水戸 アスリート クラブ。 水戸・ゴルフ・クラブの口コミ・評判【GDO】

ブログ:水戸アスリートクラブ

水戸 アスリート クラブ

先日、爽やかな快晴の午後、陸上競技のクラブ、「水戸アスリートクラブ」様を取材させていただきました。 こちらは、2015年4月に、スタートされたクラブ様なのですが、 代表様に発足の理由をお伺いすると、 水戸市内には以外にも、陸上部のない学校が多々あり、 競技を続けられない子の受け皿になれば、と始められたということでした。 もちろん部活に入っていても、こちらに所属している方もたくさんいらっしゃいます。 2017-4-24 ルイルイ'88• 2017-4-24 アツコ3D• 2017-4-21 ガッキー井上• 2017-4-21 ひらちぇる• 2017-4-20 チハル太郎• 2017-4-20 ちゅうりっぷ紀子• 2017-4-18 ライト橋本• 2017-4-18 KEIKO to マナブ• 2017-4-17 なすこなす• 2017-4-17 アツコ3D• 2017-4-15 押しがけ徹• 2017-4-14 ガッキー井上• 2017-4-14 ワンクリックワタル• 2017-4-13 新オダユージー• 2017-4-13 チハル太郎• 2017-4-12 サロネーゼ・幸代• 2017-4-11 ハンドサム哲也• 2017-4-11 アツコ3D• 2017-4-10 ルイルイ'88• 2017-4-10 KEIKO to マナブ• 2017-4- 7 ガッキー井上• 2017-4- 7 ひらちぇる• 2017-4- 6 チハル太郎• 2017-4- 6 ちゅうりっぷ紀子• 2017-4- 4 ライト橋本.

次の

水戸・ゴルフ・クラブの口コミ・評判【GDO】

水戸 アスリート クラブ

2019年シーズンはリーグ戦最終節までJ1昇格プレーオフの出場権を獲得できる6位以内を争った。 最終順位7位という結果は、J2が22チーム体制になってからの最高順位であり、勝点70も過去最多となる。 入場者数は1試合平均、年間共に過去最高人数を記録し、売上高も昨年比約20%増に達した。 同クラブは、1994年に水戸FCとして誕生してから四半世紀、水戸ホーリーホックとしてJリーグ(日本プロサッカーリーグ)に入会してから数えても20年超という歴史を持つが、その歩みは決して順調でも平たんでもなかった。 J2入会後まもなく、経営難からチーム存続の危機に陥った経験を持ち、現在も決して資金が潤沢なクラブとはいえない。 むしろ、J2在籍クラブの平均を下回る資金で切り盛りしている状況だ。 過去最高の結果をいくつも遂げた2019年シーズンではあるが、最終的にJ1昇格プレーオフには手が届かず、J2在籍最長記録を更新している。 「クラブを強くするには、良い選手や実績のある監督・チームスタッフをそろえればいいといった単純な話ではありません。 そもそも良い選手・チームスタッフを獲得するには、また、選手に満足のいく環境で練習に集中してもらうには資金が必要です。 選手が移籍を選択せず、『水戸ホーリーホックでプレーしたい』と思ってもらうにも、次代を担う選手を育成していくためにもお金は欠かせません。 そのためには、選手の育成・強化はもとより、フロントも変わる必要があります。 クラブの経営基盤や組織としての強さを底上げしていかない限り強いクラブにはなれないと考えています。 そこで、2018年頃からフロント改革を進めてきました。 2019年シーズンは、その成果の一端が現れ始めた年だったと感じています」 フロントと選手の一体感を醸成し、フロントスタッフのモチベーションを引き出す 水戸ホーリーホックでは、2018年から所属選手を対象に知識習得・人材育成プログラム『Make Value Project(MVP)』を進めている。 これは「多くの方々の想いを背負って戦う選手のプロアスリートとしての人間的成長をサポートし、社会に貢献できる人材に育成することで、チームが育ち、地域の活性化にもつながるとの想いから立ち上げたプロジェクト」だという。 毎週定期的に時間を拘束してプレー以外の講義を実施するのは他クラブでもあまり例のない取り組みだが、「着実に選手に変化が現れており、フロントスタッフ側の意識改革にもつながっている」と経営企画室 GM補佐を務める市原侑祐氏は語る。 「選手が自分の考えを言語化し発信できるようになってきました。 たとえば、試合後のヒーローインタビュー時のコメントにプレーの良し悪しだけでなく、サポーターの応援の後押し、チームスタッフやフロントスタッフの支えなど、他者目線の発言が含まれるようになってきたのです。 これも、MVPを通じて日頃あまり接点のない営業や運営などの業務を知ったことと無関係ではありません。 一方、日頃裏方に徹しているフロントスタッフとしても、活躍した選手の口から自分たちへの感謝の言葉が出てくれば嬉しいものですし、モチベーションも上がります。 結果が出てきているともいう。 また、スタッフが自分の仕事に誇りや価値を感じてもらえるよう各人の日頃の業務内容をTwitterで発信する取り組みも行っている。 「表に出ることの少ないフロントスタッフの仕事やその面白さ、やりがいや使命感を多くの人に知ってもらい興味を持ってもらうことを意図した施策です。 自分の名前で情報を発信するということは、それだけ責任も伴うので各人が仕事の精度を高めていかないといけません。 結果、仕事の質が上がり、その恩恵が選手やクラブに還元されて、より良い環境が生まれていく。 この好循環を生み出すことで、人材と資金がクラブに集まるようになれば、フロントスタッフの生活面も一層充実していくはずです。 将来的に、このサイクルを他のクラブへも広げていければ、フロントスタッフという職業の価値が高まり、サッカー業界に良い人材が入ってくることにつながっていくと思うのです」(市原氏) 小島氏、市原氏は、水戸ホーリーホックはもとより、サッカー界全体の未来まで見据えてクラブ改革に取り組んでいるのだ。 サッカー業界に前例のない歴史をつくる! その実現のために新たな仲間が必要 水戸ホーリーホックでは、フロントの意思決定系統にもメスをいれた。 以前は、何かを決定する際、複数階層の承認が必要だったものを現場と小島氏の2段階に簡素化し、意思決定スピードを飛躍的に高めたのだ。 同時に、現場が意見を発信しやすい雰囲気の醸成にも力を入れたことで、スタッフの前向きさ、積極性がかなり高まってきているという。 「2019年シーズンに実施した『来場者1万人Tシャツプレゼント』企画。 これも現場起点で企画され、運営だけでなく営業や広報担当など多部門横断で一丸となって取り組んだイベントです。 これは選手やサポーター、メディアなども巻き込み、大きな成果をあげることができました。 これも現場の発信力や積極さを高めた結果だと考えています」(市原氏) ただ、現場の意見がクラブ経営に大きく反映される体制に変革しつつあることで「論理的に思考できる人材の必要性が高まっている」と小島氏は強調する。 「常に多様な解答を持ち、状況に応じて適切なものを選ぶ力は欠かせません。 その一方で、水戸ホーリーホックをこうしていきたいという強い想いも持ち合わせていてもらいたい。 こういったこだわりと状況に応じた柔軟な発想を上手に使い分けられる人がいいですね。 そのため、ただサッカー業界で働きたいという憧れだけでなく、一般企業など他業界で培った視点から客観的に状況を分析できる人のほうが活躍しやすい環境になりつつあると思います」 2018年にクラブハウスを茨城県城里町にオープンした『アツマーレ』に移転。 廃校となった中学校舎を再利用した同所には、支所や公民館などの自治体施設が併設されていることで、スポーツや文化活動の拠点としても機能している。 また、クラブハウス移転と同時に、点在していた練習施設を集約するなど、クラブ経営に欠かせないハード面も着々と整備されてきている。 「今は、あまりお金のないクラブですが、いずれはアジアの舞台(AFCチャンピオンズリーグ)まで行きたいと本気で思っていますし、実現可能な夢だとも確信しています。 今は、そのための一歩をまさに踏み出したタイミング。 ここから二歩、三歩と力強い歩みを進め、スポーツ業界に前例のない歴史を水戸ホーリーホックがつくる! その一員として活躍したいと思う人に仲間に加わってもらいたいですね」(小島氏).

次の

速報 水戸招待陸上2019年 結果

水戸 アスリート クラブ

こう語るのは水戸の西村卓朗ゼネラルマネージャー(GM)だ。 かつてJリーガーとして浦和レッズ、大宮アルディージャで活躍。 さらにはアメリカの独立リーグと渡り歩き、2011年にコンサドーレ札幌で現役を引退した。 その後、指導者の道を歩み始めると、'13年に関東サッカーリーグに所属するVONDS市原FCの監督に就任。 監督を退任してGM兼コーチに就任した'15年以降、フロントの仕事にシフトしている。 西村が強化部長として水戸へやってきたのは'16年。 昨年9月に強化部長と兼任でGMに就任した。 こう見ると、元Jリーガーのなかでも、異色の経歴の持ち主と言えるだろう。 サッカーのノウハウを地域に還元。 西村は2017年になると、現場の強化をするだけでなく、フロントとクラブ主導のチーム作りに着手。 選手に対するアクション、クラブとしての地域へのアクションとさまざまな施策を打ち出してきた。 「目指しているのはホーリーホックを交流拠点としてどう成り立たせるのか。 そのためには(クラブの存在を)知ってもらわないといけないし、地域の人たちの生活の中にどう入っていくかを考えなければいけない。 理想形はカルチャーセンターのようにいろんな興味対象を運営していくこと。 それは行政がやろうとしてもマンパワーが必要ですし、簡単ではありません。 ならばそれをクラブが引き受けることで、地域に必要とされる存在になることができる。 サッカークラブは大きな可能性を秘めていて、僕らは選手の体調管理やサッカースクールなどのサッカーを通じて培ったノウハウを地域の人たちに還元する。 そうすることで選手も『サッカーだけをやっていればいい』という概念から、自分と地域の関わりだったり、自分が発信者であることの自覚を促すことができる。 結果として社会性を身につけることができるんです」.

次の