パイプクリーナー ワイヤー。 パイプクリーナーの使い方|詰まりを効果的に取るには?代用できる?

排水管つまり解消にパイプクリーナー!使い方と効果 おすすめ

パイプクリーナー ワイヤー

「お湯も重曹もラバーカップも試したのに、全部ダメ…。 」 「他にトイレの詰まりを解消できるものってないの?」 あなたは今、トイレの詰まりにだいぶお困りではないですか? トイレが詰まりを解消したいなら業者を呼ぶのが確実ですが、痛い出費になるのも確実です。 できることなら、自分で詰まりを解消したいですよね。 トイレの詰まりを自力で解決する方法としては、ラバーカップや重曹、お湯などがありますが、もし他の方法を探しているなら「ワイヤー式パイプクリーナー」はいかがですか? ワイヤー式パイプクリーナーは、他の方法と比べて知名度は低いですが、詰まりの原因を引きずり出してあなたのトイレを元通りにできる可能性を秘めています。 ここでは、ワイヤー式パイプクリーナーの使い方やコツだけでなく、解消できる詰まりの原因についても説明していくので、購入を検討する場合の参考にしてみてくださいね。 ワイヤー式パイプクリーナーは他の会社からも販売されていますが、基本的な構造は同じだと思ってもらって構いません。 特徴は螺旋状になっている先端のブラシと、縦横無尽に折れ曲がるワイヤーですね。 先端部分をトイレの排水口に入れて、詰まりの原因となっている物体に物理的に力を加えて詰まりを解消します。 ワイヤーがある程度曲がるようにできているので、入り組んだトイレの排水口の先にもグイグイ先端部分を押し込めるのです。 螺旋状の先端がもたらす効果! ワイヤー式パイプクリーナーは、「詰まりの壁を崩す」「詰まりの原因を引きずり出す」という2種類の効果で詰まりを解消できます。 それを実現しているのが、螺旋状になった先端部分なのです。 詰まりの壁を崩す仕組み 例えば、大量のトイレットペーパーが詰まったとします。 このとき、排水口の内部ではトイレットペーパーが壁のようになって、水の流れをせきとめているわけですね。 そこに螺旋状の先端部分を何度も突き刺せば、詰まりの壁は少しずつ崩れていきます。 また、ワイヤーのグリップを持って回転させると先端部分も回転して、先の尖った部分が詰まりの壁にのめり込んでいきます。 詰まりの原因を引きずり出す仕組み 詰まりの原因の中には、トイレの奥に流してはいけないおむつや生理用品、流したくない固形物などがありますよね。 こういったものは、詰まったものを排水口部分に引きずりだしたいですよね。 ワイヤー式パイプクリーナーの先端部分は細いワイヤーでできています。 さらに、グリップ部分を回転させると先端部分も連動して回転します。 そのため、詰まりの原因にぶつかったところでグリップ部分を回転させると、先端部分のワイヤーが詰まっている物体にグッとひっかかってくれるのです。 その状態でワイヤーを引き戻せば、先端部分にひっかかった詰まりの原因を取り出せるわけです。 ワイヤー式パイプクリーナーで解消できる詰まりの原因は? 具体的にワイヤー式パイプクリーナーで、どんな詰まりの原因が解消できるのか説明しましょう。 「解消できる可能性大」な原因…トイレットペーパーやティッシュといった紙類の詰まり トイレが詰まる原因としてポピュラーなトイレットペーパーやティッシュといった紙類の詰まりには、高い効果が期待できます。 紙類は基本的に水につかると通常よりも柔らかく破けやすくなりますよね。 そのため、ワイヤー式パイプクリーナーの先端を突き刺せば、簡単に詰まりの壁は崩れています。 問題は、しっかりと詰まっている場所まで先端部分を誘導できるかどうかでしょう。 「可能性あり」な原因…おむつ、生理用品、流せるペットシート おむつや生理用品、流せるペットシートといったものには「吸水ポリマー」が含まれています。 普段は薄手のものでも、トイレの水につかると水を含んでパンパンに膨れて水の通り道を塞いでしまうのです。 おむつや生理用品は一見、紙と同じように見えるかもしれませんが、水につかっても破けないポリエステルなどの素材でできています。 先端部分でつついても、簡単には破れてくれません。 しかし、破れにくい分ブラシの先端がひっかかりやすいので、詰まっているおむつなどを排水口まで引きずりだせる可能性が高いです。 「気をつけつつ」作業したい原因…ひっかかりそうな固形物 スマホ、メガネ、ボールペンなどさまざまな固形物を落としてしまうこともあります。 こういった固形物の中でも、ブラシの先端部分にひっかりそうなものが詰まっているときは、ワイヤー式パイプクリーナーで解消できるかもしれません。 例えば、メガネが詰まった場合はメガネのつるはし部分などにブラシ部分が絡まってひっかかる可能性がありますよね。 ただし、パンパンに膨れたおむつや生理用品なら先端がぶつかったときにある程度の感触があるので、「あっ!今ぶつかったかも!」とわかりやすいのですが、固形物は軽いものも多いのでぶつかっているのかわかりにくいです。 もし、知らぬ間に詰まっているものを奥に押し込んでしまうと、業者を呼んだときにトイレを外したり大掛かりな作業が必要になることもあります。 そのため、先端部分がひっかかりそうな固形物が詰まった場合は、詰まったものを奥に押し込まないように気をつけつつ、慎重に作業をしないといけません。 「控えたほうが良い」原因…嘔吐物や残飯 嘔吐物や残飯が詰まりの原因となっている場合も、ワイヤー式パイプクリーナーを使えなくはありません。 結局は嘔吐物や残飯が詰まっている場合も、トイレットペーパーやティッシュが詰まったときと同じように壁ができているだけなので、つついて壁を崩せば解消できます。 ただし、嘔吐物や残飯に含まれる油分などは、将来的に排水管を詰まらせる原因にもなりかねません。 そのため、詰まりの壁を崩して流すよりもできればラバーカップや真空式パイプクリーナーで吸引したほうが良いのです。 ワイヤー式パイプクリーナーでは、どう頑張っても嘔吐物や残飯は引きずり出せませんからね。 ワイヤー式パイプクリーナーの強みは? ワイヤー式パイプクリーナーで解消できる詰まりの原因を紹介しましたが、購入を検討しているあなたは「メジャーじゃないワイヤー式パイプクリーナーを選ぶ意味ってあるの?」と思ったことでしょう。 汎用性はラバーカップや真空式パイプクリーナーに軍配! 正直な話、汎用性を重視するならラバーカップや真空式パイプクリーナーのほうが良いです。 ラバーカップや真空式パイプクリーナーは、強力な吸引力と水圧でトイレットペーパーやティッシュといった紙類の詰まりを簡単に解消できます。 ワイヤー式パイプクリーナーだと、先端部分が詰まりに届きさえすれば物理的に力を加えられるので簡単に解消できますが、届かなければまったく意味がありません。 詰まる頻度が高いトイレットペーパーやティッシュを簡単に確実に解消できるラバーカップや真空式パイプクリーナーのほうが、汎用性は高いといえるでしょう。 ワイヤー式の強みは、詰まりの原因を引きずり戻せること! ワイヤー式パイプクリーナーがすべての点で、ラバーカップや真空式パイプクリーナーに劣るかというとそうではありません。 ワイヤー式パイプクリーナーの、「先端をひっかけて詰まりの原因を引きずり戻せる」というのは大きな強みです。 強力な吸引力を誇る真空式パイプクリーナーでも、吸引力で詰まりの原因を引き戻せないわけではありません。 しかし、所詮は吸引力です。 物理的に詰まりに触れて引きずり戻せるワイヤー式の力には及びません。 パンパンに膨らんで水の通り道をふさぐおむつや生理用品が相手なら、ワイヤー式パイプクリーナーのほうが先端部分が届きさえすれば、確実に詰まりを引きずり戻せます。 また形にもよりますが、固形物を引きずり戻せる可能性もあるのです。 詰まりの原因がおむつやナプキンといった吸水ポリマーを含んだもの、なんとしてでも取り戻したい固形物であれば、ラバーカップや真空式パイプクリーナーよりもワイヤー式パイプクリーナーのほうがおすすめできます。 実践!ワイヤー式パイプクリーナーの使い方 実際にワイヤー式パイプクリーナーを使って、詰まりを解消する場合の手順とコツを紹介します。 ワイヤー式パイプクリーナーを使うために用意するもの まずは、使う前の下準備として次のものを用意しましょう。 ・新聞紙…トイレの床に敷くため ・ぞうきん…回収したワイヤー式パイプクリーナーを拭くため ・ゴム手袋…汚水が手につくのを防ぐため ・マイナスドライバー…止水栓を閉めるため ・バケツ…くみ取った汚水をためたり、水を注ぐため ・ペットボトルしゃくし…便器内の水を汲み出すため ペットボトルしゃくしとは、ペットボトルを画像のようにしゃくしの形に切り取ったものです。 便器の中の水をくみだすときに、バケツだと口が広すぎます。 一般的なしゃくしを使っても良いですが、トイレの汚水に使うのは少し気が引けるでしょう。 ペットボトルなら、使った後にゴミに捨てても問題ないのでおすすめです。 1Lサイズよりも500mlサイズのほうが排水口の奥まで届くのでおすすめです。 ワイヤー式パイプクリーナーの正しい手順 道具を用意できたら、次の手順でワイヤー式パイプクリーナーを使っていきます。 1.ゴム手をはめ、新聞紙をしきつめる 手が汚れるのを防ぐために、ゴム手袋をはめます。 ワイヤー式パイプクリーナーはラバーカップと比べて、水がハネたりすることは少ないですが、念の為トイレの床には新聞紙をしきつめておきましょう。 2.止水栓を閉める マイナスドライバーで止水栓を閉めておきましょう。 うっかりレバーに触れて水が流れ、便器から溢れたら大変ですからね。 タンクの横辺りにある止水栓を時計回りに回すと、閉まります。 ただし、普段は止水栓を回すことはないので固くなり、回りにくくなっていることもあります。 少し力を入れても回らないようなら、無理に閉めなくても大丈夫です。 その場合は、戸建住宅なら宅地内の地面に、集合住宅なら玄関横あたりに設置してある水の元栓を閉めましょう。 便器によっては止水栓の位置が異なるため、見当たらないようならこちらのページも参考にしてみてください。 TOTO アフターサポート「」 3.便器の中の水をできる限りくみだす ペットボトルしゃくしを使って、できるだけ便器内の水を汲み出します。 ワイヤー式パイプクリーナーを排水口に入れるときに、片手を排水口部分に突っ込む必要も出てくるかもしれないので、なるべく汲み出してバケツにためましょう。 4.固定ネジをゆるめた状態で、ワイヤーを排水口に入れる ここから、ワイヤー式パイプクリーナーを使っていきます。 ワイヤー式パイプクリーナーについているネジを緩めた状態で、ワイヤーの先端を排水口に入れていきます。 ただし、いくらワイヤーに柔軟性があるといっても排水口部分は急な角度でカーブしているため苦戦するかもしれません。 事前に先端の少し手前あたりを画像のように折り曲げておくと、入りやすくなります。 それでも入りにくい場合は、ただワイヤーをぐいぐい押すのではなく、排水口部分に手を突っ込んでワイヤーを操作すると入りやすくなるでしょう。 5.詰まりにぶつかったら、ネジを閉めてグリップを回す ワイヤーを押し込んでいくと、どこかのタイミングで詰まりにぶつかる感触があるでしょう。 感触があったら、ネジを閉めてグリップよりも後ろにあるワイヤーをまとめておきます。 こうすることでワイヤーが暴れずにすみます。 商品を購入したときに、ワイヤーをまとめていたバンドを使っても良いですし、ガムテープでとめてしまっても良いですね。 準備ができたら、グリップ部分を時計回りに回してください。 先端の螺旋部分がドリルのように詰まりに食い込んでいきます。 詰まりの原因がトイレットペーパーやティッシュといった破れやすいものだと確信できているなら、グリップを回さなくてもガシガシつつくだけで良いでしょう。 6.グリップを数回まわしたら、ゆっくりとワイヤーを引き抜く グリップを数回まわしたら、ゆっくりとワイヤーを引き抜きます。 このとき、雑巾で水を拭き取りながらワイヤーを引き抜くと水が垂れずに良いですね。 詰まりの原因にしっかりと先端が食い込んでいれば、無事詰まりの原因を取り出せます。 7.バケツで詰まりが解消されたか水を流して確認 詰まりの原因が取り除ければ、確実に水は流れるようになるはずです。 しかし、念には念を入れてまずはバケツからゆっくり水を注ぎましょう。 水がいつものようにスッと引くなら、詰まりが解消された証拠です。 8.止水栓を開け、後片付け 詰まりの解消が確認できたら、止水栓を開けて床の新聞紙などの後片付けをして終了です。

次の

パイプクリーナーの使い方|詰まりを効果的に取るには?代用できる?

パイプクリーナー ワイヤー

排水パイプの洗浄器具には、いくつかの種類があります。 その特徴を知っておき、詰まった排水管に一番適したものを選んで使うようにしましょう。 1-1.ラバーカップ 主にトイレのつまりに使用される事が多いラバーカップ。 スッポンとも呼ばれますが皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか?学校のトイレなどに置いてあったと思います。 実はラバーカップはトイレ以外の排水溝の詰まりを取り除く道具としても使われます。 使い方 ゴム製の半球形のカップを排水溝にぴったり当てて使います。 このとき、カップの上くらいまで水が溜まった状態でないと効果が出ないので、水が引いている場合は、水を溜めてから使いましょう。 そのうえで、押し付けるときはゆっくり グッーと、引き上げるときは ポンと一気に力を入れるのがコツです。 その動作を何度か繰り返し行うと、水が引き上げられる力で、詰まっている物の位置がずれたり、吸い上げられたりして詰まりが解消されます。 なお、カップは、特大、大、小などサイズがあります。 排水溝のサイズにあったものを選ぶと作業が効率よくできます。 又、トイレ用には洋式タイプと言われる形が違うものがあります。 詳しくはやを参考にするといいでしょう。 1-2.真空式パイプクリーナー 真空式パイプクリーナーも同様にトイレのつまりで使用される道具の一つです。 ラバーカップよりも強力な力で吸い上げる為、これ一つで直ってしまうことが多いです。 詰まりを直す原理はラバーカップと同じですが、ポンプを使うことで、より強力な吸引力と押し上げ圧力がかかり、効果は抜群。 ラバーカップでは直らなかった詰まりが真空式パイプクリーナーを使うと一発で直ってしまうこともあります。 また、色々なメーカーから発売されていますが太陽プレス工業の製品の場合、サイズは4種類あります。 おすすめとしては、No81-Aタイプ。 これは直径110mmのカップとカップの中が丸く飛び出していて小さな排水溝にぴったり合う直径70mmのカップが付いていて、取り替えて使うことが出来るようになっています。 また、カップの直径が170mmのNo81-Lは、トイレにも使えるタイプです。 カップを洗って使えばよしとすれば、他の排水溝と兼用することもできます。 ただし、このサイズは洗面所の排水溝には大きすぎる場合があります。 使い方 使い方は、本体に排水溝に合ったカップを取り付け、ラバーカップと同じように水を溜めた状態にしてから、カップを排水溝にぴったりと当てます。 ハンドルをグッと押すと水圧がかかり、力を入れて引くと水が勢いよく引き上げられます。 キッチンのシンクのつまりに使う場合は、バスケットや椀など部品を全てとってから、直径70mmのカップを直接排水溝に当てて使います。 また、シンクに水を溜めて直径100mmのカップを使うことも出来ます。 この場合も、椀など部品はすべて外してから使いましょう。 1-3.ワイヤー式パイプクリーナー ワイヤー式パイプクリーナーは、ワイヤーの先端にらせん状のヘッドが付いているものです。 パイプに沿って入っていき、つまり部分に到着すると詰まっているゴミなどをヘッドで引っ掛けて取り除くことが出来るようになっています。 ワイヤーの長さは色々ありますが、家庭用ならば2~3mあれば十分です。 なお、ワイヤー式パイプクリーナーには、ブラシ付きのもの、ワイヤーが収納式になっているものがあります。 また、ハンドルの形状はメーカによって異なりますが、使い方は基本的に同じです。 でも紹介していますが排水溝であれば、殆どがこれで直すことができます。 使い方 1.ビニールシートのほか、使い捨ての雑巾や布、新聞紙などを多めに用意し、ビニール手袋をしてから作業を始めます。 2.ワイヤーに付いている固定ネジを緩めてから、手で排水溝からゆっくり入れていきます。 ワイヤーが入りにくくなったり、進まなくなったところが詰まっている箇所と考えられます。 3.ワイヤーの進みが悪くなったら、排水溝から3~5cmのところに、ハンドルの先が来るようにしてワイヤー固定ネジを締めます。 その後、クランクハンドルをまわして、ワイヤーを回転させます。 4.ハンドルを数回まわしたら、ワイヤーを引き抜きます。 このとき、雑巾を持った手でワイヤーを軽く握り、もう一方の手でワイヤーを引き抜くようにして、ワイヤーに付いた汚れを拭き取りながら抜いていきます。 ワイヤーが全て出たら、ヘッド部分に付いた汚れも拭き取りましょう。 5.最後に水を少しずつ流して、詰まりが解消されたかどうか、確認します。 1-3-1.ワイヤー式パイプクリーナー(収納式)の使い方 収納式は、ワイヤーが本体の中に巻き込まれているので、ハンドルを回すときにワイヤーが暴れず、保管しやすいのが利点です。 また、ヘッドはドロップヘッドといって直角に曲がるようになっているので、曲がりの強い排水管にも入りやすくなっています。 このタイプも固定ネジを緩めた状態で排水溝に差し入れ、ワイヤーが入りにくくなったら、固定ネジを締めてからハンドルを回して押し入れ、汚れを拭き取りながら抜いて、再度、押し入れるを何度か繰り返します。 1-3-2.使用後の片づけ方 使い終わったワイヤーは、使い捨てのスポンジやボロ雑巾などに洗剤をつけてきれいに洗ってから、よく乾かしましょう。 最後に、防錆潤滑剤をスプレーしてからしまいます。 収納式タイプも同じようにしまいましょう。 2.まとめ.

次の

排水管つまり解消にパイプクリーナー!使い方と効果 おすすめ

パイプクリーナー ワイヤー

リンク ブラシ付きのとないのとがあるんですけど、私は付いてるのを選びました。 ブラシはくるくるっと回してつけます。 手で回すだけで十分です。 っていうか十分すぎる、すぎるんだよ…。 で、持ち手みたいなものに通します。 いらないかもと思ったけど、後ですごく重要なものだって気づきます。 ねこっち興味津々。 つーか邪魔。 排水口に入れまーす。 きたなーい。 あれ? 全然入っていかない。 回してみても、力入れてみても全然入る気配なし。 先っちょのブラシの部分が固すぎて入らないのかも?と思ってブラシを外すことにしました。 でも、全く、全然、ピクリとも、うんとも、すんとも言いません。 道具使ってもまわらない。 外せない。 えー!?なにこれ?どういうこと?手で止めただけなのになんでー?って、むしろ感心しちゃうくらい動かない。 だめこれ。 諦めよう。 で、考えたのがブラシを曲げること。 ちょっとカーブさせたくらいじゃだめ。 変わらない。 このくらい曲げてみた。 んで、押したり引いたり回したりしてたら入りました。 さっき引っかかってたところを通過。 で、さらに押し込みます。 コツは「真上から力を入れる」こと。 ハンドルをこのくらいの長さで固定して真下に押す。 そうすると「ずずっ」て感じで入っていきます。 このくらいの長さじゃないと押し込めません。 ワイヤーがぐにゃぐにゃしちゃうから。 このための持ち手だったんだね。 力を込めやすい。 押し込んだらネジを緩めて持ち手を移動させてワイヤーを長くし、またさらに押し込みます。 このネジ、気をつけないと外れて排水口に落ちます。 一回外れて焦りましたけど、排水口に入らずセーフ。 1mくらい入れたところで、試しに水を流してみたらちゃんと流れます!詰まり解消!! やった!後は引き抜くだけね。 よかった、ひとあんしーん。 なんつってたらですよ、 「抜けない…」。 ひっかっかってんの。 思いっきり。 やばいじゃん。 力入れて引っ張ったら、排水口が歪んじゃってる。 流しが壊れちゃうー! いつもねー、一筋縄にはいかないのよ。 ワン筋ロープにはいかないって感じ?ルーじゃん! パイプクリーナーが入らない方がまだましだったね、壊すよりはさ。 業者に頼む費用をケチって、流し壊して修理とかね、ありがちなオチだよね。 くっそー!またそういうやつか!! いっそのことこのままパイプクリーナー入れておこうかな?この長さで切ってね。 まーでもそういうわけにはいかないよなー。 押したり引いたり回したりしたりね、短いストロークでちょこちょこ動かしてたら、 「ゴゴっ」っていって「ズズズーっ」って出てきましたー。 よかったー、あぶねー、助かったー。 ここが引っかかってたんだね、きっと。 こうしてたら大丈夫だったかも。 で、やめときゃいいのに、この状態でもう一回入れてみた。 そしたら、すんなり入ったし、出せた!! 最初からこうしときゃよかったー!! 皆さんはこうしてくださいね。 伝えたかったのはここね。 ここだけ。 でもさー、ブラシつけなきゃよかったんじゃないの?詰まり解消するだけならブラシいらなかったよね。 外せないし。 このまましまうしかない。 詰まりが解消したのはいいんだけど、結局どこになにが詰まってたのかわからないまま。 詰まりを奥に突っ込んだだけかもしれないし、根本的な解決になってないかもしれないけど、とりあえず様子を見まーす。

次の