ライカ コンデジ。 【湘南さんぽ】海と空と、ライカのコンデジ『D

ライカの魅力とは(人気の理由)

ライカ コンデジ

【湘南さんぽ】海と空と、ライカのコンデジ『D-LUX Typ-109』 カメラと写真 2018. 19 2018. 29 鳥羽 恒彰 天気の良い休日、Leica(ライカ)のコンパクトデジタルカメラ『D-LUX Typ 109』を手に、湘南方面に出かけた。 マイクロフォーサーズと大きくないセンサーを搭載するコンデジながら、あらゆるシーンでなかなか良い絵が撮れるところが気に入っている。 この記事では実際に D-LUX Typ 109 で撮影した写真を紹介しようと思う。 すべて撮って出しの JPEG なので「実際にどんな絵が撮れるのだろう」と気になっている人にも是非読んでみてほしい。 35mm判換算で24~75mm相当のズームレンズを搭載する。 レンズ交換の楽しみは得られないものの、日常で使うのであれば十分カバーできる画角が、この D-LUX Typ 109 には詰まっている。 ズームレンズだが、F値1. 7(通しで F2. 8)なので、手軽にボケ感が楽しめる。 項目別に読む• 新宿から小田急で江の島に向かう 今回の小旅行は、新宿から小田急の特急快速に乗って江の島へと向かった。 都心から約1時間半で行ける、海とが楽しめる人気の観光スポット。 旅系の雑誌では、よく江の島や鎌倉といった湘南方面の特集を見かけるのだが、僕自身が江の島に訪れるのは人生初。 天気も良く、綺麗な写真が撮れるはずだと心がはずむ。 藤沢駅から江ノ島へ 江の島の駅に着くと、さっそく磯の香りが漂ってくる。 現在は都内で海の見えない地域に住んでいるのだが、中学生までは海からほど近い漁師町に住んでいたので、この香りを嗅ぐとなんとも懐かしい気持ちになる。 そしてこの手にはライカのコンデジ。 ファインダーを覗くと、そこはどこかノスタルジックな特徴のある青い世界が映る。 スペックで語るとフルサイズの一眼レフカメラやミラーレス一眼には劣るものの、やはりいつでも持ち歩けるという手軽さと、首から下げたくなる佇まいがちょっとした小旅行には嬉しい。 江ノ島駅前のクワアイナというハンバーガーチェーンで一服。 D-LUX Typ-109 はマクロが効くし、シャッター音もほぼ無音なので、こういったテーブルフォトも気軽に撮影できる。 ちょっと休んだら今回の旅の目当ての場所へと移動する。 江ノ電に乗ってスラムダンクの聖地へ 湘南方面といえば漫画スラムダンクで有名な踏切のある地域。 実際に行ってみると、さすがは人気写真スポット。 国内外からカメラをぶら下げた観光客が踏切の前で待機している。 車の通りも激しく、あの漫画のワンシーンのようなどこかアンニュイな写真を撮ることは難しかった。 本当にここで綺麗な写真が撮りたいのであれば、平日の午前中(朝9時くらい?)なんかが良さそう。 海と空とライカ 踏切の反対側に面する道路を渡ると、綺麗な砂浜が広がっている。 都内にいると、普段海辺で写真を撮るタイミングはそうそうないので、ここぞとばかりにカメラを構えてみる。 今回の写真はすべて JPEG 撮って出しで加工は一切していないのだが「この色好きだなあ」という風合いで撮れるのが、D-LUX Typ-109 の良いところ。 マイクロフォーサーズという決して大きくはないセンサーながらも、こういったアンダーめな写真も、黒が潰れることなく綺麗に撮影できている。 わりと逆光にも強いのも D-LUX Typ-109 の良いところだと思う。 江ノ島に移動、ついに上陸 単焦点は好きでいつも使っているのだけれど、こんな感じに気軽な旅だと、広角や望遠などいくつもの単焦点レンズを持ち歩くのは、ちょっと面倒だし重たい。 このカメラはコンデジなので、ズームは 35mm判換算で 75mm(写真上)、広角は24mm と標準ズームレンズと同等の画角で楽しむことができる。 それでいながら通しで F値は 2. 8 と明るいので、こういった夕暮れ時でも手持ちでブレずに撮影することが可能。 江ノ島のキャンドルタワーは、夕陽が沈む絶景を臨めるフォトスポットとして人気の場所。 そこには数多くのカメラ好きが集まっていたが、コンデジはというと数える程度。 できるだけその場の空気感の伝わる写真に仕上げようと、露光を下げて夕陽を撮影。 この赤やオレンジ系の色も独特で好き。 センサーサイズが小さいという点と、手ぶれ補正機能を搭載しているという点から、手持ちでイルミネーションを撮影してもそれなりに綺麗に撮影できた(写真上)。 さすがに絞ると手持ちでは厳しいので周辺がボケているが、このサイズのコンデジにしては綺麗に撮れる。 で紹介したミニ三脚を装着すれば、ISO 200 で F 8. 0 程度で夜景を気軽に撮影することができる。 僕はいつ必要になってもいいように、ミニ三脚だけズボンのポケットに忍ばせていた。 これまではどこに行くにしても、ミラーレス一眼と重たいレンズの装備で 2kg 程度の機材を持ち歩いては旅行に海外にと飛び回っていたが、ちょっとしたプライベートの旅行とかだったら、この D-LUX Typ 109 でも十分実用に耐えるなあと感じた。 最近はこういった写真だけでなくレビュー写真にもこのカメラを用いたりしているが、ブログで見る分にはほとんどミラーレス一眼との絵の違いは分からないと思う。 これからもどんどん D-LUX Typ 109 を持ち歩こうと思っているので、また写真を撮りに行ったら記事にしたいと思います。

次の

ライカの魅力とは(人気の理由)

ライカ コンデジ

Leica d-lux7は、ライカのコンデジでおよそ18万円前後のカメラ。 通勤や日頃のお出かけで使えるコンデジを探してたところ、このカメラを発見しました。 デザインに一目惚れ。 開封 グレーの箱から出てくるライカ。 ん〜感慨深い(?) ワクワクしすぎてすぐに触ってしまい、指紋でベタベタになってしまいました。 通勤でカメラを実際に使ってみた 淀川河川敷を通るので淀川河川公園を散策。 お出かけでカメラを実際に使ってみた 今回は京都嵐山へ。 ピークデザインのカフをつけて、お出かけへ。 手汗がすごくて、カメラを握っていられなくなってしまった。 次回は首からかけるストラップかな。 そして大阪の谷四もLeica d-lux7をぶら下げて歩いてみた。 1週間使ってみて 所有欲がとても満たされる。 パナソニックにも同じ性能のカメラがあるが、所有欲を満たしてくれるのはやはりこちら。 首から下げるだけで、気持ちが楽しくなってしまいます。 ちょっとしたお出かけにも持ち運びたくなるデザインなので、ついつい外に持ち出してしまう。 今回の写真はすべて編集はしているが、鮮やかな写真が多くありました。 そこまで手が届かないという値段ではないレベルのライカ。 「いつかはライカ」はすぐそこにありました。 (そこまでカメラ歴は長くないが) 日常使いで大事に使い倒していきたいと思います。 nsinz0000.

次の

Leica d

ライカ コンデジ

ライカとは By: ライカは1950年代にライカM3と呼ばれる最高技術のカメラを作り出したメーカーとして有名に。 ライカがこのカメラを作り出したことによって、性能で敵わないと感じたメーカーが、他の分野の製品へと事業転換したほど当時としては衝撃的なカメラでした。 ライカのデジカメを選ぶ理由 By: ライカのデジカメが優れている理由として、まずレンズの製作工程に秘密があります。 通常、カメラのレンズの設計は非常に複雑ですが、製造は機械に頼るので、比較的容易に行えます。 しかし、ライカのレンズは、複雑なレンズを手作業で製作しているため、どうしても少量ずつの生産となってしまいます。 その複雑さは、精密機械時計の製作並みに困難で、しかも作業を海外に委託せずドイツの自社内で行っているため、どうしても値段が高くなってしまいます。 しかし、そのこだわり故に、ライカの写真には独自の描写力と堅牢性、古びない個性が宿っていることが多いと言われています。 通常、カメラは新しいモデルが出ると、旧モデルは値段が下がりますが、ライカのカメラはそれぞれのモデルに独自の味があるため、値段が下がることがありません。 これも、ライカの製品の品質の高さを特徴づける逸話です。 庶民の手に届かなかった昔のライカ By: また、ライカの代表機種であるM3の発売によって、写真の撮影が容易になり、その堅牢性から報道やスポーツ、戦争時にも使用されるようになりました。 それと同時に、その品質の高さから芸術家の間でも人気になりました。 1930~40年代には「ライカのカメラ一台あれば家が買える」と言われるほど値段が高騰。 当時東京に一戸建てを建てるのに1000円かかったところ、ライカのカメラは1200円もしたそうです。 最近でも、レンズと合わせて150万円もするカメラがあり、普通車が買えてしまいますね。 しかし、ものによっては10万円をきる製品も登場してきており、味のある写真を撮りたいという人にも、手の届く製品が増えてきています。 ライカの持ち味 By: ライカのカメラは、人が人らしく、コンクリートはコンクリートらしく、質感を圧倒的に表現する力があると言われています。 そして、堅牢性を兼ね備えたデザインは、古くから多くの人に愛されてきました。 最近は、ライカの製品からデジタルカメラが増えてきましたが、古くから伝わるライカのよさはきちんと伝承されています。 ライカのおすすめデジカメ8選 ライカ LEICA デジタルカメラ LEICA Q Typ 116 商品価格 ¥ 218,000 このカメラに搭載されているレンズは、極めて美しいボケ味が特徴で、見る者の心を掻き立てる創造的な描写力を実現しています。 撮影が難しい光の中でも、忠実な色彩再現が可能で、ハイレベルな描写能力が備わっていますよ。 時代の淘汰を乗り越えた普遍性を有するデザインは、すっきりとしていながら美しさも兼ね備えています。 アルマイト仕上げを施したアルミニウムと上質なレザーを採用したボディはこの製品の持つ魅力を最大限に引き立てていますね。 近距離の撮影にも最適で、被写体に20センチの近くまで接近することが可能で、細部まで美しくありながら、味のあるボケ具合を表現できる点がこの製品の優れた特徴です。 商品価格 ¥ 174,300 旅行やスポーツからアウトドアまで幅広い用途に対応しているオールラウンドな性能を持っているのが、この製品の特徴です。 高速・高精度な撮影が可能。 望遠で0. 2秒、角度の広い撮影で0. 11秒の速さで動きの速い物体を撮影することができます。 スポーツなどの場面で連続したシーンの撮影で大活躍間違い無し。 また、高精細な4K動画の撮影機能を搭載。 2010万画素のセンサーは光量の少ない場面でもノイズを抑えてクリアに撮影できるので、薄暗い場所でも綺麗に撮影できますよ。 可動式の液晶モニターなど実用的なデザインと操作性も兼備。 Wi-Fiによるスマートフォンやタブレットなどに写真を転送する機能も付いていて便利です。

次の