押しボタン。 男子トイレ(小便器)の押しボタンが壊れたので交換してみた【TOTO】

押しボタンの選定・通販

押しボタン

押しボタンとは操作部分をその面に垂直な軸方向に指の押し引きで接点を開閉する部品です。 外部からの操作をスイッチに伝達する操作部、電気回路の開閉を担うスイッチ部、スイッチ本体を接地してパネルに固定する取り付け部、動作状態を光で表示する発光源、内部を保護するケース部で成り立っています。 LED照光式は操作部にLEDが内蔵装着されていて取り外しができない一方、白熱ランプ照光式はランプ球と操作部が独立しているので分離可能です。 非照光式は発光源がありません。 ボタンの発光色は緑色、赤色、橙色などがあります。 動作の種類として、押したボタンを離すと初期状態に戻るモーメンタリ動作や、1回目の押し操作で動作状態を保持し、2回目の押し操作で動作状態を解除するオルタネイト動作などがあります。 100• 101. 102• 102. 103• 105• 111. 113• 114• 114. 118• 119• 119. 119. 120• 124• 126• 263. 4 評価 4. 0 タフでスタイリッシュ。 82シリーズの登場で、EAOはバンダル・レジスタンス(耐破壊性)と高いデザイン性の両方を追求したいHMI制御に理想的なスイッチを提供します。 使用環境条件が非常に厳しい産業機械・設備、公共エリア、ビル管理などでの用途に最適です。 【特長】 ・ヒューマン・マシーン・インターフェイス(HMIs)のエキスパートEAOが提供する82シリーズのスイッチは、過酷な使用環境の中で、耐破壊性と魅力的なデザイン性を両立させます。 ・革新的に設計されたスイッチは頑丈なステンレススチール、真ちゅう、またはアルミニウム製のメタルハウジングを持ち、耐衝撃等級IK10および防塵防水等級IP67のため、風雨にさらされる公共施設やエリアでの用途に理想的です。 ・スイッチはモメンタリーまたはオルタネイトアクション、LED照光付または無し、単色もしくは2色発光LED、ポイントまたはリング照光から選択できます。 リング照光は、特に人目を引き魅力的です。 ・スイッチエレメントには銀合金に加え、低電圧・電流での確実な動作を実現するため金メッキ接点も選択可能です。 短胴化、配線方向変更による制御盤の小型化を実現。 簡単配線のプッシュインPlus端子台タイプを追加。 【作業性】 ・配線方向変更で配線部の視認性アップ(プッシュインPlus端子台タイプ)。 ・丸形圧着端子に対応した、端子ねじホールドオン構造(ねじ端子台タイプ)。 ・スイッチユニットを積み重ねた場合においても端子の増締めが可能(ねじ端子台タイプ)。 ・スイッチユニットの方向性をなくして組立が容易。 【小型化】 ・配線方向を変更し横スペース不要(プッシュインPlus端子台タイプ)。 ・短胴設計。 ・形A22NL(照光タイプ)でも形A22NN(非照光タイプ)と同サイズ。 【安全性】 ・確実かつ簡単に操作できるロックレバー機構を採用。 ・フィンガープロテクト構造により安全性を追求。 ・配線の緩みの発生がなく、メンテナンスフリーを実現(プッシュインPlus端子台タイプ)。 【品揃え】 ・グローバル商品としての安全規格/電圧仕様対応。 5の2種類のパネル加工寸法に取付可能。 ・ボタン、ベゼルにおいて色/形状/材質ともに豊富な品揃え。 ・保護構造として、 IP66、NEMA 4X、13に準拠。 数量スライド割引 評価 4. 6 豊富なバリエーションを持つMシリーズの小形押ボタンスイッチです。 【特長】 ・特殊銀合金の接点は耐摩耗性と、耐アーク性に優れた特殊銀合金の接点は、高い接触安定性と、長寿命を保ちます。 ・微小電流用スイッチの接点には、酸化・硫化等の影響が少なく、安定した接触抵抗が得られる、金メッキ等が施しています。 ・ケースの成形材料は、UL 94V-0認定品(自己消火性)で、しかも耐アーク性・絶縁性に優れた樹脂を採用し、長寿命並びに低負荷から高負荷まで、高い性能効果が保たれます。 ・各接点の周囲に内部絶縁壁を設けて、各端子間の絶縁性を高め、耐久性能の向上を図っています。 ・可動接片受部が、可動接片を挟んで保持する構造を採用し、接触信頼性の向上を図っています。 ・端子間に複数の絶縁壁を設け、各端子間距離を大きくし、絶縁・耐電圧の安全性を配慮しています。 ・端子部はエポキシシールにより、フラックス等の浸入及び端子ガタの発生を防止し、接触の安定性を一層向上しています。 【用途】 ・OA機器、無線機、業務用ビデオカメラ、交換機、電気計測器、制御盤等に最適。 数量スライド割引 評価 4. 0 IP65に適合したパネルシールタイプを備えた、短胴形照光式押ボタンスイッチです。 【特長】 ・IEC 60529のIP65に適合のパネルシール機構。 (丸形、角形、長角形を用意)防水・防塵性能が一層向上しました。 ・接点部にマイクロスイッチ機構を採用。 ロングストロークで軽快な操作感です。 ・豊富な発光素子群。 ・文字・記号等の表示可能です。 ・フラックスの浸入をシャットアウトです。 ・はんだ・タブ兼用端子です。 【用途】 ・通信機器・無線応用装置、電子計測器、オートメーション機器、事務用機器、民生用電子機器等に適用。 数量スライド割引 評価 4. 短胴化、配線方向変更による制御盤の小型化を実現。 簡単配線のプッシュインPlus端子台タイプを追加。 【作業性】 ・配線方向変更で配線部の視認性アップ(プッシュインPlus端子台タイプ)。 ・丸形圧着端子に対応した、端子ねじホールドオン構造(ねじ端子台タイプ)。 ・スイッチユニットを積み重ねた場合においても端子の増締めが可能(ねじ端子台タイプ)。 ・スイッチユニットの方向性をなくして組立が容易。 【小型化】 ・配線方向を変更し横スペース不要(プッシュインPlus端子台タイプ)。 ・短胴設計。 ・形A22NL(照光タイプ)でも形A22NN(非照光タイプ)と同サイズ。 【安全性】 ・確実かつ簡単に操作できるロックレバー機構を採用。 ・フィンガープロテクト構造により安全性を追求。 ・配線の緩みの発生がなく、メンテナンスフリーを実現(プッシュインPlus端子台タイプ)。 【品揃え】 ・グローバル商品としての安全規格/電圧仕様対応。 5の2種類のパネル加工寸法に取付可能。 ・ボタン、ベゼルにおいて色/形状/材質ともに豊富な品揃え。 ・保護構造として、 IP66、NEMA 4X、13に準拠。 数量スライド割引 評価 3. 6 パネル前面ベゼル高さ2. 5mmのフラットデザイン。 パネル奥行き39. 9mmの短胴形。 第三世代の安全構造。 3mm。 ・押ボタンスイッチの操作ストロークは3. 5mmで、使いやすさと確実性を追求した操作感を実現。 ・ベゼル色は、黒色とメタルカラーの2種類を用意。 ・2段コンタクトブロックの追加により、4接点も準備した豊富な接点構成。 ・b接点(NC接点)は直接開路動作機能で確実に遮断。 特に鍵付セレクタスイッチは、モード切替えなどで安全確保のためのシステム構築が容易。 ・鍵付セレクタスイッチは、7種類の鍵ナンバーをご用意。 ・接点定格最大10A。 ・コンタクトユニットの取外しはロックレバーによる2アクション方式を採用し、ガード一体形で安全性向上(第三世代の安全構造)。 ・端子部は、一体形端子カバーの 「フィンガープロテクション 構造」を採用し、IP20の感電防止構造。 数量スライド割引 評価 4. 7 軽快な操作感を持ちディンプルボタンを採用した押ボタンスイッチ。 【特長】 ・短胴形でロングストローク軽快な操作感。 ・接点部にマイクロスイッチ機構を採用。 ・ロングストロークで軽快な操作感。 ・可動接片にアーク遮蔽部を設け、回路切換えの際に発生したアークがコイルバネのフック部に到達するのを防ぐ。 ・ボタンは、容易に取り外しができない構造とし、いたずら防止に貢献する。 ・指先にソフトにフィットする、ディンプルボタンを採用している。 ・緑、赤、黒を用意した。 ・UL規格、C-UL(CSA規格適合)認定品。 5mm)。 3(直径17. 3mm)スナップイン取付け(取付けパネル厚1mm~3. 2mm)。 ・端子部はエポキシシールにより、フラックス等の浸入及び端子ガタの発生を防止し、接触の安定性を一層向上している。 ・スイッチ本体が14mmの短胴形のため、省スペース化に貢献する。 ・タブ端子としてご使用の際はJISC2809適合の平形接触端子(適用タブの板厚0. 5mm用のリセプタクル)をご使用。 数量スライド割引 評価 0. 0 操作性・安全性・耐環境性重視設計の小形コントロールユニット。 【特長】 ・ロックレバー着脱方式のセパレート構造採用。 ・操作荷重をアップとロングストロークにより、誤動作の防止と操作の安全性を向上。 ・集合密着取付けが可能で、コンタクトユニットの着脱は集合密着取付時も容易に可能。 ・振動や衝撃に強い丈夫な構造で、保護構造IP65の耐環境性に優れた設計。 【用途】 ・工作機械などのハードな用途に対応。 数量スライド割引 評価 4. 0 最大高さ16. 5mm(PC端子形)、17. 5mm(はんだ端子形)の超短胴形照光式押ボタンスイッチです。 【特長】 ・メーカー独自のプレート構造を採用し、発光色を切換えることにより、2種類の表示が可能です。 ・新フィルター採用により、ワイドバリエーションを実現します。 ・標準表示ボタン10種類を用意しました。 ・操作部に文字・記号等の表示が可能です。 ・操作部は角形、長角形、フランジ付、バリア付等があり、それぞれ豊富なカラーバリエーションを備えています。 ・パネル取付けはスナップイン取付けで、連続取付けが可能です。 ・端子部はエポキシシールにより、フラックス等の浸入及び端子ガタの発生を防止し、接触の安定性を一層向上しています。 ・接点部にマイクロスイッチ機構を採用します。 ・ロングストロークで軽快な操作感です。 ・可動接片にアーク遮蔽部を設け、回路切換の際に発生したアークが、コイルバネのフック部に到達を防ぎます。 ・操作部の視認性を向上させるため超高輝度LEDを採用します。 ・単色発光LED(青、緑、赤、黄、白)、2色発光LEDです(赤/緑、青/橙)。 数量スライド割引 評価 5. 0 防水形を備えた照光式押ボタンスイッチ。 【特長】 ・操作部は丸形、角形、長角形がありそれぞれ豊富なカラーバリエーションを備えている。 ・操作部に文字・記号等の表示が可能。 ・IEC 060529のIP65に適合のパネルシールタイプを用意。 防水・防塵性能が一層向上。 ・輝度レベル2(青、緑、白)明るさ最大66倍(メーカー比)。 ・輝度レベル1(緑、赤、黄)明るさ最大16倍(メーカー比)。 ・省電力に貢献、最大45%削減(メーカー比)。 ・パネル取付けはスナップイン取付けで、連続取付けが可能。 (パネルシールタイプを除く) ・フラックスの浸入をシャットアウト。 ・豊富な発光素子群。 ・軽快な操作感。 ・はんだ・タブ兼用端子。 数量スライド割引 評価 0. ・一体構造の端子力バー、安全性を極めたフィンガープロテクション。 ・接点部をセルフクリーニングするローリング接触、レーク加工接点。 ・水や油の侵入をシャットアウトする保護構造〔IP65〕(ただし2点押ボタンスイッチはIP40)。 ・2つの独立した動作の押ボタンスイッチと表示灯の3つの機能を1つの穴で取付け可能にした2点押ボタンスイッチも完備。 ・ワールドワイドなニーズに対応する各種電圧を完備。 ・UL,CSA認証品、およびEN規格適合品。 数量スライド割引 評価 0. 0 防水形照光式押ボタンスイッチ。 【特長】 ・フラットボタンで洗練されたデザインとイタズラ防止。 ・フラットボタンはステンレス調および照光ボタン(乳白/緑/赤/黄)によりパネルデザインを向上。 ・ボタンを容易に取り外しできない構造とし、イタズラ防止に貢献。 ・超高輝度LEDの採用。 ・防水形タイプではパネル前面高さ1. 8mm。 ・iFデザインアワード2015受賞 クール・ビューティー ハーフミラーボタン。 ・パネルシール機構。 ・パネル取付け方法。 ・フラックスの浸入をシャットアウト。 ・文字・記号等の表示可能。 ・省スペース化に貢献。 ・ロングストローク軽快な操作感。 ・はんだ・タブ兼用端子。 数量スライド割引 評価 5. 0 ベゼルを装着することによりパネルデザインの向上に役立つ小形・高品質で経済的な押ボタンスイッチです。 【特長】 ・付属品の角形マウント(AT-529)を使用することにより、スナップインでのパネル取付けが可能となります。 ・ベゼルを装着することによりパネルデザインの向上に役立ちます。 ・操作力は約2. 06N(EB-2011の場合)の軽さで軽快なタッチの操作感です。 ・ケースの成形材料は、UL 94V-0認定品(自己消火性)で、しかも耐アーク性・絶縁性に優れた樹脂を採用し、長寿命並びに低負荷から高負荷まで、高い性能効果が保たれます。 ・ブッシングとケースカバーの結合部は、ハイトルク構造を採用し、強度を高めました。 ・ケース内部に絶縁壁を設けて、各端子間の絶縁性を高め、耐久性能の向上を図っています。 ・ケースカバーはステンレスを採用します。 ・耐蝕性能を高めるとともに、諸環境での安全性を高め、その用途を広めております。 ・端子部はエポキシシールにより、フラックス等の浸入及び端子ガタの発生を防止し、接触の安定性を一層向上しています。 ・端子間に複数の絶縁壁を設け、絶縁・耐圧性能の劣化を防止しています。 ・配線作業が容易な様に配慮しました。 【用途】 ・通信機器・無線応用装置、電子計測器、オートメーション機器、事務用機器、民生用電子機器等に最適。 数量スライド割引 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 おすすめ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 おすすめ 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 Economy 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 比較リストに追加いただけるのは最大6件までです。 比較 メーカー ミスミ ミスミ 富士電機機器制御 富士電機機器制御 IDEC 富士電機機器制御 IDEC IDEC オムロン IDEC NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 EAO IDEC オムロン ミスミ ミスミ NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 富士電機機器制御 NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 オムロン IDEC オムロン ミスミ NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 富士電機機器制御 ミスミ IDEC 富士電機機器制御 NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 IDEC NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 ミスミ ミスミ テンド オムロン IDEC 富士電機機器制御 NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 ミスミ IDEC KASUGA パトライト IDEC NKKスイッチズ 旧:日本開閉器工業 シリーズ名 CAD• 通常価格 税別 836円~ 数量別スライド値引 1,194円~ 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 678円~ 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 458円~ 数量別スライド値引 548円~ 数量別スライド値引 658円~ 数量別スライド値引 462円~ 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 903円~ 数量別スライド値引 718円~ 1,189円~ 数量別スライド値引 444円~ 数量別スライド値引 798円~ 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 768円~ 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 388円~ 数量別スライド値引 511円~ 数量別スライド値引 231円~ 数量別スライド値引 553円~ 数量別スライド値引 398円~ 数量別スライド値引 418円~ 数量別スライド値引 654円~ 数量別スライド値引 786円~ 数量別スライド値引 393円~ 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 1,639円~ 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 375円~ 数量別スライド値引 252円~ 数量別スライド値引 950円~ 数量別スライド値引 228円 数量別スライド値引 738円~ 714円~ 数量別スライド値引 - 数量別スライド値引 618円 数量別スライド値引 998円~ 数量別スライド値引 1,189円 数量別スライド値引 868円~ 数量別スライド値引 498円~ 数量別スライド値引 通常出荷日 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 在庫品1日目~ 当日出荷可能 在庫品1日目 当日出荷可能 規格・仕様一覧• c-UL• CE対応• CCC• CSA• CE対応• TUV• CCC• CSA• CE対応• TUV• CCC• c-UL• CSA• CE対応• TUV• CCC• CE対応• CCC• c-UL• CSA• CE対応• TUV• CCC• CSA• CE対応• TUV• CCC• CE対応• TUV• 8 ~ 44 40 ~ 47 40 ~ 75 40 ~ 75 17. 5 ~ 41 41. 4 ~ 60 37 ~ 46 18 18 ~ 38. 5 15. 8 ~ 28 40 41. 4 47 ~ 47. 6 41. 4 ~ 47 18 9. 63 ~ 22. 3 18 18 47 ~ 47. 6 41. 4 8. 9 ~ 12. 7 14 20 37 ~ 43 18 ~ 30 24 ~ 30 44 17. 8 17. 8 ~ 25 17. 8 ~ 24 41. 4 24 ~ 25 36 ~ 44 37 ~ 44 17. 8 13 14 25 10. 2 ~ 11. 7 37 28 44 25. 8 ~ 30 14 寸法 幅 mm 18 ~ 24 25. 8 ~ 40 30 ~ 47 40 ~ 75 40 ~ 75 18 ~ 40 29. 4 ~ 60 30 ~ 46 18 ~ 24 18 ~ 24 15. 8 ~ 50 45 39 ~ 40 30 ~ 40 30 ~ 47 18 ~ 24 13 ~ 18. 2 18 ~ 24 18 ~ 24 30 ~ 40 30 8. 9 ~ 15. 2 14 20 30 ~ 41 23. 5 ~ 30 24 ~ 30 30 ~ 48 17. 8 ~ 24 17. 8 ~ 25 17. 8 29. 4 24 ~ 25 40 ~ 50 30 ~ 40 17. 8 ~ 24 13 14 ~ 18 25 ~ 32 11 29. 5 28 30 25. 8 ~ 30 14 ~ 18. 5 寸法 奥行き mm 40 53 ~ 86 53 ~ 98. 5 54 ~ 120 55 ~ 118 39. 5 ~ 72 62. 4 ~ 102. 4 62. 4 ~ 111. 9 30. 6 ~ 60. 4 39 ~ 67. 6 28. 3 ~ 57. 4 70 54. 4 ~ 76 53 ~ 66 40 ~ 66 37. 9 ~ 52. 5 28. 2 ~ 59 37. 9 29. 6 ~ 32. 6 50. 5 ~ 66 42. 4 ~ 69. 8 21. 5 37 26. 8 7. 5 ~ 25. 5 37. 9 ~ 65 52. 5 ~ 65 113 ~ 126 17. 5 30. 8 ~ 35 17. 5 72. 9 33. 6 54 ~ 77 59 ~ 78 40 20. 4 36. 5 ~ 38 57 35. 5 ~ 36. 8 65 54 ~ 66. 1 86 50. 4 ~ 70. 5 35.

次の

竹中エンジニアリング株式会社

押しボタン

触れて操作する押しボタン 歴史 [ ] 日本で初めて押しボタン信号機が設置されたのは(9年)で、の国道1号(現在のの)の梅屋敷前と六郷郵便局前に設置された。 方式 [ ] 地域により、歩行者横断要求なし時の動作が違う。 押しボタン式信号には以下の方式がある。 また、自動車の流れを妨げないよう同じ道路上の最寄りの信号機と関連を持たせて、その信号機の表示に合わせるものもある。 幹線閃光方式 [ ] 横断要求がないときは黄色点滅表示である。 また、横断を終え歩行者側が赤色になったあと、車両側が青色になり、その後黄色点滅に復帰するもの、また青色表示を略して直ちに黄色点滅に復帰するものがある。 青点滅時にボタンを押した場合は、車両側が黄点滅にならず青表示でそのまま変わる。 後者の方式は、をはじめ、愛知県・岐阜県・山梨県などのを中心に採用されている。 また この方式を「 静岡方式」と呼ばれていた事もあった [ ]。 中部・近畿・中国・四国地方の一部の府県でのみ見られる。 以前は静岡県でも採用していたが、(13年)頃から常時幹線青方式への変更が進み、一部を除きあまり見られなくなった。 また、交差側(従道路)にも信号機が設置されて、交差側(従道路)が赤点滅表示のものもあったが、こちらも近年は常時幹線青方式に変更されていて、交差側の信号機は撤去されたか、、或いは通常の信号サイクルに変更されている。 この方式は愛知県・三重県・滋賀県・広島県・愛媛県・福岡県で採用されていた。 近年は渋滞や事故の減少のため常時幹線青方式に変更されるケースが多い(道交法では、信号機の灯火表示が黄色点滅の場合は他の交通に注意して進行することができるとされている。 そのため、信号機手前で減速し、渋滞や事故が発生する)。 しかし、青色点灯時でも、交差側から車両が飛び出してくることや、黄色点滅から変更されて間もないころではすぐに信号が変わると思いこみ、減速して事故や渋滞が発生する事態も起こっている。 一方で、見通しの悪い交差点やカーブの多い交差点は(スピード違反・交通事故防止の観点から)、常時幹線青方式から幹線閃光方式に変更されるケースもある。 岐阜県では押ボタン式信号機、車両感応式信号機は減少傾向ではあるものの、2017年以降は交通量が少なく信号機の必要性が低下している交差点は幹線閃光方式に変更されるケースが増えている。 しかし、この2017年以降に導入された幹線閃光方式は歩行者信号機は消灯しており、実質信号機のない交差点と同様の交通規制となる。 その他 [ ] 設置場所により24時間押ボタン式として動作するものや、特定の時間帯のみ押ボタン式として動作するものがある。 後者の場合、昼間は通常の信号機として動作し、交通量の少ない夜間を押ボタン式として動作させる 夜間押ボタン式信号機を採用するところが多いが、一部の夜間点滅信号機は点滅動作時は採用していないところもある。 1990年代後半以降、や高齢者などの交通弱者を対象とした専用の押ボタンも併設されているところもある。 この押ボタンでは、安全に渡ることができるよう、通常のものより横断できる時間が長めに設定されている。 なお、この押ボタンは押しボタン式以外の信号機に設置されていることもある。 災害・工事等での復旧・工事期間中に終日を行う目的で、都道府県から委任を受けて設置している信号機の中で、信号規制開始地点となるどちらか一方または両側、時には規制範囲内に交差点がある場合のその場所でによる制御をしている場合、停車場所に設けられるセンサー(感知器)に自動二輪車や自転車等が感知されにくい事を考慮して、停車場所付近に「二輪車用」等と表示された押しボタンを設けるケースもある。 一部ではと組み合わせたものもみられる。 標示板 [ ] 標示板には「押ボタン式」・「夜間押ボタン式」・「押ボタン信号」・「押ボタン信号機」・「夜間押ボタン信号」・「押ボタン式信号」・「夜間押ボタン式信号」などの表示がある。 近畿地方の場合、大阪府・京都府が「(夜間)押ボタン式」、奈良県では「押ボタン信号」の表示である。 以前は大阪府・兵庫県でも「(夜間)押ボタン信号」の表示があったが、今は撤去されており、「(夜間)車両感応式」(兵庫県では「感知式」)や歩行者用信号にのみ「(夜間)押ボタン式」に変更されている。 岐阜県は、歩行者灯器にのみ「押ボタン式」表示版が設置される。 (一部車灯にも設置している交差点もある)歩車分離式の場合は、「歩車分離式(押ボタン式)」と表記される。 また、夜間のみ押ボタン式の交差点は「閑散時押ボタン式」と表記されている交差点がある。 文字の色 [ ] 「おしてください」「おまちください」と表示される文字の色については、かつてはの通達によりと決められていた。 しかしから見えにくいという苦情が寄せられたため、2009年から赤色以外も使用可能となり、社会実験の結果、の文字が一番見やすいことが分かった。 この白色の文字はにも見やすいという。 2011年からで白色表示を導入。 2013年からはでも導入を進め、それ以外の自治体でも順次導入されている。 色覚障がい者に対応した白色文字色の押しボタン タッチ式スイッチ [ ] などに配慮し、触れるだけで押せる新型押しボタンをより順次導入している。 触れるとアナウンスが流れる仕様となっており、にも配慮し、でのもなされている。 次の青信号まで、しばらくお待ちください。 Please wait to light on green. ボタンを押さずに渡る歩行者の問題 [ ] 「ボタンを押してもすぐに信号が変わらないから」や「自分1人のために多くの車を止めるのは忍びない」との理由でボタンを押さず、歩行者用信号が赤にも関わらず渡る歩行者がいるが、このような行為は危険であり、かつ違反となる行為であるため、きちんとボタンを押して信号が変わってから渡ることが勧められている。 イギリス [ ] イギリスでは押しボタン式信号機を附帯設備とする横断歩道をペリカン・クロッシング()という。 また、トゥカンクロッシング()と呼ばれる歩行者及び自動車用の押しボタン式の横断歩道設備がある。 この設備の特徴は歩行者自転車用信号の灯器は退避スペースにいる横断を始める前の横断者のみが確認できるようになっており、自動車ドライバーが横断者(及び車両用信号)に集中するよう視認性をコントロールした構造になっていることである。 なお、以上はクロッシングとあるように、押しボタン式信号機自体の名称ではなく押しボタン式信号機を附帯する横断歩道の名称をいう。 脚注 [ ] [].

次の

押しボタンスイッチとは?(接点記号と配線図)

押しボタン

概要 [ ] 「指先で押す」という操作によって機器への入力を行うパーツである。 ボタンを押すと、ストロークする(ボタンが奥へ移動する)。 「カチッ」という音が鳴るボタンもある。 電子機器や産業機器においては、スイッチング回路と組み合わせて「 押しボタンスイッチ」の意味で使われることが多いが、本来的にはボタンの仕様とスイッチング回路の仕様は別々の概念である。 規格 [ ] 産業機器における「押しボタンスイッチ」は、日本においては一般社団法人が策定する規格において、「NECA C 4520(制御用スイッチ通則)」および「NECA C 4521(制御用ボタンスイッチ)」において定義されている。 かつては(JIS C 4520-1991およびJIS C 4521-1991)において定義されていたが、これは1999年に廃止され、NECA規格に引き継がれた。 また、家電製品における「押しボタンスイッチ」に関しては、の中の「TRONヒューマンインターフェイス仕様」が定義している。 TRON仕様においては、「スイッチ」は「二者択一でどちらかを選ぶもの」と定義されているため、例えばボタンの押し方の強さによって数値や量(ボリューム)を指定して機器に渡すような装置は「プッシュ型ボリューム」ということになり、「スイッチ」には含まれない。 種類 [ ] 押すとオフになる(回路が開く)タイプのスイッチ スイッチング回路の仕様において分類すると、大きく分けて、押すとオンになる(回路が閉じる)タイプのスイッチと、押すとオフになる(回路が開く)タイプのスイッチが存在する。 より複雑な動作(押し初めだけオンになるなど)をするかのようなボタンもあるが、そういうものもほとんどはこの2種類のいずれかととの組み合わせで実現されている。 ボタンを押したときの位置が保持される期間において分類すると、大きく分けて、自動復帰型( モーメンタリスイッチ)と位置保持型( オルタネートスイッチ)が存在する。 モーメンタリスイッチとは、押している間だけ一時的にスイッチが「オン」または「オフ」になり、ボタンを離すと自動ですぐに元に戻るスイッチである。 NECA規格およびTRON仕様では共に「モーメンタリ」型と呼称する。 オルタネートスイッチとは、一度ボタンを押すとその後もずっと「オン」または「オフ」の位置が保持されるスイッチであり、押すたびにオンとオフが反転する。 NECA規格では「オルタネート」、TRON仕様においては「セットアップ」型と呼称する。 オルタネート動作を実現する構造はいろいろあり、代表的なものとしてはハートカム方式、回転カム方式、ラチェットカム方式がある。 電気的なスイッチでなく、の流路の開閉など機械的なスイッチングをするボタンもある。 のを開閉するボタン、のを流すボタンなどがその例である。 のキーも「押しボタンスイッチ」の定義に当てはまる。 平らで隙間なく並んだものを特にキーと呼ぶことが多いが、ボタンと呼ぶかキーと呼ぶかの境目はあいまいである。 SUI(ソリッド・ユーザー・インターフェイス、物理的なスイッチ)とGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース、画面上のスイッチ)において同様のインターフェイスを規定しているTRON仕様においては、SUIの位置保持型スイッチのことを「セットアップ」型と呼称する一方で、GUIの位置保持型スイッチのことを「オルタネート型」と呼称している。 なお、NECA規格においては「引きボタンスイッチ」(指でボタンを引っ張るタイプのスイッチ。 手を離すとばねの力などで自然に元の位置に戻る)や「押し引きボタンスイッチ」(押した後に自然に元の位置に戻らず、押した人が引っ張って元の位置に戻すタイプのスイッチ)なども押しボタンスイッチの一種に含まれている。 NECA規格において押しボタンスイッチの一種とされる「引きボタンスイッチ」 紛らわしい例 [ ] ある程度の面積がある一つのパーツにおいて、押す場所によって別々のスイッチング回路を開閉するような装置を「押しボタンスイッチ」と呼ぶこともある。 が一続きになった「セレクタ」や、のがその例である。 ただし、このようなパーツが「押しボタンスイッチ」であるというようなことはNECA規格にもTRON仕様にも定義されていないため、「押しボタンスイッチ」と呼ぶのは誤りである。 TRON仕様においては、複数の選択肢の中から1つ(あるいは複数)を選ぶようなパーツは「スイッチ」ではなく「セレクタ」に分類される。 なお、十字キーは長らくの特許であり他のメーカーは実装できなかったため、1つの十字キーと同じ機能を4つの押しボタンスイッチ(十字ボタン)で実装しているコントローラーも存在する。 は、押すスイッチではあるけれどもボタンではないので、押しボタンスイッチに分類されない。 なお、TRON仕様においてはメンブレンスイッチは「プッシュ型」にすら分類されず、押したら凹むパーツだけが「プッシュ型」に分類され、押しても凹まないパーツは「タッチ型」に分類されるので、言うなればメンブレンスイッチは「タッチパネル」である。 ボタンに類似する形をしていても、機械的に動作する機構がなく、やなどを感知することでスイッチのオン・オフを行う装置もあるが、これは押しボタンスイッチではなく、タッチパネルである。 なお、iPhoneの「ホームボタン」については、iPhone 6S以前のiPhoneは本物の押しボタンスイッチを搭載していたが、iPhone 7以降のiPhoneは物理ボタンが廃止されて感圧式タッチパネルとなっているので、同じ名前と同じ形をしていても、「押しボタンスイッチ」どころか「ボタン」ですらない。 ガード付きボタン。 体が当たったりして間違って押してしまう危険性が少ない。 NECA規格で定義されているものは次の5つ。 長ボタン 縦に長いボタン。 周囲から状にボタンが突き出している。 長いので、ボタンを全部押し込んでも周囲と同じ高さにならない。 突型ボタン 凸型をしている。 長ボタンよりも長さが短く、ボタンを押し込むと周囲と同じ高さになる。 ボタンの先は平ら。 平型ボタン 周囲からボタンは飛び出さず、周囲と同じ高さになっている。 ボタンを押すと周囲よりも低くなる。 きのこボタン 型(型)をしており、周囲から突き出た軸の先に、大きく中央が膨らんだ円盤がついている。 押しやすいが、異物が挟まることがある。 非常停止ボタンは赤いきのこボタンでないとならないことがNECA規格で定義されている。 ガード付きボタン ボタンの周囲にガードがあり、ボタンの高さはガードよりも低くなっている。 ボタンがガードに守られているので、手が当たったりして間違って押してしまう危険が少なく安心である。 その他の形状 [ ] 他にも、見た目によっていろいろな分類の仕方がある。 型 きのこボタンの亜種で、先が末広がりの円錐形になっている。 によく使われる。 凹型 長ボタンの亜種で、周囲から状にボタンが突き出している一方、ボタンの先はへこんでいる(指が上記凸型(突型)にあたるため、ボタンと指の密着度が高い)。 丸型・角型 ボタンの平面形。 「丸平型」「丸凸型」のようにも表す。 タッチボタン 機械的に動作する機構がなく、やなどを感知する。 圧力は押したときに反応する「タッチエッジ」型と、離したときに反応する「リリースエッジ」型の2種類ある(誤タッチを防ぐためにリリースエッジ型の方が好ましい)。 SUI(物理のスイッチ)ではなく液晶ディスプレイなどに表示された上のボタンであることもある。 実際の所、これは「タッチパネル」であり、「ボタン」を称していても定義上は「押しボタン」ではない。 いろいろな押しボタンスイッチ [ ] NECA規格ではいろいろな押しボタンスイッチが規定されている。 NECA規格では、(タクタイルスイッチ)や(シーソースイッチ)は押しボタンスイッチには含まれないことになっている。 照光押しボタンスイッチ [ ] ファクトリー・オートメーション用の照光押しボタンスイッチ。 産業用製品は厳しい規格がある。 スイッチ内部に光源を組み込んだものを 照光押しボタンスイッチと言う。 スイッチが光る。 光源を組み込んだ部分に関しては、NECA規格においては「表示部」もしくは「表示灯(indicator light)」、TRON仕様においては「インジケータ」と言う。 TRON仕様においては、オルタネート動作の代わりにLEDを点灯か消灯させることによってスイッチがオンがオフかを示す「インジケータプッシュスイッチ」が規定されている。 色については、IEC 60204-1第5版では最上部から最下部にかけて「赤、黄、青、緑、白」を配置することが規定されている。 家電で使われるTRON仕様においてはLED以外の光源を組み込むことは想定されていないが、NECA規格においてはLED以外にも白熱電球またはネオンランプを組み込むことが想定されている。 LEDに関しては、NECA 4102で工業用LEDが規定されている。 白熱電球に関しては、JIS C 7522で航空機用小形電球が規定されており、NECA規格でもそれに準拠している。 ただし、白熱電球は日本においては2013年に全てのメーカーにおいて製造が終了しており、規格の上で存在するというだけである。 非常停止押しボタンスイッチ [ ] NECA規格に準拠した非常停止スイッチ 非常停止押しボタンスイッチ(英:Emergency stop button)は、緊急時に非常停止するための押しボタンスイッチである。 NECA規格では「非常停止スイッチ」として規定されている。 色は赤であること、形はきのこボタンであること、矢印記号を付けること、押したときに遮断接点素子の全ての接点が開路すること、などが規定されている。 TRON仕様においては「例外処理スイッチ」として規定されている。 TRON仕様においては基本的にSUI(物理のボタン)と同じものをGUI(タッチパネルのボタン)でも実装できると考えているが、エレベータの非常停止など緊急を要する操作はGUIだととっさの動作ができないため、より確実な操作のためにSUIで実装することが望ましいとしている。 またストーブが倒れた時に連動して電源をオフするスイッチなど、危険から隔離する操作はSUIでしか実現できないという機構を規定している。 引きボタンスイッチ [ ] 昔のテレビの引きボタンスイッチ(右上の赤いスイッチ)。 ロータリボリュームスイッチと一体化しており、スイッチを引っ張るとテレビがオンになり、スイッチの回転動作でテレビのボリュームを上下できる 引きボタンスイッチとは、ボタンを引っ張るとオンになるスイッチである。 これもNECA規格では押しボタンスイッチの一種とされている。 ボタンを何かの拍子に誤って押してしまってオンにしてしまう危険性が無く、安全である。 ボタンを引っ張った後、ばねの力などで自然に元の位置に戻る。 ボタンを引っ張るとオンになり、手を離すとオフになるモーメンタリ動作を行うモーメンタリプルスイッチと、一度引っ張るとオンになり、もう一度引っ張るとオフになるオルタネート動作を行うオルタネートプルスイッチがある。 昔のテレビやラジオによく使われていた。 押し引きボタンスイッチ [ ] ボタンを押したり引いたりした後、手を離しても自然に元の位置に戻らず、手動で押したり引いたりして元の位置に戻す必要があるスイッチ。 かぎ付き押しボタンスイッチ [ ] 鍵が挿入されている間だけ押すことができる押しボタンスイッチ。 ボタンの中央に鍵穴があり、鍵を挿さないとボタンが押せない。 限時押しボタンスイッチ [ ] 一定時間押し続けないと開閉動作を行わない押しボタンスイッチ。 長押しでシステムを強制終了したりする。 時延押しボタンスイッチ [ ] ボタンを押した後、一定時間たたないと元の位置に戻らない押しボタンスイッチ。 連打ができない。 カバー付き押しボタンスイッチ [ ] カバー付き押しボタンスイッチ カバーが付いているため、不用意に押してしまうことが無く安心である。 いざと言うときはカバーを割ってボタンを押す。 主な感触 [ ]• カチッという音が出ず、感触もふにゃふにゃのもの。 ボタンとスイッチの間に何も組み込んでないか、ばねだけを組み込んだもの。 押したとき機械的にカチッと音の出るもの。 ボタンとスイッチの間にスナップアクション機構を組み込んだ「スナップアクション方式」と呼ばれるもの。 押したとき部品同士がぶつかり音のでるもの(コンピューター、キーボード)。 スナップアクション機構が大掛かりだと、その分大きいスペースが必要となり、操作も重くなる。 主な動作 [ ]• 押した瞬間のみオンになり、所定の動作を行うもの(等)。 機器や機能の趣旨によっては二度押しや長押しが指定されている場合もあり、操作の違いによって同一ボタンに複数の機能を割り当てる例もある。 押すと所定の動作を行い、押し続けるとその動作を繰り返すもの(のリピート入力等)。 押している間だけオンになり、指を離すとオフになるもの。 押すとオンになり、もう一度押すとオフになるもの(ただしの降車ボタンのように任意のオフ操作が行えない機器もある)。 押すとボタンが押し込まれた状態で固定され、もう一度押すと出っ張った状態に戻るもの。 一般的には押し込まれた状態がオンであるが、機能の趣旨によっては逆の場合もある。 多くのボタンが使われる主な器具 [ ]• (リモートコントローラー)• 画像 [ ]•

次の