発破をかけるとは。 アパッチ野球軍

発破をかける

発破をかけるとは

「激励」の使い方と例文 「激励の言葉」は相手を励ますときに使う言葉 「激励の言葉」は、 相手を励ますときに使う言葉の事を言います。 例えば、 ・頑張っているへの応援 ・送別会での応援 ・元気のない人を元気づけたい ・新入社員への応援 というような場面で「頑張ろう」と思ってもらえるような「激励の言葉」伝えます。 これからも自分の夢に向かって頑張ってください」 「新天地でも健康に留意し、ここで学んできたことを活かして良い仕事をしてください」 「何の力にもなれないかもしれませんが、陰ながらいつも応援しています」 「入社おめでとうございます。 皆さんの力が発揮できるよう全力でサポートしていきますので、安心して色々なことに挑戦していってください」 「激励の意を込めて」は「励ましの気持ち」や「期待する気持ち」を込めて 「激励の意を込めて」は 「励ましの気持ち」や「期待する気持ち」を込めてという意味合いで使用される言い回しです。 「意」が「気持ち」を意味しているため「意を込めて」で「気持ちを込めて」というニュアンスになります。 「激励の意を込めて」のあとに 動詞を続けて、その行動に対して励ましの気持ちを込めますという意味を伝えることができます。 例文 「退職してしまう後輩に激励の意を込めて手紙を贈った」 「試合を明日に控えた息子に激励の意を込めてお守りをプレゼントした」 「さらなる活躍を記念し激励の意を込めエールを送りたいと思います」 「激励される」は「励まされる」 「激励される」は「 励まされる」「 元気づけられる」といった意味で、自分が相手に激励の言葉をもらった場合などに使用されます。 主に、激励の言葉をもらってお礼の気持ちを伝える場面で使用されます。 例文 「仕事に対するモチベーションが下がっていたところ、家族に激励される」 「思いがけず、ラジオで読まれたメッセージに激励された」 「試合前、緊張していたところをベンチにる後輩たちから激励される」 「激励言葉をいただく」「激励を賜り」は目上の人に励ましてもらったときに使用する 「激励の言葉をいただく」「激励を賜り」は、 目上の人に励ましてもたったときに使用する言葉です。 この場合の「いただく」と「たまわる」は 「もらう」の謙譲語として使用されています。 励ましてくれた目上の方にたいして 敬意を示した表現になります。 しかし、目上の人を「激励」する場合にはいくつか注意しなければならないことがあります。 「頑張って」「期待しています」は上から目線になってしまう 激励の言葉である「頑張ってください」や「期待しています」という言葉は上から目線になってしまうため、目上の人には使用すること避けるべきです。 「頑張って」や「期待しています」は、 相手に命令したり指示している印象を与えてしまいます。 したがって、年上の方でも親しい友人であるなど、親しい間柄であればかしこまる必要がない場合もあちますが、上司や取引先相手に方に激励の言葉をかける場合は失礼だと思われてしまう可能性があるため注意しましょう。 「ご苦労さまです」も避けるべき 頑張っている人へ、激励の意味で「ご苦労さまです」と声をかける場合がありますが、相手が目上の 人である場合は避けるべきとされています。 「ご苦労」という言葉は元々、お殿様が家臣に使用していていたことが由来で使用されるよになった言葉であるため、「ご苦労様」という言葉に、 他人の苦労を高みから見物しているという印象をもっている人もいるためです。 このことから、「ご苦労さま」という言葉は、 目上の人が目下の人に対して使用するのが一般的となっているため、目上の人に「ご苦労さまです」と声をかけるのであれば「 お疲れ様です」という言葉に言い換えることが無難と言えます。 「応援しています」「ご検討を祈ります」など控えめな言葉で では、目上の人を激励したい場合、どんな言葉をかけるのがふさわしいと言えるのでしょうか。 目上の人に激励の言葉をかける場合は、 ・応援しています ・ご検討をお祈りいたします ・これからもどうぞご活躍ください ・陰ながらお祈りしております など、控えめなフレーズを使用することが好ましいです。 「頑張る」という言葉には、「奮闘する」「苦闘する」というニュアンスがあるため、「頑張ってください」と伝えるよりも、「応援しています」や「検討を祈ります」という言葉で伝えたほうが相手にプレッシャーをかけることなく励ましたり、背中を押すことができます。 「叱咤激励」は「 大声でしかるように励まし、気持ちを奮い立てること」です。 「叱咤」は「怒気をあらわして大声でしかること」、「激励」は「はげまし気を引き立たせること」を意味していて、 激しい言葉や大きな声で励ますこと・しかりつけるようにして励ますことを表します。 声や言い方はきつくても、相手を思ってのことなので結果として励ましていることを「叱咤激励」と言います。 「叱る」というマイナスな言葉も、「叱咤激励」とすることによってプラスな意味合いとなります。 例文 「落ち込んでいる仲間を叱咤激励する」 「彼女はいつも優しく指導しているが、時には叱咤激励することが必要だと思う」 「叱咤激励することによって社内の士気が上がって、成績を伸ばすことができた」 「何度も諦めかけそうになったが、友人が叱咤激励してくれたおかげで最後までやり遂げることができた」 鼓舞激励 「鼓舞激励」は「 こぶげきれい」と読みます。 「鼓舞激励」の意味は「 多いに励まし奮い立たせること」です。 他者を、励まし元気づけることを「鼓舞激励」といいます。 「鼓舞」という言葉は、鼓つづみを打って舞う様子を表現している熟語で、昔は洗浄は舞台などで太鼓の音を鳴らすことで、人々の戦う意志を高めていたというころから、次第に「 励ます・奮い立たせる」というようなニュアンスで使用されるようになりました。 例文 「コーチは試合前、必ずチームのメンバーを鼓舞激励してくれた」 「試験当日、緊張する妹に思わず鼓舞激励の言葉をかけた」 「社長は売上がいまいち上がらない店舗に出向いてはスタッフに鼓舞激励を与えた」 「全力を尽くすことができたのも鼓舞激励していただいたおかげです」 「激励」の類語・言い換え 励ます 「励ます」は、「 はげます」と読みます。 「励ます」の意味は「 元気や勇気を出すように激励すること」で、他者の精神的あるいは心理的な支援、援助、背中を押すことを「励ます」といいます。 例文 ・失恋をして落ち込んでいる友達を食事に誘い、仲のいい友人達で励ました。 ・彼は、励ますように彼女の背中を叩いた。 ・何度も挫けそうになる私をいつでも励ましてくれたのは両親でした。 エールを送る 「エール」とは英単語の「 yell」のことです。 「yell」は「声援」「励まし」という意味のある単語であるため、「エールを送る」は「 励ましの言葉を送る」「 」という意味になります。 つまり、 他人に対して声援を送ることを「エールを送る」といいます。 例文 ・今日試験のある人達にクラスメイト全員からエールを送る。 ・いつもテレビ画面の向こう側にいる彼にエールを送っていた。 ・聞いた人にエールを送るような歌詞の新曲が本日披露された。 発破をかける 「発破をかける」は「 はっぱをかける」と読みます。 「発破をかける」は、「 激しい言葉をかける・奮い立たせる」という意味の言葉です。 「発破」とは、鉱山や土木工事んなどで爆薬を使って爆発をする際に使用する火薬のことで、「発破のように激しい言葉をかける」「力を奮い立たせる」という意味で使用されるようになりました。 優しい言葉をかけて、背中をおすのではなく、 相手を挑発するような激しい言葉を投げかけることにより「やってやる!」というような心情にすることを「発破をかける」といいます。 例文 ・やる気が低迷していたスタッフに思わず発破をかけた。 ・発破をかける意味で、だらけている子供に厳しい言葉を投げかけた。 ・コーチが発破をかけたことにより、チーム一丸となって全力を出すことができた。 背中を押す 「背中を押す」という言葉は、「 行動しようか迷っている人や躊躇しているような人に、最後の決断を促す最後のひと押しをする」という意味や、「 言葉などで元気づけること」をいう意味で使用されます。 立ち止まっている人の背中をおして、一歩歩かせるというイメージで、先に進ませる行為を意味しています。 例文 ・結果が出なくて悩んでいた僕の背中を押してくれたのは彼女でした。 ・彼の言葉が結果的に彼女の背中を押すことになったようだ。 ・誰でもいいから背中をおしてくれる人が欲しいと心から願うくらい落ち込んでいる。 「檄を飛ばす」を「激励」の意味で使用するのは誤用 「檄を飛ばす」という言葉を 「激励」という意味で使用することは誤用となりますので注意してください。 これは、「檄」という漢字と「激」という漢字を混合してしまっていることから誤用されるようになってしまったと考えられていますが、 「檄」には「激励する」「励ます」という意味合いはありません。 本来の「檄を飛ばす」は「 自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める」という意味です。 つまり、自分の主張を知らせて同意を得るという意味合いで使用される言葉です。

次の

発破をかけるの意味とは?実は意外と間違えやすい言葉だった!

発破をかけるとは

概要 [ ] かつてで活躍するも自らの手で選手生命を断った(前作の『』参照)青年・堂島剛が、過疎の村で社会からはみでたたちに野球を教えていくという物語である。 ほぼ人間離れした野獣ともいえるようなキャラクター達が強烈で、いまだに根強いファンのいる伝説的な作品である。 いわゆるの要素が皆無と言うわけではないが、むしろ「野球部の創設に伴って起こる様々の人間模様とそれを通じた人間的成長を描いた作品」と言ったほうが近い。 そのためか、と異なるジャッジが行われることも少なくなかった。 作品内容の多くは、で起こる村人との人間との対立や、野球で一儲けしようと企む商人、その商人と村長との選挙を通じた癒着などの社会派ドラマに当てられている。 なお、アニメは原作の途中までしか描かれていない。 原作ではその後、網走・材木・モンキーの3人の実力が突出し、チーム内で対立する様などが描かれている。 本作の主人公・堂島剛の高校時代を描いたの『』は(昭和44年)にで連載されていた。 こちらも原作は花登筐が手がけているが、作画は本作とは異なりによる。 本作アニメ化に際し、プロローグでネギ監督と堂島の父親と妹のみ登場しているほか、シリーズ中盤において、堂島が父親たちの前で自らの左腕に大怪我を負わせる回想シーンが「エースの条件」から引用されている。 的と思われる表現・描写が作中に多々含まれることなど から漫画、アニメともに復刻(ソフト化)は困難とされてきたが(14年)にでアニメのDVD-BOXが発売され、(平成17年)には原作の漫画が復刊した。 DVD版は、 "表現やせりふの一部に、今日では不適切と思われる個所がある" ことを認めたうえで、 "作品の歴史的価値を重視"し、オリジナルに忠実に収録されている。 お笑いコンビ・の佐橋大輔が同作品を題材としたものまね(主人公・堂島剛のまね)を得意としており、「」の人気企画「」や「」などの番組で何度か披露した事がある。 なお、表題の「アパッチ」はアメリカ・部族としてのの意味ではなく、終戦直後に跡地からを掘り出していた生活者集団を意味する [ ]。 のSF小説『』やの小説『』も、これら生活者集団をモデルとしている。 ストーリー [ ] ・ 堂島剛はもともとを制した超一流の野球選手であったが、プロに入る直前に父親のの餌食になることに反発し、父の目前で自らの左手に割れたビール瓶を突き立て、二度とボールを握れない身体となる。 こうして選手生命を断った堂島は、恩師・ネギ先生の勧めで、・の郊外にある過疎の村・猪猿村(いのさるむら)で野球部になる仕事を引き受ける。 ところが、猪猿村は単なる「田舎」というよりは、文明以前の原始人が弱肉強食の掟によって暮らす「無法地帯」のような場所であり、近隣の住民からは「アパッチ村」と呼ばれて恐れられていた。 最初はよそ者を受け付けないアパッチ村の人々であったが、次第に堂島を認めるようになり、共に甲子園を目指して奮闘していく。 登場人物 [ ] 記述は基本的にアニメ版に準ずる。 守備位置と打順はQL学園との試合(アニメでは唯一全メンバーが揃った試合)のもの。 塾の講師 [ ] 堂島 剛(どうじま たけし) 声 - 主人公。 22歳。 常に前向きで、何度も挫折を繰り返すがそのたびに立ち上がる根性の持ち主。 野球を通じて社会のルールも知らない生徒達を人間らしく育てるべく奮闘する。 元はであるが高校時代はスイッチピッチャーとして活躍し、甲子園決勝戦では史上初のパーフェクトゲームという偉業を成し遂げた。 岩城 千恵子(がんじょう ちえこ) 声 - 岩城校長の孫娘。 校長の運営する、村に一つしかない学校()において小学生から高校生まで教えている教師。 堂島に恋心を抱き、最終回では松山を去る堂島に同行した。 岩城(がんじょう)校長 声 - 元教師で、村に高校が無いために高校生を対象とした私塾を運営している。 常に堂島や生徒たちのよき理解者であり、後援者である。 の使い手で五段。 生徒(選手)を信じる堂島に感心する反面、彼らがまだ精神的にも未熟で教育してやらなければ行けないことを堂島に説いた。 村の大人たち [ ] 村長 声 - 花子の父。 小森ので票をまとめ、長らくの座に君臨していたが、野球部創設に伴う様々の事件で小森と決裂し、落選した。 村に一つしかないの主で村中に顔が利く。 後に村長に就任。 備品で儲けるためアパッチ野球軍を潰して新しい野球部を作ろうとした業突く張り。 ダム技師長 声 - マリの父親。 仕事柄家を空けることが多いことからマリを一時不良にしてしまったことを悔いて、自分の元に妻と共に置くことにした。 ダム工事も滞っており、ダム工事現場者と村民を刺激しない為に中立を保っている。 ことなかれ主義。 生徒たち(ダム派) [ ] 生徒たちは当初、村派とダム派が対立しており、教室でも左右に分かれて座っていた。 工事のの主任の子でナイフ投げの名手。 堂島への反発から野球に無関心の立場を貫いていたが、実はプロのになるのが夢であり、堂島に「俺をも超える逸材」と言わしめた天才的素質をもつアパッチ野球軍のエース。 斜に構えたな性格であるが、クレバーであり反発しながらもモンキー、ハッパの命を救ったこともある。 本来は右利きであったが、ナイフ投げの癖がついてしまったためにコントロールは皆無であり 、参戦当初は戦力にならなかった。 のちに自力で左投をマスターし、豪速球の右と制球力に優れた左を武器とするスイッチピッチャーに成長した。 を気取ってた時期もあったが、幼少時代は幼稚園に行きたがったり、QL学園戦の最終回の一投で亡き母親を思い出すなど、人並の感受性は持っている。 飯場の管理者の息子なので「」。 堂島への反感からグラウンドにあった岩を飯場から持ち出したダイナマイトで爆破、堂島にも重傷を負わせたが、負傷した当の堂島から庇われそれ以後は彼に心酔する。 エンディングではアパッチチームのキャプテンとうたわれているが、実際にキャプテンに命じられた明確な描写はない。 大根に好意を持っており、漫画版では非常に仲睦まじい様子を見せている。 あだ名が示すとおり真面目な秀才。 当初は野球に関心を示さなかったが10話で小学生に惨敗したアパッチを罵倒。 この時実はに所属していた時代もあり、唯一の経験者であることを口走り半ば堂島に強引に参加させられた。 その後はガラリと協力的になり、チームの知恵袋や堂島の代理を務めるなどして活躍する。 QL学園戦では負傷退場。 大学と同じく勤勉派。 ダム技師長の娘で都内出身。 都内在住時にグループに入った経緯で猪猿村に隔離された。 チームには参加しないものの「堂島がいなくなれば刺激が無くなる」としてチーム存続を促したこともある。 アニメ版の後半では登場しなくなる。 生徒たち(村派) [ ] 材木(ざいもく) 声 - の子で、高校生ながら腕一本で病気の母親を食わせている。 アパッチ野球軍のでを務める巨漢。 堂島からキャプテンに任命されている。 モンキーやハッパと並んで、早期から堂島に心酔した1人。 父親は遭難後でを持った母親がいるが入院して正気を取り戻した。 野球道具の買い出しに町に向かった際、その母親にテレビを見せてやりたいと預かった野球道具代に手を出してしまい、その結果村を大騒動に陥れてしまう。 小柄ながらそのずば抜けた走力と身の軽さで堂島に「外野を一人で守れる」と言わしめた逸材。 悪童が多いメンバーの中でも「人殺しは嫌い」と当初からポリシーを持っていた数少ない人物。 材木とともに野球道具の買い出しを任されたが、都会と大金の誘惑に負けて野球道具代を使い込んでしまう。 アパッチ野球軍に野球道具を贈ることと新聞でアパッチを報道してもらうことと引き換えに、に甘んじて引き抜かれようとしたことがある。 ダム派ではないが賭けに勝った際の戦利品である2本線の入った(用? )を常用している。 当初はを任されていた。 しかし小森の圧力で一度アパッチ野球軍を脱退したため、最後の試合でもレギュラー出場が出来なかったがとして出場。 OP、EDでは左投げとして描かれているが本編では右投げ。 モグラ 声 - 山本相時 小さい頃落石で母親を亡くし、それ以後飛んでくるもの全てを怖がっていたが特訓で克服した。 オケラと同じく一度アパッチ野球軍を脱退したためにレギュラーになれなかったが代走として出場。 アニメの初登場シーンでは高い木を楽々と上り下りしてみせた。 OPでは顔面に打球を受け出血しながらも即座に送球する根性を見せていた。 小学生との練習試合で三塁に逆走しそのまま折り返してホームに突っ込みチームメイトから袋叩きにされていた。 何かと父親の権威を振り回して煙たがられている。 父親の意向に沿ってアパッチ野球軍とは別の野球部を立ち上げようとするが悉く失敗。 結局アパッチ野球軍に入った。 QL学園戦では負傷したダイコンに代わり9番・に入る。 チームで唯一のユニフォーム着用者。 花子(はなこ) 声 - 村長の娘で村の子供たちのまとめ役。 初期から堂島に好意を抱いており何かと便宜を図っていた。 上着はだが下は。 QL学園との試合では、大飛球をフェンスに激突・負傷しながらもキャッチしてのけ、チームの心を一つにまとめた。 コウモリと入れ替わりベンチに下がる。 実はハッパから好意を持たれていた。 父が小森の圧力でオケラを小森の野球部に入れてしまったため母親がアパッチ野球軍に入れた。 OPには登場していない。 製作担当:• 企画:• 原作:、• 脚本:花登筺、梅谷卓司• 音楽:• プロデューサー:()• 作画:、、、 他• 撮影:高梨洋一、不破孝喜、山田順弘、細田民男、武井利晴、林和夫、酒井寿一、吉村次郎、清水政夫、菅谷正昭• 編集:鈴木寛、上中哲夫、鳥羽亮一、花井正明、本山収• 効果:• 録音:二宮健治、小西進、荒川文雄、波多野勲• 記録:黒石陽子、池田紀代子、小林ふみ子、中嶋晴代、大橋千加子、鈴木素子、早見佐代子、的場節代• 選曲:• 現像:• 演出助手:奥西武、横田和善、山吉康夫、、福島一美、佐々木皓一、磯本憲昭、浦上昭人• 製作進行:工藤浩市、堤四四三、館浩二、豊島勝義、広岡修、佐野禎史• 制作:、NET 補足 現在存在するOPとEDには、プロデューサー・制作とも「 NET」はクレジットされておらず、しかもその部分ののフォントが他の部分と違っている。 恐らく本放送時には「NET」とクレジットされていたものと思われる。 主題歌 [ ] レコードはから発売。 3 10月20日 犯人(ほし)を探せ 茂野一清 菊池城二 伊藤英治 4 10月27日 白昼のダイナマイト 高倉健夫 5 11月3日 天狗岩の死闘 福田新 山崎誠 6 11月10日 走れ! ボロ馬車 伊藤英治 7 11月17日 誘惑の町 葛西治 富永良 山崎誠 8 11月24日 黒い霧と白い球 宮崎一哉 森下圭介 伊藤英治 9 12月1日 死んでも離すな! 茂野一清 菊池城二 10 12月8日 初陣ショック! 岡崎稔 高倉健夫 山崎誠 11 12月15日 絶対ピンチ! 宮崎一哉 森下圭介 伊藤英治 12 12月22日 全員逆転せよ! 高畑勲 石黒育 山崎誠 13 12月29日 太陽に向かって打て 森下圭介 伊藤英治 14 1972年 1月5日 新チーム誕生 茂野一清 菊池城二 山崎誠 15 1月12日 この旗の下に 葛西治 品川丈夫 伊藤英治 16 1月19日 秘められた熱球 宮崎一哉 菊池城二 山崎誠 17 1月26日 ピッチャー網走 高畑勲 石黒育 伊藤英治 18 2月2日 意地と根性 明比正行 山崎誠 19 2月9日 スイッチピッチャー! 茂野一清 菊池城二 20 2月16日 負けてたまるか 葛西治 荒木伸吾 21 2月23日 アパッチ大遠征 宮崎一哉 菊池城二 伊藤英治 22 3月1日 ならぬ堪忍 葛西治 山崎誠 23 3月8日 するが堪忍 宮崎一哉 荒木伸吾 24 3月15日 はだしの英雄たち 25 3月22日 目ざせ! 甲子園 26 3月29日 胴上げの詩 放送局 [ ]• 制作局 :水曜 19:30 - 20:00• :水曜 19:30 - 20:00• :水曜 19:30 - 20:00• :水曜 17:30 - 18:00• :水曜 18:00 - 18:30• :日曜 8:30 - 9:00• :水曜 19:00 - 19:30• :金曜 17:30 - 18:00• :水曜 18:00 - 18:30• :金曜 19:00 - 19:30• :水曜 19:30 - 20:00• :水曜 19:30 - 20:00• :水曜 19:30 - 20:00• :水曜 19:30 - 20:00 コミックスサブタイトル [ ] コミックスの復刻版がにてオンデマンド・ブック販売されている。 第1巻 アパッチ部落潜入• 第2巻 苦難の第一歩• 第3巻 血みどろの試練• 第4巻 傷だらけの闘魂• 第5巻 激闘の初勝利• 第6巻 白熱の遠征試合 脚注 [ ] 注釈 [ ]• タイトルにある「アパッチ」からして、()のに対する偏見とも受け取れるが、作中ではにおける理不尽な権力への反骨精神への象徴としても用いられる。 コミックス第1巻のサブタイトルに「」という単語が用いられているが、これはあくまでも原義の「農山漁家を主とする、およびそこで機能する」の意味であり、いわゆるを指す物ではない。 「部落」という言葉が「被差別部落」を連想させるものとして扱いにされたのは近年のことであり、原作の連載当時は「町、村より小さい、集落や地区」といった意味で広く用いられるだった。 本作は、1975年に、1977年に、1980年にでも放送されており、宮城県の民放4局すべてで放送実績がある。 出典 [ ]• 『戦後野球マンガ史-手塚治虫のいない風景』〈平凡社新書〉、2002年、127頁。 アニメ第19話• アニメ版第17話• アニメ版第19話• アニメ版第7話• アニメ版第7話• 『』1971年10月6日 - 1972年3月29日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1972年2月18日 - 8月25日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1972年3月1日 - 8月30日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1971年10月20日 - 1972年4月12日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1972年4月2日 - 9月24日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1975年10月18日、1977年2月4日、1980年2月28日付朝刊、テレビ欄。 『』1971年10月13日 - 1972年4月5日付朝刊、テレビ欄。 『』1972年5月5日付朝刊9面、テレビ欄。 『北國新聞』1972年5月3日付朝刊、テレビ欄。 『』1971年10月4日付夕刊、新聞広告。 外部リンク [ ]• 水曜19:30 - 20:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の

発破をかける

発破をかけるとは

やらなきゃいけないことをやらないと、どんどん不安になる 当然予定よりも仕事をしていないので、全然進まないんですよね。 とっくに終わらせているべき仕事がいつまで経っても進まず、いっつも「やらなきゃ。。。 」って思いながらもダラダラしているんです。 もちろんやらなきゃいけないことがわかっているからこそ、夜寝る前には「明日こそは頑張ろう」って思って布団に入ります。 でも、翌日起きた時には布団の中でiPhoneをいじりだしてしまうんですよね。 そうやって毎日大した仕事をせずに時間だけがどんどん過ぎ去ってしまいます。 ぶっちゃけ家でダラダラするくらいなら旅行に行って精一杯遊んだ方がよっぽどマシですからね。 だからこそ毎日毎日不安になるし、自分てダメな人間だなって落ち込むんです。 そんなんじゃダメだってわかっているし、理想の未来を考えたら今満足したり休んだりしている場合じゃないんですよね。 だからこそどうすればやる気になって仕事に打ち込むことができるかを考えたんです。 それが 「自分で自分に発破をかける」ということでした。 発破をかけるとは 発破をかけるとは、激しい言葉をかけて奮い立たせること 引用: 基本的には上司が部下に使う言葉ですよね。 要するに「本気でやれ」とか「しっかりやれ」とか「このままじゃ降格だぞ」とか、キツイことを言ってやる気を出させるのが発破をかける、という意味です。 私は過去自分でそういう言葉をかけてうまくいったことがありました。 中学生や高校生の時には「死ぬ気でやれ」って自分の手に書いて奮起し、眠気にも負けずに勉強したこともありました。 その結果偏差値48から72まで上がったり、300人くらいいる中で学年7位を取ったこともあります。 そうやって 自分に発破をかけたことでやる気を出して結果を出したことがあったんです。 ビジネスは自分で発破をかけるしかない ビジネスや副業というのは、誰かにやれって言われてやるものじゃないですよね。 自分でやりたいと思ったり、このままじゃまずいと思ったから始めているはずです。 誰かにやれって言われたわけじゃないはずです。 だからこそ他人は誰も発破をかけてくれないんですよね。 反対することはあっても発破をかけてはくれないのです。 だからやる気がなくなった時には自分で自分に発破をかけるしかないんですね。 自分で厳しい言葉をかけたりプレッシャーを作ったり期限を作ったりお金を投資したりして自分をやる気に導いてコントロールしていくしかないんです。 だからこそ環境を整えたり、塾とかコンサルに参加したり、教材を購入したり、セミナーに参加したり、そういったことが重要になってくる、というわけですね。 私は自分が弱い人間だとわかっています。 お金をかけてコンサルや塾やセミナーに参加したり、コワーキングスペースとかカフェなどの環境にお金を払ったりしないと行動できないってわかっているんです。 家にいればゲームしたりスマホしたり寝たりしてしまうことがわかっているからこそ、そうやって発破をかけている、というわけですね。 自分を自分でコントロールできるようになろう 発破をかけたり、自己投資をしたり、環境投資をしたりして、自分のやる気・モチベーションをしっかりと管理していきましょう。 そのためにも長期的な目標と短期的な目標というのも明確にしておくと、さらに行動しやすくなるでしょう。 あ、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

次の