久米 ネット ノック ノック。 動画配信プラットフォーム、Knock Knock(ノックノック)|久米ネットをオープンしました!

久米宏

久米 ネット ノック ノック

ランディングページを用いた中長期的なウェブ戦略 Knock Knock(ノックノック)プロジェクトの中長期的な集客戦略の柱であるLanding Page(ランディングページ)も今回、我々の方で作成させて頂きました。 2019年7月から取り組みを始めたKnock Knock(ノックノック)プロジェクトにおいては短期的な集客だけではなく、中長期的な集客戦略を描いた上でプロジェクトに着手しています。 中長期的な集客戦略の柱は、こちらのLanding Page(ランディングページ)とSNSを中心として構築しています。 ランディングページにおいては、Knock Knock(ノックノック)ウェブサイトがどの様なサービスを展開しているのかを分かりやすく提示することを心がけて設計しています。 キーワード設計はもちろんのこと、First ViewやLanding Pageの随所にKnock Knock(ノックノック)ウェブサイトへの導線を提示し、Knock Knock(ノックノック)ウェブサイトへのアクセスのし易さを意識して設計しています。 また、Knock Knock(ノックノック)ウェブサイトに 投稿された動画のデモ版や文字起こしを『デモ動画』や『コラム』として継続的に掲載することで検索性を向上させる施策を採っています。 短期的な宣伝効果だけではなく、中長期的な戦略も同時に着手することにより、長期間続くプロジェクトに出来る様サービス開始当初から取り組みを始めています。 Knock Knock ノックノック |久米ネットの特徴は。 Movie Platform Makerの詳しい説明は。 久米ネットは。

次の

久米宏ラジオ終了後は動画注力か 増加するシニアのネット進出(女性自身)

久米 ネット ノック ノック

動画配信プラットフォーム、Knock Knock ノックノック |久米ネットを制作し公開しました! Knock Knock ノックノック |久米ネットとは 今回、『ザ・ベストテン』や『ニュースステーション』で司会を務めていた久米宏さんを中心に据たWeb動画配信プラットフォームを作りたいということでお声掛けを頂きました。 とは、その名の通り見てる人を刺激する、或いは新たな世界への扉を開いてくれる様な気づきを与えてくれるコンテンツが集まる動画配信プラットフォームを目指しています。 その一番最初のチャンネルとして久米さんを中心に据た『』が開設されました。 開設から2週間で25万PV 11月2日の土曜日にKnock Knock ノックノック 及び久米ネットが開設されました。 久米さんが毎週土曜日にTBSラジオでレギュラー出演されており、そこで久米ネットの開設に言及されたこともあり、開設後は多くの方々からアクセスしてもらうことができました。 開設初日は約5万PV、開設から2週間で約25PVのアクセス数になっています。 アクセス数的には順調なスタートが切れたかと思います。 毎週3回、水曜、金曜、日曜に新しい動画がアップロードされます。 これから中身がどんどん充実していき、面白い仕掛けもオープンにされる予定です。 双方向のコミュニケーション 久米ネットの特徴の一つは、視聴者の方々から投稿を受け付けてそれに答える形のコンテンツを制作するところにあります。 すでに多くの投稿を頂いており、それらの投稿内容を久米さんが言及したコンテンツがアップされています。 こうして、濃いファンコミュニティを作り上げられることが動画配信プラットフォームの真価だと思います。 今後の発展性 Knock Knock ノックノック では、簡単に新しいチャンネルを開設できる様設計しています。 今後は久米さんの他にも様々な知識人の方や、特徴を持ったチャンネルが開設されていく予定です。 こうして、Knock Knock ノックノック として様々なチャンネルを立ち上げることにより、ある種一つのテレビ局を自分たちで持つことができるというのが動画配信プラットフォームを持つメリットの一つかなと思います。 ご興味のある方は是非一度Knock Knock ノックノック を覗いて頂けると嬉しいです。 また、動画配信での施策をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。 久米ネットは お問い合わせは Movie Platform Makerの詳しい説明は 田上のtwitterは.

次の

Knock Knock(ノックノック)|久米ネット

久米 ネット ノック ノック

略歴 [ ] 生い立ち [ ]• - 両親が疎開していた埼玉県(現:さいたま市)で4人兄弟(姉3人)の末っ子として誕生。 父親はとのエンジニアで留守がちだったため、姉のスカートを縫い直した半ズボンをはいて「女の館に育った」と語っている。 幼少時から女性の性を知っていた環境が、久米の感性に影響を与えたことは間違いないという。 戦時中は埼玉県に。 戦後、東京都品川区で幼少時代を過ごす。 では政治家のと同級生だった。 - (現:)卒業。 - 卒業。 高校在校中はアルバイトと勉強に明け暮れる。 一学年下にがいる。 TBSアナウンサーとして [ ]• - 経済学科卒業後、にアナウンサー12期生として入社、同期アナウンサーには、、、、、、。 他職では(のちのTBSHD相談役)がいる。 アナウンサーの1年先輩にはがいる。 アナウンサーの1年後輩のは同学年の同僚。 アナウンサーを志した動機は、自身曰く「学生時代、演劇活動に明け暮れ、成績が悪く、一流企業の推薦が取れなかったから」である。 当時の部の仲間にやがいる。 当時、マスコミ、アナウンサーの就職倍率は高騰しており、「記念受験」程度の志で受かるものではなかった。 入社直後、激務と極度のから体調を崩し、を患った。 1967年 - アナウンサー研修室設置に伴いアナウンサー研修室付兼ラジオ局第一制作部勤務となる。 - 麗子と結婚。 子供はなし。 4月 - 『』金曜パーソナリティに抜擢されるが、病気により、5週で降板。 5月 - この月からスタートした『』の中継リポーターを務める。 10月 - 『』レギュラー( - 1980年)、『』司会として、全国的な人気を得る( - 1984年5月)。 1月 - 『』司会( - 1985年4月)。 同年4月 - 『』パーソナリティ( - 1985年3月)。 6月 - TBSを退社。 TBSからフリーに [ ]• 4月 - 『』司会( - 1987年3月、)。 以降、民放各テレビ局を中心に活躍する。 - 当時29歳の愛人女性が久米に妻との離婚を迫り、睡眠薬を飲んで手首を切る事件を起こす。 このため久米は非難の矢面に立たされ、三週間にわたり番組出演を謹慎。 - 『』(1982年 - 1985年、)司会。 - 『』(1983年 - 、)司会。 12月 - 『』パーソナリティでゴールデンマイク賞を受賞。 ニュースキャスターとして [ ]• - の夜の大型ニュースショー番組『』がスタート。 メインキャスターを務める。 フランクな司会ぶりは民放の報道番組に変革をもたらし、賛否両論を呼んだ。 この間、引き続き『がん戦争シリーズ』など単発番組の司会は務めた他は、ほぼ『ニュースステーション』に専念。 『おしゃれ』の終了と同時に、完全にこの番組一本となった。 - 『ニュースステーション』の企画「ジャイアンツエイド'89」での公約を守り、プロ野球優勝を受けて丸坊主になる。 さらに11月3日、を制した時の公約に従い、他局である日本テレビの夕方に放送されていたメインキャスターのニュース番組『』に出演し『読売ジャイアンツ、バンザイ! 』と叫んだ。 この一件は翌日の朝のワイドショーでも話題として採り上げられた。 さらに、当時リクルート事件などで頻用されていた「ケジメ」という言葉が、この一連の出来事を伝える際にも使われるようになり、その結果、1989年版の流行語部門で「ケジメ」という言葉が銀賞を獲得した時、その言葉の代表例として、久米の名前が表記された。 1990年代前半 - 正確な時期は不明なものの、この頃に左の鼻と口のあいだ付近にあったを切除している。 これは当時の映像ではっきりとなくなっているのを確認することができる。 - を受賞する。 4月 - の特別番組『大沢悠里のそれ行け! ラジオ天国』に出演。 パーソナリティの、とラジオをテーマに鼎談を行う。 5月 - のキャスターとしての業績に対し、第27回・テレビ部門個人賞を受賞。 - 視力低下に伴いこの日より本番中常時眼鏡を着用する一時降板する1999年まで一貫して枠のない眼鏡を着用していたが2000年1月4日の復帰以降、最終回までラフな眼鏡を着用していた。 1994年 - ほぼ5年ぶりの日本テレビ出演となった『'94・久米宏の道徳の時間』の司会を務める(視聴率25. なお、この道徳の時間はその後、に第2弾、に第3弾が放送された。 の伸び悩みや日本テレビ側からの第4弾出演依頼を固辞したことなどにより、第3弾で、になった。 - TBSラジオの戦後50年特別番組『久米宏のトーク スクランブル』で10年ぶりにパーソナリティを務める。 アシスタントには『ニュースステーション』共演者のを迎え、5時間の生放送を行った。 10月 - 『ニュースステーション』でののルポの中で、インド人がよどみない日本語で話をする映像を見て、「しかし、外人の日本語は片言の方がいいよね」と発言、直後からの猛烈な抗議を受ける。 ただし大きな問題として表面化はせず。 が代表を務める、一緒企画からも回答願を出されている。 になって、久米本人から有道に対し、当発言に対する謝罪のメールがあった。 - 『ニュースステーション』の問題に関する特集での葉物(実際には)から多く検出されたと伝えた。 これにより、埼玉県所沢市産のなどの価格がにより暴落。 その後、2004年6月16日にテレビ朝日が農家側に謝罪。 1000万円で和解した。 同年 - 気力、体力の問題により『ニュースステーション』を降板。 自身の、著書ではこの期間を「無職」としている。 テレビ朝日は「休暇」としていた。 - 『ニュースステーション』に復帰。 ヒゲ姿で登場した。 写真入りで「久米ヒゲ復帰」などの見出しが新聞各紙を飾った。 番組はリニューアルされ、ロゴがカタカナ表記から英字表記(『NEWS STATION』)に改められる。 - 『ニュースステーション』放送最終日。 エンディングでは「今まで頑張った自分へのご褒美」と称してビールを飲みながら「本当にお別れです。 さようなら!」と手を振り60歳を目前にして、18年半のメインキャスター生活にピリオドを打った。 番組終了の際、他局でも「ニュースステーション終了」が取り上げられ、『』のが番組内でコメントするなど反響が大きかった。 なお『ニュースステーション』終了後は、テレビ朝日へは直接の出演を一切行っていない。 『ニュースステーション』終了以降 [ ]• 同年9月20日 - 半年間の休養後、 1日ジャック『』で復帰。 4月13日 - 『』にて、久米の応募したが採用される。 「目標は、1人15へぇ出してくれるとして、トータル75へぇはいきたい」と宣言したが、結果は30へぇに留まった。 なお「銀の脳」を獲得している。 トリビアの内容は「ではロゴ入りの箸を作ったことがある」だった。 なお、最初に投稿した時の肩書きは「ニュースステーション キャスター」だったが、採用される日を待っているうちに『ニュースステーション』が終了した。 同年4月17日 - 日本テレビの日曜20時枠で、1年ぶりのテレビ復帰となるレギュラー番組『』がスタートするものの、低に伴い、6月19日、2ヶ月でとなる。 同年9月11日 - TBSで放送のの『』で、スペシャル アンカーとして参加し、『筑紫哲也 NEWS23』のと、1991年のにゲスト出演して以来、14年ぶりの共演となった。 視聴率は関東で15. 同年12月 - の動画配信サイト「」でレギュラー番組『』がスタート。 久米本人が長年やりたかった番組とのことで、企画、構成、司会の3役をこなしている。 6月 - 自らドイツへ行って、サッカーの取材を行う。 この模様は自身のウェブサイトから見ることができる。 同年8月、21年振りにTBSの番組に復帰を発表。 10月開始のラジオ番組『』でパーソナリティを務める。 同じ時間帯に、久米がTBSに入社した年と同じ1967年に、に入社した、の番組があり、ニッポン放送が、をパーソナリティに起用。 三つ巴の戦いとなった。 番組開始後、初の調査(2006年10月)では、同時間帯トップとなった。 5月 - 『久米宏 ラジオなんですけど』の功績が認められ、第44回のDJパーソナリティ賞を受賞する。 同年12月10日、17日に系列『』に、自身29年ぶりのドラマ出演• 6月1日 - 『』()に出演。 これにより、全局制覇を果たした。 なお、VTR出演としては前出の「久米宏と1日まるごと有楽町放送局」が放送された週の「」で特集した企業のVTRで映っていた。 10月22日 - 『』放送開始。 4月15日 - 『』放送開始。 3月18日 - ()発生により創設されたと朝日新聞厚生文化事業団による「東日本大震災救援募金」に、個人名義で2億円を寄付した。 12月25日 - 「」()に生出演。 『笑っていいとも! 』に初出演で、と34年ぶりの共演。 7月19日 - 『』「プレミアムトーク」に出演。 NHKの生放送出演はこれが初となったが、出演は自分の意思ではなくNHKからの依頼であることを冒頭で宣言した上で、過去のNHK出演は2016年「結成50周年 笑いの祭典」と2018年「」の2本のみで、いずれも、に依頼されたものであったことも紹介。 「NHKは独立した放送機関になるべきだ。 人事と予算で、国家に首元を握られている放送局があっちゃいけない。 そういう国は先進国とは言えない。 絶対報道機関は独立していないといけない」「NHKが民放になって、国会だとか政府に首根っこ掴まれているような放送局でなくなるんだったら、そっちの方がよほどいい社会になる」「政府を強烈に批判する放送局があってしかるべき」などとNHK批判を展開、二日後が投票日のにも「開票特番を楽しみたいなら、投票には行くべきだ」と触れ、各ニュースサイトが一斉に取り上げTwitterでもトレンド入りした。 この生出演2日前には『』に乱入し、「今週の『あさイチ』ゲスト出演を前に司会者のさんに挨拶に来ました。 」と驚かせた。 2019年11月2日 - WEBメディア「Knock Knock(ノックノック)」が配信するインターネット動画番組『Kume*Net(クメネット)』を開設。 「多数決よりも少数派。 賛成派よりも反対派。 小さなアイデアと好奇心を大切に久米宏が、気の向くままに語ります」をコンセプトに、10分前後で、社会やメディア、過去のエピソードをテーマとした動画を定期的に配信。 1月17日 - 『ニュースステーション』メインキャスター時代のに発災したから丸25年に当たることから、『』(被災地域の地元局で発災当時『ニュースステーション』の同時ネットを実施していた制作の関西ローカル番組)に生出演。 発災当時に取材した地域を再訪した模様のVTRなどが放送された。 2020年6月6日 - 2006年10月からスタートした生放送番組TBSラジオ『久米宏 ラジオなんですけど』を6月いっぱいで終了すると発表。 この時点で、『Kume*Net』の動画すでに90本以上配信を達成。 人物 [ ]• 身長は『ニュースステーション』等で長らく、「私の身長は180cmです」と公言してきたが、後に縮んで、178cmになったことを明かしている。 自動車愛好家であり 、動画配信番組『』も作った。 現在はテレビからは距離を置いており、テレビ出演に消極的な発言をしている。 久米が入社した年のアナウンサー最終試験は試験官の前に、1台のが置かれ「赤電話を題材にして、自由にしゃべって下さい」という課題だった。 他の志望者は「さぁ、いま私の目の前に赤電話が置かれております」「ここから一体、どの様な人間ドラマが始まるのでしょうか?」という実況型だったが、久米は赤電話を前に暫し、黙考。 10円玉を取り出し、その場で、実家に電話をかけた。 電話に出た母親と「もしもし母さん? 今、TBSで入社試験を受けているんだけど……」と普通に会話をし、そのまま終了した。 (久米と同い年)は、同年の試験に落ちて文化放送に入った。 久米はで胃腸も弱く、病弱だったため、入社当初はアナウンサーとしての活動ができず、電話番の仕事が中心だった。 病気が回復した、「」のパーソナリティーとして出演する事が決まった。 本人は深夜から早朝の番組に、当初は消極的だったが、その後、出演を承諾。 放送開始直後に行われた、TBSの社員健康診断で、医者から「を患っている」事を告げられ、番組を休養(事実上降板)。 5回で降板した。 その後は同期のに引き継がれた。 放送のテレビ朝日『』放送開始15周年記念公開録画(会場:)で出演にした折にて、前述の対人恐怖症(あがり症)を告白した。 この中で、「(観客ならば)3人ぐらいが限界」「スタジオの中は静かで、(出来ればカメラマンも)誰もいない状態が一番好きなんです」と答えていた。 また、このとき黒柳は、『ザ・ベストテンin長崎』(放送、300回記念公開放送)にて、このときニューヨークに滞在していた黒柳がこの公開放送のためにで呼びかけた際、大勢の観客が観覧する長崎市の会場が土砂降りとなって大混乱したのも重なり、頭の中が錯乱状態になり、黒柳との会話も粗暴になってしまったと回顧している。 ちなみに、この回は久米単独での司会であった。 『ニュースステーション』は今日のニュース番組としては珍しく、一切を使用せず、原稿を机の上に置いて読み上げる方式を終始一貫して行った。 久米は自著で「視聴者の側を向いた、ニュースショー番組にしたかったから」と記している。 番組の衣装選びは、妻であるスタイリストの麗子が担当した。 1987年には(スポーツ・芸能部門)、2004年には(文化界部門)を受賞もした。 『ニュースステーション』担当時の夏季休暇(夏休み)は最大で3週間取っていた。 その休暇中に、重大ニュースが起こる事があった。 も、久米の夏休み中に起こり、サブキャスターのが第一報を取り上げた。 久米はその2日後に夏休みを切り上げて、復帰している。 休暇中はを受けた後、『ニュースステーション』を放送していないの温泉を旅行する事が度々あったが、とりわけ『ニュースステーション』の視聴率が高かったからの旅行者が多く、「番組を見られていないところに行ったはずなのに、『ニュースステーション観てます』と声をかけられて困った」と語っている。 また、同じく放送がなかったでは、休暇中にを楽しんでいたところ、他のプレー客から「あなた最近テレビで見ないけど、仕事ないの? 」と言われ、苦笑いした経験があるとも語っている。 「僕は、が政権を取ったら、アンチ社会党になりますから。 これは間違いないです。 が政権取れば、アンチ共産党です。 だいたいが政権と同じ所に立ったらめちゃくちゃですから、その国は。 なぜ反自民かというと、を取っているからです。 それ以外には、理由はないですね」 と語っているように、自身のスタンスは「反」ではなく「反政権」である旨を表明している。 『ニュースステーション』キャスター当時、現政権を徹底的に糾弾するスタンスを曲げることはなかった。 『ニュースステーション』での発言が賛否両論になったことに関しては「僕は思いつきの失言はしないんですよ。 失言は予定通りです」とし、失言によって問題が起きることは「想定内」であったと「」(系)で述べているが、直後にに「まさかここまで(大ごとになるとは)ってのはあったでしょ?」聞かれた際には、一例として前述の所沢ダイオキシン問題を挙げている。 のことを嫌いと話し、『』の司会を打診されたとしても断るとしている。 長らくNHKへの出演歴自体もなかったが、2016年11月23日放送の『』にゲスト出演、同局初出演を果たす。 は、ニュースキャスターの筑紫や久米は、自分を棚上げにして、キレイごとやカッコいいことをいって、そのうえ他人にはキツイことばかり要求しているとし、「民衆の味方です」みたいな顔して発言をしているが、果たして筑紫や久米が普通の民衆なのかあるいは民主主義が身についているかといえば、そうではないと批判している。 スポーツ [ ]• のファン。 広島カープファンになった切っ掛けは、TBS入社同期のがカープの魅力を熱心に話すので影響されたと話している。 「林君もさんも「反中央」「反権力」という自分の性格をカープに重ねたのではないか」と述べている。 に広島が優勝を逃して、巨人が優勝した際、ライバル局・日本テレビの『』に坊主頭で生出演し、巨人ファンのに半ば強制的に「巨人軍優勝、ばんざーい! 」と言わされた。 のファンで、、福岡ダイエーホークスのに出た事がある。 その時の背番号は「 9:54」。 これは、当時のフライングスタートを開始した『ニュースステーション』の開始時刻「 9時54分」にちなんでいる。 なお、始球式に至る練習風景や当日の様子は『ニュースステーション』で「久米さん、始球式ですよ! 」のパロディ)。 開催に、石原都知事が立候補表明した時点から反対し続けている(2017年6月時点も)。 「東京でやることの理由がわからない」などの思いから。 対人関係 [ ]• 明るい性格で、外国人と、すぐに打ち解けられる人物である。 『土曜ワイドラジオTOKYO』は前身『永六輔の土曜ワイド』時代から長年に渡り担当している。 パーソナリティを務めたは久米にとって、放送業界での師匠格にあたる。 生放送音楽番組『ザ・ベストテン』では、との安定感ある早口 コンビで人気を博していた。 その最中、から『ニュースステーション』のキャスターの打診があった。 テレビ朝日の社運を賭けた番組で、久米もキャスター業をしたいと思っていたため引き受けるが、スタッフから番組が決まるまで、絶対に口外しない事を告げられる。 そのため、司会パートナーの黒柳やスタッフに本当の降板理由を告げられず、黒柳からは自身の自宅に久米を呼び、降板の理由を問い詰めたことがある。 結果的には遺恨を残すような形での降板となる。 後年、アナウンサーの2年後輩で 『ザ・ベストテン』のプロデューサーだったが亡くなった際、降板の顛末をキチンと謝罪できなかったことを悔やむ発言をしている(『ザ・ベストテン』関係者では黒柳のみ謝罪している)。 加えて『ザ・ベストテン』がなければフリー転身もその後の『ニュースステーション』もなかったと話している。 「 頭」と呼ばれる黒柳徹子の髪型だが、この「タマネギ頭」の名称を考えたのは久米である。 『ニュースステーション』と『NEWS23』のキャスター対決と注目された、との関係は決して悪くなく、『ニュースステーション』の最終回終了直後の『NEWS23』では筑紫が賛辞を送った(上記参照)他、2人ともカープファンという共通性があり、(-広島東洋カープ)の対戦で、一緒に球場で観戦した。 の熱狂的ファンを公言しており、『ザ・ベストテン』時代は百恵の体に軽くタッチしたり、百恵が歌い終わった後、絶叫するなどし、同じく司会者であるに窘められるという場面が数多く見受けられた。 百恵がとの「恋人宣言」(後に結婚)発表した後のにTBSで放送された、百恵の引退コンサート番組の司会を久米が務めている。 の取材の際、の被害者で、の後遺症を抱える男性と偶然知り合い、現在も交流を続けている。 彼との出会い以来、森永グループの製品を口にできなくなった。 『ニュースステーション』の降板表明会見において、「後を受け継ぐ(後継番組『』の初代メインキャスター)さんに何かメッセージありますか? 」と記者に尋ねられた際、「いや、番組はなくなるって聞いていますから。 存在しない番組に司会者が存在するわけないでしょ」と回答した。 これに対し古舘伊知郎は『』(2014年七月十四日号)のインタビューで「(久米を)冷たい男だなと思いましたけど」「それから久米さん嫌いになったんですけど」と述べている。 その後には「半分は大先輩だと思って尊敬している。 半分は嫌いっていうところに落ち着くんだけど」と語った。 ただし、その後久米は「いかにつらいか、大変さが手に取るように分かる。 (最近は)見ていないけど、無意識のうちに避けているのかもしれない」「自分は家を土台から造った。 自由に造って来た。 でも、彼はその土台を壊す事をさせてもらえずに、建物を造る様にさせられている。 その事に苦労していると思う」と古舘を気遣うコメントをしたことがある。 また、久米は「古舘君をはじめ、かなり人が勘違いしている。 僕が『ニュースステーション』でかなりしゃべったというイメージを持っている方が多いんですが、ほとんどのニュースに関して、リード原稿は僕が読んでいたんです。 僕が原稿を読んでいる時間が結講あったのを、フリートークだと思い込んで見ていた人がかなり多かった。 このぐらいの時間、しゃべらないといけないんじゃないかと、後任者が思い込んだ可能性はあるんです。 僕が本当にフリートークで話した時間は、短い時は2秒ぐらいですからね」とも述べている。 2015年3月27日放送分の『報道ステーション』で発生し、問題視された古舘とのやり取りについて、古舘に対する批判とも取られる発言を行った。 現在の出演番組 [ ] インターネット [ ]• インターネット番組『』定期的に動画配信 ラジオ [ ]• (、不定期放送)• (、年一回放送)• ()2014年12月度月間ゲスト• (2016年10月7日 - 2017年3月31日、BS日テレ) 過去の出演番組 [ ] テレビ [ ] TBS• 時間ですよ(1970年)• (1971年)• (1975年)• (1976年)• (1975年 - 1980年)• (1975年)• (1975年 - 1984年) - 第4回アノンシスト賞グランダ・プレミオ賞受賞。 (1977年)• チャーミングおくさま(1977年)• ヤンマーファミリーアワー (1977年)• (1977年 - 1978年)• (1978年 - 1985年)• ・30話(1978年)レポーターの久米宏 役 - 局アナ時代に出演。 (1978年版)• 第4話「ひとりぼっちのビートルズ」 - 局アナ時代に出演。 第32話「殺人容疑者・久米宏」• 久米宏から日本人へ! こんな昭和史もあったのかスペシャル• (2008年10月 - 2009年3月)• ()(2009年4月 - 2009年7月) 日本テレビ• 久米宏のびっくり発明大賞• 久米宏の道徳の時間• () フジテレビ• チャレンジ・ザ・ギネス• 第9・10話(2007年12月)木島征志郎 役• (1980年5月5日8:30 - 1980年5月6日1:30)総合司会• (1988年)為替市場の説明 役• テレビ東京• 「酒を飲まない、車に興味の無い、消費しない若者たち」(2008年6月1日)• 「1秒でも早く結婚したい女たち」(2008年12月28日)• 「激変するニッポンの食卓」(2010年11月14日)• 「東京って幸せですか? 」(2011年12月18日)• 「実は日本人はデフレが大好きだった!? 」(2013年1月16日)• プレミアムトーク(2019年7月19日)初NHK総合生出演• 「結成50周年! 笑いの祭典」(2016年11月23日)ゲスト。 NHK初出演 BS民放5局共同キャンペーン• (2013年 - 2014年)• 「久米宏のニッポン百年物語 食の100年 おいしいは力だった」(BS日テレ)• 「久米宏のニッポン百年物語 医学の100年 日本人はなぜ長寿になったのか」(BSフジ)• 「久米宏のニッポン百年物語 流行歌の100年 未来に残すべきニッポンの歌」(BS-TBS)• 「久米宏のニッポン百年物語 鉄道の100年 日本人は鉄道がつくった? 」(BS朝日)• 「久米宏のニッポン百年物語 家族の100年 人生相談にみる日本人」(BSジャパン) パソコンテレビGyaO• ラジオ [ ] TBS• (1970年4月 - 1970年5月)• (1975年3月 - 1978年3月)• (1970年)• TBS今週のベストテン(1972年10月 - 1975年9月)• 久米宏の朝ですよ(1973年10月 - 1977年3月)• ミュージック・イン・ザ・スカイ(1973年)• ミュージックガイ(1974年)• 東京赤坂歌謡曲(1974年)• TBS歌謡新人戦(1975年)• 歌のグランド・ステージ(1976年)• (と交代で担当)(1977年4月 - 1978年3月)• 久米宏のラジオでデート(1977年)• 久米宏のクッキーデート(1978年)• (1978年4月 - 1985年3月)3代目パーソナリティ• (1978年12月31日23:30 - 1979年1月1日1:00、「若い言葉はエイトビートで」) ニッポン放送• - 同社の有楽町再移転を記念して、2004年9月20日放送の朝 - 夕方放送の各番組に出演。 (2003年12月19日) - 『ニュースステーション』年末スペシャルとのコラボレーション• (2017年11月17日) すっぴんインタビュー• 著書 [ ]• 『知的センスおしゃれ会話入門』(1979年4月、〈プレイブックス〉)• 『久米宏の新・素朴な疑問 ひまつぶしに笑ってみようか』(1981年4月、TBSラジオ編、〈ワニの本〉)• 『テーブルマナーなんか怖くない 食べ方でわかる女の魅力』(1981年7月、ベストセラーズ〈ワニの本〉)• 『シズルはいかが』(1984年7月、ケイブンシャブックス)• 『こんにちは、久米宏です』(1989年12月、)• 『もう一度読む「おしゃれ会話入門」 好印象と知性の隠し味をサラリ、のコツ』(1997年9月、青春出版社)• 『最後の晩餐 久米宏対話集』(1999年4月、)• 『ミステリアスな結婚』(2001年3月、共著、、のち)• 『久米宏です。 はだった』(2017年9月25日、)、 関連人物 [ ]• (『ザ・ベストテン』で共演。 その後も『ニュースステーション』に親善大使、『』にゲストとして数多く出演)• (『土曜ワイド』で共演。 久米の放送界における「師匠」ともいえる人物)• (親戚関係はないが、「お父さん」と呼んで慕っていた)• サッカー日本代表監督。 「遠いが親戚関係である」と、久米がラジオで公表した。 (5期先輩にあたるTBS時代の直属の上司。 元TBSアナウンサー)• (久米のライバル的存在としてよく引き合いに出される。 元アナウンサー)• (テレ朝「ステーション」シリーズ2代目キャスター、久米とは犬猿の仲とされている。 元テレビ朝日アナウンサー)• (テレ朝「ステーション」シリーズ3代目キャスター。 久米と直接の面識はないが、古舘とは違い富川へはラジオで多々エールを送っている) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• TBS時代の同僚、フリーアナウンサー仲間からよくこう呼ばれている。 フジのプロデューサーによると、久米の起用はに相談している中で生まれたという。 木島(久米)は湯川(福山)が尊敬し、天才と認める数少ない学者。 鈴木が「誰がいいかな」と尋ねると、福山はしばし考えた後、「久米さん」と答えた。 「予想外の名前でしたが、久米さんの理知的でスマート、かつユーモアのセンスあふれるところなどが木島のイメージにぴったり」と答え、出演交渉に入った。 久米は当初は「無謀」と思ったというが、「断ち切れない好奇心のため」結果的に出演を受けたと説明した。 2004年9月28日に東京都内で行った記者会見で発言。 TBSの同僚アナ・によると、久米は一分間に760字から800字ほど喋る時期もあったという。 『久米宏と1日まるごと有楽町放送局』での公開記者会見にて発言。 出典 [ ]• 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。 「久米宏[1979. 6退社]R「土曜ワイドラジオTokyo」「全国縦断ひろし・あきらの朝ですよ〜」TV「料理天国 1975 」「ぴったしカンカン 1975 」「ザ・ベストテン 1978 」」• 「久米宏…[79. 6 退社]R「土曜ワイド・ラジオTokyo 70 〈78年4月から、永六輔、三国一郎に次いで三代目のパーソナリティーとなる〉」「それ行け歌謡曲 70 」「パック・イン・ミュージック 70 」「TBS今週のベストテン 72 」「久米宏の朝ですよ〜! 「(自殺)と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」『現代』第33巻第12号、、1999年12月、 98頁。 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。 「1967. 4〈12期生〉8人入社(男8)青木靖雄、石森勝之、河野通太郎、小口勝彦、久米宏、林美雄、宮内鎮雄、米沢光規」• 「67. 4〈12期生〉8人入社、青木靖雄、石森勝之、河野通太郎、小口勝彦、久米宏、林美雄、宮内鎮雄、米沢光規」• 「1967年11月15日『アナウンサー研修室』設置〈アナウンサー研修室付兼ラジオ局第一制作部勤務者〉今村稔、小川哲哉、車尾具昭、五味陸仁、桐本幸子、手塚俊子、本田綾子、岩崎直子、遠藤泰子、藤田恒美、堀川恵子、堀川友子、青木靖雄、石森勝之、小口勝彦、久米宏、林美雄、宮内鎮雄、米沢光規、河野通太郎」• 97 - 99• 「VIII. 各種表彰 2. TBS主催の外部表彰 2. ゴールデンマイク賞」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、295頁。 「贈呈日 1983. 12 贈呈者 久米宏 石井和子 担当番組名 土曜ワイドラジオTokyo」• SJWRT. 2016年6月21日閲覧。 2014年11月14日閲覧。 2006年12月21日. 2013年5月13日閲覧。 新着情報プラス. 2013年5月13日閲覧。 2011年3月19日. 2013年5月13日閲覧。 デイリースポーツ. 2019年7月19日. 2019年7月19日閲覧。 HUFFPOST. 2019年7月19日. 2019年7月19日閲覧。 ZAKZAK(夕刊フジ). 2019年7月19日. 2019年7月19日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年7月19日. 2019年7月19日閲覧。 exciteニュース. 2019年7月18日. 2019年7月19日閲覧。 BS日テレ - おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE! - 久米宏 プライベートサイト• - イーウーマン 佐々木かをり対談 win-win• - 朝日新聞、2016年10月26日• 久米宏『』1992年5月14日号、、1992年。 J-castニュース• ,日刊スポーツ,2016年10月21日• 吉本隆明 『私の「戦争論」』ぶんか社、1999年8月。 75頁• 2016年9月10日. 2016年9月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年5月13日閲覧。 、、- Book Bang、2016年9月23日• 2014年1月16日. 2016年10月14日閲覧。 、MANTANWEB、2014-09-07• - 2017年6月17日放送• - 朝日新聞、2016年10月28日• サンケイスポーツ. の2014年2月9日時点におけるアーカイブ。 2015年10月21日閲覧。 2013年9月27日. 2013年9月28日閲覧。 ,goo• 2009年4月21日. 2016年10月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年10月14日閲覧。 ,LITERA,2014年7月15日• ,Sponichi Aneex,2004年9月21日• ,スポーツニッポン,2016年4月23日• ,ZAKZAK,2015年5月30日• TV LIFE. 2016年11月20日. 2019年7月21日閲覧。 2013年12月19日, at the. 2018年6月3日1:00 - 3:30(2日深夜)にで『 [ ] [ ]』と題した特別番組が放送。 テレビ向けに再編成され、予告篇で「初出演!」とテロップが入る。 参考文献 [ ]• 久米宏『知的センスおしゃれ会話入門』青春出版社〈プレイブックス〉、1979年4月。 「(自殺)松宮一彦と(降板)久米宏を結ぶ「運命の糸」」『現代』第33巻第12号、、1999年12月。 久米麗子、久米宏『ミステリアスな結婚』世界文化社、2001年3月。 - 夫人との共著による自伝。 『』東京放送、東京放送、東京、2002年1月。 資料編• 「久米宏 ニュースショーの孤独な道化師」『』第81巻第10号、文藝春秋、2003年8月。 外部リンク [ ]• 2 2012年春より単独メイン。 3 月曜-木曜担当。 4 金曜担当。 5 サブキャスター兼務(蓮見は2012年10月から)。 6 後藤のメイン就任後はスペシャルアンカーとして随時出演(2008年3月まで)。 7 番組開始から1997年9月まで。 8 金曜日のみ出演。 9 筑紫哲也夏季休暇時のメインキャスター代理。 10 膳場貴子不在時のメインキャスター代理。 11 番組開始前、筑紫にキャスター就任の要請あり(実際のメインキャスターは)。 12 2018年10月から金曜日のみが担当。

次の