四位 投手 津田学園高 右投右打 五位 内野 国際武道大 右投左打 石川、河野を外し、 外れ一位で宮城を獲得しました。 オリックスの場合は、若手投手が台頭しており、投手はそこまで必要ないでしょう。 ただ、投手はいくらいても良いですし、年齢的にそこに続く高校生投手であれば指名するのはありです。 宮城は高校生左腕No. 1という評価で、 貴重な本格派左腕を獲得できたのは良かったのではないでしょうか。 さらに二位には紅林を獲得。 長身ではあるものの動けるタイプで、高い身体能力があります。 当時の坂本より上というスカウト評価もあるほどの逸材です。 オリックスは内野が手薄なので、将来性抜群の大型遊撃手を獲得できたのは大きいですね。 さらに、手薄なリリーフの補強として村西を補強。 全体的には合格と言えるドラフトだったのではないでしょうか。

次の

日ハムの選手一覧2019

日ハム ドラフト 2019

2019年のプロ野球レギュラーシーズンが終われば、日本シリーズ開催前の大イベントでもある「プロ野球ドラフト会議2019」が、2019年10月17日 木 に開催されます。 2019年の今年は、夏の甲子園は地方大会で敗退したものの、160kmの速球が魅力の佐々木朗希投手 大船渡 や、高校生レベルでは群を抜いて優秀な奥川恭伸投手 星陵 などに注目が集まっています。 果たして、2019年のドラフト会議では、どの球団が誰を獲得するのでしょうか? そこで今回は、2019年のプロ野球ドラフト会議の、 ・日程とテレビ放送予定 ・選択手順詳細 ・各球団指名獲得選手一覧の結果速報 などをまとめています。 <1巡目> ・1巡目は入札抽選となる。 つまり、参加全球団が同時に選手を指名し、重複した場合は抽選を行うということ。 このときの抽選 くじ引き は、ウェーバー方式と呼ばれる方法で行う。 これは、 「球団順位の逆順」で抽選を行うことを指す。 なお、この 「球団順位」とは、ドラフト会議1週間前のレギュラーシーズンにおける順位のことであり、 「球団順位の逆順」とは 最下位から抽選するということ。 ・抽選に外れた球団は、その球団のみ再度入札抽選を行う。 そして、全球団の選択が確定するまで、入札・抽選を繰り返し行う。 なお、単独指名の場合は、その球団が交渉権を獲得する。 <2巡目以降> ・2巡目の指名は先に解説した「球団順位の逆順」にて行われる。 ・3巡目は「球団順位」で行われる。 ・以下、4、6巡目…の偶数は「球団順位の逆順」で、5、7巡目…の奇数は「球団順位」となる。 <指名順> ・昨年までの指名順 球団順位の逆順 は、その年度に行われた 「日本生命セ・パ交流戦」の勝敗結果で決定する方式でしたが、今年からセ・パ両リーグで1年おきとする方式にに変更されました。 なお、今年は セ・リーグからスタートします。 <指名人数> ・全球団が「選択終了」になるか、または選択された選手が合計120名に達したところで終了となる。 ただし、国内の独立リーグ所属選手および外国のプロ野球選手を選択した場合は、先の120名には含まれない。 ・各球団は原則10名まで指名が可能。 ただし、他球団が10名に満たない人数で選択を終了し、全体が120名に達していない場合は、11人以降の指名が可能。 ・ドラフト会議が終了した時点で選択された選手が120名に達さなかった場合は、希望球団が「育成選手選択会議」行う。 以降は、ウェーバー方式で決定します。

次の

ドラフト2020 日本ハムファイターズ 指名予想&スカウト情報・評価まとめ!

日ハム ドラフト 2019

2020年 日本ハムのドラフト指名予想候補一覧 2020年 日本ハムのドラフト指名候補のご紹介です。 候補選手は、先ほどの指名予想まとめでご紹介した選手となっています。 回転数はMLB平均を超えており、水平成分が少ない。 その為、ノビのあるシュート変化の少ない質の良い球質だ。 この二球種は上のレベルでも十分使えるだろう。 捕手の構えたコースにしっかり投げ分けられている印象。 変化球もしっかりコントロールされており、精度は高い。 四死球で崩れるタイプでは無いだろう。 伸びのあるストレートで空振りを奪う。 変化球はパワーカーブ気味のスライダー、カット、フォーク、カーブ、チェンジアップが持ち球。 制球力は高く、捕手の構えたコースにしっかり投げ分けることが出来る。 球速に目が行きがちだが、技術力の高さが目を引く投手である。 より詳しく伊藤 大海を知りたい方は、下記チェック! ・佐藤 輝明 選手名 評価 S 評価 出身 兵庫県 守備 三塁 外野 身長 186 cm 投打 右投左打 体重 92 kg 所属 近畿大学 生年月日 1999. 13 遠投 100 m 50m走 6. 恵まれた体格から放たれる長打力は破壊力抜群だ。 逆方向にもスタンドインする力がある。 柳田や糸井のようなスケールの大きさを感じる。 コースに逆らわすに広角に打ち分けることが出来ている。 また、前を広く使えるタイプなので、変化球に泳ぎながら対応もできる。 打撃技術は非常に高い。 0秒、遠投100mという高い身体能力を持っている。 打撃だけでなく、打って守れる三拍子揃った選手だ。 高いレベルで三拍子揃った左のスラッガー。 長身だが、非常にバネのある動きからは、高い運動能力を感じる。 左右広角に長打が打て、逆方向にもホームランを放つパワーが魅力だ。 50m走6. 0秒、遠投100mと高い身体能力を持っている。 高いレベルで三拍子揃った魅力あふれる選手だ。 より詳しく佐藤 輝明を知りたい方は、下記チェック! ・西川 僚祐 選手名 評価 A 評価 出身 千葉県 守備 外野 身長 186 cm 投打 右投右打 体重 92 kg 所属 東海大相模高校 生年月日 2002. 19 遠投 90 m 50m走 6. 恵まれた体格から繰り出す打球はどこまでも飛んでいく。 動画では詰まりながらも、センター方向にフェンスダイレクトのあたりを飛ばしている。 2019年ドラフトで競合確実の相手にも、しっかり結果を残している。 2019年6月時点ですでに高校通算34本塁打を放っており、東海大相模歴代一位は時間の問題だ。 逆方向にも大きな当たりが打てるので、率が残りそうなバッティングだ。 四球をしっかり選べ、出塁率は打率よりも1割以上高くなっている。 また、思った以上に三振が少なく、しっかりボールを選ぶことが可能だ。 成績以上に貢献度が高いタイプと言えるだろう。 恵まれた体格から繰り出す長打が魅力のスラッガー。 広角に打ち分ける打撃技術があり、逆方向にもホームランを放つ。 三振が少なく、四球を選べており、選球眼は高い。 プロスカウトからも清原や落合と比較されるなど非常に評価が高い選手だ。 より詳しく西川 僚祐を知りたい方は、下記チェック! 2020 日本ハムの上位指名が予想される候補一覧 現時点で該当選手不在です。 こういったタイプは日本で少ないので、重宝するだろう。 手足が長く、インステップ気味に踏み出してくるので、特に左打者は厄介である。 体格的にもまだまだ細く、今後どんどん球速が伸びそうだ。 フォーム的にも欠点が多く、改善することで、球速や制球力は良くなるだろう。 こういった長身選手は、高い身体能力がないと、上手く体を扱えない傾向にある。 より成長するには、どこまで身体能力を上げられるか?ということも大きな要素だろう。 197cmの長身から投げ下ろす左腕投手。 長身からダイナミックなフォームから投げるので、打者は厄介だろう。 現時点では速球の質のバラツキ、制球力、変化球、守備、どれをとっても課題がある。 しかし、体格的にも将来が楽しみな投手だ。 速球で空振りが奪える魅力ある投手。 回転軸が地面と水平に近く、回転数も多い。 腕の振りが縦なので、回転軸が地面と水平に近いのだろう。 ストレートは今すぐにでもプロで通用するほどだ。 フォークボールは落差も大きく、決め球として十分使えるだろう。 回転数が少なく、ジャイロ回転であることが特徴で、一級品だ。 カーブに関しても、大きく縦に変化しており、打者を打ち取れている。 球種は少ないが、どちらも高レベルなボールといった印象だ。 キッチリコースに投げ分ける制球力は無いが、アバウトにストライクゾーンに投げ込む制球力はある。 ボールに力もあるので、どんどんストライクゾーンに投げ込めている。 四死球で崩れるタイプではないだろう。 ストレートで空振りやファールが奪える質の良い速球を武器としている。 変化球はカーブ、フォークを持ち球としており、フォークボールは決め球として十分使えるレベル。 狙ったコースキッチリ投げるほどではないが、制球力はまずまずといった印象で、四球で崩れるようなタイプでは無い。 2019年ドラフトでも上位指名されるほどの実力があるだろう。 打者が振り遅れたり空振りするシーンが目立つ。 回転軸は地面と水平に近く、回転数が多い。 腕を縦に振れているので、回転の質が良いのだろう。 プロでも通用するストレートだ。 変化球は、スライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシームが持ち球だ。 左打者にはスライダー、右打者にはチェンジアップとどちらも決め球となる質の高さ。 特にチェンジアップは左打者にも投げられるので、対左の方が得意としそうだ。 また、しっかり腕が振れている点も高評価。 ある程度、捕手の構えたゾーンに投げられており、四死球で崩れるタイプでは無いだろう。 時折抜け球があるので、今後はより精度を上げていきたいところ。 質の良いストレートで空振りを奪う圧巻の投球。 変化球は、スライダー、カーブ、チェンジアップを持ち球としている。 粗削りな部分はあるが、比較的まとまった制球力である。 打者が振り遅れたり空振りする場面が多く、球速より速く感じているようだ。 ただ、シュート回転するボールも多く、質のバラツキが多い印象。 質のバラツキが少なくなってくると、さらに上の投球が出来るだろう。 スライダーは変化量も大きく、決め球として十分使えるだろう。 アバウトではあるがストライクゾーンに投げられているので、四死球で崩れるタイプでは無いだろう。 ただ、高めに抜けるケースもあり、バラツキは多い印象。 今後の課題は制球力の向上だろう。 力のあるストレートは勢いを感じる。 変化球はスライダー、カーブ、フォークを持ち球としており、スライダーを軸に投球を組み立てる。 高めに抜けるボールも目立つが、制球力はまずまずといった印象。 ストレート中心の投球で相手打者をねじ伏せる投球は圧巻。 相手打者が空振りしたりファールにするケースが多く、力強さを感じる。 上体を一塁方向に傾け、腕を縦に振れているので、回転軸が地面と水平に近いと推測できる。 その為、質の良いストレートが投げられているのだろう。 動画ではスライダーみのとなっており、自信があるボールと伺える。 決め球として十分使えるだろう。 抜け球や逆球が多く、狙ったコースに投げられる感じではない。 ストライクゾーンが狭くなり、相手打者のレベルが上がると苦戦しそうだ。 制球力の精度UPは必須だろう。 力のあるストレートで押し込む投球を見せる。 変化球は切れの良いスライダーを軸に三振を量産。 制球力には課題があり。 相手打者が空振りしたり振り遅れるシーンが目立つ。 回転数はプロレベルで、マッスラ気味で投げることでシュート回転を抑えている。 球質が他の投手と違うので、打者は打ちにくさを感じるだろう。 スライダーを軸に投球を組み立てていることから、スライダーに自身があると思われる。 鋭い変化で空振りが奪えており、決め球として十分使えるだろう。 カーブは回転数が非常に多く、トップスピン成分もあり、球速も速い。 こちらも決め球として十分使えそうだ。 さらに、ストレートの球質に近いフォークはスライド気味で落ちる特殊球だ。 アバウトではあるものの、ストライクに投げ込めている印象。 ただ、抜け球や逆球もみられる。 今後は、こういった無駄球を減らしたいところだ。 マッスラ気味のストレートで相手打者を抑え込む。 変化球はスライダー、カーブ、フォーク、ツーシームを持ち球としている。 制球力はまずまずで、アバウトではあるものの、制球で崩れるタイプでは無さそう。 全体的に高レベルな選手といった印象だ。 変化球はカットボール、カーブ、チェンジアップ、フォークを持ち球としている。 中でもカットボールとフォークはストレートと球速が近く、見極めがしにくいボールだ。 さらに、左右どちらの打者相手もにチェンジアップやフォークを投げられる器用さもある。 速球の球速は速くないが、速球に近い変化球が多く、相手打者からすると非常に厄介な投手だろう。 しかし、球速が近い変化球が多いので、よりストレートが有効になっている。 特に右打者相手のクロスファイアーの精度が抜群だ。 抜け球はあるものの、おおむね捕手の構えたコースに投げ切れている。 ただ際どいコースを狙いすぎる印象がある。 球速の近いストレート、カット、フォークをアバウトに散らす方が打者としては厄介だし、投球も安定してくるだろう。 多彩な変化球を駆使し、打者を翻弄する投球は必見。 スカウト受けしないタイプだが実力は高い。 より詳しく伊藤 将司を知りたい方は、下記チェック! ・井上 朋也 選手名 評価 B 評価 出身 大阪府 守備 外野 身長 180 cm 投打 右投右打 体重 80 kg 所属 花咲徳栄 生年月日 2003. しっかり振り切るスイングで打球速度が非常に速い。 広角にも長打が打て打撃技術の高さを伺える。 外角の変化球にも崩されながら拾うことが出来る。 内角の厳しいボールも肘をたたみながらホームランにしている。 どのコースでも対応できるバットコントロールは見事。 一塁到達タイム4. 6秒と足は速くない。 送球動作もステップ数が多く肩もそこまで強くない。 もうワンランク上のレベルを意識して欲しいところか。 長打が魅力の右の大砲候補。 広角に打ち分ける長打力が魅力。 バットコントロールも巧みで高い打撃技術が伺える。 走力や肩はそこまで高くなく、守備面での貢献度は高くない。 より詳しく井上 朋也を知りたい方は、下記チェック! ・長沢 吉貴 選手名 評価 B 評価 出身 栃木県 守備 外野 身長 172 cm 投打 右投左打 体重 62 kg 所属 東芝 生年月日 1996. 15 遠投 100 m 50m走 5. 50m走5秒7とプロでもトップレベル。 一塁到達タイムを見ると、3秒台は出せそうだ。 内角は引っ張り、外角は流し打ちという具合に広角に打ち分けられるタイプだ。 しっかりスイングができ、小力もある。 走力を生かした守備範囲は広い。 遠投100mと肩が強く、低い矢のような送球を投げる。 三拍子揃った外野手。 50m走5秒7の高い走力が魅力だ。 打撃面でも広角に打ち分けるコンパクトな打撃で高い技術力を見せる。 より詳しく長沢 吉貴を知りたい方は、下記チェック! 2020 日本ハムのスカウトコメント一覧 2020年ドラフト候補への 日本ハムスカウトコメントをご紹介しています。 03】 「素晴らしい。 05】 「間違いなくドラフト1位で指名される選手になるでしょう」 日本ハムの【注目度〇】スカウトコメント一覧! 清宮 福太郎【注目度:〇 】坂本スカウト【2020. 27】 「お見事。 パンチ力がある 普通の打者は、もっと体が開く。 清宮君は開きながらも残そうとして、バットをしならせた。 ヘッドを使う能力は先天的なもの 人間的な成長が加われば兄(幸太郎)クラスの選手になる」 西川 僚祐【注目度:〇 】山田正雄スカウト顧問【2020. 13】 「パワーがあって、スイングが速い。 ただ引っ張るだけでなく、広角に打てる。 体の軸がブレないので変化球にも対応できる。 ボールの見極めもいい。 安田(ロッテ)や村上(ヤクルト)や石川(中日)のようなタイプの選手。 体が大きく、パワーのある野手は、足と肩がいまひとつというケースが多いが、足や肩も合格点。 昨秋の関東大会でも目立っていた。 19】 「投げるセンスがある。 もっといい投手だと思うし、きょうだけでも十分にいい投手。 07】 「久しぶりの実戦で自分の引き出しを確かめながら丁寧に投げていた。 (ドラフトの)土俵には上がっている。 21】 「去年は試行錯誤していたが、ひと冬を超えて、安定感が出てきた。 29】 「コントロールが良く、ピッチングがうまい。 23】 「ロッテ戦はよくなかったけど、ここまでよくなるのかと驚きました。 ボールが強かったし、走っていたよね。 07】 「本塁ベース付近のボールが強い(球威がある)という特徴がある。 この夏に向けて、状態がしっかり上がってきた。 気持ちが入った投球で、中継ぎ、抑えタイプ。 19】 「ファーストにとどまらずショートも守ることで、間違いなく彼のプレーの幅が広がる。 ショートとして(昨年のドラフトで阪神入りした1年先輩の)遠藤を抜くかもしれないし、将来的に打てるセカンドになれるかもしれない。 18】 「体が強い。 13】 「先発としてモデルチェンジに取り組んでいるという印象。 もっとスケールアップできる。 20】 「直球の力強さが魅力。 ブルペンでは、いいカーブも投げていた。 25】 「想像以上。 26】 「球速以外の切れや制球も見られた。 03】 「変化球の使い方がうまい。 25】 「構えやしぐさが(大谷に)似ているね 上背は持って生まれたもの。 08】 「大型遊撃手といえば(メジャーでは)ジーターとかリプケンか。 日本にはいないでしょう。 守備でボールの吸収の仕方がうまいね。 07】 「今日は結果よりもバランスを確認しながら投げていた印象。 途中まで直球と同じ軌道のスライダーは武器になる。 中継ぎ、抑えタイプ。 20】 「去年からフォームもボールも成長している。 大きいを超えて、いないタイプ。 いいいものを持っているし、もっと見たい」 2020 日本ハムの視察情報 2020年ドラフト候補への 日本ハム視察情報をご紹介しています。 【球団:ヤクルト, 巨人, 横浜, 中日, ホークス, 日本ハム, オリックス, ロッテ 】 2020. 05 ドラフト2020候補の常田唯斗を巨人、ロッテ、中日、ソフトバンク、日本ハム、ヤクルト、横浜、オリックスの8球団が視察した。 【球団:広島, ヤクルト, 巨人, 横浜, 中日, 阪神, 西武, ホークス, 日本ハム, オリックス, ロッテ, 楽天 】 2020. 01 ドラフト2020候補の佐藤輝明を12球団が視察した。 【球団:阪神, ホークス, 日本ハム 】 ドラフト2020候補の秋広優人を阪神・日ハム・ホークスの3球団が視察した。 【球団:巨人, 日本ハム 】 2020. 20 ドラフト2020候補の阿部剣友を日ハム・巨人が視察した。 【球団:日本ハム 】 2020. 19 ドラフト2020候補の石川慧亮を日ハムが視察した。 【球団:広島, ヤクルト, 巨人, 横浜, 中日, 阪神, 西武, ホークス, 日本ハム, ロッテ, 楽天 】 2020. 05 ドラフト2020候補の高田琢登をオリックスを除く11球団が視察した。 【球団:日本ハム, ロッテ 】 2020. 29 ドラフト2020候補の片山楽生を日本ハム・ロッテが視察した。 【球団:西武, 日本ハム 】 2020. 28 ドラフト2020候補の蔵田亮太郎を日ハム・西武が視察した。 【球団:横浜, 西武, 日本ハム 】 2020. 27 ドラフト2020候補の佐伯成優を日本ハム、西武、横浜の3球団が視察した。 【球団:巨人, 日本ハム 】 2020. 17 ドラフト2020候補の根本悠楓を巨人・日本ハムを含む6球団が視察した。 2020 日本ハムのドラフト関連ニュース 2020 日本ハムのドラフ関連ニュースをご紹介しています。 03】 ドラフト2020で日本ハムが佐藤輝明や西川僚祐を一位候補としている可能性がわかった。 日本ハムの【重要度〇】ニュース一覧! 現在、情報はありません。 更新をお待ちください。 05】 ドラフト2020候補の常田唯斗を巨人、ロッテ、中日、ソフトバンク、日本ハム、ヤクルト、横浜、オリックスの8球団が視察した。 01】 ドラフト2020候補の佐藤輝明を12球団が視察した。 20】 ドラフト2020候補の阿部剣友を日ハム・巨人が視察した。 19】 ドラフト2020候補の石川慧亮を日ハムが視察した。 05】 ドラフト2020候補の高田琢登をオリックスを除く11球団が視察した。 29】 ドラフト2020候補の片山楽生を日本ハム・ロッテが視察した。 28】 ドラフト2020候補の蔵田亮太郎を日ハム・西武が視察した。 27】 ドラフト2020候補の佐伯成優を日本ハム、西武、横浜の3球団が視察した。 17】 ドラフト2020候補の根本悠楓を巨人・日本ハムを含む6球団が視察した。 14】 ドラフト2020候補の高田琢登をホークス、日本ハムが視察した。 08】 ドラフト2020候補の二俣翔一を巨人、日本ハム、広島含む4球団が視察した。 14】 ドラフト2020候補の並木秀尊をヤクルト・日ハムが視察した。 10】 ドラフト2020候補 早川隆久を巨人、ソフトバンク、日本ハム、オリックスの4球団が視察した。 全球団の2020ドラフト 指名予想まとめ! 2020ドラフトの指名予想をご紹介しています。 他球団のドラフト情報もチェックしておきましょう!.

次の