高校生 はげ てき た。 高校生なのにハゲた!?男子高校生の薄毛と対策をまとめて解説

高校生のM字ハゲ。治るのか?10代の若ハゲ事情

高校生 はげ てき た

高校生活において、これほど絶望を感じる出来事はありません。 異性にモテることはほぼなくなってしまいますし、友人や先輩からは「ハゲ」と馬鹿にされる日々が延々と続くことでしょう。 男子からも女子からもハゲ扱いをされてしまったら高校生活で楽しいことなんて何一つなくなってしまいます。 大人になってからのハゲであれば、まだマシなんですよね。 発毛剤や植毛といった大人向けの治療や手術を受けることもできますし、何より大人であれば自分の稼いだお金を使い、自分の意思で治療を行うことができます。 しかし、高校生が薄毛を対策しようとするのは金銭的にかなり厳しく、なにより未成年の治療が認められていない方法もかなりあります。 親に相談しようにも勇気がなくて言い出せなかったり、なんとか相談できてもまともに取り合ってくれないといった事態も起こってしまうことでしょう。 「自分がハゲているのはわかる。 でもいったいどうしたらいいのかわからない」 そんな悩みを持つあなたのために、このページでは薄毛になってしまった高校生がどうすればいいのかをわかりやすく解説していきます。 高校生に起こりうる4つの薄毛 ハゲていない人たちは「ハゲなんて全部一緒。 髪の毛が抜けてなくなってしまったこと」くらいの認識かもしれませんが、医学的には ひとくちに「ハゲ」と言っても様々な種類があります。 例えば硬貨大のハゲができてしまういわゆる「10円ハゲ」は 「円形脱毛症」という名前の脱毛症ですし、生え際が交代する「M字ハゲ」とか河童のように頭頂部がハゲあがってしまう「O型ハゲ」は 「男性型脱毛症」という名前の脱毛症です。 ハゲはそれぞれ原因や症状によって種類分けされており、それぞれに異なった対策があるのです。 ですから、まずは「自分のハゲがどれに属するのか」を理解し、そのためにすべきことを知っていくのが重要となります。 それでは高校生に起こりうる薄毛を見ていきましょう。 その1:ハゲじゃないのにハゲだと思い込んでしまう「思い込みハゲ」 まず高校生に多いのがこの 「思い込みハゲ」です。 思い込みハゲとはいったいなんなのか。 それは読んで字のごとく 「自分がハゲだと思い込んでしまう」というハゲであり、すなわちハゲでもなんでもない健康な状態のことです。 ハゲで悩んでいる高校生は数多く存在しますが、実際には自分をハゲだと思い込んでしまっている人がもっとも多いと言っても過言ではありません。 とあるクリニックでは、薄毛に悩む10代の来院患者のうちの6割が健康な頭髪を持っていたそうです。 つむじや分け目、生え際といった、どんなに健康でも頭皮が見えてしまう部分をつぶさに観察して、 「自分は他人よりも見えている頭皮が多いかもしれない……いや、絶対に多い……これは確実にハゲだ……」 と、どんどん悪い方向へと考えてしまうのです。 思い込みハゲの対策 思い込みハゲの対策は方法だけなら極めて簡単と言えます。 なぜなら「自分はハゲじゃないんだ」と気づけばそれでOKだからです。 「自分はハゲではない」とセルフチェックする方法でおすすめしたいのが 自分の抜け毛チェックです。 どんなに健康な人でも1日あたりに70本から100本は髪の毛が抜けていくものであり、1日の抜け毛が100本以内に収まっていれば基本的に問題はないと言えます。 とはいえ、自分の抜け毛をすべて集めて数えるのは実質的に不可能です。 なので、抜け毛が起きやすい シャンプー時の抜け毛を排水溝から回収し、その本数だけを数えるのが現実的なチェック方法となるでしょう。 このシャワー時の抜け毛は50本以内に収まっていれば、概ね安心だと言えます。 他にも 抜け毛の毛根の形をチェックして、毛根部分が棍棒のように膨らんでいるかどうかを確認するというチェック方法もあります。 健康的な抜け毛は毛根部分が膨らんでいて、病的な抜け毛は毛根部分が先細りになっているため、毛根部分を確認すれば自分の抜け毛が病的なものかどうかが判別できるのです。 抜け毛のセルフチェックについてはで詳しく解説しているので、こちらも合わせて参照してください。 その2:10円ハゲができてしまう「円形脱毛症」 円形脱毛症はもっとも有名な脱毛症の一つなので、「これは知ってるぞ!」という方も多いかもしれません。 俗称としては「10円ハゲ」という名前で呼ばれている脱毛症で、 コインくらいの大きさの丸いハゲがひとつから数個くらいできてしまうというのが主な症状です。 症状が特殊なので、脱毛部分を確認して「あ、これはきっと円形脱毛症だな」と自己診断できてしまった方も多いと思います。 円形脱毛症は、一般的には強いストレスが原因で引き起こされるハゲだと思われていますが、実際にはそうではありません。 現代の医学では円形脱毛症は「自己免疫疾患」という病気であるという考え方が主流です。 自己免疫疾患とはなにかといいますと、簡単に言えば「自分の免疫が身体を異物だと勘違いして攻撃してしまう」という病気のことです。 私たちの身体には風邪をひいてウイルスが身体に入り込んできたときなど、異物を攻撃して追い払うというシステムが存在するのですが、そのシステムが異常をきたして毛根を攻撃してしまうということがあるのです。 そして攻撃を受けた毛根は育つ力を失って抜けてしまうというわけです。 円形脱毛症の対策 先ほど少し触れましたが、円形脱毛症はれっきとした病気です。 ですので、 病院に行けばしっかりと治療してくれます。 とはいえ、髪の毛にも困ったところがありまして、治療を開始して1日2日で生えてくるようにはならないんですよね。 治るには治るのですが、数ヶ月単位で時間がかかってしまうんです。 そこで円形脱毛症が治るまでの対策として効果的なのが医療用のウィッグやエクステによるハゲ隠しです。 現在のウィッグやエクステは非常に出来が良くなっていて、注意深く確認してもどこがハゲなのかわからないような自然さで脱毛部分を隠すことができます。 薄毛治療で重要なのは「自分の目にも他人の目にもハゲが見えなくなる」ということですから、治療と並行してウィッグを使用するのがおすすめです。 また、医療機関の受診の際に注意して欲しいのが受診する病院で、基本的には薄毛治療専門のAGAクリニックでは円形脱毛症の治療に対応していないことが多いです。 これはAGAクリニックが「遺伝が原因で起こってしまうハゲ」をメインに治療しているからなんですね。 免疫が原因の円形脱毛症はAGAクリニック的には専門外のハゲなのです。 ですので、円形脱毛症を治療するときは皮膚科を受診するようにしましょう。 その3:不健康が原因で起こる「びまん性脱毛症」 抜け毛には、連日夜更かしをして十分な睡眠時間が確保できていないとか健康的な食生活ができていないとか、そういった健康的な生活ができていないせいで起こるものがあります。 あえて病名で区分するなら大人の女性に多い薄毛の 「びまん性脱毛症」ということになるでしょう。 びまん性脱毛症とは、特定の一部分ではなく 頭部全体から間引かれるようにして抜け毛が起こってしまうという脱毛症です。 大人の女性の場合は加齢や出産による女性ホルモンの減少で起こるのですが、男性でも栄養失調などの要因で起こってしまうことがあります。 不健康による抜け毛はハゲというよりは単なる抜け毛の問題なので、頭皮が露出してしまうレベルになってしまうことは稀ですが、それでも対策は必須です。 びまん性脱毛症の対策 とにかく健康的な生活を心がける。 びまん性脱毛症の対策はこの一言に尽きます。 不健康になったことが原因で抜け毛が起こっているわけですから、健康になれば抜け毛は止まる。 これは当然の摂理です。 夜にしっかりと眠って、しっかりと食事で栄養を摂るというごく普通の生活さえできていれば、このハゲは自然と治っていきます。 その4:遺伝と男性ホルモンが原因で起こる「AGA 男性型脱毛症)」 一般的に「ハゲ」とか「薄毛」という言葉で想像されるような症状を引き起こすのは「AGA(男性型脱毛症)」という脱毛症です。 小難しい医学的な説明はを参考にしていただきたいのですが、簡単に説明するとAGAは「遺伝」と「男性ホルモン」というふたつの組み合わせが 髪の毛をじわじわと産毛に変えてしまうという薄毛です。 男性型脱毛症は「壮年性脱毛症」とも呼ばれている脱毛症で、その名のとおり壮年期(20代後半くらい)に発症するのが一般的な脱毛症なのですが、最近では高校生で発症するケースも増えてきています。 これはなぜかと言いますと、脱毛症が発症するために必要な男性ホルモンは思春期の時点でもう作られているからです。 男性ホルモンの分泌量がピークを迎える20代あたりで発症するのが普通なのですが、男性ホルモンの分泌量には個人差があり、高校生の時点で多くの男性ホルモンが分泌されていると発症時期が早まってしまうわけなんです。 男性型脱毛症は次の写真のように「生え際が後退していく」か「頭頂部がアルファベットのOの字のようにハゲていく」2種類の進みかたがあり、症状が進んでいる場合は自分で鏡を見てもはっきりとわかります。 自分が男性型脱毛症かどうかのチェック方法についてはが詳しいので、こちらも参考にしてください。 AGAの対策 現時点でAGAを対策しようと思ったら医学的な治療を受ける他ありません。 治療方法についてはでまとめているように様々な種類があるので、薄毛の進行具合や副作用などを鑑みて、医師との相談のもとに治療していきましょう。 ヘアワックスはハゲの原因なのか? 確かにワックスが原因で深刻な抜け毛が起きることがあるのは事実です。 しかしそれはワックスを毎日つけてるのに1ヶ月間1回も頭を洗わないとか、大量のワックスを頭皮につけたまま放置するとか、そういった異常な使い方をしている場合に限ります。 「ヘアスタイルを整えるために適量をつけて、ワックスを使ったらその日のうちに洗い流す」というように ごく普通の使い方をしている分にはワックスが薄毛の原因となることはないのです。 私たちの生活に欠かせない塩分だって一度に300グラム摂取すれば死んでしまうのと同じで、一見無害なものでも異常な使い方をすれば身体に悪影響が出てくるのは当たり前のことなのです。 ですから、毎日しっかりとシャンプーで洗い流すことさえ心がけていればわざわざヘアワックスの使用をやめる必要はありません。 正しいシャンプーの方法についてはで解説しているので、こちらを参考にしてください。

次の

高校生のつむじハゲは要注意!若いうちからしておきたい対策方法

高校生 はげ てき た

薄毛・つむじハゲには、親からの遺伝などもありますが、必ず本人が若ハゲ・つむじハゲの症状を引き起こすとは限りません。 また、つむじや頭頂部などで、場所により原因が変わることもあります。 ですが、不健康な生活は若ハゲ・つむじハゲに深く関係しているのです。 栄養バランスが乱れてしまえば、必然と体調も崩れてしまい、頭皮環境に影響を及ぼします。 運動不足• 頭皮が汚れている このようなことも若ハゲ・つむじハゲに関係しています。 毛穴の詰まりや、血行が悪ければ健康な髪の毛の成長を妨げてしまうのです。 さらに、つむじハゲは、つむじ自体が本人で確認しにくい場所となっているため、つむじのハゲが進行して、悪化した時に気付いてしまいつむじハゲとなっているのです。 床屋・美容室に定期的に通っていれば、理容師・美容師の方が気付くと思いますが、なかなか直接、本人に伝えてくれるとは思いません。 結果つむじハゲはエスカレートしてしまうのです。 しかし、皮膚科・クリニックを利用するメリットもあります。 それは、確実な治療効果です。 専門家に診てもらい、男性の男性型脱毛症など治療方法が確立されていれば発毛効果を実感できるのです。 専門のクリニックで、若ハゲ・つむじハゲの薄毛改善に関する正しい知識を知ることも出来ますし、相談出来るのもメリットの一つです。 また、男性型脱毛症などは、早期発見からの、早い治療が重要なのです。 薄毛かなと感じたら早めにお近くの専門クリニックに相談してください。 若ハゲ・つむじハゲの薄毛専門のクリニックの中にも月に5000円くらいで薄毛治療を行ってくれるクリニックもありますので、料金が気になる方は、クリニックの利用料金を調べてみて下さい。 中学生の方が、つむじが薄いと気付いたら、原因と予想することが出来ても、突き止めるところまでは難しいと思います。 それは、薄毛になってしまう原因はありすぎているからです。 また、簡単なチェックシートで症状を記入するとほぼ、男性型脱毛症と判断されるでしょう。 中学生では、つむじハゲを改善するのに金銭的に大きく負担がかかってしまいます。 まずは、10代の中学生のかたでもお金をかけずに行える、生活習慣から見直し、改善して下さい。 ストレス これらを、1つ1つ正しく改善することで確実につむじハゲ・薄毛を改善してくれます。 【ストレス解消法】 動的・発散系 ショッピング、走る、歌う 静的・発散系 友達に話す、思いを文字にする、泣く 動的・浄化系 散歩や掃除で気分転換、食べる 静的・浄化系 入浴、マッサージ、眠る 高校生の薄毛・つむじハゲの改善方法は、まずシャンプーから見直して下さい。 根本的にシャンプーに含まれている成分が頭皮に合っていなければ、抜け毛・つむじハゲを引き起こしたままです。 頭皮のフケや痒みがないかなどの異常に気付くことで、若ハゲ・つむじハゲの早期発見に繋がります。 自分に合ったシャンプーを探し使うとで、より良い頭皮環境に近づけます。 一般のシャンプーでも、含まれている成分は違うので、いろんなシャンプーを試してみるのもいいです。 金銭的に余裕があれば、育毛シャンプーなどを使うとより効果的です。 育毛シャンプーには、健康な髪の毛を生やすのに良い環境を作り、頭皮環境をシャンプーの成分が整えてくれる効果が有るため、若ハゲ・つむじハゲに効果的です。 シャンプーを変えた後は、洗髪の仕方を見直すことも、薄毛・つむじハゲの対策に繋がります。 力任せに頭皮を洗ったり、爪をたてて洗うことにより、頭皮が傷付いてしまいます。 その行為により、抜けるはずのない髪の毛まで抜けてしまい、頭皮を傷付けて、育毛しにくい頭皮になってしまいます。 大学生は、つむじからハゲてしまうことが多いと言われています。 若いうちに抜け毛を起こして、自分で気付いた時には、若ハゲ・つむじハゲを起こしてしまい、特に20代前後の年頃は、特に生活習慣が大きく乱れえるからです。 大学生は、自分で管理をする年頃なので、バイトもするようになれば、ストレスを我慢することもありますし、友人と夜更かしをすれば睡眠時間も少なくなります。 付き合いでお酒を飲む機会も増えて行き、薄毛・つむじハゲを引き起こす原因がたくさんあるのです。 特につむじハゲになりやすい方の特徴は、慢性の夜更かしをしている方です。 遊びや、就寝前のスマートフォンのやりすぎで睡眠時間を削っている方。 スポーツ系の方は無関係ですが、いまどきの生活スタイルにハマっているかたは、運動不足の方が多いです。 スマートフォンやパソコンを扱う時間が多くなっているので、大学生にはありがちです。 そして、ストレスです。 大学生時代とは別の、大人として抱えるストレスはとても大きく、頭皮環境に影響を与えてしまい、若ハゲ・つむじハゲを引き起こすのです。 手軽に若ハゲ・つむじハゲを改善・対策するには睡眠時間をしっかり取ることが大切です。 不規則な生活を繰り返さずに、自己ルールを作ることで対策して下さい。 食事の内容も脂っぽいものを避けることにより、皮脂の分泌を押さえ毛穴詰まりを防いでくれます。 脂は、動物性のものは、避け、魚などヘルシーな食べ物を選びましょう。 生活習慣で改善されない方には、お金をかけて対策することも視野に入れてみて下さい。 それは、育毛剤・育毛シャンプーです。 正しい使用方法を知り、自分に合った育毛剤・育毛シャンプーを使うことで、大きく若ハゲ・つむじハゲを対策・改善してくれます。 脱毛を予防し、育毛を促進させてくれる育毛シャンプーの中でもおすすめされているのが、「チャップアップシャンプー」です。 効果は、血流低下を防ぎ、脱毛を予防してくれます。 毛穴の炎症を防止して、脱毛を予防します。 育毛を促進してくれます。 10代をはじめとする若い人の体には、本来高い自然治癒力をもっていますので、当然加齢が進んでいる方よりも、ずっと薄毛を治療しやすいのです。 実際に多くの若い方が早いうちに治療に取り組んで薄毛の治療に成功しています。 「自分の若ハゲは遺伝だから仕方がない」とか「自分の若ハゲはどうせ宿命だから」と初めから諦めてしまうのは時期尚早。 薄毛の遺伝率は25%弱だといわれています。 薄毛の原因は他の75%の方が理由となるといっても過言ではないと思います。 間違った生活習慣や食事、ケアの継続により遺伝の影響はさらに低くなります。 親族に薄毛が多く、本当に遺伝が原因で若ハゲになっていると思われる方もいらっしゃいます。 M字はげ、つむじはげを代表とするAGAなどで、男性ホルモンが関係しているのでしょう。 AGAクリニックでプロペシアやフィンペシア、ミノキシジルなどの治療薬が効果があるといわれています。 が、これらの治療薬は副作用が強くでると言われています。 このような副作用のリスクの高い治療薬を使わずとも、若いうちに自覚的に育毛に取り組み、食事や生活習慣を正しくすれば頭皮環境が改善されて、若ハゲが治せる可能性が十分あることもハゲケンの記事では多く提供しているので是非ご参照ください。 若ハゲ・つむじハゲは年代別に特徴が見受けられますが、根本的な原因は年代問わずに同じなのです。 (1)乱れた食生活です。 揚げ物・スナック菓子・お肉などの偏った食生活を送ってしまうと、皮脂を過剰に分泌してしまい毛穴トラブルになってしまうのです。 食事の取り方は、バランス良く取り入れ、育毛効果のある、卵・納豆などの大豆系の食材を取り入れて下さい。 (2)睡眠不足の解消。 もし、現在4~5時間の睡眠時間であれば、6~7時間に増やすなど心がけてみて下さい。 (3)シャンプーの選び方・洗髪の仕方。 シャンプーに含まれる成分が、刺激のあるものだと、頭皮を傷付けてしまいます。 低刺激のものや、洗浄成分を良く調べて選んでください。 洗髪時は、爪を立てずに、指の腹で優しく押す様に洗い、頭皮マッサージを同時にすると効果的です。 (4)ストレスを溜めない。 ストレスが溜まってしまうと、血流が悪くなるので、良質な栄養を髪の毛に送れなくなるのです。 なるべく、息抜きをしてストレスを抱えこまないようにして下さい。 (5)アルコール。 アルコールは髪の毛の栄養を奪ってしまうので、毛髪サイクルの停滞になってしまうのです。 適度な飲酒をこころがけて下さい。 以上が、若ハゲ・つむじハゲへの対策となります。 強引に若ハゲ・つむじハゲの対策を行っても、それがストレスになりかねませんので、自分のペースで確実に実行すると若はげの対策として効果的だと思います。

次の

若はげはつむじから!対策と基準まとめ【中学生/高校生/大学生】

高校生 はげ てき た

実際、の記事でも解説しているように高校生でも様々な薄毛になってしまう可能性があります。 ですが、近年特に相談件数が多い「つむじが広くなっている」という悩み。 これに関しては ただの気のせいである確率が非常に高いと言わざるを得ません。 薄毛でもなんでもないのに薄毛で悩むのはなんの意味もないどころか、思い込みの力で身体に不調まで出てくる可能性もあるので百害あって一利なしです。 そこで今回は高校生の薄毛がどれだけ思い込みの可能性が高いのかを徹底的に検証して行きたいと思います。 10代の薄毛は6割気のせい!周囲の言葉を真に受けないで! 実は薄毛に悩む高校生は増加傾向にありますが、 実際に薄毛になっている高校生は別に増加なんてしていないんですよね。 例えば、 とある薄毛クリニックでは来院した10代の患者のうち、実に6割が「薄毛でもなんでもない、極めて健康な頭髪の持ち主」だったそうです。 なんと「つむじハゲをなんとかしてほしい」といって病院に言っている10代の半分以上はただの気にしすぎだったわけなんですね。 つむじハゲで悩んでいる高校生に話を聞いてみると、かなりの高確率で「クラスメイトにつむじが広いと指摘された。 自分ではそう思っていなかったが、スマホで写真を撮って確認してみたらそう見える」という話が出てきます。 私も過去に言われた経験がありますけど、高校生って他人をバカにするときに「ハゲてる」という言葉を使うことが多いんですよね。 ちょっとした個人差で広くなっている額とか分け目の出るヘアスタイルをしている人を見るとすぐに「ハゲ」というし、なんならまったくハゲてない人に対しても罵倒するためだけに「ハゲ」と言ったりします。 要は高校生がクラスメイトに対して口にする「ハゲ」って言葉には薄毛を指摘する意味なんてないことが大半なんですけど、それを真に受けてしまっているんですね。 当然悪いのはあなたをハゲ呼ばわりしている人間なので、真に受けてしまうことが悪ではありません。 しかし、人間の身体というのは面白いもので、強い思い込みが身体にまで影響を及ぼしてしまうことがあるんですね。 ですからまずあなたに知っておいてほしいのは、気休めでもなんでもなく 「あなたがハゲである可能性は確率から考えれば低い」ということなんです。 薄毛の発症率は若ければ若いほど低くなり、20代でも6%しかない! あなたがハゲである可能性が低いということはデータでも示すことができます。 の記事では成人男性の 「AGA」(男性型脱毛症)の発症率をまとめています。 簡単に言えば 何歳から薄毛になる人が多いのかをまとめたデータということです。 詳しい情報は記事を参照して欲しいのですが、データだけ引用すると若ければ若いほど薄毛の発症率は低く、30代男性のうち薄毛の人は 12%で20代だと 6%にまで下がります。 これは成人男性のみを対象にしたアンケートなので残念ながら10代のデータはないのですが、若くなるほどに発症率が下がっているのに10代だけ突然発症率が上がるなんてことは考えにくいですから、 10代であれば薄毛の発症率は5%以下になると考えてもなんらおかしいことはありません。 つむじは頭皮が見えてるのが当たり前!広がってる『気がする』は概ね勘違い! そもそもつむじはある程度頭皮が見えているのが普通ですから、「つむじが完全に髪の毛で隠れている状態が正常だ」みたいな考えは間違いです。 ですから、 つむじを見たときに「広がってる気がする」と薄毛に確信を持てない場合は薄毛じゃないと断じてほぼ間違いありません。 もし頭頂部が薄毛になっているときは、初期の頃でも上の画像のように一目でわかる見た目になります。 有名な話に「コップの中に水が半分入っている」のを見てポジティブな人は「まだ半分もある」と考えるし、ネガティブな人は「もう半分しかない」と考えるというものがあります。 つむじもこれと同じで、気にしていないときはまったく気にならないのに、 自分は薄毛なんだと落ち込むと途端につむじが広がっているように見えてくるのです。 どうしても不安なら薄毛治療のクリニックで無料のカウンセリングを受けよう 「どれだけ自分がつむじハゲである可能性が低いと言ってもゼロじゃない以上は不安で仕方がない」 こういう考えの人も多いと思います。 そんなときはもう 薄毛治療専門のクリニックに行きましょう。 でも解説しているように、10代で成人男性と同じ薄毛治療を受けることはできませんが、無料のカウンセリングなどを利用して診断してもらうことは問題なく可能です。 周囲の人に「ハゲ」と言われることが気になるのなら、 プロに「あなたはハゲではない」と断じてもらうのが一番の治療になります。

次の