マツダ 3 マシーン グレー。 CX

MAZDA3の新色ポリメタルグレーはダサいというセンスのないお前に告ぐ

マツダ 3 マシーン グレー

前略 2020年3月13日、愛車マツダのアクセラが交通事故に巻き込まれ全損しました。 こんにちは、uru()です。 というわけで今回は、 全損事故でスクラップになってしまったアクセラの代わりに購入したMAZDA3のファーストインプレッションを紹介します。 内容は、主に2016年発売のアクセラとの比較が多いですが予めご了承ください。 まず率直に申し上げて、 とても高い買い物でした。 購入したのはMAZDA3 ファストバックのXD L Package 2WD マシーングレープレミアムメタリック。 8Lのクリーンディーゼルエンジン搭載の上位モデルです。 これは、以前乗っていたアクセラとほぼ同じ構成なのですが、単純に価格が50万円近く跳ね上がっています。 単なる買い替えだったら、正直選ばなかったと思います。 ではなぜ、この構成のMAZDA3を購入したからというと、純粋に悔しかったからです。 非常に乗り心地が良く愛していたアクセラを1台の信号無視の車による破壊によって失った、言いようのない悲しみ。 過失割合0で保険金もしっかり手に入ったこともあり、一切妥協しなかった結果こうなりました。 今はMAZDA3を購入して(できて)本当に良かったと思っています。 アクセラの乗り心地も普通の乗用車よりよっぽど良かったけれど、 MAZDA3 の乗り心地は別次元でした。 ざっくりいうと……• ワールドカーデザインオブザイヤーの圧倒的な美しさ MAZDA3 の良いところ、その 1。 圧倒的な美しさ。 よく「引き算の美学」という言葉で説明されているようですが、本当に無駄がないデザインをしています。 2020年のワールドカーデザインオブザイヤーに選ばれているのは納得です。 ちなみに日本でこの賞をとっているのは、MAZDA3とロードスターだけです。 ちなみに、カタログではマツダのイメージカラーでもあるソウルレッドクリスタルメタリックの特徴的な赤色が印象的ですが、 私はマシーングレープレミアムメタリックを選択しています。 この色は2016年のアクセラで初登場した色で、その時からこの色の虜になっています。 どういう色なのかは、別の記事で紹介しているので、良かったらそちらもご参照ください。 引き算の美学で無駄なラインがなくなったことで、マシーングレーの美しさはさらに際立っています。 ファストバック&マシーングレーは実に表情が豊か 特に綺麗だと感じるのが、横から見た姿。 側面が凹んで見えますが、これ、別に事故で凹んでいるわけではありません(自虐 撮影時は曇っていたのにもかかわらず、このコントラスト。 陰影だけならソウルレッドよりマシーングレーの方がはっきり見えます。 グレーなのに、白くも青くも見えるし、夜は黒くも見えるし、ときに鏡にも見える。 この 表情の変化が本当に飽きないんです。 最終的にはファストバックを買ったのですが、実はセダンと相当悩みました。 エクステリアの決め手になったのは2つ。 1つはファストバックがブラックの装飾出会ったこと。 マシーングレーがテカテカしている分、アクセサリーはブラックで落ち着きがあるのが気に入りました。 もう1つは、 後ろから見た姿がファストバックの方が美しかったこと。 そしてこれが決め手になりました。 単純に積載量だけで比較すればセダンの方が乗るのですが、我が家はキャンプも好きということもあり、大人っぽい落ち着きよりも遊び心のあるファストバックにしました。 横からスーッと伸びている平らな部分がまたとても美しい。 道路を走っていると、車って正面より後ろから見ている時間の方が実は長いですよね。 後ろから見ても美しい車って、そんなにないと思います。 言われないと分からないクリーンディーゼルエンジン MAZDA3 の良いところ、その 2。 思い通りに走ること。 何を当たり前な、と思うかもしれませんが、これがちゃんとできている車って実はそんなにないと思います。 MAZDA3はエンジンに関係なく、それがちゃんとできています。 乗り心地としては2. 0Lと比べればディーゼルの方が重くは感じますが、1. 5Lだったアクセラよりは明らかに軽快です。 私が住んでいるのは小田原で、すぐ横には箱根があります。 如何せん急な坂道の多い場所に住んでいても、1. 8Lディーゼルエンジンで物足りなさは全く感じません。 それどころか、今回のMAZDA3は静粛性が非常に向上していて、運転中のエンジン音を聞いていると、ディーゼルエンジンであることを忘れそうになります。 停車時、外から聞けばカラカラというディーゼル特有のノック音が聞こえますが、車内からは聞こえません。 アクセルを踏んだときの音はガソリンエンジンかと勘違いするような軽快な音がします。 はっきりいって、この辺はマツダの変態技術です。 以前のアクセラに感じた、少し重たい感触はMAZDA3では感じられず、カーブも軽快に曲がります。 アクセラも相当面白かったけれど、MAZDA3はさらにその上を行きます。 本当の意味で「思い通り」を手に入れられます。 MAZDA CONNECTの進化によって「乗る」モバイルデバイスになった これは別途詳細な記事を書きたいと思っていますが、一言にMAZDA3がよく走る馬を超えて、モバイルデバイスになったと私は感じました。 MAZDA CONNECTの進化、純正アプリの登場、コネクティッドサービスによって、MAZDA3がアプリ上でどのような状態なのかが分かります。 スマホのバッテリーを確認する感覚で、車の燃料の残量や鍵のロックなど状態を把握し、走る時はアプリから地図を送って行き先を設定する。 その一連の動作の無駄がかなり改善されていて、心地よい体験ができます。 昨今、EV車の普及やカーシェアリング等、車が「社会インフラ」もしくは「社会システム」そのものへと趣旨を変えようとしている中で、マツダの車は全く別の進化を遂げていると感じます。 言うなればそれは「モバイルデバイス」。 インフラやシステムのような集合の一部となる汎用性の高い車とは真逆に、MAZDA3の世界観は極めて個別的で個性的、移動の楽しみに特化した、決して万人受けしない車です。 すごく尖ったターゲティングですね。 でもそういう個性的なところに、私は惚れてしまいました。 おわりに:クルマとは何か?と問われている気がする まとめると、 MAZDA3 は美しく、走るのが楽しいクルマです。 正直それ以上の表現が見つかりません。 そして、決して万人受けしません。 もしこれから購入を検討する人がいるのであれば、私にとってクルマとは何か?何のために乗るのかを試乗を通して自問自答してみることをお勧めします。 見てくれや走りが必ずしも車の本質ではなくなっている現代において、そういうことを真剣に向き合いながら、大きな買い物に向かってみるというのもまた一興です。 なお、今回の MAZDA3購入時につけたオプションについては別途記事にまとめましたので、是非そちらもご覧ください。

次の

マツダCX

マツダ 3 マシーン グレー

MAZDA3 マツダ3 の見た目と色のポイント (出典:) 2種類の異なるボディを用意 新型MAZDA3にはファストバックと呼ばれる5ドアハッチバックとセダンの2種類のボディが用意されています。 スポーティなファストバックはキャラクターラインを廃した滑らかなサイドラインが特徴。 セダンは水平基調でより美しい印象を高めました。 マツダ自信の塗装技術「匠塗」(TAKUMINURI) 新型MAZDA3では「匠塗」とマツダ自信が自信をもって命名した新塗装技術を用いて他社の車とは一味違う深みのあるボディカラーを用意しています。 従来よりも薄く小さくしたアルミフレークと色のコントラストを強める光吸収フレークを採用し、 まるでモーターショーのコンセプトカーのように職人が匠の技を用いて丁寧に塗装したようなしっとりとした質感を実現しています。 新型MAZDA3のボディカラーは全8色 新型MAZDA3のボディカラーには全8色が用意されました。 ソウルレッドクリスタルメタリック• スノーフレイクホワイトパールマイカ• マシーングレープレミアムメタリック (新色)• ポリメタルグレーメタリック• ディープクリスタルブルーマイカ• ジェットブラックマイカ• ソニックシルバーメタリック• チタニウムフラッシュマイカ この内、ソウルレッドクリスタルメタリック、スノーフレイクホワイトパールマイカ及びマシーングレープレミアムメタリックは 有料オプション、ポリメタルグレーメタリックはファストバック専用色となります。 ボディカラーに組み合わされるインテリアは、ベースとなるブラックのファブリック仕様に加えてブラックレザー、ホワイトレザー、レッドレザーの 合計4タイプです。 新型MAZDA3の人気カラーランキング それでは新型MAZDA3の人気カラーランキングを発表していきます。 今回は綿密に口コミを収集して人気色をランキングにしました。 カラー選択で迷っている方はぜひ参考にしてください。 新型MAZDA3のカラーランキング 順位 カラー 備考 1位 ソウルレッドクリスタルメタリック 64,800円高 2位 ポリメタルグレーメタリック 新色。 ファストバック専用 3位 マシーングレープレミアムメタリック 54,000円高 4位 ジェットブラックマイカ 5位 スノーフレイクホワイトパールマイカ 32,400円高 6位 ソニックシルバーメタリック 7位 ディープクリスタルブルーマイカ 8位 チタニウムフラッシュマイカ ブラック寄りの茶色 やはりマツダのイメージカラーともいえる赤、ソウルレッドの人気は鉄板。 一方、他車では鉄板ともいえるブラックやホワイトがベスト3に入っていないところに、マツダらしさを感じます。 それではそれぞれのカラーについてくわしく見ていきましょう。 1位 ソウルレッドクリスタルメタリック (出典: ) つややかなメタリックの赤、「ソウルレッド」は歴代マツダのコンセプトカーにも用いられており、今やマツダ全体のイメージカラーとなっています。 マツダのこのソウルレッドへの思い入れは格別でwebカタログでも大きなスペースを割いて紹介されています。 CMやカタログでもファストバックのボディカラーとして大きくフィーチャーされていることから1位になるのも納得ですね。 ソウルレッドクリスタルメタリックは「匠塗」が用いられており、64,800円の有料オプションカラーとなっていますが、実車のしっとりとしたつやを見ていただければ、それだけの価値があることはすぐ理解いただけるはずです。 一点残念なのは、ファストバックの最上級グレードとして設定されているバーガンディセレクションを選ぶと、内外装とも真っ赤になってしまい、乗り手を選んでしまうところ。 ファストバックにはブラックレザーもしくはホワイトレザーの内装をおすすめします。 2位 ファストバック専用のポリメタルグレーメタリック ファストバック専用カラーとして用意されたポリメタルグレーメタリックが2位に入りました。 webカタログでもソウルレッドクリスタルメタリック、マシーングレープレミアムメタリックにつづく第三のカラーとしてピックアップされています。 単純なグレーではなく、光の加減によっては薄いブルーにみえたり、ややマットな質感にみえたりと複雑な表情をもつカラーです。 塊感が強いファストバックのデザインには絶妙なマッチングのカラーとなっています。 LAで新型MAZDA3が世界公開された際にもこのカラーの車両が用意されていましたが、ブラックのエアロパーツに同じく ブラックのアルミホイールが装着され、ボディカラーとのマッチングも最高でした。 MAZDA3の新時代を象徴するカラーリングです。 3位 セダンにマッチするマシーングレープレミアムメタリック 2位はマシーングレープレミアムメタリックで、こちらはCMでセダンのイメージカラーとして用いられていることから印象が強かったのでしょう。 その名の通り、メカニカルなイメージのシックなグレーでソウルレッドクリスタルメタリック同様に匠塗りの技術が用いられています(54,000円の有料オプション)。 新型MAZDA3セダンのもつ美しさの象徴ということができ、この色がイメージカラーに選ばれているのも納得です。 フォーマルでありながら夜のネオンライトにも映えそうな雰囲気のあるカラーなのでファッションにもこだわりをもった方に乗りこなしていただきたいカラーです。 黒に近いイメージですが、黒よりもキズや汚れが目立ちにくいところもメリットです。 4位 ジェットブラックマイカ 4位には定番の黒であるジェットブラックマイカがランクインしました。 深みのある漆黒で複雑な曲線で構成された新型MAZDA3のボディラインを美しく見せます。 内装色としてバーガンディやホワイトを組み合わせてみるのもオシャレです。 定番カラーなので流行に関係なく下取り価格の面でも有利です。 ただ、黒色はキズや汚れが目立ちやすいので、購入の際は合わせて初めにボディコーティングを行うことをおすすめします。 5位 スノーフレイクホワイトパールマイカ 5位も定番カラーの白、スノーフレイクホワイトパールマイカがランクインしています。 雪を思わせるような純白はまさにスノーフレイクのネーミングどおり、とてもさわやかなカラーに仕上がっています。 白は水垢などで汚れが目立ちやすいので、こちらもボディコーティングは必須ですね。 32,400円の有料色となっていますが、定番カラーは下取り価格も高めになることを考えればリーズナブルといえるでしょう。 6位 ソニックシルバーメタリック 一般的にシルバーメタリックというと、よく言えば落ち着いた、ちょっと悪く言えば無難で汚れが目立たないという消極的な理由で選ばれることが多いボディカラーではないでしょうか。 しかしソニックシルバーメタリックの新型MAZDA3は金属の塊から削り出したようなシャープな印象で、積極的に選びたいと思わせる魅力があります。 i-Phoneなど最新のアップル社製品を思わせるクールさもあり、ガジェット好きのエンジニアに刺さりそうなカラーです。 7位 ディープクリスタルブルー これまでアクセラのイメージカラーにもなっていたエターナルブルーマイカに代わり新型MAZDA3で登場したのがディープクリスタルブルーマイカ。 単純な青ではなく、光の加減によって濃紺に近い色味から明るいブルーに変化します。 アクセラのエターナルブルーが空の青さを思わせるさわやかな青だったのに対し、ディープクリスタルブルーマイカは海の青のような深みをもったカラーで、大幅にクオリティアップした新型MAZDA3にはこちらのブルーの方がマッチしています。 7位としていますがクオリティは半端じゃないほど高いです。 8位 チタニウムフラッシュマイカ 他のカラーのインパクトが強すぎてランキングでは8位になってしまいましたが、渋さに魅力のあるボディカラーです。 いわゆるガンメタリックに近いカラーですが、光の当たり方によっては少しカーキがかかった色味に見えることからミリタリー風なイメージもあります。 下取り価格の面ではやや不利になる可能性もありますが、秘めた高性能を感じさせる、大人の雰囲気が漂うチョイスでしょう。 MAZDA3は色のレベルが高すぎるため、下位でも強くおすすめです。 新型MAZDA3のカラーは全てがおすすめ 全体をふり返ると、本当に全てのカラーのレベルが高すぎて驚かされます。 ただ、その中でも1位~3位は強烈な印象がありますね。 新型MAZDA3は新しいマツダデザインの第一作として力の入った造形がなされていますが、ボディカラーはそのデザインの魅力を引き上げています。 どのカラーも見る角度や光の加減でさまざまに変化するのが特徴で、新型マツダ3のデザインにマッチした仕上がりとなっています。 今回のランキングも参考に、あなたの感性にあったカラーをチョイスしてください。 MAZDA3をお得に買う方法をチェック カラーが充実するMAZDA3は、値引きが期待できるのをご存じですか? 値引きは辛口と言われますが、旧アクセラは25万円以上の値引きが出ています。 値引きのコツはシンプルで相場を知り、競合車を押さえるだけ。 MAZDA3の購入を考えている方は、値引き情報もチェックしておきましょう。

次の

マツダCX

マツダ 3 マシーン グレー

先日デミオのディーゼル、色マシーングレープレミアメタリックを購入しました。 マツダの車の特徴といえば1つに塗装が美しいことがあげられます。 マツダの車の中で人気の色の1つにあげられるのがマシーングレープメタリックです。 先日マツダの営業の方から赤の次に押しているのがこのマシーングレープメタリックであると言っていました。 確かにカタログをみてもイメージカラーで赤の次に多いのがマシーングレープレミアムメタリックですね。 デミオのマシーングレーは、光にあたると色々変化し色々な表情をみせてくれます。 デミオにしろcx-3にしろcx-5にしろcx-8にしろマシーングレープレミアムメタリックを購入するとどんなイメージになるのか想像したいのではないでしょうか? そこでデミオで様々な写真を撮ったので掲載したいと思います。 ぜひマシーングレープレミアムメタリックの購入を検討している方の参考にしていただければと思います。 マシーングレープレミアメタッリックとは? マシーングレープレミアメタリックとはどのようなものでしょうか。 職人の手業に迫るリアルな金属感を表現 デミオのカタログには 「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元で両立することで、 あたかも鉄のインゴット(金属を精製して一塊にしたもの)から削り出したかのようなリアルな金属質感を実現。 「匠塗り TAKUMINURI」のさらなる進化が生んだ、まさに熟達した職人の手塗りにも迫る質感です。 とあります。 私がこの色を選んだ理由の1つとして金属の質感が好きというのがあります。 私の愛用しているMac Bookもアルミの金属の質感です。 私はデミオの中古車(マツダで使っていた試乗車)を購入したのですが、エターナルブルーもあり迷ったのですが、エターナルブルーが売り切れてしまったのでこちらのマシーングレープレミアメタリックの方を購入しました。 光の当たり方によって様々な表情をもつ マツダのホームページにもマシーングレープレミアムメタリックの開発秘話が掲載されています。 マシーンを象徴する素材の「鉄」の質感を色に込めたいとの思いで開発されたとの事。 従来のメタリック塗装は粒状感がありキラキラ輝くカラーですが、マシーングレープレミアムメタリックは、光と影とのコントラストがクッキリと際立ち、魂動デザインの造形を生かす緻密な質感でなくてはならない」 値段が高い 特別塗装のためデミオの場合だと40,000円 税抜)、アクセラやcx-8など50,000円(税抜)値段が高くなります。 それでは昼や夜などの時間帯、他社のグレートの比較を見ていきたいと思います。 昼のマシーングレープレミアメタッリック光の輝きが美しいです。 暗くなるとほとんぼブラックといった感じです。 たまたまコンビニで隣にホンダのグレーの車が停まっていたので比較。 こう見るとあまり違いがない気がしますが、若干マツダのマシーングレープレミアメタリックの方が輝きが強いような。 汚れは結構目立つかもしれません。 MAZDA-3 追記 ディーラーに行った際マツダ3の試乗車マシーングレープレミアムメタリックがあったので写真を撮らせてもらいました。 右がマシーングレープレミアムメタリック、左がポリメタルグレーメタリック 後ろからはこんな感じです。 マジーングレープレミアムメタリックはマツダ3だとかっこいいですね。 ポリメタルもかっこいいですが。 マシーングレーの色はやはり車体が大きい方が映えると思います。 手前のcx-8がブラック、その奥のマシーングレー次にポリメタル、一番奥ソウルレッド マツダ3のマシーングレープレミアムメタリックはかっこいいですね。 感想 ぱっと見の感想は地味だと思いました。 マツダのメインカラーの赤に比べるとなんとも大人しい感じです。 特にcx-5やcx-8などだと、大きめの車に大人しい色でバランスがとれていますが、コンパクトカーで暗い色なのでどんよりした感じの印象にも思えました。 ところが光の当たり具合でいろんな表情を見せる所が味わい深いです。 以上マシーングレープレミアメタリックの購入を検討している方の参考にしていただければと思います。

次の