アイランド キッチン。 アイランドキッチンとは?メリットデメリット&基礎知識 [キッチン] All About

キッチンの通販|サンワカンパニー

アイランド キッチン

アイランドキッチンを採用する前には、何にメリットがあり魅力的なのかを把握することも大切です。 この段落からは、なぜアイランドキッチンが人気なのか、その理由を見ていきましょう。 調理中の移動がしやすい アイランドキッチンは四方が壁に囲まれていないという特徴があります。 そのため、キッチン周辺の動線を確保しやすく、自由に移動できます。 さらに、スペースに余裕があるので、調理や下ごしらえなどの作業もゆとりを持ちながら行えるのが大きな魅力です。 また、キッチン自体が独立しているため、自由な位置での作業もできます。 複数人で同時に作業できるのもアイランドキッチンならではの魅力です。 リビングとコミュニケーションがとりやすい 対面式となっていることで、一般的には、リビングの様子がよく見えます。 さらに、リビングからもキッチンが見えるため、キッチンとリビングでコミュニケーションが取りやすくなります。 昼食や夕飯の準備をしている際にも子供の様子を確認することや、来客と会話しながらお茶を用意するなどもできます。 開放感があって部屋が広く見える キッチンとリビングが壁で区切られていないので開放感があります。 さらに、リビングからひと続きの部屋のようになるので、空間が広く感じられます。 また、開放感があることで視野が広がるというのもアイランドキッチンの特徴です。 どこに何があるかひと目でわかるようになり、調理を効率的に行うことも可能です。 部屋全体がおしゃれに見える アイランドキッチンは部屋の中でも存在感のある設備です。 さらに、デザイン性の高いアイランドキッチンを採用すれば、部屋の主役としておしゃれな空間を作ることができます。 また、キッチン周辺の収納やレイアウトにこだわることで、魅せるキッチンを演出することもできます。 アイランドキッチンの失敗ポイント アイランドキッチンにはさまざまな魅力やメリットがありますが、なかには設置後に「こんなはずじゃなかった」と後悔している方もいます。 実際に設置しようと検討している方は失敗例も参考にして、自身のライフスタイルにマッチするかどうかも考えましょう。 この段落では、4つの失敗例を紹介していきます。 部屋全体が狭くなる 部屋の間取りはそのままで、壁付けタイプのキッチンから対面タイプのアイランドキッチンへ変更した場合、部屋が狭くなるという失敗例があります。 壁付けキッチンでは周囲に人が通れるほどのスペースを確保する必要はありませんが、アイランドキッチンの場合は通路スペースが必要です。 ゆとりのある通路を確保したいという場合は、より大きなスペースが必要になります。 そのため、通路スペースを確保できない広さでは、アイランドキッチンの設置が難しいでしょう。 もし、間取りを検討しないまま設置してしまうと、キッチンがリビングを圧迫し、全体的に窮屈な印象の空間になってしまうおそれがあるので注意しましょう。 調理中のにおいや汚れが気になる アイランドキッチンは調理中のにおいや煙がリビング側へ広がってしまうことがあります。 ガスコンロの上には換気扇が設置されますが、すべてのにおいや煙を吸い取れるわけではありません。 壁付けタイプのキッチンであれば壁で遮られるのでにおいや煙がリビングへ流れるのをある程度は遮ることができます。 また、アイランドキッチンの場合は遮る壁がないため、においや煙だけでなく調理中の油や洗い物中の水がリビング側へ飛び散ってしまうこともあります。 ごちゃごちゃと散らかって見える 周囲に遮るものがないアイランドキッチンはリビング側から丸見えになってしまいます。 日常的にキッチンをきれいな状態に保てない場合、ごちゃごちゃと散らかって煩雑な印象を与えてしまいます。 調理器具や食器類などをおいているだけでも整理されていないように見える場合もあるため、なるべくものの少ない状態を意識することが大切です。 また、掃除をするのが苦手な方は、調味料や調理器具などを見せる収納として収納するようにしたりするなど、収納を上手く活用して、見た目の良いキッチンを維持するようにしましょう。 価格が高くなる アイランドキッチンは一般的な壁付きタイプのキッチンよりもカウンターが広い設定されていることが多いです。 さらに、四方をすべてみせるられるようにデザインされているので、壁付けタイプのキッチンに比べ、価格が高い傾向にあります。 設置するための工事費用やリフォーム費用などもかかってくるため、正確な見積りを取ってもらい、予算内に収まるキッチンを探しましょう。 失敗しないために知っておきたいアイランドキッチン成功の秘訣 調理スペースに関しては、ある程度のゆとりを持たせることが大切です。 具体的には、約60~90cmを目安にスペースを確保しましょう。 家族構成によっては作る料理の量や使用する調理器具も変わってきます。 そのため、必要な広さも変化してくるので、普段のライフスタイルを考えながら必要な広さを検討しましょう。 また、スペースを確保できない場合は、シンクに蓋をして作業スペースとして使うこともできます。 そして、キッチンのまわりの通路は人がお盆を持って通れる広さを基準にして、最低でも80cm程度を確保します。 さらに、調理台で作業する人数も考えてスペースを確保する必要もあります。 また、作業動線は冷蔵庫とシンク、加熱機器の3カ所を頂点として考えるワークトライアングルを意識しましょう。 各頂点へ2~3歩程度で移動できる距離に設定しておくと、バランスの取れたキッチンになるといわれています。 お手入れのしやすい素材を選ぶ アイランドキッチンは周辺が汚れやすくなるので、油や水はねを防止するガラスパネルなどを採用すると手入れがしやすくなります。 さらに、汚れを拭き取りやすく、換気もしっかり行ってくれるレンジフードや汚れをふき取りやすい床、臭いを吸着しにくい壁など、使う素材を意識するだけでもアイランドキッチンを清潔な状態に維持できます。 十分な収納を用意する アイランドキッチンは置いたモノが目立ちやすいため、できる限りモノを置かないことがきれいな状態を維持するためのコツです。 そのため、壁つけ収納などを活用するなど、しっかりと収納スペースを確保して、整頓しやすい環境づくりを行いましょう。 パントリーなど収納を設けるのもよいでしょう。 アイランドキッチンを知って自分の理想のキッチンを実現しよう.

次の

キッチンの通販|サンワカンパニー

アイランド キッチン

先日、「キッチンを独立したアイランドキッチンにするか壁付タイプの対面キッチンにするかで迷っています」という方がいらっしゃいました。 詳しく話を聞いてみると、小さいお嬢さんが二人いるので、一緒にケーキや料理をつくる場としてアイランドキッチンを検討したいとのこと。 でも、今の間取りでアイランドキッチンにするとキッチンが狭く感じるのでは?費用も高いですよね・・とお悩みのご様子。 このようにアイランドキッチンにするか、それとも他のキッチンにするかどうか悩まれる方は多くいらっしゃいます。 特にアイランドキッチンは他のキッチンとは特徴が大きく違うので、アイランドキッチンを採用するかどうかはメリット、デメリットをしっかり把握してから決めるのが大切なんですね。 そこで今回はそんなアイランドキッチンのメリットとデメリットについて詳しく見ていきたいと思います。 キッチンを検討されている方はぜひご覧ください。 shopinfo. 言葉で聞くと少しややこしい感じもしますが、簡単に言うとキッチンの周りをクルクル回れるのがアイランドキッチンになります。 アイランドキッチンは数あるキッチンの中でも見た目のインパクトも大きいので、対面キッチンというとアイランドキッチンを思い浮かべる方も多いと思います。 アイランドキッチンは、いわゆるオープンキッチンの代名詞ともいえる存在なんですね。 では、そんなオープンキッチンの代表とも言えるアイランドキッチンにはどのようなメリットがあるのか見てみましょう。 goodrooms. アイランドキッチンは島のように独立しているので壁など視線を遮る物が近くにないため、キッチンとは思えない程の開放感があるんですね。 また、せっかく開放感のあるアイランドキッチンを入れるのであれば、アイランドキッチンからの眺めも意識してみると、よりアイランドキッチンを活かせるようになります。 例えば、料理をしながらTVを見るのが好きな場合はアイランドキッチンに立った時に見える位置にTVを配置するのも良いですし、アイランドキッチンから庭が眺められるように大きな窓をつけるなど、アイランドキッチンが持つ開放感を活かした間取りにすると、アイランドキッチンがより活きてくるようになります。 実際にダイニングテーブルへ料理を運ぶときなど、自由に最短距離で移動できるというのはかなり移動の自由が広がり便利なもの。 そのため、アイランドキッチンは食事の準備、片付けがしやすいんですね。 また、キッチンについて考える場合は冷蔵庫をアクセスしやすいキッチンの入口側に置くのか、それとも目立ちにくいキッチンの奥側に置くのかというのも悩みやすい部分ですが、アイランドキッチンはどこからでもアクセスしやすいので自由に冷蔵庫を配置できるというのもメリットと言えます。 料理をしている時にも孤立する事がありません。 遊んでいるお子さんや、リビングにいる人と会話しながら調理できるというのは良いですね。 また、アイランドキッチンは存在感のあるキッチンなので、キッチンの周りに人が集まりやすいという求心力を持っているキッチンとも言えます。 ちなみにアイランドキッチンのちょっとしたマメ知識として、料理や洗い物をしている時の音がうるさくて会話できないよならないよう、アイランドキッチンのシンクは水の音が響きにくい静音シンクがお勧めです。 料理教室など複数人でキッチンを使いやすい アイランドキッチンは作業スペースも広く様々な方向から使えるので家族で料理する時にもアイランドキッチンはとても便利な存在です。 友達を呼んでホームパーティーをする時なんかでもアイランドキッチンは複数人で作業ができるので準備や片付けがしやすくなります。 また、将来家で料理教室をやりたいと考えている場合なんかでも、複数人で作業がしやすく手元が見やすいアイランドキッチンはお勧めのキッチンです。 また、アイランドキッチンはダイニングテーブルもセットになっているキッチンや、「くの字型」になっているキッチン、四角いキューブになっているキッチンなど、スペースや使い方によって色々とアレンジしたり選ぶことができるのもアイランドキッチンならではと言えます。 そのため、アイランドキッチンは基本的にお洒落なキッチンが多く、見た目も様々です。 そのため家の雰囲気に合わせてアイランドキッチンを選ぶのも楽しいですね。 まず、これまで見てきたようにアイランドキッチンは圧倒的な存在感がありますが、それだけ存在感のあるアイランドキッチンを設置するにはかなり広いスペースが必要となります。 そのため、キッチンにある程度の広さが必要となってくるんですね。 よく見かけるアイランドキッチンの失敗例として、狭いLDKにアイランドキッチンを配置してしまい、キッチンの存在感が大き過ぎてアンバランスなLDKになってしまうなんてことも。 アイランドキッチンは開放感が魅力ですが、その分、まわりの環境にアイランドキッチンをいかに自然に馴染ませるかが大切になってくるんですね。 特にLDKの広さがあまり取れず、ソファに座った時に視線のすぐそばに大きなアイランドキッチンが目に入ってしまうようなレイアウトにしてしまうと思ったよりも圧迫感を観じてしまうので注意が必要です。 (圧迫感が気になる場合、脚がついていて少し軽さを出したアイランドキッチンにしたり、キッチンの天板以外はコンパクトにするなど軽さを重視すると効果的です。 家具と同じ考え方ですね) アイランドキッチンを入れるために日常生活に支障が出てきていないか。 アイランドキッチンを入れる方は必ず一度はチェックしてみてくださいね。 油や水はね、ニオイは広がりやすい アイランドキッチンの開放感の裏返しとして、油はねやニオイも部屋に広がりやすくなってしまいます。 キッチンの周りに壁がないので、油はねは特に飛びやすくなってしまうんですね。 そのため、汚れが気になる場合はアイランドキッチンのコンロの前にはオイルガードを設置したり、換気扇はパワーの強いものを設置したいですね。 (アイランドキッチンには壁が無いので換気扇は天井につける必要があり、換気扇の種類に限りが出てしまうのもデメリットと言えます。 ) アイランドキッチンは手元が丸見え アイランドキッチンはオープンな開放感が魅力の反面、手元が丸見えになってしまうというデメリットも。 キッチンの上を常にキレイにしておかないと、せっかくのアイランドキッチンなのに生活感が丸出しの残念なキッチンに・・、なんてことにもなりかねません。 また、洗剤や調味料のボトルは目立つ色のラベルが付いていることも多く、あまり目立たせたく無いもの。 せっかく見た目も綺麗なアイランドキッチンなのに、洗剤などのボトルが目立つのは避けたいですよね。 そんな場合、ボトルを透明な物に移し替えて同じボトルで揃えてあげるなど、少し手を加えてあげると整ったアイランドキッチン に見えるようになります。 このようにアイランドキッチンを造るときは、いつでもキッチンをキレイな見た目にできるかどうかがポイントになってくるんですね。 また、先ほどの油はね等も含めてアイランドキッチンを魅力的に見せるには日常のお手入れがとても重要です。 アイランドキッチンは子供に注意 アイランドキッチンはクルクルと回れるのはメリットですが、小さなお子さんがいる時はお子さんがキッチンの中に入ってきやすいというデメリットもあります。 熱い物を持っているときや包丁を持っているときなどはお子さんの居る場所には気を配っていたいですね。 特に小さいお子さんが何人かいる場合は、料理だけでなくお子さんの動きにも配慮が必要です。 アイランドキッチンは価格が高い アイランドキッチンのデメリットとしては、価格が高い事もアイランドキッチンのデメリットになってきます。 アイランドキッチンは使い勝手だけでなく見た目も重要な要素なので、どうしても価格が高くなってしまうんですね。 また、一般的なキッチンと比べて数が出る事が少ないですし、オーダーメイドにもなりがちなのも価格が上がる要素となっています。 その他、キッチン本体以外にもアイランドキッチンは換気扇も天井付けの換気扇となりデザイン性が高いものが多いですが、その分高価な物が多いです。 そのため憧れだけではなく、使いこなせるかどうか(いつも奇麗にしておけるかなど)を一度よく考えてみるとアイランドキッチンを選んだ時の失敗がとても少なくなりますよ。 アイランドキッチンの事例紹介 アイランドキッチンのメリット、デメリットを見てきましたが、アイランドキッチンにはいろんな形のアイランドキッチンがあります。 アイランドキッチンはアイデア次第でアレンジがしやすいので、様々なアイランドキッチンがあるんですね。 それでは次に、実際にちょっと手を加えたアイランドキッチンを見ていきたいと思います。 広ーい作業場とテーブルとの一体感が魅力のアイランドキッチンとなっています。 テーブルとキッチンが一緒なので料理の配膳や食器の片付けも楽チンなのが良いですね。 ダイニングテーブルとキッチンと一緒にした場合のデメリットはキッチンから他の場所へ移動する動線が長くなってしまうのがデメリットとなりますが、アイランドキッチンで左右どちらにも移動できるので移動のデメリットもほとんどなくなるのも魅力の1つです。 ダイニングテーブルとキッチンの高さを同じにすると、椅子の高さを高くする必要が出てくるからです。 その理由としては、キッチンは通常の高さが85㎝、一方でダイニングテーブルの一般的な高さは70㎝というようにそれぞれの高さに違いがあるので、その分を調整する必要があるんですね。 ちなみにダイニングテーブルの高さを一般的な高さにしてアイランドキッチンと一体に作った場合はこのようになります。 そのためアイランドキッチンとダイニングテーブルを一体で作る場合は高さに注目して見るのがポイントとなってきます。 (段差が気になる場合は椅子の高さを高くする、キッチンの前だけ床を低くするという方法があります) 段差が気になるのかどうか、それとも気にならないかは人によってやインテリアによって変わってくるものです。 例えばモダンなインテリアを目指すのであれば直線を強調するために段差は余計なものになりますし、ナチュラルな雰囲気であれば段差があってもあまり気になることはないなど、段差を良しとするかは状況によって変わってきます。 アイランドキッチンとダイニングテーブルを一体にするのは魅力的な方法ですが、実際に家が完成してからアレっ?と思ってはもったいない物です。 そうならないためにもアイランドキッチンとダイニングテーブルの高さはしっかり確認しておきたいですね。 homify. アイランドキッチンは四方が見えるキッチンなので、キッチンをどのような素材で作るか次第で見た目というのは大きく変わってくるんですね。 シンプルな家具を入れるならシンプルなアイランドキッチンに。 木のテイストを出した家具を入れるなら木をうまく活かしたアイランドキッチンにするなど、質感にこだわって見るのもアイランドキッチンの魅力の1つです。 コンクリートみたいな重いもの家の中に入れてキッチンとして使えるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、コンクリートで作る家の基礎と一緒にキッチンの大枠を作ってしまい、シンクやコンロなどを後で取り付けることで重たいコンクリートでもキッチンとして使うことが可能になります。 個性的なアイランドキッチンを探している方にとってはコンクリート製のアイランドキッチンというのは面白いですね。 コンクリートは熱くなりにくく冷めにくいので、キッチンとしてだけでなく蓄熱体としても使う方もいらっしゃいます。 先ほどキッチンとダイニングテーブルでは高さに違いが出るとお伝えしましたが、その高さの違いを小上がりで上手く調整してあるキッチンなんですね。 さらには小上がり部分にアイランドキッチンと同じ高さになるテーブルを用意しておけば見た目の高さが揃って綺麗に見えるだけでなく、大人数が集まった時にはテーブルをアイランドキッチンにくっつけてキッチンと一体の大きな大テーブルにすることも可能となります。 そのため、小上がりのあるアイランドキッチンは大勢の人が集まる場合に特に重宝するアイランドキッチンと言えます。 キッチンカウンターでおつまみなどサッと作って振る舞えば、まるでお店のマスターのようにもなり、人が集まる楽しいアイランドキッチンになるのも魅力の1つです。 toyokitchen. jp アイランドキッチンは必ずしも四角という訳ではなく、一部を斜めにしたアイランドキッチンもあります。 普通のアイランドキッチンよりも広いスペースが必要になってしまいますが、一部が斜めになっているアイランドキッチンには抜群の存在感があります。 変形地で家の一部が斜めになっている場合など、家の形に合わせてアイランドキッチンの一部を斜めにして間取りを綺麗におさめるのも良いですね。 アイランドキッチンのアレンジ アイランドキッチンには様々な種類があるとご紹介しましたが、アイランドキッチンでは無くてもアイランドキッチン風にアレンジするという方法もあります。 例えば、アイランドキッチンの左右どちらかが壁にくっついた対面キッチンの事をペニンシュラキッチンと言いますが、ペニンシュラキッチンの壁を下の写真のように作ればアイランドキッチンと同じようにクルクル回れるようになり、アイランドキッチンとほぼ同じメリットを維持しつつ、汚れにも強いキッチンにすることもできます。 I型キッチンの周りを壁ではなく腰壁で囲むだけでアイランドキッチンに近い開放感を出しつつ、手元も隠せるようになるんですね。 これはほんの一例ですが、アイランドキッチンを入れる事を目的とするのではなく、「開放感+汚れにもある程度対応」「開放感+手元も隠したい」など、どんなキッチンにしたいかを明確にすることで結果的アイランドキッチンにすることもあれば、他のキッチンをアイランドキッチンのように作るなどアレンジをした方があなたに合うキッチンになる場合もあります。 アイランドキッチンに魅力を感じている場合、アイランドキッチンの何に魅力を感じているのか。 その部分を明確にしてみると、よりあなたに合ったキッチンにすることができるようになりますよ。 まとめ 今回はアイランドキッチンのメリットとデメリットについて見てきました。 アイランドキッチンは対面キッチンの中でもかなり個性の強いキッチンです。 また、価格も高価ですし部屋の広さもある程度必要となるなど普通のキッチンとは少し違う部分も有り、魅力的な反面、失敗もしやすいキッチンとも言えます。 そのため憧れだけではなく、使いこなせるかどうか(いつも奇麗にしておけるかなど)を一度よく考えてみるとアイランドキッチンを選んだ時の失敗がとても少なくなります。 せっかくアイランドキッチンを入れるのであれば、ぜひあなたに合ったアイランドキッチンを入れて、毎日の料理が楽しくなるようにしてくださいね。 キッチンについてはこちらも参考にしてください。 家づくりの参考にどうぞ。

次の

アイランドキッチンはマジでおしゃれ。家を建てるならキッチンにはこだわれ!

アイランド キッチン

とは、キッチンとダイニングが壁やドアで仕切られたキッチンレイアウトのことです。 クローズ型キッチンとも呼ばれます。 独立型キッチンのメリットは、ダイニングルームとキッチンが仕切られていることで、お客様にキッチンを見られないことや、調理に集中することができることです。 また、調理時のにおいや音がダイニングルームやリビングルームに伝わりにくいことも独立型キッチンの特徴です。 一方、独立型キッチンのデメリットは、キッチンの空間が閉鎖されているため、においや煙がこもりやすいことです。 それを防ぐために、換気対策は事前にしっかり計画を立てる必要があります。 家族の姿が見えない、声が聞こえにくいというデメリットもあります。 キッチンのレイアウト とは、壁にキッチンの正面が面しているキッチンレイアウトのことです。 壁付けキッチンのメリットは、壁際にキッチンを設置することで、スペースを効率よく利用できることです。 特に背中側にスペースができるため、そのスペースに棚やダイニングテーブルを置くことができます。 また、引き戸などの建具を活用して、来客時にキッチンを隠すことができます。 コンロ台のむこう側に壁があることで、調理時の油はねなどで汚れた部分は掃除がしやすい事もメリットです。 壁付けキッチンのデメリットは、壁の方を向いて調理をするため、リビングルームでの子供の動きが把握しにくいことです。 また、リビングルームやダイニングルームからキッチン全体が丸見えになってしまうのも壁付けキッチンのデメリットといえるでしょう。 キッチンの周りを整頓していないと、思わぬ来客時にキッチンが掃除出来ていないところを見られてしまう恐れがあります。 対面キッチン とは、調理台、流し台、コンロ台、レンジ台などキッチンに必要なすべてのパーツが天板(ワークトップ で繋がっているキッチンのことです。 昭和40年代後半~50年代前半に登場し、普及していきました。 各社独自の技術やデザインで多くのバリエーションが存在しています。 システムキッチンのメリットは、自分の好みやレイアウト、広さに応じてサイズや機器(コンロ、水栓、レンジフード)を選ぶことができることです。 オーブンや食器洗浄機を組み込むことも可能なものが多く、ガスコンロかIHクッキングヒーターどちらを使用するかも選択することが可能です。 また、を活かすことで、家事を効率的にすることもできます。 システムキッチンのデメリットは、サイズや機能によっては費用が高くなることがあることです。 コンビネーションキッチン.

次の