新幹線 ic カード。 東北・北陸新幹線などチケットレス導入 指定席もOK :朝日新聞デジタル

えきねっと(JR東日本)|JR券申込 新幹線eチケットご利用ガイドトップ>ICカード情報登録・変更方法

新幹線 ic カード

ICカードで入場し特急に乗り継ぐ場合 新幹線などの特急を利用する場合、大抵の人があらかじめ、一定区間の特急券や特急乗車券を購入すると思います。 その時に、最寄り駅から目的地までの乗車券が一緒に購入できる場合は問題ないのですが、 乗車券の有効区間が途中からとなってしまうことは往々にしてあります。 在来線から乗り継ぐような場合です。 そんなとき、皆さんはICカードを利用して最寄り駅から改札に入ることになると思いますが、その後どのようにすれば目的地の自動改札で正しく清算されるのか(改札に引っ掛からずに出ることが出来るのか)迷われる方がいらっしゃると思います。 以下に場合分けして正しい清算の仕方を説明してみます。 特急券だけを持っている場合(乗車券なし) この場合、最初から最後までICカード一枚でOKです。 どういうことかというと、基本的にはICカードで入場して、ICカードで改札を出れば問題ないです。 これで規定の料金の支払いが完了します。 特急券は特急に乗車するために必要なものですので、特に自動改札機に入れる必要はありません。 車内での検札時に所持していれば問題ないということになります。 特急乗車券を持っている場合 さて、問題は乗車料金を含んでいる特急乗車券を持っている場合です。 例えば、このような状況です。 自宅の最寄り駅は私鉄の駅だとします。 そこからICカードで入場して、途中、仮に新宿以外の駅(例えば五反田)でJRへの連絡改札を通ってJRで新宿駅に向かいます。 そして、新宿駅でそのままJRの特急に乗って目的地へ向かうことにします。 あらかじめ、新宿から目的地までの特急乗車券は購入して手に持っています。 まさに僕が今回経験してきた状況そのものです。 状況を羅列すると、以下のようになります。 私鉄最寄り駅からICカードで入場• JRへの連絡改札(五反田)をICカードで通過• JR(新宿)で特急に乗り換える(ここから目的地までの特急乗車券を持っている)• 目的地(河口湖)で下車し自動改札へ(さて、どうする?) さて、この状況の中で、僕が考えていた流れはこうでした。 新宿からの乗車券はすでに持っているので、とにかく新宿まではICカードを使って行きます。 ただ、新宿でわざわざ改札を一旦出て、手持ちの切符で再入場するというのもいちいち面倒くさいので、そのまま目的地に向かいます。 そして、目的地では以下のようにすれば正しく清算されて、改札を抜けられると考えたのです。 考え方は新幹線に乗る時と同じです。 先に手持ちの切符を自動改札機に入れた後、ICカードをタッチして、これまでの経路分をICカードで清算するというやり方です。 新幹線であれ、通常の特急であれ、ICカードと特急乗車券を組み合わせて利用するという状況はなんら変わらないのですから、当然ながら、同様の清算システムが採用されるものと思っていたのです。 (僕の疑問) ところが、上手くいかなかったのです。 (結果、ダメだった) どうなったかというと、まず手持ちの切符を先に入れるとその切符は自動改札に飲み込まれました。 そして、続けてICカードをタッチして自動改札を通ると、そのまま引っ掛かることなく抜けることが出来ました。 あれ?いいじゃん!と思った方もいらっしゃると思いますが、それが駄目なのです。 何が駄目かというと、 新宿からの乗車料金が二重取りされてしまったのです。 すでに特急乗車券で支払っている乗車料金までICカードから引き落とされてしまったのです。 つまり、入場した最寄り駅から目的地までの乗車料金がICカードから引き落とされてしまったのです。 今回、たまたま改札機に表示される「引き落とし金額」を見ていたので気が付きましたが、何も考えずに改札を通り抜けていれば、完全にJRに寄付をすることになっていました。 危なかった・・・。 駅係員による清算が必要 結局、その後どうしたかというと、駅の係員に申し出て別途清算をしてもらいました。 返金処理やら清算やらが一筋縄ではいかず、家族4人分の清算を終えるのに15分ぐらい掛かりました(汗)世の中、デジタル化がどんどん進化していく中で、その進化のスピードについて行けないアナログの部分もまだまだ残っており、不便さを感じた出来事でした。 (決してデジタルが良くてアナログが悪いという意味ではありませんので誤解なきよう) 結論を言えば、途中の駅から有効になる特急乗車券を持っている場合、ICカードで入場しているなら、今回の場合であれば、新宿で一旦改札を出るか、もしくはそのまま目的地に向かうなら目的地で駅係員に申し出て清算してもらうのが正解になります。 こんなに手続きに時間が掛かるなら新宿で一度改札を出ておけばよかったと思いました。 お陰でその後目的地で一時間に一本ぐらいしかないバスに乗り遅れ、タクシーを使う羽目になりました。 余談 余談ですが、実は新宿駅で特急に乗り換える前に飲み物を買っておこうと駅構内の自販機の前で飲み物を選んでいたのです。 すると、横から僕たちのほうをキョロキョロ見ながら近づいてくるきれいな外国人女性がいたのです。 なんかちょっとモジモジしているのでどうしたのか聞いてみると、どうやら砂糖だけが入っていてミルクが入っていないコーヒーが飲みたいとのことでした。 日本語が読めないので自販機の前で現物を見てもお目当てのものが外観で見分けることが出来なかったのです。 僕は自販機の商品を指さしながら一生懸命それを探しました。 残念ながら見つからずゴメンナサイをしました。 相手の方はそれでも「ドーモアリガト」と言ってくれました。 電車に乗り込んだ後に先ほどのことを振り返ってみると、そう言えば、自販機で売られているコーヒーって、ミルクのみが入っているものはあるけれど、その逆ってないんじゃないの?と考え込んでしまいました。 まとめ 話がわき道にそれてしまいましたが、結局、僕が長い間ドキドキしていたことの結末として、「切符を先に入れた後にICカードをタッチする」という方法は通用するところと通用しないところがあるということが分かりました。 今回の情報は皆さんのお役に立てるでしょうか?お役に立てたなら幸いですが、同時にこれは全国の鉄道会社の改札システムの今後の課題だと思います。 「磁気切符を入れてからICカードをタッチ」という新幹線の改札で行う操作の流れを基本に、新幹線以外の特急にもこのような清算システムを採用していただければ、利用客も迷いが少なくなり、よりスムースに改札が流れるように思います。 まだまだ僕のドキドキは止まらない。

次の

「新幹線eチケット」ICカードの事後登録・領収書・紙券発行方法

新幹線 ic カード

新幹線から在来線へ乗り換える時の改札の通り方 新幹線から在来線へ乗り換えるには、必ず乗り換え改札口を通るよう気をつけてください。 乗り換えの改札機以外の改札機に切符を入れてしまうと「ここで降りる(乗り換えしない)」と判断され新幹線の切符がすべて回収されてしまい、在来線への乗り換えができなくなります。 新幹線から在来線へ乗り換える時の切符の入れ方 乗り換え改札口では新幹線の切符だけを通す 乗り換え改札口を通る時に改札に入れる切符は、新幹線の特急券と乗車券の2枚だけです。 この2枚を重ねて改札に入れると特急券は自動改札口で回収され、乗車券だけが自動改札機の反対側から出てきます。 この乗車券を必ず受け取ってください(在来線から降りる際に必ず必要です) 特急券と乗車券が1枚になった切符をお使いの方は、その1枚だけを乗り換え改札口に通します。 自動改札の反対側から、そのままその切符が出てくるのでそれを受け取ります。 新幹線の乗り換え改札口を出る時の手順は以上です。 SuicaやICOCAなど交通系ICカードは使用しません。 基本的に新幹線の切符を利用する時には、交通系ICカードの出番は新幹線に乗車する場合だけと覚えておいてください。 2017年9月以降に交通系ICカードのみで新幹線から在来線まで全てOKという「スマートEX」というサービスが開始しますが、それまでは 新幹線から降りる時は交通系ICカードは使わない と覚えておいてください。 EXサービスについては別記事で紹介しますね。 EX-ICカードとSuica(ICOCA)を併用する場合 EX-ICカードを利用し、なおかつSuica(ICOCA)も利用する場合は2枚一緒に使います。 新幹線の乗り換え改札口でEX-ICカードとSuica(ICOCA)を2枚重ねてタッチして在来線へ乗り換えます。 在来線から降りる際は在来線の自動改札でSuica(ICOCA)のみをタッチして改札から出ます。 EX-ICカードと普通の切符を併用する場合 あらかじめ新幹線下車駅より有効な在来線の定期券や回数券等の乗車券をお持ちの場合は、 新幹線乗り換え改札口で在来線区間の乗車券を先に投入し、次にEX-ICカードを改札機にタッチして改札を出ます。 在来線を降車する時は在来線の定期券や回数券などを在来線の改札口に入れます。 在来線区間用の切符を持っていない場合は、精算所などで切符を買うか、いったん新幹線改札口から出場し在来線の切符を買って在来線に乗ります。 EX-ICカードを使った「EX-IC専用在来線のりつぎ券売機」の使い方はこちらの動画を参考にしてください。 新幹線から在来線へ乗り換える時のSuicaの使い方 上の方で「新幹線の乗り換え改札口ではSuicaは使わないよ」と説明しました。 ならどうやって在来線の改札口を通るのかというと、 新幹線の乗り換え改札口で出てきた新幹線の乗車券を使って入場します。 そして在来線で降りた駅の乗り越し精算機で、その新幹線の乗車券を使ってのりこし精算してください。 乗車券を精算機に入れると精算料金が表示されるので、そのとおりに支払いましょう。 精算機の支払い時には「IC運賃で精算」か「きっぷ運賃」かのいずれかを選べます。 「IC運賃で精算」を選べばSuicaで支払うことができます(画面にSuicaをかざせばOK) このようにSuicaなどの交通系ICカードを利用するのは、在来線を出る前に乗り越し精算をする時だけです。 東京都区内• 東京山手線内• 札幌市内• 仙台市内• 横浜市内• 名古屋市内• 京都市内• 大阪市内• 神戸市内• 広島市内• 北九州市内• 福岡市内 降りる駅が「特定都区市内」であった場合は、この制度が適用されるので新幹線の切符のみで済むんです。 普通なら新幹線停車駅である新大阪で降りた後に、在来線に乗り換えたら「新大阪から在来線降車駅までの料金」が必要ですよね? ですがこの制度が適用されると「大阪市内までがひとつの駅」となるので、新大阪から在来線降車駅までの切符も乗車料金も必要ありません。 新幹線の乗り換え改札を通った時に出てくる乗車券1枚で、• 基本的に新幹線乗換改札口を出る時は新幹線の切符のみ使用• 在来線に乗る時は新幹線の乗車券で入場• 精算機ではSuicaでの支払いも可能• EX-ICカードを使う場合はSuicaと重ねてタッチして乗り換え改札を出る• 在来線の降車時には乗り換え精算機で精算する• 降車駅が「特定都区市内」なら在来線も新幹線の乗車券のみで乗り降りできる 全ての情報を読むと「何だか分からない!」となってしまうので、あなたに当てはまる情報だけを拾い読みしてください。 そうすれば「なんだ意外と簡単じゃない!」ってなりますよ。 私自身、あまり新幹線に乗り慣れてないのですが、上記の情報の中から自分に当てはまるものだけ覚えていったら何とかなりました。 慣れないことばかりで焦る気持ちがあると思いますが、ゆっくり落ち着いて行動すれば大丈夫です。 当日、どうすれば良いか分からなくなったとしても、駅員さんに聞けば教えてくれるので安心してくださいね。

次の

「新幹線eチケット」ICカード登録・予約の手順

新幹線 ic カード

新幹線定期券の基本ルール 基本的なルールは簡単で、設定されている区間の定期券を買えば、記名人はその区間の新幹線自由席に好きなだけ乗ることができます。 全区間新幹線のみの定期券のほか、在来線を組み合わせる定期券も作れます。 たとえば千葉から東京まで在来線、東京から熱海まで新幹線、熱海から伊東まで在来線、といった定期券を作ることも可能です。 千葉ー(在来線)ー東京ー(新幹線)ー熱海ー(在来線)ー伊東 新幹線定期券で、 並行する在来線に乗ることも可能です。 たとえば、東京から熱海の新幹線定期で、東海道線の電車に乗ることもできます。 この場合、たとえば横浜や大船で途中下車することもできます。 小田原ー(新幹線)ー品川ー大井町 上記は、小田原ー品川の新幹線定期で全区間乗車可能です。 新幹線定期で指定席に座れる? 新幹線定期券で乗車できるのは自由席だけです。 指定席には原則として乗車できません。 ルール上は、指定席に座る場合、定期券は無効で、別途運賃から全て払わなければなりません。 しかし、実際の運用は少し違っていて、自由席が満席の場合は、車掌に申し出て空席のある指定席に座ることができる場合もあります。 この場合、別途指定席料金(数百円)に相当する金額を支払います。 ただし、指定席が混雑している場合などは断られることもあります。 また、その席の指定券を持っている人が来たら、席を譲らないといけません。 この対応は明文化されておらず、車掌によって対応が異なる=断られることもあるようです。 東海道新幹線では、グリーン車に乗れる4枚綴りの回数券も販売されています。 それが「 フレックス用こだま号グリーン回数券」です。 新幹線定期乗車券使用者を対象としたグリーン車利用のための料金回数券です。 「こだま」号に限った対応で、このチケットを出せば、空いているグリーン車に座ることができます。 ただし、その席のグリーン券をもった他の客が来た場合は、別の席に移動しなければなりません。 また、 東海道新幹線では朝8時台の「のぞみ」「ひかり」では、新横浜〜東京間で普通車指定席の空席を自由席扱いとする特例措置をとっています。 この時間帯のこの区間では、指定席も自由席同様に座れます。 新幹線のICカード定期 新幹線定期は高額なので、紛失が心配です。 それを避けるにはICカードの利用がいちばんです。 といっても、新幹線のICカード定期が販売されている区間はわずかです。 現在、新幹線のICカード定期を販売しているのはJR東日本だけです。 「 Suica FREX定期券」「 Suica FREXパル定期券」というIC定期券を販売しています。 設定区間は、「東京〜那須塩原・上毛高原・安中榛名」、「郡山〜仙台」、「長岡〜新潟」のみです。 これ以外の会社・エリアでは新幹線のIC定期券はありません。 東海道・山陽新幹線では、2021年春に、ICカード定期券が導入される予定です。 広告 新幹線定期の定期代 新幹線定期は高額です。 在来線が40,050円ですから、1. 84倍。 在来線は34,760円で、1. 82倍。 区間にもよりますが、おおむね1. 8〜1. 9倍くらいの価格になっています。 しかも、新幹線定期には6ヶ月がありませんので、6ヶ月単位でみると、 新幹線定期は在来線の2倍くらいはする、と考えておく必要があります(例外として九州新幹線は6ヶ月定期があります)。 「新幹線だし、2倍なら仕方ないんじゃない?」という意見もあるかと思います。 ただ、現実には、新幹線通勤・通学では、在来線では通わないよう長距離の区間に乗車しますので、絶対額が高額になります。 この場合の新幹線定期券は1ヶ月136,330円にのぼります。 こうなると実に4. 区間にもよりますが 、時間当たりで考えると、在来線の4〜5倍もするのが新幹線定期券なのです。 新幹線最大の激安チケット? しかし、1回あたりの金額で考えると、 実は新幹線では最大の激安チケットといえます。 その半額が片道とすると、たった1,232円です。 同区間の新幹線自由席の通常価格は3,280円ですから、 なんと63%割引です。 もちろん、実際には1ヶ月30日も使わないでしょうから、割引率はもう少し低くなるでしょう。 しかし、新幹線定期券がべらぼうな金額設定というわけではないことがおわかり頂けると思います。 東京駅、博多駅、上越妙高駅をまたぐ区間は発売なし 新幹線定期の購入を検討する際の注意点としては、 異なる会社の新幹線をまたぐ区間は新幹線定期券が発売されていない場合がある、ということです。 具体的には、東京駅をまたいでJR東海とJR東日本の新幹線を同じ定期券で購入することはできません。 同様に、山陽・九州新幹線で博多駅をまたいでJR西日本とJR九州も同じ定期券を購入できません。 北陸新幹線で、上越妙高駅をまたいでJR東日本とJR西日本も同じ定期券はできません。 東北・北海道新幹線で、新青森駅をまたいでJR東日本とJR北海道も同じ定期券はできません。 これらの場合は、それぞれの駅までの定期券を買って乗り継ぐ、ということになります。 さらに高額になってしまいます。 例外として、東海道・山陽新幹線で新大阪駅をまたいでJR東海とJR西日本の新幹線を同じ定期券で購入することはできます。 これは、国鉄時代からそうなっていたので、その名残といえます。

次の