海原ともよ。 海原ともこの旦那の前田耕陽との馴れ初めや現在。元旦那との離婚理由

海原お浜・小浜

海原ともよ

海原ともこのプロフィール こちらは海原ともこさんのプロフィールになります。 本名:前田智子• 生年月日:1971年12月27日• 出身地:大阪府• 出身高校:淀之水高等学校• 体重:70kg前後(推定)• 職業:お笑いタレント• コンビ名:海原やすよ・ともこ• 担当:ボケ• 活動期間:1992年~• 事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 海原ともこさんの祖母は海原お浜・小浜の小浜。 父親は海原かける・めぐるのかける、母親はマジシャンのワンダーのり子さんです。 親子3代で漫才師をされており、上方漫才大賞の受賞歴もあり、お笑い界の名門一家です! 海原やすよ・ともこという漫才コンビでボケをされています。 相方でツッコミである海原やすよさんは、4つ下の実の妹さんです。 小学生の時から姉妹で漫才をしており、1992年に中田カウス・ボタンの漫才コンビに弟子入りしてデビューします。 — 2016年11月月19日午後9時22分PST 海原ともこさんは髪色がおしゃれだといことでも有名だそうで、難易度の高い アッシュにしている事もあります。 なんでも専属でヘアメイクをして下さる方がいらっしゃるようです。 凄い力の入れようですね~!!! 海原ともこの元旦那との馴れ初めについて 海原ともこさんには離婚歴があるようです。 元々番組製作会社のディレクターと結婚されていたようですが、 2003年に離婚されています。 お相手の個人情報や顔写真の画像は見つかりませんでした、すいません…。 離婚した旦那さんに関する情報がほとんどありませんので、馴れ初めも不明ですが、テレビ局であったという事は間違いないでしょう。 ごく稀に芸能人と番組制作関係者がカップルになるケースがありますからね。 海原ともこの現在の旦那は前田耕陽 2003年に元旦那と離婚してから3年後の2006年8月16日、海原ともこさんは元男闘呼組の 前田耕陽さんと再婚されています。 男闘呼組というのはジャニーズの元となったロックバンドです。 現在では知らない方も多いでしょう。 — 2017年 8月月16日午前2時47分PDT 前田耕陽さんは、男闘呼組のイメージが強いせいか、脱退した後の活動がいまいちイメージ出来ない事もあって、 「ヒモなのではないか?」と言われる事があるみたいです。 しかしながら、前田耕陽さんは ヒモではありません。 前田さんは2013年に事務所から独立しており、現在は元事務所との業務提携で個人事務所を立ち上げています。 舞台での出演が主な活動だそうです。 良かったですね。 後述しますが、前田耕陽さんと海原ともこさんには子供がいらっしゃいますから、ヒモなんてありえないでしょう 笑。 旦那・前田耕陽との出会いや馴れ初め 出典: 海原ともこさんと前田耕陽さんの出会いや馴れ初めについて書いていきます。 お二人が出会ったのはテレビ番組「なるトモ!」での共演でした。 この番組はは海原やすよ・ともこさんが木曜レギュラーを務めています。 共演後前田さんから猛アタックを受けて、1年後にめでたく結婚されました! 因みに今回の結婚は、 前田耕陽さんにとっても再婚だそうです。 現在もお二人は夫婦を続けていらっしゃるので、気の合う方と再婚できて良かったですね! 海原とも子の旦那についてのまとめ• 元旦那は番組製作会社のディレクターで離婚理由は不明• 再婚相手の旦那は元男闘呼組の前田耕陽さんでに再婚同士• 馴れ初めは番組共演で前田さんから猛アタック• 旦那の前田さんがヒモという噂はデマ ということでした! 海原ともこの子供の名前は? 出典: 海原ともこさんは前田耕陽さんと再婚後、 二人の子供を出産されています。 子供達の名前は、 2007年4月に誕生した 長女が「歌星 かせい 」ちゃん 2013年11月に誕生した 長男が「將月 しょうげつ 」くん です! 結構なキラキラネームですね 笑。 長女の名前についてですが、夫の前田さんがどうしても「星」という感じを入れたかったからだそうです。 そして、お二人とも歌が好きだったので、「星」と「歌」を組み合わせた名前になりました。 長男については、前田耕陽さんが「太陽」、海原ともこ(智子)さんが「日」、長女の「歌星」ちゃんが「星」という流れだったので、長男には「月」という名前を入れたといわれています。 よく分かりませんが、かなり考えて付けたお名前のようですね。 子供の小学校は帝塚山? 出典: 子供たちが通っている小学校について調べてみたところ、奈良県にある偏差値70超えの超難関私立である 帝塚山学園に通っているという情報がありましたが、これは証拠が無いため デマだと思います。 そもそも子供についての情報がほとんどありませんから、学校なんて分かりっこありません。 それに、海原ともこさんの 自宅の場所は大阪だと言われているため、 わざわざ県外の私立に子供を通わせるのはあまりにも非現実的だと思います。 私立学校であれば、大阪府内でも良い学校はいくらでもあるでしょうからね。

次の

海原お浜・小浜

海原ともよ

お笑いコンビ「海原やすよ・ともこ」の海原ともこ(45)が、3日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。 どかへん!」と、海原ともこがポロリ。 61歳のさんまと同年齢の上沼は、「誰のこと言うとんねん!どかへん、ってなんや!」と立ち上がるが、ともこは「昔の師匠は早死にやったから、もうおらんやん。 でも今の60代くらいの人は、ガッツもあるし、キレイ。 汚くならない。 人間ドックとか行って。 昔なんて、芸人なんてそんなもん、言うてたのに、今、薬飲むやん。 生きたいねん」と止まらない。 「そう、私らの世代はな…」とニコニコ笑って聞いていた上沼は、「生きたいねん!」とまた立ち上がり、「薬も飲みますねん!頭痛かったら、座薬も入れますねん!」と言い「君たちは…我々が死ぬのを待ってんのか!」と叫んだ。 「自分で上がって来いってことを言いたかった」とようやく説明する上沼に、ともこは「そうなんです、おってほしいんです。 憧れた先輩たちに認められたいから」としながら「でも、(先輩芸人たちは)またさらに面白くなっていってる。 天然入ってくんねんな」と苦々しい表情。 上沼は、「そう、こんなやかましい番組、900回もやってますねん。 しゃべり続けて900年!…900年ちゃうわ!バケモンか!」と、最後まで元気に話をまとめてみせた。

次の

海原やすよ

海原ともよ

メンバー [ ]• 海原お浜(うなばら おはま、本名: 梅本キミコ。 - )出身。 オク目で長身。 海原小浜(うなばら こはま、本名: 田中桃江。 - )岡山県高梁市出身。 のは夫。 肌が白く小太り。 幼少から芸人であったために踊りや三味線が堪能だった。 ほとんど漫才中に披露する事はなかった。 実の孫にの(姉妹)がいる。 来歴 [ ] 1923年4月15日備中高梁(岡山県高梁市)で誕生する。 幼少時に父が亡くなり母と二人暮らしとなる。 子供の頃、地元の芝居小屋に一座が来るのを楽しみで毎晩見に行き演者より先にセリフを喋るほど物覚がよく小屋主を困らせるが、その小屋主の勧めで月の家桃子として4歳で子供座長デビュー、母が後見人となり舞台などで活躍していたが母が死去し義理の父に育てられる。 義父も死去しすでに一座の座長だった小浜が、当時17歳の叔母のお浜を後見人として一座を再結成する。 コンビ「ハッピー姉妹」結成。 のでデビュー。 戦前・戦時中の忌避の風潮により、「愛国お浜・小浜」と改称。 後「さざ波お浜・小浜」から「海原お浜・小浜」となった。 戦中、戦後は地方ををする。 この頃はかなりの冷遇され営業先の宿泊先が藁が敷いてあるだけの牛小屋だったり、ギャラも交通費と食事代だけだった時もあった。 その後、大阪・の「てんのじ村」を拠点とし舞台に出る、後にNHKの番組のスタッフでもあったのに見出され、秋田によって書き下ろしたロマンスシリーズなどで人気を博す。 、の大賞を受賞、にはの大賞を受賞。 この頃前後してお浜の目に違和感を覚えるようになり上方お笑い大賞をきっかけに引退を示唆する発言をするも周囲の説得で慰留する。 、お浜のによる引退を正式に決意しコンビ解消、の(現在の)にてサヨナラ公演を行った(司会は、そのほかにも関西芸人が多数駆け付けた)リサイタルはテレビで放送された。 お浜は引退後、で『お浜・小浜の海原家具』を長年経営に携わる(閉店)。 (お浜は1994年に死去)小浜はその後司会者・タレントとして活躍する。 所属事務所はであったが4月現在公式HPのタレント一覧には掲載されなくなっていた。 小浜は第10回(度) 、を果たした。 その際に小浜は「最近の若手は勉強が足りん」と辛口なコメントを残した。 小浜は浪曲師の石川玉若と結婚し一男一女を授かる。 長男は・のかける(めぐるの名は二代有り、初代が後ので二代が後の)。 小浜はに死去、葬儀・告別式は近親者により行われたことが明らかになった。 テレビ・ラジオ・ドラマ [ ]• 「」(、)• 「」(1961年、読売テレビ)• 「」( - )• 「」(から後に「」とタイトルを変えまで、)ラジオ関西の土曜の朝の顔として長らく活躍。 「」( - 、)• 「」( - 、朝日放送)• 「」(、)• 「」( -、読売テレビ)• 「」(、)• 「」( - 、)• 「」(、)• 「」(、朝日放送)• 「」(、読売テレビ)• 「・幻の船連続殺人・東京エリート刑事VS大阪根性刑事」(、朝日放送)• 「」(1988年、朝日放送)• 「」(、毎日放送)• 「」(1991年、)• 「」(1991年、毎日放送)• 「」(1998年4月 - 1999年3月、) - 火曜日担当• 「」(、)• 「暮らしのショッピング」 他多数 関連人物・海原一門 [ ] 一門• ・(かけるは小浜の息子。 めぐるの名は二代有り、初代が後ので二代が後の)• (千里は後の)• 血縁者• (ともに海原かけるの娘、小浜の孫。 師匠は) その他• - 大統領当選直後名前が似ていたため一時話題に挙がった。 は「海原 お浜・オバマ・小浜」というTシャツまで製作した。 脚注 [ ].

次の