志麻 さん ちの ごはん。 志麻さんちのごはん / タサン志麻【著】 <電子版>

志麻さんちのごはん : タサン志麻

志麻 さん ちの ごはん

本書では、赤ちゃんから中学生までの子どもを持つワーキングマザーの6家庭をタサン志麻が訪れ、3時間で10品以上、全61品の料理を作る。 「帰ったらすぐに食べたい」「野菜をたくさん食べさせたい」「年の離れたきょうだいの食事を効率よく作りたい」「翌日のお弁当のおかずにもなる夕食を」など、忙しくても、家族の健康と成長に配慮し、おいしいと喜ばれる料理を用意したいと願う人のリクエストにタサンがこたえている。 長年フランス料理を学んでいたタサンは、フランス家庭料理の智恵が、忙しい人たちの悩みを解決するポイントと語る。 例えば、「仕事帰りに、買い物に取られる時間をできるだけ省きたい!」という質問には「日持ちする野菜や缶詰など、家に常備できる材料を軸にレシピを覚えましょう。 冷蔵庫にある肉をサッと焼いて鍋でコトコトほったらかし! ボリューム煮込み「フランクフルトのミックスビーンズ添え」や「鶏むね肉のきのこクリームソース」などはどうでしょう。 」と提案している。 大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校卒業。 フランスの三ツ星レストランで修業後、日本の老舗フレンチレストランなどで約15年のキャリアを積む。 2015年、フリーランスの家政婦として独立。 質の高い料理が評判となり、「予約の取れない伝説の家政婦」として注目される。 2018年、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場、年間最高視聴率を記録。 フランス人の夫、2人の息子の4人暮らし。

次の

【食す幸せ】暇な休日が贅沢に変わる「ローストポーク」【再掲】|志麻さんちのごはん|タサン志麻

志麻 さん ちの ごはん

志麻さんのご自宅は昭和な雰囲気 細い路地を進んで行き、更に舗装もされていない水たまりでビチャビチャになっている道の先に志麻さんのご自宅がありました。 築30年とかだったかな?うろ覚えですいません。 でもお世辞にもスタイリッシュなご自宅ではなく、外壁にトタン板が貼られたなんとも昭和な建物でした。 入っていきなり台所です。 この感じ、懐かしいな~。 天井からは雨漏りが・・・ 雨漏りをお茶碗で受け止めます。 お部屋の中ですが、そこはやはり志麻さんなので居心地の良さそうなレトロな雰囲気の素敵なお部屋でした。 これって都内では激安なお家賃なんでしょうね。 舗装がされていない道は志麻さんちの私有地(お庭)だったからかでしょうか。 本棚には料理本ばかりがぎっしり収められていました。 若い頃から全財産をはたいて、料理本とかフランスに関する本を買い漁っていたそうです。 ここにあるのはほんの一部で、全部だと図書館ができるくらいの蔵書になるんだとか。 スゴイですね。 そもそも、志麻さんは本場フランスで修行をしたフレンチシェフ。 日本でも数々の店を渡り歩いて腕を磨いてきたそうです。 志麻さんちの台所は意外にも2口コンロでした。 夕食を作っている最中にブレーカーが落ちます。 原因はエアコンでした(笑)年期入りまくりの家なのでよくブレーカーが落ちるそうです。 この日の夕食は鶏のカレークリーム煮。 ご主人のご帰宅です! 「志麻さん結婚しているんですか!?」 「結婚しています」 ご主人登場~! 戸惑うレポーターに「フランス人です」とサラッと紹介する志麻さん。 ダーリンはフランス人のロマンさん。 お二人は2年前に出会ったそうで、ロマンさんは志麻さんより15歳年下です。 でも志麻さんは若く見えるので言われないと15歳も年の差があるなんて分かりませんでした。 さらに、志麻さんは現在妊娠中!!! もうすぐ産休に入るそうです! 伝説の家政婦はしばしの休業ですね。 幸せそうな志麻さんの私生活を見てほっこりしました。 どうか元気な赤ちゃんが生まれますように。 そして志麻さんちのにゃんこ。

次の

伝説の家政婦志麻さんのご自宅公開とご結婚とご主人とさらに・・・

志麻 さん ちの ごはん

大阪あべの・辻調理師専門学校、同グループ・フランス校を卒業。 ミシュランの三ツ星レストランでの研修を修了して帰国後、老舗フレンチレストランなどに15年勤務。 2015年にフリーランスの家政婦として独立。 各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び「予約がとれない伝説の家政婦」としてメディアから注目される。 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でその仕事ぶりが放映されると、その年の上半期最高視聴率を記録。 家族の食卓の温かさを、忙しい日本の家族に届けたい一心で日々、料理と向き合い、レシピ監修・講師や食品メーカーのレシピ開発など多方面で活動中。 フランス人の夫、2人の息子、2匹の猫と暮らしている。 --このテキストは、版に関連付けられています。 帰国後は老舗フレンチレストランなどに15年勤務。 2015年にフリーランスの家政婦として独立。 各家庭の家族構成や好みに応じた料理が評判を呼び「予約がとれない伝説の家政婦」としてメディアから注目される。 『沸騰ワード10』 日本テレビ系 で一躍活題に。 現在も家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で料理をしながら「つくりおきマイスター養成講座」のレシピ監修・講師や、食品メーカーのレシピ開発など多方面で活動中 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです --このテキストは、版に関連付けられています。

次の