ヨナス カウフマン。 「現代最高のオテロ」カウフマンが名匠パッパーノと“オテロ”全曲をセッション録音!

ヨナス・カウフマン〜オペラ・コレクション 『ニーナ』(2002)、『フィデリオ』(2004)、『ウリッセの帰還』(2002) チューリッヒ歌劇場(3DVD)

ヨナス カウフマン

5019893:R ヴェルディの最後から2番目のオペラ「オテロ」の主役は、表現力の豊かさ、声の強靭さとバリトンからテノールまでの声域の広さを要求されるヴェルディ・オペラのテノールの中でも最大の難役であるだけでなく、「あらゆるオペラのテノール役の中のエヴェレスト」とさえ称される最難役です。 この難役を歌いこなせるテノールは数えるほどしかいませんが、ヨナス・カウフマンはその一人。 2017年、英国ロイヤル・オペラでのキース・ウォーナー新演出によるプロダクションでロール・デビューを果たし、満場の聴衆の圧倒的な喝采を浴び、「カウフマンの、年を重ねることに自信をもった歌声。 オテロ歌いとして有名だったラモン・ヴィナイ、ジョン・ヴィッカーズを呼び起こすものだった」(ニューヨーク・タイムズ)、「彼は間違いなく、ドミンゴ以来、この役の最も素晴らしい声と肉体的なカリスマ歌手」(デイリー・メール)、「ヨナス・カウフマンは『オテロ歌い』として歴史に名を刻んだ」(OperaWire)など、各誌論評で絶賛されたのでした(その歴史的上演の映像もブルーレイおよびDVDとしてソニー・クラシカルから発売中)。 カウフマンにとって「オテロ」は、自らの歌手人生で勝ち得た輝かしい栄光のひとつといっても過言ではありません。 2001年、シカゴ・リリック・オペラでの「オテロ」上演にカッシオ役として参加、2013年発売の「ヴェルディ・アルバム」で初めて「オテロ」から2曲のアリアをレコーディングし、そして2017年のロイヤル・オペラでの大成功と、自らの声と表現力の成熟を根気強く待って新たな役に挑戦し続けてきたカウフマンの一つの頂点でもあるのです。 カウフマンは、最高の条件で「オテロ」の録音を実現するために、2019年夏、ローマで約2週間にわたるセッションが組まれ、カウフマンと舞台で何度も共演し録音も重ねてきた巨匠アントニオ・パッパーノとその手兵サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団&合唱団をむかえ、ヴェルディの難曲に取り組みました。 共演者も、イアーゴに表現力豊かなヴェテランのカルロス・アルバレス、デズデモナにモーツァルト歌手として世界的な人気を獲得し、今年のザルツブルク音楽祭でクルテンツィス指揮する新演出の「ドン・ジョヴァンニ」にもドンア・エルヴィーラ役で出演予定の若手のリリック・ソプラノ、フェデリカ・ロンバルディを配すなど、完璧な布陣。 カウフマンの雄弁なフレージングとダイナミクス、息の長い抒情的なカンティレーナからドラマティックなスピントにいたるまで、オペラ歌手としての彼の驚異的に多彩な技巧と抜群の表現力を味わうことができるのみならず、パッパーノの指揮のもと、最晩年のヴェルディが持てる作曲術を注ぎ込んだ類まれな傑作の姿が実際の音として再現されています。 (ソニーミュージック) 【曲目】 ヴェルディ:歌劇「オテロ」(全曲) 【演奏】 ヨナス・カウフマン(テノール:オテロ) カルロス・アルバレス(バリトン:イアーゴ) フェデリカ・ロンバルディ(ソプラノ:デズデモナ) リパリト・アヴェティスヤン(テノール:カッシオ) ヴィルジニー・ヴェレーズ(メゾ・ソプラノ:エミーリア) カルロ・ボシ(テノール:ロデリーゴ) リッカルド・ファッシ(バス:ロドヴィーコ) ファブリツィオ・ベッジ(バス:モンターノ) ジャンパオロ・フィオッキ(バリトン:伝令) サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団&合唱団 アントニオ・パッパーノ(指揮) 【録音】 2019年6月24日~7月6日、ローマ、パルコ・デッラ・ムジカ音楽堂(スタジオ録音).

次の

映像・音楽:イタリアオペラ(2)

ヨナス カウフマン

5019893:R ヴェルディの最後から2番目のオペラ「オテロ」の主役は、表現力の豊かさ、声の強靭さとバリトンからテノールまでの声域の広さを要求されるヴェルディ・オペラのテノールの中でも最大の難役であるだけでなく、「あらゆるオペラのテノール役の中のエヴェレスト」とさえ称される最難役です。 この難役を歌いこなせるテノールは数えるほどしかいませんが、ヨナス・カウフマンはその一人。 2017年、英国ロイヤル・オペラでのキース・ウォーナー新演出によるプロダクションでロール・デビューを果たし、満場の聴衆の圧倒的な喝采を浴び、「カウフマンの、年を重ねることに自信をもった歌声。 オテロ歌いとして有名だったラモン・ヴィナイ、ジョン・ヴィッカーズを呼び起こすものだった」(ニューヨーク・タイムズ)、「彼は間違いなく、ドミンゴ以来、この役の最も素晴らしい声と肉体的なカリスマ歌手」(デイリー・メール)、「ヨナス・カウフマンは『オテロ歌い』として歴史に名を刻んだ」(OperaWire)など、各誌論評で絶賛されたのでした(その歴史的上演の映像もブルーレイおよびDVDとしてソニー・クラシカルから発売中)。 カウフマンにとって「オテロ」は、自らの歌手人生で勝ち得た輝かしい栄光のひとつといっても過言ではありません。 2001年、シカゴ・リリック・オペラでの「オテロ」上演にカッシオ役として参加、2013年発売の「ヴェルディ・アルバム」で初めて「オテロ」から2曲のアリアをレコーディングし、そして2017年のロイヤル・オペラでの大成功と、自らの声と表現力の成熟を根気強く待って新たな役に挑戦し続けてきたカウフマンの一つの頂点でもあるのです。 カウフマンは、最高の条件で「オテロ」の録音を実現するために、2019年夏、ローマで約2週間にわたるセッションが組まれ、カウフマンと舞台で何度も共演し録音も重ねてきた巨匠アントニオ・パッパーノとその手兵サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団&合唱団をむかえ、ヴェルディの難曲に取り組みました。 共演者も、イアーゴに表現力豊かなヴェテランのカルロス・アルバレス、デズデモナにモーツァルト歌手として世界的な人気を獲得し、今年のザルツブルク音楽祭でクルテンツィス指揮する新演出の「ドン・ジョヴァンニ」にもドンア・エルヴィーラ役で出演予定の若手のリリック・ソプラノ、フェデリカ・ロンバルディを配すなど、完璧な布陣。 カウフマンの雄弁なフレージングとダイナミクス、息の長い抒情的なカンティレーナからドラマティックなスピントにいたるまで、オペラ歌手としての彼の驚異的に多彩な技巧と抜群の表現力を味わうことができるのみならず、パッパーノの指揮のもと、最晩年のヴェルディが持てる作曲術を注ぎ込んだ類まれな傑作の姿が実際の音として再現されています。 (ソニーミュージック) 【曲目】 ヴェルディ:歌劇「オテロ」(全曲) 【演奏】 ヨナス・カウフマン(テノール:オテロ) カルロス・アルバレス(バリトン:イアーゴ) フェデリカ・ロンバルディ(ソプラノ:デズデモナ) リパリト・アヴェティスヤン(テノール:カッシオ) ヴィルジニー・ヴェレーズ(メゾ・ソプラノ:エミーリア) カルロ・ボシ(テノール:ロデリーゴ) リッカルド・ファッシ(バス:ロドヴィーコ) ファブリツィオ・ベッジ(バス:モンターノ) ジャンパオロ・フィオッキ(バリトン:伝令) サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団&合唱団 アントニオ・パッパーノ(指揮) 【録音】 2019年6月24日~7月6日、ローマ、パルコ・デッラ・ムジカ音楽堂(スタジオ録音).

次の

世界で活躍する一流のオペラ歌手【男性編】

ヨナス カウフマン

名歌手、名優 ヨナス・カウフマンはドイツが産んだスーパースターテノールです。 テノールと言えば、パバロッティの突き抜けてくるような明るい声を思い起こされる方も多いでしょう。 しかしヨナス・カウフマンの声はちょっと違います。 彼の声はバリトンのようで太く暗いのです。 その声は中音域では豊かに力強く、その力強さを保ったまま高音域に突入し輝かしい最高音を響かせます。 一方、技術的に難しい高音のピアニッシモもため息が出るくらい美しい。 音の強弱、緩急やフレージングを自由自在にコントロールして歌に豊かな表情を付け、演じるキャラクターの気持ちを表現するのがめっぽう上手な人です。 また、彼はオペラ界随一の名優でもあります。 とにかく、うまい!キャラクターになりきって歌われる彼の歌と迫真の演技は観客を興奮の渦に巻き込みます。 すでに額やひげに白い物が(たくさん)混じってはいますが、彼の暗めで端整な顔立ちは悲劇的な主人公にぴったりでしょう。 広いレパートリー: カウフマンが今までに歌ったオペラのリストは ヨナス・カウフマンのもう一つの特徴はとにかく、レパートリーが広いことです。 若い頃はモーツアルトの魔笛 タミーノ や フェランド)をよく歌っていました。 その他にも(イドメネオ)、(ティート)等を歌っています。 またモンテヴェルディのポッペアの戴冠(ネローネ)等も。 それからなんとロッシーニのセヴィリアの理髪師(アルマヴィーヴァ伯爵)も歌っていたのですよ!彼のレパートリーをちょっと紹介しますと、 イタリアオペラ ヴェルディの、 アルフレード 、(マントヴァ公爵 、 ドン・カルロ 、追加ドン・カルロス フランス語版 ドン・カルロス 、 マンリーコ 、(ドン・アルヴァロ)、ラダメス 、(カッシオ、オテロ 、 プッチーニの ロドルフォ 、つばめ ルッジェロ 、(カヴァラドッシ 、(ディック・ジョンソン 、デ・グリュー 、 ジョルダーノの アンドレア・シェニエ 、 マスカーニのトゥリッド や、カニオ) モンテヴェルディ、 モーツアルトから ヴェルディ、プッチーニ、ワーグナー、 さらにはフランスオペラ等多種多様。 まだまだ有ります。 彼のようにリリカル〜ドラマティックなイタリアオペラキャラクターからワーグナーオペラの英雄役までを自在に歌える歌手は珍しいです。 歌曲 ヨナス・カウフマンは素晴らしいリート歌手でもあります。 学生時代からお世話になっているヘルムート・ドイチュさんのピアノ伴奏による や シューベルトの歌曲(、)は高い評価を受けています。 その他、 、等も歌っています。 彼の歌曲を聴いていると浮き立つような喜び、悲哀、苦しみや、自然の風景がはっきりと脳裏に浮かんでくるから不思議です。 更に彼はマルチリンガルなのです。 ドイツ語はもちろんですが、フランス語、イタリア語、更に英語も流ちょうにしゃべることが出来ます。 この様に多芸多才なヨナス・カウフマン、いったいどの様な生い立ちだったのでしょうか。 子供の頃 ヨナス・カウフマンは1969年7月ミュンヘンで生まれています。 父親は保険会社母親は幼稚園に勤めていました。 彼の一家はもともと東ドイツに住んでいたのですが第二次大戦後西側に逃げてきたのです。 彼が子供の頃一家は東側からの避難民が住む賃貸アパートに住んでいました。 彼の一家はクラッシック音楽好きでした。 彼の祖父は自分でピアノを伴奏しながらワーグナーの歌劇を(女性の歌う箇所まで含め、全てのパートを!)彼によく歌って聴かせていました。 彼が子供の頃生まれて始めて見たオペラは「」。 幼い彼はオペラの美しさに引き込まれとても感動したのですが、カーテンコールで自刃したはずの蝶々さんが出てきたのでびっくりします。 蝶々さんは本当に死んじゃった!と信じ込んでいたからです The Telegraph 2014。 子供の彼にとって蝶々さんの死はリアルだったのです。 オペラを上演する側になった今でも、オペラに出てくる人物や舞台の上で演じられる喜怒哀楽の感情は彼にとって真にリアルなのです。 学生時代 学生時代彼はずっと合唱団で歌っています。 高等学校時代にはミュンヘンのオペラハウス、ゲルトナープラッツ州立劇場で合唱の一員として歌っています。 彼はこのオペラハウスで実際のオペラ歌手を身近に感じることが出来たのです。 しかし高校を卒業した後、彼は両親の勧めに従ってミュンヘン大学で数学を学び始めます The Telegraph,14. 2014。 彼自身プロ歌手は非常にリスキーな職業だと思っていてもっと堅実な職業を選ぼうと考えたのです。 ところが実際に勉強を始めてみて数学よりも音楽を愛していることに気づきます。 そこで一大決心をし、数学を辞め、1989年ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学に入学します。 最初の歌劇場専任時代 在学中も歌劇場で小さな役を歌っていたヨナス・カウフマン、1994年に優秀な成績で大学を卒業します(Saarbrucker Zeitung, 14. 1994。 いくつかの劇場からオーディションの誘いがあったようですが(Saarbrucker Zeitung, 14. 1994 、結局ザールブリュッケンの州立歌劇場と専属契約を結びます。 この頃彼は軽くて甘く明るい声で歌っていました。 ザールブリュッケンでの専属歌手になってから彼は声がしわがれる、というトラブルに悩まされます。 ひどいときは舞台で上演中に声が出なくなってしまうという、プロ歌手にとって悪夢とも言うべき経験 )をしたようです。 この時期の彼は歌手を辞めようかどうしようか、と悩んでいたようです。 こんな時に救いの手をさしのべてくれたのがボーカルコーチのマイケル・ローズ氏でした。 ローズ氏は、カウフマンが「皆に好まれる軽くて明るいテノール声を無理に作っている」ことに気づきました。 そして彼が元々持つ声で自然に歌えるよう指導してくれました。 忍耐強く様々な努力をした結果 OperaUK, Dec. 2008 、彼は自然で楽な歌い方を習得することが出来、声のトラブルは消失しました。 新たに獲得したその歌い方による彼本来の声は以前と比べて大きく、暗く太く引き締まっていました。 彼はもともと非常に歌のうまいテノールです。 声のトラブルがなくなり楽に歌えるようになってから、彼はその素晴らしい歌唱と説得力のある演技を一体化させていきます。 ところでこの様な声のトラブルを経験したせいでしょうか、彼は声のコンディションには非常に気を遣っています。 彼は昔から「具合が良くないときは、歌わないほうがよい」というスタンスを堅持しており 、そのスタンスを批判する方々もいらっしゃいます。 しかし、キャンセルが多いという噂にもかかわらず彼の出演するオペラのチケットは争奪戦、完売、というのが多く人気の絶大さが見て取れます。 チューリッヒ歌劇場専属時代 ザールブリュッケンでの2年間が過ぎ彼は契約を更新せずフリーになります(1996)。 一時期シュトゥットガルトでよく歌っていましたが1999年くらいからザルツブルグ、ブリュッセル、シカゴなど国際的にデビューしてゆきます。 そして2001年にチューリッヒ歌劇場の専属になります。 この劇場で彼は多くのドイツ、イタリア、フランスオペラを歌い、すでに30代半ばで非常に広いレパートリーを持つに至ります。 チューリッヒ歌劇場では専属とはいえ、 ブリュッセル、モネ劇場での(ファウスト)(2002) パリ、バスチーユでの(カッシオ) 2004 ロンドン、ロイヤルオペラハウスでのつばめ(ルッジェロ)(2004)等、海外での活躍も増えてきます。 またこの時期シューベルト、、シュトラウス等の歌曲を歌うコンサート歌手としても活動しています。 2002年を過ぎた頃からはチューリッヒ歌劇場の立役者となってきて「彼は恐らく過去半世紀の間にドイツが産んだ最高のテノールだ」と評する新聞も現れてきはしましたが The guardian, 28. 2002 世界的にはさほど知られていませんでした。 世界のテノールへ 彼の最大の転機は2006年初めアンジェラ・ゲオルギューの相手役としてアルフレードを演じたMET「」の公演です。 彼の歌と演技、そしてルックスの良さが大評判をとり、あっという間に世界の一流劇場から依頼が殺到します The Telegraph 14. 2014。 更に同年の暮れロイヤルオペラハウスのカルメンで,彼はドン・ホセを 一般的に演じられる)恋におぼれ破滅するマザコン青年ではなく、利己的暴力的な男、自己制御が効かずに自滅してゆくキャラクターとして演じ、その圧倒的な歌と演技で聴衆や批評家達を仰天させます Financial Times, 10. 2006 Wall Street Journal, 21. 2007。 彼の際立つ特徴としてOpera News May 2008 は「彼はごく一般的に演じられるキャラクターばかりでなく、従来とは異なったキャラクターを創出し演じるのだ。 しかも、役それぞれに、また一つの役も演ずるステージ毎に異なるキャラクターを創り上げることができる」と書いています。 彼がいくつかのオペラハウスで演じてきた性格の異なるドン・ホセはそのよい例だと思います。 また彼の歌唱と演技は表現が明快で演じるキャラクターの性格や想いが聴衆にはっきりと伝わります。 イタリア語フランス語ドイツ語のディクションが非常によいこともプラスに働いているのではないでしょうか。 これらの公演以降殆ど全ての公演を成功させスターテノールとしての彼の評判が確立していきます。 現在 とはいえ、彼自身は「僕は一番下の階段から一歩一歩登ってきました。 それで良かったと思っています」「階段を1度に沢山は登りませんよ」 Classical Source, May 2008 と、非常に冷静です。 しかし私には彼がすごい勢いで階段を上っていったように見えます。 さほど有名でなかった時代に積み上げた経験が大いに役に立っているのでしょう。 マルチリンガルな言語能力も多様なレパートリーを歌うのに大いに役立っていますね。 彼の業績に対しレコード会社や音楽界から様々な賞が贈られています 沢山有るので個々の賞は省略します。 また、歌手の名誉的称号である「 バイエルン州宮廷歌手」を授かっており、フランス文化省からは「 芸術文化勲章」 2011年, Chevalier、シュヴァリエ(騎士 、ドイツからは「 ドイツ連邦共和国功労勲章(政治経済文化などの領域で卓越した業績を成した人に与えられる)」も贈られています。 追記 1:2017年イタリアのサンタ・チェチリアアカデミアで「 名誉会員」に選ばれる。 追記 2:2018年フランス文化賞より「 芸術文化勲章 Officier,オフィシエ(将校 」 を授与される。 追記 3:2018年 Bayerischen Maximiliansorden 科学・芸術におけるバイエルン州最高の名誉)授与されこの騎士団のメンバーとなる。 近年の彼はミュンヘンを中心としたヨーロッパ圏で活動していることが多いです。 すでに数年先までびっちりと予定が詰まっている彼が日本でオペラの舞台に立つ機会があるかどうかはわかりません。 しかし彼の歌唱と演技が作り上げる舞台芸術のすばらしさはDVDやYoutubeでも充分堪能することが出来ます。 尚、挿入したYoutubeの中には昔のカウフマンの日常風景などを入れたTVフィルム、CDの録音風景なども入っているものがあります。 話される言葉は理解出来なくても楽しめます。 2016. 追記あり。 追記 下に、ヨナス・カウフマンが歌ったオペラ・オペレッタの役を並べました。コンサート形式やCD収録も含みます。演目の役を初めて歌った年で記載してあります。 まだ抜けているところも有り完全ではありませんが参考までに。 2019. 現在).

次の